◆山・院・寺号
全仏山 青龍寺(せいりゅうじ)
親寺寺院:高野山 青森別院

◆宗派
高野山 真言宗(真言宗 易行派)

◆御本尊
大日如来(青龍寺)
弘法大師(高野山青森別院)

◆所在地
青森市大字桑原字山崎

◆御詠歌
(高野山青森別院、寺院御詠歌)
たのもしや 誓いあらたに 高野山 津軽の里に 道を開きて
降り注ぐ 御法の雨に 濡れまほし 高野の恵み ここにとどめて

◎「津軽弘法大師二十三ヶ所霊場・第16番札所」の御朱印
16

◎「青龍寺御本尊」の御朱印
名称未設定-18

◎「東北三十六不動尊霊場・第18番札所」の御朱印
名称未設定-19

★雑記
東北三十六不動尊霊場にもなっている、青龍寺の御朱印です。
公式サイトを見ると、寺院の伽藍の中で大師堂と呼ばれている建物は、高野山青森別院としての立ち位置(親寺)になっているようです。なんにせよ、やっぱり見所は昭和大仏こと、青銅の大日如来坐像でしょう。21.35メートルあり、奈良の大仏よりも大きいです。また胎内には守り本尊が安置され、参拝が可能です。ところで、金堂の真ん前に両替機が置いてあるのにはビックリしました。お賽銭は小銭で良いです、という配慮なのでしょうか?
新幹線も開通したことだし、青森に再度行く機会があれば、霊場の他の寺院も参拝してみたいものです。
御朱印は3種類(4だっけか?)で、御朱印帳を青龍寺の入山受付で預けて、帰りに受け取る流れでした。青森別院の御朱印も、同じく青龍寺の入山受付でいただけました。いただいたときにはすでに、脂が結構な滲み具合で・・・。

◎青龍寺、昭和大仏。
昭和大仏