マッハ墨朱&絵馬による布陣(仮)~御朱印ブログ~

御朱印と御朱印帳、時々絵馬。メモ代わり兼ひとりでニヤニヤと悦に浸るためだけの場

菅原道真

桜木神社@東京

◆名称
桜木神社(さくらぎじんじゃ)

◆御祭神
菅原道真公(すがわらみちざねこう)

◆所在地
文京区本郷4丁目
都営地下鉄丸ノ内線、大江戸線・本郷三丁目駅より徒歩1分

桜木神社・文京区

★雑記
地下鉄の駅から出てすぐ、桜木神社の御朱印です。
往来の激しい道路に面して鳥居が立っています。明らかに、そこだけ異空間な様子を感じさせる緑っぷりでした。鳥居は、さながら鬱蒼とした森への入り口みたいなもので、真っ昼間なのにその一寸先は文字通りの意味でまさに闇といった薄暗さでした。参道は短くて、すぐにドンと社殿が迎えてくれます。社殿回りも高い木々に覆われていて、ほとんど日陰でした。夏場は最高でしょ、これ(蚊がいなければでしょうが・・・)。パッと見、特に天神様のお社だというイメージがわかないですね。右手奥には、ひっそりとお稲荷様が祀られていました。
御朱印は、宮司宅にていただきました。

◎桜木神社、社頭。
桜木神社0

◎桜木神社、社殿。
桜木神社2

◎桜木神社、境内社の稲荷神社。
桜木神社3

荏柄天神社@神奈川

◆名称
荏柄天神社(えがらてんじんしゃ)

◆御祭神
菅原道真(すがわらみちざね)

◆所在地
鎌倉市二階堂

荏柄天神・h27

荏柄天神

★雑記
鎌倉市二階堂、荏柄天神社の御朱印です。

(平成22年9月記)
境内にあります案内板によると、福岡の大宰府天満宮と京都の北野天満宮と並ぶ、日本三天神のひとつとされてきた天神様とのことです。また、源頼朝が幕府を開いた際の、鬼門守護としての役目も持っていた神社にもなるそうです。参道入り口では、両側から伸びた木がクロスしており、まるで人を境内に入れさせないようにしているかの光景でした。社殿までの石段は、少ない段数ながらも意外にシンドくて、結構ヒーヒーハーハーな具合でした。ただなによりも、真っ赤というか鮮やか過ぎる朱色の社殿が、青空にとても眩しかったです。御朱印は、授与所にていただきました。

(平成27年12月記)
年の瀬のこの時期になっても、やっぱり観光地鎌倉は人が多かったです。こちらも、鎌倉宮と合わせてお参りする人が多いようです。「じゃぁ次は、鎌倉宮に歩いていきま~す」と言うツアコンに引っ張られる団体さんの姿も見掛けました。境内入ってすぐ、樹齢900年の大銀杏は流石にもうこの時期だと葉がほとんど落ちていて、黄色い絨毯を作っていました。

◎荏柄天神社、参道。(平成22年9月撮影)
荏柄天神6

◎荏柄天神社、社殿。(平成22年9月撮影)
荏柄天神5

◎荏柄天神社、社殿。(平成27年12月撮影)
荏柄天神

北野天満宮@京都

◆名称
北野天満宮(きたのてんまんぐう)

◆御祭神
菅原道真公(すがわらのみちざねこう)

◆所在地
京都市上京区馬喰町
京福電車・北野白梅町駅より徒歩5分

◎「御土居の紅葉」の御朱印
北野天満宮・もみじ苑限定

◎「至誠」の御朱印
北野天満宮・至誠

◎「和魂漢才」の御朱印
北野天満宮・和魂漢才

◎「文道大祖風月本主」の御朱印
北野天満宮・扁額

北野天満宮jpg

★雑記
京都、北野天満宮の御朱印です。

(平成23年8月記)
ま~その境内の広いこと、そして修学旅行生をはじめとして人の多いこと。見所の多い境内ですし、いつの時代も定番スポットです。自分も学生時代に来ました。あとついでに言わせてもらえれば、鳥居前で客待ちしているタクシーの節度のなさが嫌です。邪魔なのはもちろん、普通に歩いている人に向かって幅寄せしてくる危なっかしさ。神社側はなぜ、なんの対策もしないのでしょうか、不思議に思えます。御朱印は、社務所にていただきました。

(平成27年10月記)
ふと思い立って、予定外でしたが参拝してきました。ちょうどもみじ苑が公開中とのことで、いつにも増して人が多かったです。また、限定御朱印が複数出されており、いただいてきました。それぞれの御朱印に説明書きがあって、

◆御土居の紅葉の御朱印
もみじ苑が公開中のとき限定の御朱印。
◆至誠の御朱印
至誠の神と信仰される菅公の、清らかで誠実な人柄と生涯一貫された「誠の心」を表す御朱印。
◆和魂漢才の御朱印
自国の歴史と文化に誇りを持ち、他国の文化も受け入れる寛容さを解いた、菅公の精神を表す御朱印。
◆文道大祖 風月本主の御朱印
楼門に掲げられた扁額の言葉で、学問・芸能・詩歌に秀でた菅公を称賛する御朱印。

とのことです。御朱印は、特設テント内の授与所にていただきました。

◎北野天満宮、一之鳥居。(平成27年10月撮影)
北野天満宮4

◎北野天満宮、楼門。(平成27年10月撮影)
北野天満宮5

◎北野天満宮、社殿。(平成23年8月撮影)
北野天満宮

◎北野天満宮、三光門。(平成23年8月撮影)
北野天満宮1

水鏡神社@福岡

◆名称
水鏡神社(すいきょうじんじゃ)
別称:水鏡天満宮(すいきょうてんまんぐう)

◆御祭神
菅原道真公(すがわらのみちざねこう)

◆所在地
福岡市中央区天神1丁目
西鉄・福岡天神駅より徒歩5分

水鏡天満宮・福岡

★雑記
福岡市の天神に鎮座する、水鏡神社の御朱印です。
そもそも福岡市の中心地が天神と言う地名なのは、こちら水鏡神社に祀られている天神様こと菅原道真公に由来するとのこと。御朱印や案内板には、水鏡天満宮と記載されていますが、社号標は写真の通り水鏡神社になっています。私は地元民じゃないので、どっちが浸透しているのか定かではありません。また水鏡の名称は、菅原道真公が大宰府に流されて行く途中の博多上陸時に、四十川の清流を水鏡として姿を写したが由来になっているそう。そのため、水鏡天神とか容見天神(すがたみてんじん)とかでもと呼ばれているようです。それにしても、小ぶりなのにかなりキツい朱色を放って主張している社殿を構えていました。
御朱印は、授与所にていただきました。

◎水鏡神社、社頭。
水鏡天満宮7

◎水鏡神社、境内。
水鏡天満宮1

◎水鏡神社、社殿。
水鏡天満宮0

光徳院@東京

◆山・院・寺号
七星山 息災寺 光徳院(こうとくいん)

◆宗派
真言宗 豊山派

◆御本尊
大日如来

◆所在地
中野区上高田5丁目
西武新宿線・新井薬師前駅より徒歩9分

◎「御府内八十八ヶ所霊場・第58番札所」の御朱印
58光徳院

★雑記
弘法大師御府内八十八ヶ所霊場の札所、光徳院の御朱印です。
「七星山」っていうなかなか格好の良い山号ですが、その由来などはわかりませんでした。山門の前には、御府内霊場を示す石碑が立っており、他にも「天満宮 御直作 千手観世音菩薩」と彫られた石碑もありました。なんでもこちらの観音堂に祀られている千手観世音菩薩像、菅原道真が太宰府に左遷されていたときに、自らが刻んで供養礼拝する持仏だったとか。ちなみに御朱印にある通り、御府内霊場の札所御本尊はこちらの千手観世音菩薩になるようです。実際に、観音堂の方へ霊場札所を示す板が掛かっていました。ちなみに、本堂にあたる建物には、大日閣の扁額が掛かっていました。他の見所として、パッと目に入ってくるのが五重塔ですが、これは平成8年に建立された割と新しいものとのことです。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎光徳院、山門。
58光徳院9

◎光徳院、本堂。
58光徳院3

◎光徳院、五重塔。
58光徳院5

潮江天満宮@高知

◆名称
潮江天満宮(うしおえてんまんぐう)

◆御祭神
菅原道真公(すがわらみちざねこう)
高視朝臣(たかみのあそん)
北の御方(きたのおんかた)
天穂日命(あめのほひのみこと)
大海津見命(おおわたつみのみこと)

◆所在地
高知市天神町

潮江天満宮

★雑記
高知市天神町鎮座、潮江天満宮の御朱印です。
祀られているのが、菅原道真公と奥さんである北の御方、二人の長男である高視朝臣、菅原家の祖神である天穂日命という具合です。そこへ高知らしく、海の神様である大海津見命を合祀となっています。参道は長いし、楼門はデカいし、境内は広い、かなりの規模の神社でした。楼門は高知市指定の文化財にもなっているそうで、扁額部分の鳳凰?不死鳥?の彫刻がなかなかに格好良かったです。なお、境内の授与所がかなり充実していました。
御朱印は、社務所にていただきました。

◎潮江天満宮、参道。
潮江天満宮2

◎潮江天満宮、楼門。
潮江天満宮5

◎潮江天満宮、楼門の扁額。
潮江天満宮7

◎潮江天満宮、拝殿。
潮江天満宮3

霊場メモ@名古屋三天神

菅原道真公をお祀りした、3つの神社を巡ります。
各神社には共通の幟も立て掛けられ、割と積極的にPRがされているようでした。地図や各神社間の交通手段なども、パンフレットがあるのですぐにわかります。いずれの神社ででも手に入る大きめの絵馬の裏に、御朱印と言うかスタンプを捺す3社分の枠があります。上野天満宮にオリジナル御朱印帳があったので、私はそれに各神社の御朱印をいただきました。

【名古屋三天神巡り】
1.上野天満宮 名古屋市千種区赤坂4丁目
2.山田天満宮 古屋市北区山田町3丁目
3.桜天神社 名古屋市中区錦2丁目

上野天満宮@愛知

◆名称
上野天満宮(うえのてんまんぐう)

◆御祭神
菅原道真(すがわらみちざね)

◆所在地
名古屋市千種区赤坂町4丁目
地下鉄名城線・砂田橋駅より徒歩10分

上野天満宮

◎オリジナル御朱印帳
上野天満宮・帳面

★雑記
名古屋天神こと、上野天満宮の御朱印・オリジナル御朱印帳です。
あの陰陽師の安倍晴明がこの辺りに居住していた際に、菅原道真公を祀ったことが神社の起源だとか。名古屋三大天神まいりの一社なので、参拝者は多い印象でした。写真のような撫で牛の像のところに限らず、到るところに人形がわらわらと置かれていました。これを見ても、日頃から賑わっている神社だと知れます。朱色が眩しい社殿もそうなのですが、なにより授与所がかなり綺麗でした。巫女さんが常駐している華やかさももちろんありますが、清浄に保たれている境内の空気が伝わってきます。
御朱印は、その授与所にていただきました。

◎上野天満宮、境内。
上野天満宮2

◎上野天満宮、拝殿。
上野天満宮3

◎上野天満宮、撫で牛。
上野天満宮1
カテゴリ別アーカイブ
タカツキ
23区を中心に
休日にのみフラフラと
病人なんでノンビリと
御朱印を集印中。
御朱印帳は、派手系好き
時々、絵馬。
ヘッダー写真は、
気分次第でチェンジ。

携帯電話からだと
strikeのタグが
反映されないのか。
う~ん。。。

●今年の状況●
関東三十六不動
(35/36)
関東九十一薬師
(76/91)
関東八十八ヶ所
(60/95)
豊島八十八ヶ所
(87/88)
阿波西国三十三観音・東部
(24/33)
阿波西国三十三観音・西部
(15/33)
四国三十六不動
(17/36)
下総三十三観音
(14/34)
名古屋二十一大師
(7/21)
和歌山西国三十三観音
(13/36)
安房国四十八薬師
(12/48)
知多四国八十八ヶ所
(3/98)
桶狭間十三仏
(7/13)


こっそり御朱印帳メモ

記事検索
メッセージ

こちらからの返信や回答を希望される場合は、返信先も記載してください。

名前
メール
本文
Pilgrimage
平成26年御開帳情報メモ
都道府県別リンク
【千葉県】の掲載一覧
【埼玉県】の掲載一覧
【東京都】の掲載一覧
【神奈川県】の掲載一覧
【愛知県】の掲載一覧
【大阪府】の掲載一覧
【徳島県】の掲載一覧
【香川県】の掲載一覧
【愛媛県】の掲載一覧
【高知県】の掲載一覧
  • ライブドアブログ