マッハ墨朱&絵馬による布陣(仮)~御朱印ブログ~

御朱印と御朱印帳、時々絵馬。メモ代わり兼ひとりでニヤニヤと悦に浸るためだけの場

納経印

2010年10月から2020年10月までの記録。

熊谷寺@徳島

◆山・院・寺号
普明山 真光院 熊谷寺(くまだにじ)

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
千手観世音菩薩

◆所在地
阿波市土成町土成字前田

◆御詠歌
たきぎとり 水熊谷の 寺に来て 難行するも 後の世のため

◎「阿波西国三十三観音霊場・東部・第27番札所」の納経印
阿波西国27・熊谷寺千手観音

◎「四国八十八ヶ所霊場・第8番札所」の納経印(1998年頃参拝)
8熊谷寺

★雑記
弘法大師、本四国霊場札所、熊谷寺の納経印です。
埼玉の人なら「くまがや」と読みそうですが、「くまだに」と読みます。また、こちらの観音様は、阿波西国三十三ヶ所観音霊場・東部の霊場札所でもあります。煌びやかな像が両脇に立つ中門を抜けて石段を上っていくと、なにやら読経の声。先客かと思いきや、境内のスピーカーから流れているお経でした。ときどきありますね、説法を流すお寺や雅楽を流す神社とか。境内は少し山へと入った場所にあるので、やっぱり緑がいっぱいでした。そんな中にドンと建っている多宝塔は、安永3年建立の四国最古の歴史を持つ多宝塔とのこと。青空にとてもよく映えていました。
納経印は、納経所にていただきました。

◎熊谷寺、中門。
熊谷寺3

◎熊谷寺、本堂。
熊谷寺9

◎熊谷寺、多宝塔。
熊谷寺1

◎熊谷寺、境内。
熊谷寺0

鯖大師本坊@徳島

◆山・院・寺号
八坂山 八坂寺 鯖大師本坊(さばだいしほんぼう)
通称:鯖大師

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
弘法大師

◆所在地
海部郡海陽町浅川
JR線・鯖瀬駅より徒歩1分

◆御詠歌
(寺院御詠歌)
かげだにも 我名を知れよ 一つ松 古今来世を 救い導く
(阿波七福神巡り)
限りなき 宝の布袋 見て励め 笑う門には 福来たるなり

◎「四国別格二十霊場・第4番札所」の御朱印
(四国霊場開創1200年記念スタンプ付き)
4鯖大師

◎「四国別格二十霊場・第4番札所」の御朱印(2013年5月参拝)
(四国霊場開創1200年記念スタンプ付き)
4鯖大師・1200年記念

◎「四国別格二十霊場・第4番札所」の御朱印(2011年11月参拝)
別格・4・鯖大師本坊

★雑記
八坂寺よりも、鯖大師として知られる四国別格霊場です。
●●大師と名の付く寺院は数多くありますが、こちらもそのひとつ。由来を超簡単に端折ると、死んだ塩サバを加持で生き返らせたことで、この霊地で3年間サバを断って祈念すると願いが叶うことから鯖大師と呼ばれるようになったとか。2011年11月に参拝したときは、3人グループのお遍路がいたくらいで、結構ノンビリと参拝できました。一方で、2013年5月の参拝時には、ひと足早く四国霊場開創1200年の記念事業が始まっていたからか、あるいは単にゴールデンウィークだからか、引っ切り無しに参拝者の姿が見受けられました。
御朱印は、納経所でいただきました。別格霊場の納経帳に限らず、複数の納経帳や霊場ガイドブックが取り揃えられていました。

◎鯖大師本坊、境内。
鯖大師

◎鯖大師本坊、本堂。
4鯖大師86

◎鯖大師本坊、鯖像。
鯖大師

◎鯖大師本坊、鯖瀬駅から。
4鯖大師88

東光寺@埼玉

◆山・院・寺号
法栄山 遍照院 東光寺(とうこうじ)

◆宗派
真言宗 豊山派

◆御本尊
不動明王

◆所在地
入間市小谷田
西武新宿線・仏子駅より徒歩30分

◆御詠歌
瓦焼く 人も栄し 遠世さえ 流れて鐘の 音色澄みつつ

◎「武蔵野三十三観音霊場・第19番札所」の御朱印(霊場開創75周年)
19東光寺

◎「奥多摩新四国八十八ヶ所霊場・第46番札所」の御朱印
46東光寺

★雑記
複数の札所を兼務する、東光寺の御朱印です。
行きはお寺のすぐ前まで出ているバスを利用し、帰りはほぼ下り坂ということもあって、仏子駅まで歩きました。天気も良かったので、意外に早く着いたように感じられました。さてこちら、山門を構えているわけでもなく、参道からすぐ境内。左手に奥多摩新四国霊場の札所本尊にあたる石仏(弘法大師・薬師如来)があり、その背後には小ぶりな薬師堂が建っていました。奥多摩新四国霊場の石仏は、割と綺麗な状態で残っていますね。丁寧に管理されているといったところでしょうか。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎東光寺、山門。
46東光寺8

◎東光寺、境内(薬師堂、本堂)。
46東光寺3

◎東光寺、奥多摩新四国霊場・石仏(弘法大師、薬師如来)。
46東光寺1

慈眼寺@東京

◆山・院・寺号
医王山 普門院 慈眼寺(じげんじ)
通称:朝日薬師

◆宗派
真言宗 豊山派

◆御本尊
薬師如来

◆所在地
荒川区町屋2丁目
都電荒川線・町屋二丁目駅より徒歩1分

◎「豊島八十八ヶ所霊場・第65番札所」の御朱印
65慈眼寺

★雑記
弘法大師豊島霊場の慈眼寺に参拝してきました。
豊島霊場はこの時点でまだ9ヶ寺目でしたが、こちらのお寺の対応は最低でした。山門をくぐり墓地を抜け、お堂と言うよりは近代的なビルの印象がある本堂へ向かうと、入り口から寺庭だか檀家だか、中年の男女が待ち構えていたかのように出てきました。その第一声が「君、なに?」ですわ。その時点でムカッとしつつも豊島霊場で回っている旨の来意を伝えると、「住職は忙しいから、アポも無い人といちいち人と会うわけないじゃん」とにべもないリアクション。その男性は納経印も御朱印も、もちろん豊島八十八ヶ所霊場もおまけに四国八十八ヶ所霊場もお遍路も知らなかったようで、女性の方が「ほら、あのハンコ捺してるペラペラのやつ」と言ってなんとなく納得した程度の様子で去って行きました。女性からは、追い払うような感じで書き置き御朱印を渡され、「そこにある(事務室受付窓口の横の)仏様でも拝んでって」と言われる始末。挙げ句、「200円にしといたげるから、賽銭箱にお金放り込んどいて」ときたもんだ。しかも私がちょろまかすとでも思ったのか、賽銭箱に小銭を投じるまでジ~ッっと事務所のガラス越しにこっちを見ている賤しさ。御住職に会えなかったので、寺院そのものの判断はなんともですが、寺庭だか檀家だか知りませんが、こんな人が来訪者に接するような寺院はちょっと再訪したくは無いですね。こちらは荒川辺八十八ヶ所霊場(第9番)の札所にもなっていますが、他人にはあまりオススメはできません。こうしてブログで文字にするに当たり、気持ちを結構抑えてソフトに書いていますが、実際はもっと酷い言われようでしたから。久々にムカムカしたお寺でした。
御朱印は、本堂入り口横の事務室窓口にていただきました。

◎朝日薬師、本堂。
65慈眼寺4

◎朝日薬師、本堂。
65慈眼寺3

三角寺@愛媛

◆山・院・寺号
由霊山 慈尊院 三角寺(さんかくじ)

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
十一面観世音菩薩

◆御詠歌
おそろしや 三つの角にも 入るならば 心をまろく 慈悲を念ぜよ

◆所在地
四国中央市金田町三角寺甲

◎「四国八十八ヶ所霊場・第65番札所」の納経印(平成27年6月)
65三角寺

★雑記
四国霊場札所、三角寺の納経印(御朱印)です。

(平成27年6月記)
結構な山の中、といった場所にお寺はあります。とは言っても、参道石段下は広くなっており、バスでもここまで来られそうな気配でした。やはりと言うか、下界よりも幾℃か気温は低くなっているような印象でした。こちらの三角寺、聖武天皇の勅願所として以外にも、四国霊場の中で唯一弘法大師が調伏護摩の秘法を修行した地としても知られています。もっとも、元々の伽藍は長宗我部氏によって燃やされたようですけど。本堂の周りにしろ、薬師堂の周りにしろ、とにかく境内全体が緑の中といった気持ちの良い空気感でした。
納経印は、納経所にていただきました。

◎三角寺、参道。(平成27年6月撮影)
65三角寺8

◎三角寺、本堂。(平成27年6月撮影)
65三角寺1

◎三角寺、薬師堂。(平成27年6月撮影)
65三角寺・薬師堂

◎三角寺、地蔵像と大師堂。(平成27年6月撮影)
65三角寺4

◎三角寺、境内。(平成27年6月撮影)
65三角寺68

福寿院@東京

◆山・院・寺号
阿遮山 福寿院(ふくじゅいん)

◆宗派
真言宗 豊山派

◆御本尊
不動明王

◆所在地
足立区伊興2丁目
日暮里舎人ライナー・江北駅より徒歩11分

◎「荒綾八十八ヶ所霊場・第45番札所」の御朱印
45福寿院

★雑記
弘法大師荒綾霊場の札所、福寿院の御朱印です。
荒綾霊場の石碑も境内に残っていたことだし、もしやと思ったらキチンと通じてホッとしました。もっとも、この荒綾八十八ヶ所霊場で回ってくる人は今じゃいないに等しい、とも言われましたけれど。福寿院幼稚園が併設されていますが、休日ともあって境内は静かな状態で開放されていました。伊興七福神めぐりでは、寿老人と福禄寿を祀っているお寺なので、年始は結構な人の出なのでしょう。デカデカとした松の木に隠されるような見栄えになっている本堂の2階でお参りを済ませ、えらく気の良い住職ご夫婦にお茶の接待をいただきました。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎福寿院、山門。
45福寿院9

◎福寿院、本堂。
45福寿院3

宝珠寺@徳島

◆山・院・寺号
如意山 医王院 宝珠寺(ほうしゅじ)

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
薬師如来

◆所在地
鳴門市里浦町里浦花面

◎「阿波北嶺二十四薬師霊場・第21番札所」の御朱印
21

★雑記
阿波北嶺薬師霊場の札所、宝珠寺の御朱印です。
こちらへは、レンタサイクルの「わかめ8号」に乗って向かいました。まぁ、緑色した普通のママチャリなんですが。。。山門前に植えられている木からは、南国っぽさが出ている境内でした。また、本堂裏の緑は多かったのですが、山門から本堂までの境内はポツポツと植えられている程度で、むしろ現在進行形で植樹をしているような印象を受けました。シーンとした境内でしたが、毎月12日には護摩祈祷会が開かれているとの案内を目にしました。
御朱印は、住職不在につき郵送となりました。

◎宝珠寺、山門。
21_9

◎宝珠寺、境内。
21_0

太龍寺@徳島

◆山・院・寺号
舎心山 常住院 太龍寺(たいりゅうじ)
通称:西の高野

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
虚空蔵菩薩

◆所在地
阿南市加茂町龍山

◆御詠歌
太龍の 常にすむぞや げに岩屋 舎心聞持は 守護のためなり

◎「四国八十八ヶ所霊場・第21番札所」の御朱印(平成22年参拝)
名称未設定-3

◎「四国八十八ヶ所霊場・第21番札所」の御朱印(1998年頃参拝)
21太龍寺

◎オリジナル御朱印帳
名称未設定-2

★雑記
四国霊場札所、太龍寺の納経印・納経帳(御朱印・御朱印帳)です。
山の上にある太龍寺には、歩きかロープウェイで向かいます。歩きはちょっと・・・ただし一方のロープウェイでも、お遍路バスツアーの団体とカチ合ったら、中では最悪の状態が待っています。朝の山手線を思い出します。一転して境内は広いので、一人の世界に浸って参拝が出来ます。いかにも人里離れた寺院といった感じを受けます。名称に龍が入っているだけに、手水舎も龍でした。こちらの納経所では、聖跡舎心ヶ嶽の御朱印もいただけます。

(平成22年参拝)
御朱印は種字を省略したもので、さらに訊かなければ読めない墨書き(虚空蔵大士)でした。

(オリジナル御朱印帳について)
本堂と多宝塔が表紙に描かれた、太龍寺のオリジナル御朱印帳もあります。裏面は舎心ヶ嶽の弘法大師像になっており、実に景色を上手く表しています。

◎太龍寺、参道石段。
太龍寺

◎太龍寺、参道石段。
21太龍寺02

◎太龍寺、手水舎。
21太龍寺1

◎太龍寺、境内石垣。
21太龍寺8

◎太龍寺、境内。
21太龍寺2

◎太龍寺、参道上からの眺め。
21太龍寺7

◎太龍寺、ロープウェイからの眺め。
太龍寺・ロープウェイ

立江寺@徳島

◆山・院・寺号
橋池山 摩尼院 立江寺(たつえじ)

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
地蔵菩薩

◆所在地
小松島市立江町若松
JR線・立江駅より徒歩5分

◆御詠歌
いつかさて 西の住まいの 我が立江 弘誓の舟に 乗りて至らむ

◎「四国八十八ヶ所霊場・第19番札所」の御朱印(平成26年参拝)
19立江寺・1200年

◎「阿波七福神めぐり・毘沙門天」の御朱印
阿波七福神・毘沙門・立江寺

◎「四国八十八ヶ所霊場・四国総関所」の御朱印
19総関所

◎「四国八十八ヶ所霊場・第19番札所」の御朱印(1998年頃参拝)
19

★雑記
四国霊場札所、立江寺の納経印(御朱印)です。
何度も参拝しているお寺ですがいつもタイミング良く、こちらで団体ツアーに遭遇したことがありません。参拝も納経も、いつもスムーズです。さてこちら、規模としては大きくないものの、デッカイ本堂あり、大きめの修行大師像あり、多宝塔ありといった具合に充実したお参りの出来る札所です。また、山門から出て立江川を渡った先にある天神山には、山を1周するミニ八十八ヶ所霊場が設けられています。およそ4km、徒歩だと1時間程度のハイキングコースになっているそうです。”そうです”と言うのは、私自身が行ってないからですけれど。知名度は低い七福神めぐりですが、阿波七福神めぐりに入っているので、年始はさぞかし混むのかもしれません。
納経印(御朱印)は、納経所にていただきました。善人之証の文字が入っている四国総関所の御朱印は、あくまで記念印なので揮毫はありません。また、奥之院である清水寺の納経印もこちらでいただけます。あと、「七福神めぐりは、御朱印帳に御朱印をもらう巡り方をするものじゃない」と書きながら注意されましたが・・・他のお寺ではそんなこと一度も言われたことがないので、正直どういうことなのだろうかと戸惑いました。

◎立江寺、山門。
19立江寺0

◎立江寺、本堂。
19立江寺8

◎立江寺、多宝塔と修行大師像。
19立江寺7

◎立江寺、修行大師像。
19立江寺1

◎立江寺、境内。
19立江寺9

石仙寺@愛媛

◆山・院・寺号
大本山 不動院 石仙寺(せきせんじ)
通称:久谷大師

◆宗派
真言宗 久谷派

◆御本尊
不動明王

◆所在地
松山市居相3丁目
伊予鉄道・松山市駅よりバス20分+古川横田バス停より徒歩3分

久谷大師

★雑記
久谷大師こと、石仙寺の納経印(御朱印)です。
交通量の多い通りに境内入り口は面しており、反対側から写真を撮るのもひと苦労といったところでした。規模の大きな寺院ではないので、境内は駐車場も兼用でした。新しい印象を受ける2階建ての本堂、シンプルな鳥居と稲荷社、逆に古い感じの大師堂が並んでいました。嵯峨天皇の勅願所であり、日本菊人形発祥の寺である案内の看板を見つつお参りをしていますと、結構引っ切り無しに檀家らしき人が入ってきては祈願依頼をしていました。
納経印は、庫裡にていただきました。納経印と言うよりは、御影印とも御姿印とも言えそうなデザインです。お大師様は、よく見掛ける座姿がそのまま使われています。なおこちらの納経印、一般的な11×16cmの御朱印帳では収まらないサイズなので、四国霊場用の納経帳くらいのサイズが良いかもしれません。

◎石仙寺、境内外観。
久谷大師0

◎石仙寺、本堂。
久谷大師6

◎石仙寺、大師堂。
久谷大師8

地蔵寺@徳島

◆山・院・寺号
国伝山 宝珠院 地蔵寺(じぞうじ)

◆宗派
真言宗 大覚寺派

◆御本尊
地蔵菩薩

◆所在地
小松島市松島町
JR牟岐線・南小松島駅より徒歩5分

◆御詠歌
縁あるも なきも照らさん 地蔵尊 深き誓いの 法の灯火

◎「新四国曼荼羅八十八ヶ所霊場・第80番札所」の御朱印
80曼荼羅88・地蔵寺

◎「阿波六地蔵霊場・第5番札所」の御朱印
5阿波六地蔵・地蔵寺01

★雑記
複数の霊場札所になっている、地蔵寺の御朱印です。
境内も広くはないのですが、本堂、多宝塔、大師堂、宝珠殿などの見所が、ギュッと詰まっています。流石は、かつて阿波藩内の寺院を監督する、八門首寺のひとつとされる格式を持っていただけのお寺です。夕方少し前くらいの時間帯だったので、他の参拝者もいない静かな境内といったところでした。あ、でも猫はいました。飼い猫でしょうか、2匹ほど姿を現して懐いてきました。ラヴリーです。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎地蔵寺、参道。
地蔵寺3

◎地蔵寺、本堂。
国伝山 宝珠院 地蔵寺

◎地蔵寺、境内。
地蔵寺9

総持寺@愛知

◆山・院・寺号
神路山 総持寺(そうじじ)

◆宗派
天台寺門宗

◆御本尊
不動明王

◆所在地
知立市西町新川

◎「三河新四国八十八ヶ所霊場・第1番札所」の御朱印
総持寺・知立

★雑記
三河新四国霊場の発願寺、総持寺の御朱印です。
駅前からレンタサイクルを利用して、参拝に訪れました。寺院の裏に駐車場があって、そちらに停めることができました。こちら、三河新四国霊場以外にも、三河三不動霊場(第1番札所)や三河白寿観音霊場(第7番札所)にもなっており、駐車場にも幟が数多く立っていました。そしてやはり白地に黒文字なのですね。裏から入り、まずは表参道へと回りますと、徳川秀康の生母である於萬の方の誕生地であるとの石碑が立っています。小ぶりですが、鐘楼門もあって、発願寺らしいなかなかの雰囲気です。四国八十八ヶ所霊場のお砂踏みもありました。なお、御本尊の不動明王は、御朱印の印にもある通り”流汗不動明王”と言うそうです。
御朱印(納経印)は、納経所にていただきました。

◎総持寺、山門(鐘楼門)。
総持寺・6

◎総持寺、本堂。
総持寺・9

◎総持寺、境内。
総持寺・0

総持寺@大阪

◆山・院・寺号
補陀洛山 総持寺(そうじじ)

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
千手千眼観世音菩薩

◆所在地
茨木市総持寺1丁目
阪急京都線・総持寺駅より徒歩5分

◆御詠歌
(寺院御詠歌・西国三十三観音霊場)
おしなべて 老いも若きも 総持寺の 仏の誓ひ 頼まぬはなし

◎「西国三十三観音霊場・第22番札所」の御詠歌
22総持寺・御詠歌

◎「西国三十三観音霊場・第22番札所」の御朱印
22総持寺・西国観音

★雑記
西国観音霊場札所、総持寺の御朱印(御詠歌)です。
デカデカと”勅願所”と彫られた石碑のある階段を登り、意外に新しい雰囲気の山門(仁王門)をくぐって境内へ入ります。結構古い、むしろボロボロになり過ぎな感じの仁王尊が弱々しく立っています。境内には、参拝するたびに増えているんじゃないか、と思わされるほど、薬師如来、地蔵菩薩、不動明王、弘法大師、閻魔大王、稲荷大明神、如来荒神などが祀られた諸堂があります。それらを巡る参拝者が、境内をあっちへこっちへと行き来していました。西国三十三ヶ所観音霊場の札所であることから、常に参拝者の姿を見ることができます。他にも、ぼけ封じ近畿十楽観音霊場や摂津国八十八ヶ所霊場、摂津国三十三ヶ所霊場などの札所も兼ねています。そのため、納経所(朱印所)も非常に充実しています。御朱印帳や納経軸を始め、写経用紙にガイドブックなども取り扱われていて、これから巡礼へといった人にはありがたいでしょう。
御朱印(納経印)は、納経所にていただきました。

(平成27年9月記)
摂津国八十八ヶ所霊場を始めようかと思い、霊場の第1番札所の法案寺に向かうも霊場専用の納経帳は在庫無しとのこと。総持寺ならば、と尋ねてみるとこちらも在庫無しとのことでした。さらには四天王寺にも無しで、どうやら納経帳のサイズや形式も含めて、ガラリと変えるか継続するかレベルでの改訂会議中だそうです。ただ・・・どうも私以外にもチラホラと摂津国八十八ヶ所霊場について問い合わせがあるそうですが、霊場会の方がなにやら立て込んでいて、半年以上も動きなしだそうで。札所としても催促はしているけれど、実際のところ”いつ決定するか不明”としか言えないそうです。

◎総持寺、本堂。
総持寺

◎総持寺、山門(仁王門)。
22総持寺2

◎総持寺、仁王。
22総持寺4

◎総持寺、仁王。
22総持寺3

◎総持寺、観音堂(ぼけ封じ近畿十楽観音霊場)。
22総持寺6

白瀧不動(香園寺)@愛媛

◆山・院・寺号
香園寺 奥之院 白瀧不動(しらたきふどう)

◆宗派
真言宗 御室派(香園寺)

◆御本尊
不動明王

◆所在地
西条市小松町南川乙
JR予讃線・伊予小松駅より徒歩50分

◎「四国八十八ヶ所霊場・第61番札所・奥之院」の納経印
香園寺奥之院

★雑記
白瀧不動の納経印(御朱印)です。
こちらは弘法大師四国霊場の第61番札所、香園寺の奥之院に当たります。地図を見れば山の中っぽいですがそれほどでもなく、また境内までは平坦な道のりなので、苦労なく参拝に来られるでしょう。超近代的でえらくぶっ飛んでいた香園寺の本堂に比べると、こちらは幾分大人しい感じでお寺を構えていました。本堂の左手から裏に回り1~2分ほど進むと、滝行の行場があります。白瀧不動明王と2童子の像が滝の上に立っています。まぁ滝と言っても、ドドドッといった具合ではなく、チョロチョロといった具合なので、「これで修行?」と思ったり。
納経印は、本堂の窓口にていただきました。こちらは常駐ではないので、不在時には香園寺の納経所で納経印をいただくことも可能とのことです。

◎白瀧不動、本堂。
香園寺奥之院6

◎白瀧不動、滝行の行場。
香園寺奥之院9

◎白瀧不動、不動明王+2童子。
香園寺奥之院8

神宮寺@徳島

◆山・院・寺号
大轟山 神宮寺(じんぐうじ)

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
釈迦如来

◆所在地
阿南市新野町宮ノ北
JR牟岐線・新野駅より徒歩25分

◆御詠歌
法の風 常磐に吹けり 神宮寺 願いし事の 叶う嬉しさ

◎「新四国八十八曼荼羅霊場・第83番札所」の御朱印
83神宮寺・新野弁天

★雑記
新四国曼荼羅霊場の札所、神宮寺の御朱印です。
境内に弁天様が祀られていることから、新野弁財天の通称でも知られています。ガイドブックを見たら、境外にも弁天堂があるとのことですが・・・よくわかりませんでした。隣接の轟神社ともども、参拝に訪れる地域の人らしき姿もチラホラとありました。
御朱印は、納経窓口にていただきました。

◎神宮寺、山門。
83神宮寺3

◎神宮寺、弁天堂。
83神宮寺5

生木地蔵(正善寺)@愛媛

◆山・院・寺号
生木山 正善寺(しょうぜんじ)
通称:生木地蔵(いききじぞう)

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
地蔵菩薩

◆所在地
西条市丹原町今井

◆御詠歌
(御本尊御詠歌)
一夜にて 願いを立つる 御心は 幾代変わらぬ 楠のみどりば

◎「四国別格二十霊場・第11番札所」の御朱印
11生木地蔵別格

★雑記
生木地蔵こと、正善寺の納経印(御朱印)です。
道路標識やら観光案内やらのほとんどは、生木地蔵の名称で記載されているようです。境内には、生木地蔵の名前の由来となった霊木の楠が祀られています。なんでもこちら、樹齢は1200年以上と推察されていますが、昭和29年の台風で倒れてしまったとのこと。かつてこの楠が立っているとき、お告げを受けた弘法大師が、一夜でこの楠に5尺2寸の地蔵像を彫ったことが由来だそう。記念の御朱印にも、その絵柄がデザインされています。その地蔵像は、現在本堂内にて安置されています。後で知ったのですが、四国別格二十霊場以外に伊予六地蔵霊場の札所にもなっているようです。
納経印は、授与所にていただきました。

◎生木地蔵、本堂。
11生木地蔵別格5

◎生木地蔵、霊木の楠。
11生木地蔵

建治寺@徳島

◆山・院・寺号
大瀧山 宝珠院 建治寺(こんじじ)

◆宗派
東寺 真言宗

◆御本尊
金剛蔵王大権現

◆所在地
徳島市入田町金治

◆御詠歌
(寺院御詠歌)
我が胸に 悩み苦しむ 心をば 神の威徳で 建て治す寺

◎「四国三十六不動霊場・第12番札所」の御朱印
12四国36不動・建治寺

◎「四国三十六不動霊場・第12番札所」の童子印と御詠歌
12四国36不動・建治寺02

◎「四国八十八ヶ所霊場・第13番札所奥之院」の御朱印
13奥之院・建治寺

★雑記
役行者開基、建治寺の御朱印です。
四国八十八ヶ所霊場、第13番札所の奥之院として知られ、四国三十六不動霊場の札所にもなっています。さすがに修行の聖地だけあって、境内までは細い山道を右へ左へしながら山を登ることになります。その分だけ、駐車場からの眺望はなかなかに見事でした。もっとも、徳島市内にランドマークとなる高い建物が無いので、ずっと見ていて飽きないかと言われれば・・・ですが。公式サイトにも載っていますが、滝行もでき宿坊も完備され、心身を鍛えるには良い場所なのでしょう。私は体力的に無理なので御免蒙りますが。また四国霊場と同様に、大師堂も境内にはあります。
御朱印(納経印)は、納経所にていただきました。

◎建治寺、駐車場からの眺望。
建治寺・駐車場02

◎建治寺、駐車場のタヌキ。
建治寺・駐車場01

◎建治寺、本堂。
建治寺・本堂

妙薬寺@徳島

◆山・院・寺号
砥川山 医王院 妙薬寺(みょうやくじ)

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
薬師如来

◆所在地
板野郡板野町川端医王院

◎「阿波北嶺二十四薬師霊場・第10番札所」の御朱印
10阿波北嶺薬師・妙薬寺

◎「阿波西国三十三観音霊場・第22番札所」の御朱印
22阿波西国・妙薬寺

★雑記
阿波西国観音&阿波北嶺薬師の霊場札所、妙薬寺の御朱印です。
少しだけ道路から入った場所に位置しているので、案内板が出てはいますがウロウロと、初めての参拝時は道に迷いました。しかも不在で、スゴスゴと引き返してくるはめに。回向石柱の立っている本堂は、幸いにして天気が良かったこともあり、写真で見るよりもその白さが際立っていました。また、年季の入った薬師堂の方にもついつい目が行ってしまいます。
御朱印は、三度目の参拝で、庫裡にていただきました。

◎妙薬寺、境内。
妙薬寺

◎妙薬寺、本堂。
妙薬寺0

霊山寺@徳島

◆山・院・寺号
竺和山 一乗院 霊山寺(りょうぜんじ)

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
釈迦如来

◆所在地
鳴門市大麻町板東塚鼻

◆御詠歌
霊山の 釈迦の御前に 巡り来て よろずの罪も 消え失せにけり

◎「四国八十八ヶ所霊場・第1番札所・お礼参り」の御朱印
1霊山寺・お礼参り

◎「四国八十八ヶ所霊場・第1番札所」の御朱印(平成26年1月参拝)
1・2014_01

◎「四国八十八ヶ所霊場・第1番札所」の御朱印(平成25年11月参拝)
1霊山寺・2013_11_02

◎「四国八十八ヶ所霊場・第1番札所」の御朱印(平成22年参拝)
名称未設定-27

◎「四国八十八ヶ所霊場・第1番札所」の御朱印(1998年頃参拝)
1

★雑記
四国八十八ヶ所霊場・第一番札所、お遍路さんの入り口・霊山寺です。
いつ行っても必ず幾人かの、今からお遍路出発者が、寺院の方に巡礼の説明を受けている気がします。そのためか御朱印は、結構おざなりにチャチャッと書いてハイどうぞ、とえらく淡白にされてしまいます。およそ13年前、1998年頃にいただいたものは丁寧に書いてもらったんだなぁ~、とあらためて見返してみて思います。平成22年にいただいた墨書きの、その雑なことと言ったら・・・それも含めてお遍路の修行と言えましょうか。ちなみに、四国八十八ヶ所霊場の御朱印には、基本的に日付が入りません。そう言えば、檀家からの寄付金無しに寺院経営をやっていけているのは、ここと日和佐の薬王寺くらいだとか。だからか・・・。あと・・・手水舎の自動タオルて!その後ろに立っているマネキンの怖いこと怖いこと。
納経印(御朱印)は、本堂内の納経所にていただきました。霊場専用納経帳で結願すると、お礼参りとして『願行成圓(がんぎょうじょうえん)』の納経印がいただけます。おそらく、88ヶ寺すべてでいただけると思います。つまり、四国八十八ヶ所霊場の納経印をすべて集めようとするなら、88周しなければならない、ということですね。

(平成26年1月記)
手水舎の自動タオルとマネキンが無くなっていました!

◎霊山寺、山門。
霊山寺山門

◎霊山寺、手水舎。
霊山寺

◎霊山寺、境内。
霊山寺03

◎霊山寺、境内。
霊山寺02

常福寺(椿堂)@愛媛

◆山・院・寺号
邦治山 不動院 常福寺(じょうふくじ)
通称:椿堂

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
地蔵菩薩

◆所在地
四国中央市川滝町下山

◆御詠歌
(御本尊御詠歌)
立ち寄りて 椿の寺に 休みつつ 祈りをかけて 弥陀を頼めよ
(四国三十六不動霊場:不動明王)
災いを 三千歳百々歳 永却に 我は守らん 火核の国

◎「四国別格二十霊場・第14番札所」の御朱印
14椿堂

◎「伊予六地蔵霊場・第6番札所」の御朱印
椿堂・伊予6地蔵

◎「四国三十六不動霊場・第27番札所」の御朱印
27四国36不動

◎「四国三十六不動霊場・第27番札所」の童子印と御詠歌
27四国36不動・御詠歌

★雑記
椿堂こと、常福寺の納経印(御朱印)です。
地図にしろ案内の看板にしろ、すべて椿堂優先で書かれています。道路から少しだけ入って、また建物のちょっとした裏にお寺はありますが、デカデカと案内が出ていたので迷うことはないでしょう。私の参拝時にも、数人の霊場巡拝者の姿が見られました。こちらが椿堂と呼ばれるのは、かつて弘法大師が村民の病を封じるために、突き刺した杖の場所から椿の芽が出て花を咲かしたことに由来するとのこと。鐘のある山門は、えらくドギツイ赤色をしていました。よく見ると、本堂前に立つ不動明王像も、これまた必要以上に赤かったです。火伏せだからでしょうか?山門くぐってすぐの場所には、おさわり大師なる弘法大師石像がありました。名称通り触ることが可能で、びんずる尊者のように自分の身体の悪いところと同じ場所を触って祈願する大師像でした。
納経印は、授与所にていただきました。真ん中の御朱印は、椿の絵柄ですね。四国別格二十霊場の札所として有名な椿堂ですが、四国三十六不動霊場と伊予六地蔵霊場の霊場札所にもなっています。特に伊予六地蔵霊場は、年に数人もいない廃れた霊場になっているとか。どこでこの霊場を?と聞かれました。もっとも、本堂には霊場札所を示す看板があるので、参拝したときに霊場を知った人もいるでしょうから、回ってみようと思う人もいそうですね。あと、不動霊場の札所一覧が載っている手ぬぐいを初めて見ました。別格霊場の手ぬぐいと合わせて購入しました。

◎椿堂、境内。
14椿堂85

◎椿堂、山門。
14椿堂5

◎椿堂、本堂と不動明王像。
14椿堂9

胎蔵寺@徳島

◆山・院・寺号
玉滝山 胎蔵寺(たいぞうじ)
通称:沼江大師

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
薬師如来

◆所在地
勝浦郡勝浦町沼江

胎蔵寺

★雑記
沼江大師こと、胎蔵寺の御朱印です。
”縁結び沼江大師”とも呼ばれるそうですが、縁結びで知られるお大師様は、なかなか他では聞いた記憶がありません。それにしても、緑の多い境内でした。すぐ裏手が山ですが、境内にまで木々が入って来ているとでも言うような。大師堂の前もこんもりしていて虫が!!!名誉御住職(?)から、高野山について表彰された話を含めてアレコレ聞くことが出来ました。なかなか貴重な時間でしたね。
納経印(御朱印)は、本堂の方に声をかけていただきました。御影姿も一緒にいただきました。なお、もしこちらへ参拝されて納経印をいただく予定のある方は、11×16サイズの御朱印帳では厳しいと補足しておきます。

◎胎蔵寺、境内。(左、本堂)
胎蔵寺4

◎胎蔵寺、大師堂。
胎蔵寺2

安楽寺@徳島

◆山・院・寺号
温泉山 瑠璃光院 安楽寺(あんらくじ)

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
薬師如来

◆所在地
板野郡上板町引野字寺ノ西北

◆御詠歌
仮の世に 知行争う 無益なり 安楽国の 守護を望めよ

◎「四国八十八ヶ所霊場・第6番」の御朱印(平成26年参拝)
6安楽寺・2014_01

◎「四国八十八ヶ所霊場・第6番」の御朱印(1998年頃参拝)
6安楽寺

◎「阿波北嶺二十四薬師霊場・第2番札所」の御朱印
阿波北嶺2

★雑記
弘法大師が温泉湯治の利益を伝えた、安楽寺の納経印(御朱印)です。
当然ながら、四国霊場として有名な寺院ですが、御本尊である薬師如来は、阿波北嶺薬師霊場の御本尊にもなっています。いただきたい納経印(御朱印)の霊場名を伝えたときに、「あ~っ」ってな感じのリアクションでしたから、参拝者の数は聞かずとも推して知るべしといった具合でしょうか。四国霊場のお遍路では、東京から来ているという若い女性の姿も見受けられました。それにしても・・・本堂前の真新しい建物は何でしょうか。少なくとも、私が四国霊場を巡った1998年当時は無かったはずの建物です。見映えが悪いと言いますか、なぜにここまで本堂を隠するものを建ててしまったんだか・・・。
御朱印は、本堂内にていただきました。

◎安楽寺、山門(鐘楼門)。
安楽寺01

◎安楽寺、本堂。
安楽寺02

◎安楽寺、本堂。(平成26年参拝)
6安楽寺6

◎安楽寺、弁財天。(平成26年参拝)
6安楽寺1

◎安楽寺、本堂。(平成26年参拝)
6安楽寺3

金泉寺@徳島

◆山・院・寺号
亀光山 釈迦院 金泉寺(こんせんじ)

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
釈迦如来

◆所在地
板野郡板野町大寺字亀山下

◆御詠歌
(寺院御詠歌)
極楽の 宝の池を 思えただ 黄金の泉 澄み称えたる

◎「四国八十八ヶ所霊場・第3番」の御朱印(平成26年参拝)
3金泉寺・2014_01

◎「四国八十八ヶ所霊場・第3番」の御朱印(平成22年参拝)
3金泉寺・四国

◎「阿波西国三十三観音霊場・第23番」の御朱印
名称未設定-30

◎「阿波北嶺二十四薬師霊場・第9番」の御朱印
29

◎「四国八十八ヶ所霊場・第3番」の御朱印(1998年頃参拝)
3金泉寺

★雑記
四国八十八ヶ所霊場札所、金泉寺の御朱印です。
徳島でお寺巡りと言えば、やっぱり四国霊場でしょう。それ以外と言えば、せいぜい奥の院巡りが加わる程度でしょうか。ご多分に漏れず、阿波西国三十三観音霊場も阿波北嶺二十四薬師霊場も、知名度はからきしです。そら納経所の方も、アタフタと「印をどこにしまったっけか?」と探すわけですよ。なんでも一年の間に、片手で数えて事足りる程度の参拝者がいるか、あるいはゼロの年もあったり程度だそう。私は運良く手書きの御朱印をいただけましたが、実際はあらかじめ薬師如来や札所本尊の観音名が印刷された専用御朱印帳に、種字と寺院名と札所番号の印を納経所で捺してもらう形式なのだとか。とは言っても、いったいこの霊場のどこのお寺に専用御朱印帳が置いてあるか、まったくわかりません。もし参拝しようと言う奇特な人がいれば、ご注意のほどを。それにしても、倶利伽羅龍王像の格好良いことといったら。
納経印(御朱印)は、納経所にていただきました。

◎金泉寺、山門。
金泉寺・仁王門

◎金泉寺、本堂。
金泉寺7

◎金泉寺、大師堂。
金泉寺9

◎金泉寺、倶利伽羅龍王。
金泉寺02

◎金泉寺、観音堂。
金泉寺8

◎金泉寺、境内。
金泉寺01

香園寺@愛媛

◆山・院・寺号
栴檀山 教王院 香園寺(こうおんじ)
通称:子安大師

◆宗派
真言宗 御室派

◆御本尊
大日如来

◆所在地
西条市小松町南川甲
JR予讃線・伊予小松駅より徒歩20分

◆御詠歌
(御本尊:大日如来御詠歌)
後の世を 思えば詣れ 香園寺 止めて止まらぬ 白瀧の水
(子安大師御詠歌)
あな尊と 子安大師の ご利益を 受けし産ぶ児の 声ぞ勇まし

◎「四国八十八ヶ所霊場・第61番札所」の納経印
61香園寺

★雑記
弘法大師四国霊場札所、香園寺の納経印(御朱印)です。
まぁ、初見だとおそらく誰もが同じ感想を抱くと思いますが、本堂がえらく超近代的でぶっ飛んでいます。正式には大聖堂と言うそうですが、一般的な札所寺院で言うところの本堂と大師堂の両方の要素を兼ね備えた建物です。どこぞの音楽ホールかよ、ってね。建てられたのは昭和51年、鉄筋コンクリート造りとなっています。堂内には、柱が1本もないのだとか。いわゆる普通のお寺然とした建物ばかりを巡って来た身としては、あまりのお寺っぽく無ささに、なかなかのフェイントを喰らわされたと感じるでしょう。ちなみに2階が参拝所となっており、左右の階段から中に入ることができます。椅子は自分で倒して座るタイプ、映画館かプラネタリウムかって感じの聖堂内です。中央では寺院の御本尊である大日如来が、薄暗い堂内に差し込む光を受けて金色に輝いています。一方、あいにくと、お大師様は厨子の中でした。また子安大師と呼ばれるのは、こちらが用明天皇の病気平癒のために聖徳太子によって建立された道場で、後に弘法大師がこの地で難産の婦人を祈念して健康な男の子を安産で生んだこの縁から、安産、子育て、身代わり、女人成仏の四誓願のご利益が授かるとされているからです。
納経印は、寺務所の納経窓口にていただきました。さらにこちらでは、奥之院である白瀧不動に人がいないとき、奥之院の納経印も一緒にいただけます。

◎香園寺、参道。
61香園寺8

◎香園寺、大聖堂。
61香園寺5

◎香園寺、大聖堂。
61香園寺4

吉祥院@愛知

◆山・院・寺号
万燈山 吉祥院(きっしょういん)

◆宗派
真言宗 醍醐派

◆御本尊
不動明王

◆所在地
岡崎市明大寺町仲ヶ入
名鉄名古屋線・東岡崎駅より徒歩12分

◎「三河新四国八十八ヶ所霊場・第32番札所」の御朱印
吉祥院大師堂・岡崎

◎「三河新四国八十八ヶ所霊場・第31番札所」の御朱印
吉祥院・岡崎

★雑記
三河新四国八十八ヶ所霊場札所、吉祥院の御朱印です。
駅からの道沿いに立つ、白いアーチの参道入り口。狭いですが、幟も立っており見逃すことはないでしょう。ここから石段を上っていきます。参道にまで草が伸びてきているので、虫に少々悩まされることに。一転して境内は開けているので、車ででも来られる別ルートがあるのでしょう。小高い丘になっているので、ちょっとだけ眺めは良かったです。こちらは本堂が第31番札所、大師堂が第32番札所となって兼務する形態でした。大師堂の方にだけ、結縁柱が立っていましたので触れてきました。
御朱印(納経印)は、納経所にていただきました。平成26年は、霊場再興50周年ということで、総開帳の印も捺されていました。

◎吉祥院、参道入り口。
吉祥院8

◎吉祥院、本堂。
吉祥院2

◎吉祥院、大師堂。
吉祥院0

白峯寺@香川

◆山・院・寺号
綾松山 洞林院 白峯寺(しろみねじ)

◆宗派
真言宗 御室派

◆御本尊
千手観世音菩薩

◆所在地
坂出市青海町

◆御詠歌
霜寒く 露白妙の 寺のうち 御名を称ふる 法の声々

◎「四国八十八ヶ所霊場・第81番札所」の御朱印(2013年参拝)
81・白峯寺_201308

◎「四国八十八ヶ所霊場・第81番札所」の御朱印(1998年頃参拝)
81

◎オリジナル御朱印帳(納経帳)
81・白峯寺_帳

★雑記
四国霊場札所、白峯寺の納経印です。
割と山の中と言いますか、駅からは曲がって上っての道を行きます。良い具合に団体遍路がいなくて、気持ち良く参拝ができました。境内には、干支守り本尊や七福神の石像が祀られており、いわゆる一ヶ所七福神の巡礼ができます。他にも第75代崇徳天皇の御廟所として、白峯御陵があるのでそこ目当てに訪れる歴史好きな人も多そうです。それにしても、本堂までの階段が意外にキツかったです。
納経印は、護摩堂内にある納経所窓口にていただきました。奥の院の納経印もこちらでいただけます。また、お礼参りでいただける印の見本もありました。

◎白峯寺、山門。
白峯寺1

◎白峯寺、本堂。
白峯寺4

箸蔵寺@徳島

◆山・院・寺号
宝珠山 真光院 箸蔵寺(はしくらじ)
通称:こんぴら奥之院

◆宗派
真言宗 御室派

◆御本尊
金毘羅大権現

◆所在地
三好市池田町州津蔵谷

◆御詠歌
いそのかみ ふりにし世より 今もなほ 箸はこぶてふ 事の尊き

◎「阿波西国三十三観音霊場(西部)・第23番札所」の御朱印
23箸蔵寺・阿波西国

◎「四国別格二十霊場・第15番札所」の御朱印
15箸蔵寺・別格

★雑記
四国別格霊場、箸蔵寺の納経印(御朱印)です。
香川県仲多度郡琴平町に ある、金刀比羅宮の奥之院の位置付けになっています。ですので由緒書きや看板にも”こんぴら奥之院”の表記が散見されます。今はロープウェイがあるので、山門を見下ろして海抜600メートルの山の上にある境内まで一気に行けますが、昔はこの山道をエッチラオッチラ上って来たんだな、と思うと感慨深いものがあります。もっとも、御本尊が祀られている御本殿までは、さらに石段を上らなければならないのですが・・・これがまたキツイって。またこちら、神仏習合の名残りのために、寺院の中心的建物を御本殿と呼びます。こちらと石段下の護摩殿は、国の重要文化財になっています。御本殿の回りは、見事なくらい見通しの良い光景です。これだけ広い境内を持てば、やれ堂宇だやれ庭園だとバカスカ造りそうなものですがね。金銭的なこともありましょうが、個人的にはこういっただだっ広いのも好きです。観音堂が朽ち気味なのは、ちょっと寂しい気もしましたが。ちなみに箸蔵寺は四国別格二十ヶ所霊場の他に、四国三十六不動霊場、阿波西国三十三観音霊場(西部)、四国ぼけ封じ三十三観音霊場を兼務しています。そう言えば、御本尊の金毘羅大権現は完全秘仏とのことで、四国霊場1200年記念の今年も御開帳はされていません。それどころか、歴代の御住職も御本尊を直接見たことがないのだとか。神秘がそそられます。
納経印は、授与所にていただきました。

◎箸蔵寺、本殿。
箸蔵寺・御本殿

◎箸蔵寺、本殿への鳥居。
箸蔵寺・鳥居

◎箸蔵寺、護摩殿。
箸蔵寺・護摩殿

◎箸蔵寺、観音堂(阿波西国三十三観音霊場・西部)。
箸蔵寺・阿波西国霊場・観音

◎箸蔵寺、不動明王像(四国三十六不動霊場)。
箸蔵寺・四国36不動

◎箸蔵寺、聖観世音菩薩像(ぼけ封じ三十三観音霊場)。
箸蔵寺・ぼけ封じ観音

慈眼寺@徳島

◆山・院・寺号
月頂山 宝珠院 慈眼寺(じげんじ)

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
十一面観世音菩薩

◆所在地
勝浦郡上勝町正木

◆御詠歌
天とふや 鶴の奥山 おくたへて 願ふ功力に 法ぞ通はむ

◎「四国別格二十霊場・第3番札所」の御朱印
3慈眼寺・穴禅定

★雑記
四国別格霊場、慈眼寺の納経印(御朱印)です。
四国別格二十霊場の第3番札所であり、四国八十八ヶ所霊場の第20番札所の奥之院にもなります。とにかく山奥&山の上なので、えらく空気が綺麗です。そして陽が眩しくてキツイです。こちら、霊場札所以外にも、穴禅定のお寺としても知られています。要するに行場の洞窟ってことですね。納経所は大師堂の脇にあり、本堂や穴禅定には歩いて向かいます。同じ境内とは言え・・・悪路で体力のない自分には大変でした。本堂の回りは木々に覆われて薄暗く、雰囲気は抜群です。デッカイ岩の下、よくもまあこんな場所から入って修行を、なんて思い付いたものです。
納経印は、納経所にていただきました。

◎慈眼寺、本堂。
3慈眼寺・本堂

◎慈眼寺、穴禅定入り口と弁財天像。
3慈眼寺・穴・弁天

◎慈眼寺、大師堂。
3慈眼寺・大師堂

◎慈眼寺、幸白衣観音像。
3慈眼寺・幸観音

愛染院@徳島

◆山・院・寺号
金鶏山 愛染院(あいぜんいん)

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
不動明王

◆所在地
板野郡板野町那東字居内

◎「四国八十八ヶ所霊場・第3番奥之院」の御朱印
四国奥之院3愛染院・刷毛納経

★雑記
四国霊場奥之院、愛染院の納経印です。
”愛染”という名称ですが、こちらの御本尊は不動明王になります。日本に3体しか存在しない、弘法大師作の不動明王像です。ちなみに他の2体は、高野山の南院と千葉の成田山新勝寺だそうです。まあなんて言いますか、色々な寺院で”弘法大師作の不動明王像”の案内を見たことがありますが、それはそれとして気にしない方向で。。。境内には犬と猫がいます。う~ん、Lovelyですね!
納経印は、庫裡にていただきました。四国では唯一という、刷毛書きによる納経印です。ただあいにくと住職はお籠もりの修行中で、今年(2011年)いっぱいは直接の納経印が無理なのだとか。半紙への書き置き納経印がありますので、それをいただきました。

◎愛染院、本堂。
愛染院・本堂

◎愛染院、山門。
愛染院

◎愛染院、山門。
愛染院-(2)

神野寺@香川

◆山・院・寺号
五穀山 神野寺(かんのじ)
通称:満濃池大師

◆宗派
真言宗 善通寺派

◆御本尊
薬師如来

◆所在地
仲多度郡まんのう町神野
JR土讃線・塩入駅より徒歩35分

◆御詠歌
ちまちだに 今も注ぎて 法の師の 恵みあふるる 満濃の大池

◎「四国別格二十霊場・第17番札所」の御朱印
17別格・神野寺

★雑記
四国別格霊場、神野寺の納経印(御朱印)です。
駅からは、満濃池方面を指す道路標識に従ってエッチラオッチラと。天気が良ければ都会の喧騒を離れた、空気の清々しさを感じられます。満濃池周辺は駐車場も多く、ドライブ日和だったこの日は多くの車が停まっていました。安土桃山時代に伽藍が全焼して廃寺、昭和に入って今のように一部だけ再建されたお寺なので、規模としては小さい部類に入ります。ですが満濃池を眺めることができる丘の上には、大師堂の代わりのように弘法大師像が立てられていました。ただ・・・タイミングが悪かった。写真を撮ろうとしたら、読経もせずに団体がくっちゃべってたむろして、いつまで経っても動こうとしない。団体のひとりひとりもそうですが、引率能力のない先達は辞めた方が良いとさえ思いました。ホントね、我が物顔で境内をのし歩き、個人参拝者を見下すような先達を各地で目にしますが、目障りかつ不愉快でしかありません。
納経印は、本堂脇の窓口にていただきました。

◎神野寺、参道。
神野寺

◎神野寺、満濃池大師像。
神野寺1

◎神野寺、満濃池大師像。
神野寺2

屋島寺@香川

◆山・院・寺号
南面山 千光院 屋島寺(やしまじ)

◆宗派
真言宗 御室派

◆御本尊
十一面千手観世音菩薩

◆所在地
高松市屋島東町

◎「四国八十八ヶ所霊場・第84番札所」の納経印(御朱印)
屋島

◎「四国八十八ヶ所霊場・第84番札所」の納経印(御朱印)(1998年頃に参拝)
84

★雑記
四国八十八ヶ所霊場、屋島寺の御朱印です。
1998年頃と2010年の納経印とでは、揮毫が異なりました。また、専用御朱印帳ではなかったからか、2010年は日付アリになりました。それよりも驚いたことに、ケーブルカーが無くなっていました。今は、屋島の源平合戦場を見下ろせる山道を、車で登って来て参拝するのが一般的なのでしょうか。確かに眺めの良いルートではあります。
納経印は、納経所にていただきました。

◎屋島寺、境内。
屋島寺1

◎屋島寺、蓑山大明神。
屋島寺・蓑山大明神

◎源平屋島古戦場、展望。
屋島寺3

密厳寺@徳島

◆山・院・寺号
宝光山 密厳寺(みつごんじ)

◆宗派
真言宗 御室派

◆御本尊
聖観世音菩薩

◆所在地
三好市池田町西山

◆御詠歌
(寺院御詠歌・四国三十六不動霊場御詠歌)
なにしおう 桜の元に 建つ寺は 密厳ひろう 世界なるらん

◎「四国三十六不動霊場・第5番札所」の御朱印
5密厳寺

◎「四国三十六不動霊場・第5番札所」の童子印と御詠歌
5密厳寺・御詠歌

★雑記
三好市池田町、密厳寺の御朱印です。
細い道路を上った先の山の中腹、看板も小さくて見落としがち、こちらの寺院を訪れるときは、詳細な地図があった方が良いでしょう。あと車は小型か軽自動車が良いかもです。境内には駐車スペースがあるのですが、そこまでが大変でしょう。こちら密厳寺は、四国三十六不動霊場と阿波西国三十三観音霊場(西部)を兼務しています。建立されたのは弘仁7年(816年)と大変古いのですが、戦国時代に長宗我部元親の兵火ですべての伽藍が消失したそうです。さて、まず目に付いたのが、新しそうな外観で、八角形をした大不動堂です。千躰不動尊が奉安されている祈願所で、中に入って参拝することができました。やや薄暗くなっているのが、またなんとも雰囲気抜群でした。デカさで魅せる仏像も良いですが、こちらのように数で魅せる空間も圧巻圧倒で好きです。近ければちょくちょく来たい場所です。
御朱印は、本堂脇の納経所窓口でいただきました。

◎密厳寺、山門。
密厳寺

◎密厳寺、大不動堂。
密厳寺01

地蔵寺@香川

◆山・院・寺号
如意山 文殊院 地蔵寺(じぞうじ)

◆宗派
真言宗 善通寺派

◆御本尊
文殊菩薩

◆所在地
さぬき市志度
琴平電鉄・志度駅より徒歩4分
JR高徳線・志度駅より徒歩6分

◎「四国八十八ヶ所霊場・第86番札所奥之院」の納経印
86奥之院・地蔵寺

★雑記
四国霊場第86番札所、志度寺の奥之院である地蔵寺の納経印です。
駅からも近く、志度寺からも徒歩ですぐの場所にあるので、一緒に参拝している人も多いそうです。もっとも、私が参拝したタイミングでは、誰もいなかったのですが。境内は写真の通り、結構狭い範囲に堂宇や鐘が建っています。志度寺の境内が広いので、逆にこういったコンパクトさが良いとも言えましょうか。由緒書きによると、廻国六十六部霊場の66体の御本尊を一堂に祀っているそうです。一堂に祀っているのは、地蔵寺を含めて全国で2ヶ所しかないらしいです。ところで廻国六十六部霊場とは、鎌倉時代から中世にかけて盛んだった、日本全国(北は陸奥・出羽から南は薩摩・大隈まで)の66ヶ国を巡る日本一長い道のりの巡礼です。当時の国の数から、六十六部と呼ばれているようです。現在の四国八十八ヶ所霊場とか西国三十三ヶ所観音霊場とか、すべての巡礼霊場の原点となった巡礼だと言われています。
納経印は、庫裡の窓口でいただきました。

◎地蔵寺、境内。
地蔵寺・志度寺奥之院

讃岐国分寺@香川

◆山・院・寺号
白牛山 千手院 国分寺(こくぶんじ)
通称:讃岐国分寺

◆宗派
真言宗 御室派

◆御本尊
十一面千手観世音菩薩

◆所在地
高松市国分寺町国分
JR予讃線・国分駅より徒歩4分

◎「さぬき七福神・弁財天」の御朱印
さぬき七福神・国分寺

★雑記
四国霊場札所、讃岐国分寺の御朱印です。
どこぞの松原かと思わせるような、生い茂る松の参道が見事でした。また参道には四国霊場の他に、「東讃七ヶ所霊場」の石碑も立っていました。さて、名称が国分寺なので、てっきり御本尊は薬師如来かと思いきや、院号が示す通り千手観世音菩薩が寺院の御本尊とのことです。ただそれよりも目立つのは、境内の弁財天像の数。さぬき七福神では弁才天を祀るお寺ですが、山門くぐってすぐのところに石像のお迎え弁財天があれば、本堂前や池の中にも弁財天像があり、さらに納経所を兼ねた大師堂にも木造弁財天が祀られていて・・・といった具合に、山内八十八ヶ所まである広い境内は弁天様だらけです。あと大師堂(納経所)前には、キラキラに輝く金箔大師像もあります。他の何ヶ所かのお寺でも見たことはありますが、文字通り金箔を像に貼っていき願をかけるものです。文字通り輝いていましたね~。
御朱印や納経印は、納経所にていただきました。納経所自体もお堂の中なので、狭い窓口がかなり混雑していました。

◎讃岐国分寺、参道。
国分寺1

◎讃岐国分寺、お迎え弁財天。
国分寺2

◎讃岐国分寺、願掛け金箔大師。
国分寺0

極楽寺@徳島

◆山・院・寺号
日照山 無量寿院 極楽寺(ごくらくじ)

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
阿弥陀如来

◆所在地
鳴門市大麻町檜字段の上

◎「阿波北嶺二十四薬師霊場・第11番」の御朱印
名称未設定-28

◎「阿波西国三十三観音霊場・第21番」の御朱印
21

◎「四国八十八ヶ所霊場・第2番」の御朱印(平成22年6月25日参拝)
2

◎「四国八十八ヶ所霊場・第2番」の御朱印(1998年頃に参拝)
2

★雑記
四国八十八ヶ所・第2番札所として有名な、極楽寺の御朱印です。
こちらでこの”阿波西国三十三観音霊場”や”阿波北嶺二十四薬師霊場”の巡礼者は滅多にいないという話を聞きました。確かに四国八十八ヶ所霊場に入っていれば、そちらの方がメインになってしまうことでしょう。混んでない時は良いのですが、ツアー客とカチ合ったときは団体用と個人参拝用に納経所が分かれていることが、とてもありがたく感じます。
御朱印は、売店内の個人参拝者用納経所でいただきました。

(平成24年記)
後日、阿波北嶺薬師霊場の専用御朱印帳を見掛けました。

◎極楽寺、山門。
四国2番3

◎極楽寺、樹齢1,200年ほどで弘法大師お手植えとされる「長命杉」。
四国2番1

◎極楽寺、四国霊場開創1,200年記念の結縁柱と綱。
四国2番2

自性院@東京

◆山・院・寺号
本覚山 宝光寺 自性院(じしょういん)
通称:愛染寺

◆宗派
新義真言宗

◆御本尊
大日如来

◆所在地
台東区谷中6丁目

◎「御府内八十八ヶ所霊場・第53番札所」の御朱印
53

★雑記
御府内弘法大師霊場の札所、自性院の御朱印です。
元々は神田に創建されたお寺で、こちらに移って来たとのこと。本堂の扁額には、お寺の通称である”愛染寺”と書かれています。文字通り愛染明王のことであり、文豪・川口松太郎の”愛染かつら”は、こちらの愛染明王と本堂前に植えられていた桂の古木をヒントにして書かれたと言われています。お寺の数が多い谷中ですが、霊場札所でなくとも訪れたい名所の寺院かと思います。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎自性院、本堂。
自性院・愛染寺

萩原寺@香川

◆山・院・寺号
巨鼇山 地蔵院 萩原寺(はぎわらじ)

◆宗派
真言宗 大覚寺派

◆御本尊
地蔵菩薩

◆所在地
観音寺市大野原町萩原

◆御詠歌
(四国三十六不動霊場御詠歌)
ありがたや 萩の御山の 不動尊 温座の護摩も 今に尊し

◎「四国三十六不動霊場・第28番札所」の御朱印
28萩原寺2

◎「四国三十六不動霊場・第28番札所」の童子印と御詠歌
28萩原寺

★雑記
四国別格霊場の札所、萩原寺の御朱印です。
徒歩圏内の最寄りの鉄道駅があるわけでもなし、なかなか行きにくい場所に建っています。それでもやはり別格霊場、そこそこの参拝者はいました。境内の案内によれば、雲辺寺山の頂上に雲辺寺、麓に萩原寺という形でセットになっているそうです。萩原寺が前寺、雲辺寺が奥之院というように。殺風景で多少開けた空間にある本堂、なにやらスピーカーでポップな音楽がBGM代わりか?流れていました。境内に祝詞とか説法とかを流している社寺は何度か参拝しましたが、こんな有線そのままみたいなのは初めてでした。七福神巡りにも入っており、弁財天を祀っているようですが、印象に残ったのは大師堂横の大黒天です。乗っている俵も含めて、なんと全身が金ピカの大黒様がそこにはありました。えらく縁起が良さげです。
納経印は、参道脇の萩庵にていただきました。

◎萩原寺、本堂。
萩原寺・本堂

長寿寺@徳島

◆山・院・寺号
丹照山 慈光院 長寿寺(ちょうじゅじ)

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
阿弥陀如来

◆所在地
鳴門市北灘町粟田字東傍示

◆御詠歌
ありがたや 命永らえ 長寿寺 かけて頼めや 法の夢告げ

◎「新四国八十八曼荼羅霊場・第5番札所」の御朱印
5曼荼羅88・長寿寺

★雑記
新四国曼荼羅霊場、長寿寺の御朱印です。
山門横には、南国チックな植物と大きな銀杏の木がドンと構えていました。境内は決して広くないのですが、本堂、大師堂、鐘とがギュッと凝縮されている感じです。同じ新四国曼荼羅霊場の葛城神社が不在の場合、こちらで御朱印をいただくことができます。

◎長寿寺、山門。
chojuji

十輪寺@徳島

◆山・院・寺号
説法山 宝珠院 十輪寺(じゅうりんじ)
通称:四国霊場談議所

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
地蔵菩薩

◆所在地
鳴門市大麻町萩原字アコメン
JR高徳線・坂東駅より徒歩10分

◎「四国八十八ヶ所霊場・談議所・第1番前札所」の御朱印
1前札・十輪寺

★雑記
四国八十八ヶ所霊場、第1番前札所として知られる十輪寺の納経印です。
建立されたのが、白雉2年(651年)という非常に古い寺院です。有名な四国八十八ヶ所霊場の第1番札所の霊山寺とは、JR坂東駅を挟んでちょうど反対側になります。さすがにこちらから遍路を始めるバスツアーは無いようですね。もっとも、団体遍路用の大型バスが入れるような境内ではないのですが、、、。
納経印は、庫裡にていただきました。

◎十輪寺、境内。(左:本堂、右:地蔵堂)
談義所・前札所

西蓮寺@東京

◆山・院・寺号
凉水山 不動院 西蓮寺(さいれんじ)

◆宗派
真言宗 智山派

◆御本尊
不動明王

◆所在地
八王子市大楽寺町

◆御詠歌
叶う山 珠と勝りし 瑠璃の塔 大悲と共に 救い給えや

◎「関東九十一薬師霊場・第4番札所」の御朱印
4西蓮寺

★雑記
関東九十一薬師霊場の札所、西蓮寺の御朱印です。
多摩四国八十八ヶ所霊場では、第64番札所にもなっています。八王子駅からバスで行きました。最寄りのバス停からも、ものの1分といったところです。門前はいきなり車道なので、なかなか危ない気はしました。山門くぐってすぐ、薬師堂があります。室町時代末期の建立で、八王子最古の建造物だとか。元々はわら葺きだったそうですが、昭和33年から3年がかりで今のような銅板葺きに改修されたとか。中には入れませんが、虹梁には焼け焦げた跡があるそう。これは上杉景勝の兵が、元八王子城を攻める際に薬師堂内で炊事したためだとか・・・オイオイ。本堂の形状も、なかなか変わっています。
御朱印は、寺務所にていただきました。

◎西蓮寺、本堂。
西蓮寺・本堂

◎西蓮寺、薬師堂。
西蓮寺・薬師堂
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
タカツキ
23区を中心に
休日にのみフラフラと
病人なんでノンビリと
御朱印を集印中。
御朱印帳は、派手系好き
時々、絵馬。
ヘッダー写真は、
気分次第でチェンジ。

携帯電話からだと
strikeのタグが
反映されないのか。
う~ん。。。

●今年の状況●
関東三十六不動
(35/36)
関東九十一薬師
(76/91)
関東八十八ヶ所
(61/95)
豊島八十八ヶ所
(87/88)
阿波西国三十三観音・東部
(24/33)
阿波西国三十三観音・西部
(15/33)
四国三十六不動
(17/36)
下総三十三観音
(14/34)
名古屋二十一大師
(7/21)
和歌山西国三十三観音
(13/36)
安房国四十八薬師
(12/48)
知多四国八十八ヶ所
(3/98)
桶狭間十三仏
(7/13)


こっそり御朱印帳メモ

記事検索
メッセージ

こちらからの返信や回答を希望される場合は、返信先も記載してください。

名前
メール
本文
Pilgrimage
平成26年御開帳情報メモ
都道府県別リンク
【千葉県】の掲載一覧
【埼玉県】の掲載一覧
【東京都】の掲載一覧
【神奈川県】の掲載一覧
【愛知県】の掲載一覧
【大阪府】の掲載一覧
【徳島県】の掲載一覧
【香川県】の掲載一覧
【愛媛県】の掲載一覧
【高知県】の掲載一覧
  • ライブドアブログ