マッハ墨朱&絵馬による布陣(仮)~御朱印ブログ~

御朱印と御朱印帳、時々絵馬。メモ代わり兼ひとりでニヤニヤと悦に浸るためだけの場

調布

2010年10月から2020年10月までの記録。

祇園寺@東京

◆山・院・寺号
虎狛山 日光院 祇園寺(ぎおんじ)

◆宗派
天台宗

◆御本尊
阿弥陀如来

◆所在地
調布市佐須町2丁目
京王線・布田駅より徒歩15分

◎「関東百八地蔵霊場・第101番札所」の御朱印
101祇園寺

◎「関東九十一薬師霊場・第10番札所」の御朱印
10

★雑記
元々は法相宗の寺院として開基された、祇園寺の御朱印です。

(平成23年2月記)
平成17年に再建されたらしい綺麗な薬師堂と、これまた平成22年に再建されたらしい閻魔堂。この新しいふたつのお堂が、境内ではひと際目を引きます。畏まった山門もなく、開放的な境内でした。あと、関東百八地蔵霊場の札所も兼ねています。御朱印は、庫裡にていただきました。

(平成28年10月記)
少々風の冷たいこの日、地蔵霊場で参拝してきました。法要もないタイミングで、至って静かな境内を独り占めすることが出来ました。御朱印は、庫裡にていただきました。

◎祇園寺、境内。(平成23年2月撮影)
祇園寺

◎祇園寺、本堂。(平成28年10月撮影)
101祇園寺1

◎祇園寺、薬師堂。(平成28年10月撮影)
101祇園寺0

◎祇園寺、閻魔堂。(平成28年10月撮影)
101祇園寺2

西光寺@東京

◆山・院・寺号
長谷山 聖天院 西光寺(さいこうじ)

◆宗派
天台宗

◆御本尊
阿弥陀如来三尊

◆所在地
調布市上石原1丁目
京王線・西調布駅より徒歩5分

◆御詠歌
(多摩川三十四ヶ所観音霊場)
迷い無き 道を標の 西光寺 我れ人共に 行いて頼まん

◎「多摩川三十四ヶ所観音霊場・第3番札所」の御朱印
3西光寺

★雑記
多摩川観音霊場、西光寺の御朱印です。
雪の残る境内の観音堂には大黒天も祀られており、元日から7日までは、調布七福神巡りの御開帳が行なわれているようです。その期間以外は、完全に拝観不可のようです。なにしろわざわざ、”七福神は終了しました”との張り紙がしてあるくらいですから。その他の見所としては、市内唯一の仁王門でしょうか。また、ここ上石原が新撰組の局長としてお馴染みの近藤勇の生誕地ともあり、像が作られ幟がはためいていました。
元々、順番通りに札所を巡っていなかったので、第3番札所のこちらが私の多摩川三十四ヶ所観音霊場の結願寺となりました。ま、会話を持つ隙すら与えてもらえず、「はい、御朱印ね」と手渡されてピシャリとドアを閉められて・・・なんとも味気無く結願した霊場になりましたがね。

◎西光寺観音堂。
西光寺・観音堂

◎新撰組の局長、近藤勇の像。
西光寺・近藤勇

小島町地蔵堂@東京

◆山・院・寺号
小島町 地蔵堂(じぞうどう)

◆宗派
不詳

◆御本尊
札所本尊:聖観世音菩薩

◆所在地
調布市小島町1丁目
京王線・調布駅より徒歩3分

◆御詠歌
(多摩川三十四ヶ所観音霊場)
父母の 恵みも深き 子育ての 大悲の誓い 頼もしき哉

◎「多摩川三十四ヶ所観音霊場・第20番札所」の御朱印
20地蔵堂

★雑記
多摩川観音霊場、地蔵堂(小島町)の御朱印です。
古文書等が焼失したことで、縁起も宗派も開基も不詳の地蔵堂。ただガイドブックによると、札所本尊である聖観世音菩薩像の他に、地蔵菩薩・不動明王・軍荼利明王・阿弥陀如来などの古仏があるそうで、かつては名刹だったのではないかと紹介されています。もっとも、お寺が管理しているわけではないので、参拝当日も門が閉ざされ、自由に敷地に入ることすらできませんでした。
地蔵堂から徒歩1~2分程度の個人宅にて、印刷御朱印をいただきました。ガイドブックに載っているこちらへの地図がかなりアバウトで迷ったため、結局電話して聞く羽目になりました。あらかじめプリントしておくべきでした。

◎小島町地蔵堂、境内。
小島町 地蔵堂

明照院@東京

◆山・院・寺号
大悲山 観音寺 明照院(みょうしょういん)

◆宗派
天台宗

◆御本尊
阿弥陀如来

◆所在地
調布市入間町2丁目

◆御詠歌
(多摩川三十四ヶ所観音霊場)
南無大悲 仰ぎ祀れば 明らけく 入間の里に 月の照りそう

◎「多摩川三十四ヶ所観音霊場・第18番札所」の御朱印
18明照院

★雑記
多摩川観音霊場の明照院の御朱印です。
バス停からすぐ、住宅エリアへの入り口のような場所に寺院があります。境内には観音堂や十王殿など、複数の堂宇が建っています。決して広くはないのですが、なかなかの充実っぷりです。参拝したのは1月、雪が残るほどの寒さでなければ、もっとあれこれ見ておきたいと思えた寺院でした。
御朱印は、庫裡にていただきました。印刷御朱印でした。

◎明照院、参道。
明照院0

◎明照院、本堂。
明照院3

◎明照院、観音堂。
明照院

青渭神社@東京

◆名称
青渭神社(あおいじんじゃ)

◆御祭神
青渭大神(あおいのおおかみ)
水波能売大神(みずはのめのおおかみ)
青沼押比売命(あおぬまおしひめのみこと)

◆所在地
調布市深大寺元町5丁目
京王線・調布駅よりバス・青渭神社前バス停すぐ

青渭神社

★雑記
深大寺町全域の総鎮守、青渭神社の御朱印です。
延喜式内社、武蔵国多摩郡八座のひとつということで、格式は高いようです。ただ残念ながら、地名にもなっている深大寺の方へ観光客や参拝者は流れている様子でした。
御朱印は、授与所にていただきました。

国領神社@東京

◆名称
国領神社(こくりょうじんじゃ)

◆御祭神
神産巣日神(かみむすひのかみ)

◆所在地
調布市国領町1丁目/京王線・布田駅より徒歩5分

国領神社

★雑記
調布市に鎮座する、国領神社の御朱印です。
”千年乃藤”と藤色の印があるように、境内のド真ん中に藤の木が植えられています。実際のところは樹齢400~500年らしいのですが、畏敬を込めて千年としているそうです。時期外れの参拝でしたので、藤の咲く4~5月に再度来たい神社です。

布多天神社@東京

◆名称
布多天神社(ふだてんじんしゃ)

◆御祭神
少名毘古那神(すくなひこなのかみ)
菅原道真公(すがわらみちざねこう)

◆所在地
調布市調布ヶ丘
京王線・調布駅より徒歩5分

布多天神社

★雑記
武州調布の延喜式内社、布多天神社の御朱印です。
天神社なので、当然ながら御祭神は菅原道真でありますが、医薬の神様であり恵比寿神でもある少名毘古那神も祀られています。引っ切り無しに参拝者の訪れる、地域に根ざした神社だと印象を受けました。
御朱印は、授与所にていただきました。

◎布多天神社、社殿。
布多天神社

大正寺@東京

◆山・院・寺号
三栄山 常行院 大正寺(たいしょうじ)

◆宗派
新義真言宗

◆御本尊
大日如来

◆御詠歌
多摩川や 昔さらせし 田作りの 神坐す寺は 幾夜経ぬらん

◆所在地
調布市調布ヶ丘1丁目
京王線・調布駅より徒歩5分

◎「多摩川三十四ヶ所観音霊場・第8番札所」の御朱印
8大正寺

◎「京王三十三観音霊場・第15番札所」の御朱印
15

★雑記
複数の札所を兼務する、大正寺の御朱印です。
山門はオープンになっていますが、勝手口のインターホンでお伺いを立ててから境内に入ることになります。観光寺院ではないため、なかなかフラリと気軽に参拝とはいかない雰囲気プンプンでした。巡拝者でも、初めて訪れる人はなかなか入りづらさがあるかもしれません。ですがそのことで逆に、人に踏み荒らされていない落ち着ける場が保たれているとも言えますね。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎大正寺、山門。
大正寺
カテゴリ別アーカイブ
タカツキ
23区を中心に
休日にのみフラフラと
病人なんでノンビリと
御朱印を集印中。
御朱印帳は、派手系好き
時々、絵馬。
ヘッダー写真は、
気分次第でチェンジ。

携帯電話からだと
strikeのタグが
反映されないのか。
う~ん。。。

●今年の状況●
関東三十六不動
(35/36)
関東九十一薬師
(76/91)
関東八十八ヶ所
(60/95)
豊島八十八ヶ所
(87/88)
阿波西国三十三観音・東部
(24/33)
阿波西国三十三観音・西部
(15/33)
四国三十六不動
(17/36)
下総三十三観音
(14/34)
名古屋二十一大師
(7/21)
和歌山西国三十三観音
(13/36)
安房国四十八薬師
(12/48)
知多四国八十八ヶ所
(3/98)
桶狭間十三仏
(7/13)


こっそり御朱印帳メモ

記事検索
メッセージ

こちらからの返信や回答を希望される場合は、返信先も記載してください。

名前
メール
本文
Pilgrimage
平成26年御開帳情報メモ
都道府県別リンク
【千葉県】の掲載一覧
【埼玉県】の掲載一覧
【東京都】の掲載一覧
【神奈川県】の掲載一覧
【愛知県】の掲載一覧
【大阪府】の掲載一覧
【徳島県】の掲載一覧
【香川県】の掲載一覧
【愛媛県】の掲載一覧
【高知県】の掲載一覧
  • ライブドアブログ