マッハ墨朱&絵馬による布陣(仮)~御朱印ブログ~

御朱印と御朱印帳、時々絵馬。メモ代わり兼ひとりでニヤニヤと悦に浸るためだけの場

荒川区

2010年10月から2020年10月までの記録。

胡録神社@東京

◆名称
胡録神社(ころくじんじゃ)

◆御祭神
面足尊(おもだるのみこと)
惶根尊(かしこねのみこと)

◆所在地
荒川区南千住8丁目
各線・南千住駅より徒歩12分

胡録神社201711

◎「朔日参り」の御朱印
胡録神社201711青7

★雑記
南千住の胡録神社の御朱印です。
あれこれ見ていたら、私の住んでいる巣鴨からバスの乗り換え1回で行けることを知り、またちょうど朔日に休みとなったことで初めてお参りしてきました。隅田川が90度に曲がるちょうどその角、高いマンションに境内が挟まれているものの、なんとなく空が広く感じられる境内をしていました。”ころく”と聞くと、徳島人なので蜂須賀小六こと蜂須賀正勝がパッと出て来ますが、もちろんまったく関係なくて、この”ころく”は武士が矢を支える武具の胡録、また鎮座地である汐入の生業として盛んであった胡粉作りの”胡”の字と、かつては大六天と呼ばれていたときの”六”の字を取って、その流れで明治期にこの名称になったそうです。さて、割と早い時間での参拝だったのですが、チラホラと手を合わせる人の姿がありました。手入れがされていると言いますか、新しそうで全体的に綺麗な境内でした。帰りは南千住駅まで徒歩で。
御朱印は、授与所にていただきました。朔日限定御朱印の方は、紙色を複数の中から選ぶことが出来ました。文字通り色々とあって迷いましたが、この日の空と同じように青色を選びました。

◎胡録神社、境内。
胡録神社5

◎胡録神社、境内。
胡録神社7

◎胡録神社、社殿。
胡録神社8

養福寺@東京

◆山・院・寺号
補陀洛山 観音院 養福寺(ようふくじ)

◆宗派
真言宗 豊山派

◆御本尊
如意輪観世音菩薩

◆所在地
荒川区西日暮里3丁目
JR各線、京成線・日暮里駅より徒歩5分

◎「豊島八十八ヶ所霊場・第73番札所」の御朱印
73養福寺

★雑記
弘法大師豊島霊場の札所、養福寺の御朱印です。
住宅街というほどでもない、ですが閑静な通りに入り口がある養福寺。短い参道の途中には、西国観音霊場第27番札所の写しを示す、安永9年の石碑がありました。宝永年間に建築され、荒川区の指定文化財になっている仁王門をくぐり、境内へと入ります。日暮里駅と西日暮里駅のほぼ中間にあるこちらのお寺、地図で見ると境内のすぐ裏手は山手線などの線路になっていますが、境内に五月蠅さは届いてこないようで落ち着ける環境でした。ちょうど法要終わりのようで、庫裡から人が数人出て来るのを横目に本堂でお参りとなりました。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎養福寺、仁王門。
73養福寺2

◎養福寺、本堂。
73養福寺8

慈眼寺@東京

◆山・院・寺号
医王山 普門院 慈眼寺(じげんじ)
通称:朝日薬師

◆宗派
真言宗 豊山派

◆御本尊
薬師如来

◆所在地
荒川区町屋2丁目
都電荒川線・町屋二丁目駅より徒歩1分

◎「豊島八十八ヶ所霊場・第65番札所」の御朱印
65慈眼寺

★雑記
弘法大師豊島霊場の慈眼寺に参拝してきました。
豊島霊場はこの時点でまだ9ヶ寺目でしたが、こちらのお寺の対応は最低でした。山門をくぐり墓地を抜け、お堂と言うよりは近代的なビルの印象がある本堂へ向かうと、入り口から寺庭だか檀家だか、中年の男女が待ち構えていたかのように出てきました。その第一声が「君、なに?」ですわ。その時点でムカッとしつつも豊島霊場で回っている旨の来意を伝えると、「住職は忙しいから、アポも無い人といちいち人と会うわけないじゃん」とにべもないリアクション。その男性は納経印も御朱印も、もちろん豊島八十八ヶ所霊場もおまけに四国八十八ヶ所霊場もお遍路も知らなかったようで、女性の方が「ほら、あのハンコ捺してるペラペラのやつ」と言ってなんとなく納得した程度の様子で去って行きました。女性からは、追い払うような感じで書き置き御朱印を渡され、「そこにある(事務室受付窓口の横の)仏様でも拝んでって」と言われる始末。挙げ句、「200円にしといたげるから、賽銭箱にお金放り込んどいて」ときたもんだ。しかも私がちょろまかすとでも思ったのか、賽銭箱に小銭を投じるまでジ~ッっと事務所のガラス越しにこっちを見ている賤しさ。御住職に会えなかったので、寺院そのものの判断はなんともですが、寺庭だか檀家だか知りませんが、こんな人が来訪者に接するような寺院はちょっと再訪したくは無いですね。こちらは荒川辺八十八ヶ所霊場(第9番)の札所にもなっていますが、他人にはあまりオススメはできません。こうしてブログで文字にするに当たり、気持ちを結構抑えてソフトに書いていますが、実際はもっと酷い言われようでしたから。久々にムカムカしたお寺でした。
御朱印は、本堂入り口横の事務室窓口にていただきました。

◎朝日薬師、本堂。
65慈眼寺4

◎朝日薬師、本堂。
65慈眼寺3

地蔵寺@東京

◆山・院・寺号
金光山 宝珠院 地蔵寺(じぞうじ)

◆宗派
真言宗 霊雲寺派

◆御本尊
地蔵菩薩

◆所在地
荒川区西尾久3丁目
都電荒川線・小台駅より徒歩4分

◎「豊島八十八ヶ所霊場・第20番札所」の御朱印
20地蔵寺・豊島

★雑記
弘法大師豊島霊場の札所、地蔵寺の御朱印です。
山門をくぐって六地蔵を右手に進むと、墓地の先に本堂が見えてきます。八角堂とも言うそうで、文字通り八角形の外観をしています。この中には、千躰地蔵尊が安置されているとか。もっとも、外からの参拝なので、拝観は出来ませんが。元々は、宝暦元年に開かれた地蔵堂がお寺としての始まりとのことです。
御朱印は、二度目の参拝の際に庫裡にて書き置きをいただきました。一度目の参拝では、御住職が不在とのことでした。そのときは書き置きもしていなかったようで、留守を任されているらしき檀家さんからは、来るときは先に連絡を、とのことでした。もっとも、御住職が常駐のお寺ではないらしく、ほぼ来ないとのことです。

◎地蔵寺、境内・八角堂。
20地蔵寺0

◎地蔵寺、六地蔵。
20地蔵寺1

修性院@東京

◆山・院・寺号
運啓山 純光寺 修性院(しゅうしょういん)
通称:花見寺

◆宗派
日蓮宗

◆御本尊
三宝尊(一塔両尊)

◆所在地
荒川区西日暮里3丁目
JR山手線・地下鉄千代田線・西日暮里駅より徒歩5分

◎「布袋尊:谷中七福神」の御朱印
修性院・布袋02

◎「布袋尊:谷中七福神」の御朱印
修性院・布袋01

★雑記
”日ぐらしの布袋”と呼ばれる布袋尊を祀る、修性院の御朱印です。
江戸中期頃は、この辺り一帯が”日ぐらしの里”と呼ばれていたことからそう通称されているのだとか。当時のその通称が、今はそのまま”日暮らしの里 → 日暮里”になったというわけですね。2年続けて新年の参拝に訪れました。大勢の人が参拝に訪れていた境内では、ワゴン車の移動カフェも出店されていました。谷中の七福神巡りの寺院では、ここが一番の賑わいでした。
御朱印は、本堂内にていただきました。御首題も同時にいただけます。

延命寺@東京

◆山・院・寺号
豊国山 延命寺(えんめいじ)

◆宗派
浄土宗

◆御本尊
阿弥陀如来

◆所在地
荒川区南千住2丁目
東京メトロ日比谷線・JR常磐線・南千住駅より徒歩1分

延命寺

★雑記
小塚原刑場跡、延命寺の首切り地蔵の御朱印です。
江戸の二大刑場であった鈴ヶ森刑場とここ小塚原刑場。境内の案内板によると延命寺の首切り地蔵は、江戸の刑死者をはじめとした無縁者の供養のため、寛保元年(1741年)に建立されたものとのこと。小塚原刑場と言えば、オランダの医学書であるターヘルアナトミアを翻訳して解体新書を出した杉田玄白や、前野良沢、中川淳庵らが刑死者の腑分けをしていたとしても知られています。なんでも、明治に入るまでに20万人近い埋葬者がこの地に眠っているそうです。ちなみに、その首切り地蔵の高さはおよそ3.6メートルあります。東日本大震災で左腕が落下し、胴体もズレたので修復されたそうです。ところで、境内には題目塔も立っていました。山号が豊国山なので宗派が浄土宗でもかろうじで納得もいきますが、そもそもなぜ豊国山なのかは資料に載っていませんでした。
御朱印は、寺務所にていただきました。

◎延命寺、首切り地蔵尊と題目塔。
首切り地蔵

尾久八幡神社@東京

◆名称
尾久八幡神社(おぐはちまんじんじゃ)

◆御祭神
応神天皇(おうじんてんのう)

◆所在地
荒川区西尾久3丁目
都電荒川線・宮ノ前駅より徒歩0分

尾久八幡

★雑記
尾久総鎮守の尾久八幡神社の御朱印です。
都電の駅プラットホームからは、神社の境内全体が見渡せます。ちょうど例祭を近くに控えていたようで、提灯や幟などの飾り付け準備に入っている段階のようでした。私が参拝して御朱印待ちをしている間、社殿前まで来て拝んでいく人は稀でしたが、鳥居前で頭を垂れる人の姿は多く見掛けました。
御朱印は社務所でお願いして、社殿で戻される流れでした。

尾久八幡神社

素盞雄神社@東京

◆名称
素盞雄神社(すさのおじんじゃ)

◆御祭神
素盞雄大神(すさのおおおかみ)
飛鳥大神(あすかおおかみ)

◆所在地
荒川区南千住6丁目
都電荒川線・三ノ輪橋駅より徒歩10分

◎「行く春や 鳥啼き魚の 目は泪」の御朱印
スサノオ・芭蕉

★雑記
南千住に鎮座する、素盞雄神社の御朱印と松尾芭蕉の俳句です。
鎮座して1200年が経つ、長い歴史を持つ古社です。当時は平安時代ですね。青空に映える社殿の朱色もそうなのですが、奉納されていた絵馬の数にも圧倒されました。御朱印は、授与所窓口で依頼をして、屋内で接待をいただく間に書いていただけます。松尾芭蕉の俳句は、希望する場合のみスタンプで捺していただけます。

◎素盞雄神社、社殿。
スサノオ神社

諏方神社@東京

◆名称
諏方神社(すわじんじゃ)

◆御祭神
建御名方命(たけみなかたのみこと)

◆所在地
荒川区西日暮里3丁目
JR各線・西日暮里駅より徒歩3分

諏方神社・谷中

★雑記
新堀(今の日暮里)・谷中の総鎮守、諏方神社の御朱印です。
長野の諏訪大社の分社ですが、神社名は敢えて古来の表記である”諏方”にしているとのこと。西日暮里駅のホームが見下ろせる、なかなかのロケーションですが、その境内は結構鬱蒼とした薄暗さ。蚊が多く、また虫が苦手な人にはつらいかと思います。
御朱印は、授与所が閉まっていたので、社務所にていただきました。

◎諏方神社、境内。
諏方神社

◎諏方神社、境内からの眺め。
諏方神社・境内から
カテゴリ別アーカイブ
タカツキ
23区を中心に
休日にのみフラフラと
病人なんでノンビリと
御朱印を集印中。
御朱印帳は、派手系好き
時々、絵馬。
ヘッダー写真は、
気分次第でチェンジ。

携帯電話からだと
strikeのタグが
反映されないのか。
う~ん。。。

●今年の状況●
関東三十六不動
(35/36)
関東九十一薬師
(76/91)
関東八十八ヶ所
(60/95)
豊島八十八ヶ所
(87/88)
阿波西国三十三観音・東部
(24/33)
阿波西国三十三観音・西部
(15/33)
四国三十六不動
(17/36)
下総三十三観音
(14/34)
名古屋二十一大師
(7/21)
和歌山西国三十三観音
(13/36)
安房国四十八薬師
(12/48)
知多四国八十八ヶ所
(3/98)
桶狭間十三仏
(7/13)


こっそり御朱印帳メモ

記事検索
メッセージ

こちらからの返信や回答を希望される場合は、返信先も記載してください。

名前
メール
本文
Pilgrimage
平成26年御開帳情報メモ
都道府県別リンク
【千葉県】の掲載一覧
【埼玉県】の掲載一覧
【東京都】の掲載一覧
【神奈川県】の掲載一覧
【愛知県】の掲載一覧
【大阪府】の掲載一覧
【徳島県】の掲載一覧
【香川県】の掲載一覧
【愛媛県】の掲載一覧
【高知県】の掲載一覧
  • ライブドアブログ