◆山・院・寺号
白道山 神門寺(ごうどじ)

◆宗派
曹洞宗

◆御本尊
聖観世音菩薩

◆所在地
秩父市下宮地町5丁目

◆御詠歌
ただ頼め 六則共に 大悲をば 神門に立ちて 助け給える

◎「秩父三十四観音霊場・第18番札所」の御朱印
18

★雑記
秩父観音霊場札所、神門寺の御朱印です。
こちらへは、西武秩父駅前からレンタサイクルで向かいました。境内の案内板によれば、元々この場所には神社が鎮座していて、その境内にあった榊の木の枝が左右に分かれ、空に伸びて結び合った姿から神門と呼ばれていたとのこと。もっとも、年月を経て木も枯れて神社も廃れてしまったそうですが、あるとき「神社ではなくお寺を建てろ」と巫女に神託があったことで、今の神門寺が建てられたそうです。なんとも神秘的なエピソードです。さて、境内は意外に狭いです。その狭い中に、本堂、不動堂、蓮華堂が配されています。ここで団体にカチ合うとつらいでしょうね。私の参拝時は、3人程度の参拝者しかいませんでしたが。次の第19番札所へ向かうには、交通量の激しい道路を横切る必要があります。信号がないので、結構スピードを出している車が激しく往来しています。これはちょっとな、と思いました。
御朱印は、納経所(朱印所)にていただきました。

◎神門寺、本堂。
18神門寺