マッハ墨朱&絵馬による布陣(仮)~御朱印ブログ~

御朱印と御朱印帳、時々絵馬。メモ代わり兼ひとりでニヤニヤと悦に浸るためだけの場

港北区

長福寺@神奈川

◆山・院・寺号
本願山 長福寺(ちょうふくじ)

◆宗派
真言宗 大覚寺派

◆御本尊
不動明王

◆所在地
横浜市港北区篠原町
京急東横線、JR横浜線・菊名駅より徒歩10分

◎「武南十二薬師霊場・第8番札所」の御朱印
8長福寺・武南薬師

★雑記
武南十二薬師霊場の札所、長福寺の御朱印です。
菊名駅から歩いて向かいました。地図で見ると、どうも新横浜駅の方がちょっとばかし近いようです。武南十二薬師霊場も御開帳霊場の色合いが強いため、境内には結縁柱もなく他の参拝者もおらず、ひっそりと静まり返っていました。それはそれでありがたかったのですが、小雨パラつく参拝にはあまり向かない日だったため、早々とした退散になりました。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎長福寺、境内。
8長福寺8

菊名神社@神奈川

◆名称
菊名神社(きくなじんじゃ)

◆御祭神
誉田別命(ほんだわけのみことと)
天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
日本武尊(やまとたけるのみこと)
木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)
武内宿禰命(たけうちすくねのみこと)

◆所在地
横浜市港北区菊名6丁目
JR各線、東急東横線・菊名駅より徒歩3分

菊名神社

★雑記
菊名総鎮守、菊名神社の御朱印です。
駅からもすぐなので、チラホラと参拝者の姿を見掛けました。神社の始まりは室町時代の初期、鎌倉の鶴岡八幡宮の御神霊を勧請して社殿を建立したことからとのこと。その後、近隣に鎮座していた神明社、杉山神社、阿府神社、浅間神社を合祀して、菊名神社の名称になって今に至るそうです。それにしても、これほど真っ黒な鳥居も珍しいのではないでしょうか?朱色はもちろんそうですが、黒色も思わず目を引かれますね。社殿自体もなにやら近代的で、平成23年に改修されたと知ってそれも納得です。あと、授与所もかなり綺麗で新しい感じでした。
御朱印は、授与所にていただきました。手水舎を支える「がまんさま(我慢様)」が御朱印と一緒に捺されていました。

◎菊名神社、境内外観。
菊名神社5

◎菊名神社、手水舎。
菊名神社7

岩屋堂@神奈川

◆山・院・寺号
岩屋堂(いわやどう)

◆宗派


◆御本尊
正観世音菩薩

◆御詠歌
(准秩父三十四ヶ所観音霊場)
昔より 岩屋を出づる 観世音 参る心ぞ 浄土なるらん

◆所在地
横浜市港北区日吉5丁目
東急東横線・日吉駅より徒歩25分

◎「准秩父三十四ヶ所観音霊場・第13番札所」の御朱印
13岩屋堂

★雑記
准秩父三十四ヶ所観音霊場の札所、岩屋堂の御朱印です。
岩屋堂観音と通称されているそうですが、まぁそのまんまですね。日吉駅から見ると、慶応義塾大学のキャンパスの向こう側といった感じなので、グルッと回って向かうことになります。なお、公式の地図だと場所が間違っているので注意が必要です。次回の御開帳時には修正される・・・でしょうか?google_mapだと岩屋堂との表記が表示されますが、古い地図だと宮前公会堂と表記されているようです。もっとも、建物自体はつながっているので、同じっちゃあ同じなんですが。お寺(堂宇)に関して、確かな由来は存在しないそうです。伝説としてだと、周辺が洪水になって山が崩れたとき、その中から観音様が現れて、永禄年間に建立されたこのお堂に祀られるようになった、というのがあるそうです。
御朱印は、宮前公会堂の受付にていただきました。

◎岩屋堂、参道。
13岩屋堂9

◎岩屋堂、本堂。
13岩屋堂2

◎岩屋堂、本堂。
13岩屋堂0

観音寺@神奈川

◆山・院・寺号
八幡山 観音寺(かんのんじ)

◆宗派
真言宗 智山派

◆御本尊
十一面観世音菩薩

◆御詠歌
ただ頼む この八幡なる 観世音 黒き雲散れ 慈悲の光に

◆所在地
横浜市港北区篠原町
JR横浜線、横浜市営地下鉄ブルーライン・新横浜駅より徒歩7分

◎「玉川八十八ヶ所霊場・第82番札所」の御朱印
82観音寺

★雑記
弘法大師玉川霊場の札所、観音寺の御朱印です。
玉川八十八ヶ所霊場以外にも、東国新四国八十八ヶ所霊場の札所にもなっています。本堂に掛かっていた御詠歌の扁額は、東国霊場のものでした。ちなみに、東国霊場だと第24番札所になるようです。参拝した日は、お寺に近付くにつれなにかしらの工事音が聞こえてきて、もしかするとと思ったらやっぱり境内に工事車両が数台停まっているほどでした。境内入り口に立て掛けてあった不動護摩祈祷の案内を見つつ、本堂でお参りを。庫裡と言うか客殿と言うか寺務所と言うかでお茶の接待も受けて、玉川霊場をはじめとした各地の霊場についてちょっと話をしたりの時間を持ちました。玉川霊場での参拝者は、月に数人いるかいないか程度だとか。
御朱印は、寺務所にていただきました。

◎観音寺、本堂。
82観音寺3

陽林寺@神奈川

◆山・院・寺号
水月山 陽林寺(ようりんじ)
通称:綱島観音

◆宗派
曹洞宗

◆御本尊
釈迦牟尼如来

◆御詠歌
(准秩父三十四ヶ所観音霊場)
補陀洛を ここに写して 法の声 絶えぬ恵みは 峰の松風

◆所在地
横浜市港北区綱島台1丁目
東急東横線・綱島駅より徒歩10分

◎「准秩父三十四ヶ所観音霊場・第25番札所」の御朱印
25陽林寺

★雑記
准秩父三十四ヶ所観音霊場の札所、陽林寺の御朱印です。
綱島駅からそれほど大変ではないものの坂を上り、参道の石段を経て境内へと至ります。綱島観音の通称で知られているようですが、観音様はあくまで札所御本尊といった立ち位置のようです。准秩父観音霊場の御開帳期間中でしたが境内に人の姿はなく、休憩所として設けられていたテントでしばしの休息&結構散ってはいましたが桜鑑賞となりました。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎陽林寺、参道。
25陽林寺4

◎陽林寺、境内。
25陽林寺8

◎陽林寺、本堂と結縁柱。
25陽林寺7

正福寺@神奈川

◆山・院・寺号
星宿山 千手院 正福寺(しょうふくじ)

◆宗派
天台宗

◆御本尊
釈迦如来

◆所在地
横浜市港北区新吉田町
横浜市営地下鉄グリーンライン・東山田駅より徒歩10分

◎「都筑橘樹十二薬師霊場・第3番札所」の御朱印
3都筑橘樹薬師・正福寺

★雑記
都筑橘樹十二薬師霊場の正福寺の御朱印です。
都筑橘樹薬師霊場は寅年のみの御開帳霊場なので、平成24年に参拝したときの境内はひっそりとしていました。山門や墓地内の無量寿殿に比べて、本堂はなんとも綺麗で新しい印象を受けました。こちらもやはり、霊場御本尊の薬師如来は、寅年のみの御開帳ということで拝観はできませんでした。
御朱印は、庫裏にていただきました。

◎正福寺、山門。
3都筑橘樹薬師・正福寺9

◎正福寺、本堂。
3都筑橘樹薬師・正福寺0

◎正福寺、無量寿殿と伝教大師像。
3都筑橘樹薬師・正福寺1

塩谷寺@神奈川

◆山・院・寺号
薬王山 光明院 塩谷寺(えんこくじ)

◆宗派
天台宗

◆御本尊
馬頭観世音菩薩

◆所在地
横浜市港北区高田西4丁目
横浜市営地下鉄・グリーンライン・高田駅より徒歩20分

◆御詠歌
(准秩父三十四ヶ所観音霊場)
松風の 音ぞ身に沁む 塩谷や 深き迷いも 晴るる月影

◎「准秩父三十四ヶ所観音霊場・第28番札所」の御朱印
28

◎「稲毛七薬師霊場・第1番札所」の御朱印
稲毛七薬師・塩谷寺

★雑記
観音&薬師霊場の札所、塩谷寺の御朱印です。
元々は、現在の薬師堂の場所に本堂があって、そこに祀られていた薬師如来が寺院御本尊だったそうです。現在は、准秩父観音霊場の札所御本尊でもある馬頭観世音菩薩が、寺院の御本尊でもあるそうです。

(平成24年2月記)
稲毛七薬師霊場は、寅年のみの御開帳霊場なので、参拝時はごく普通の檀家寺といった印象でした。御開帳時に参拝をしていないので不明ですが、幟なども立って賑わっていたのかな、とも思います。このときは、庫裡にて御朱印をいただきました。

(平成26年4月記)
准秩父観音霊場の御開帳に合わせて、再度参拝してきました。このときは本堂の扉も開いており、複数の檀家さんたちが参拝者の対応に当たっていました。葉桜手前とも言えますが桜の花も咲いており、また赤い幟も数多く立っていて、賑わいを見せていました。こちら塩谷寺は、廃寺となった准秩父三十四ヶ所観音霊場の第29番札所、観音寺の如意輪観世音菩薩も祀られているので、そちらの御朱印も本堂内で合わせていただけました。

◎塩谷寺、山門。(平成24年2月)
塩谷寺5

◎塩谷寺、本堂。(平成24年2月)
塩谷寺8

◎塩谷寺、境内。(平成26年4月)
塩谷寺2

◎塩谷寺、境内。(平成26年4月)
塩谷寺65

観音寺@神奈川

◆山・院・寺号
弘誓山 薬王院 観音寺(かんのんじ)
※廃寺。塩谷寺に移動。

◆宗派
天台宗

◆御本尊
如意輪観世音菩薩

◆所在地
横浜市港北区高田西4丁目(塩谷寺)
横浜市営地下鉄・グリーンライン・高田駅より徒歩20分

◆御詠歌
(准秩父三十四ヶ所観音霊場)
参る身も 早き朝日の 弘誓山 罪諸共に 消ゆる雪霜

◎「准秩父三十四ヶ所観音霊場・第29番札所」の御朱印
29

★雑記
准秩父三十四観音霊場の札所、観音寺の御朱印です。
もっとも、明治15年に廃寺となっているので、堂宇等は存在しません。この観音寺は、現在の高田中学校の裏手付近にかつてはあったとのことです。寺院の御本尊だった如意輪観世音菩薩像は、同じく准秩父観音霊場の札所である塩谷寺に移されて祀られています。
御朱印は、准秩父観音霊場の御開帳時に塩谷寺にていただきました。

西量寺@神奈川

◆山・院・寺号
不捨山 西量寺(さいりょうじ)

◆宗派
天台宗

◆御本尊
聖観世音菩薩

◆所在地
横浜市港北区日吉本町6丁目
市営地下鉄グリーンライン・日吉本町駅より徒歩5分

◆御詠歌
(准秩父三十四観音霊場)
皆独り 心の内を 尋ぬべし 大悲の誓い 我にかわらじ

◎「准秩父三十四観音霊場・第4番札所」の御朱印
4

★雑記
准秩父三十四ヶ所観音霊場の札所、西量寺の御朱印です。
写真の通り、えらい鋭角な具合で交差点に刺さってお寺はあります。お寺と言うよりは、ちょいとセレブなお宅みたいな感じです。本堂前には結縁柱が立っており、タイミング次第でしょうが、私の参拝時にも多くの人が触れていました。本堂前の横を見ると、水掛け観音なる案内があり、小さな観音様がちょこんと。巣鴨のとげぬき地蔵の洗い観音のように、水を掛けて祈願するようです。なおこちらのお寺、天台宗ではありますが、百万遍の念仏をしているとか。
御朱印は、本堂内にていただきました。

◎西量寺、境内。
4-6

◎西量寺、本堂。
4-2

◎西量寺、水掛け観音。
4-9

浄流寺@神奈川

◆山・院・寺号
趣海山 浄流寺(じょうりゅうじ)

◆宗派
浄土宗

◆御本尊
阿弥陀如来

◆所在地
横浜市港北区新吉田町
横浜市営地下鉄ブルーライン・新羽駅より徒歩15分

◆御詠歌
(准秩父三十四観音霊場)
趣海山 清き流れも この寺に 大悲の誓い おらぬ限りも

◎「准秩父三十四観音霊場・第26番札所」の御朱印
26

★雑記
准秩父三十四ヶ所観音霊場の札所、浄流寺の御朱印です。
駅からも徒歩圏内ですが、お寺の真ん前にバス停があるのでそちらを使っても便利かと思います。御開帳霊場ですので、新しく綺麗な幟が道路沿いからでも目に付きます。本堂前に立つ結縁柱に触れて、本堂内で参拝してきました。お手伝いで来ている檀家さんも多く、お菓子やらお茶やらの接待を受けました。この日の打ち止め寺院だったので、30分近く話し込んでしまいました。
御朱印は、寺院斎場であるあおい会館にていただきました。

◎浄流寺、参道。
浄流寺01

◎浄流寺、本堂。
浄流寺

大聖院@神奈川

◆山・院・寺号
景谷山 東観寺 大聖院(だいしょういん)

◆宗派
天台宗

◆御本尊
不動明王

◆所在地
横浜市港北区箕輪町3丁目
各線・日吉駅より徒歩10分

◆御詠歌
(准秩父三十四ヶ所観音霊場)
箕輪の 清きお寺に 巡り来て 花の台に 乗るぞ嬉しき

◎「准秩父三十四観音霊場・第24番札所」の御朱印
24

★雑記
准秩父三十四観音霊場札所、大聖院の御朱印です。
遠くからでも、風にたなびく赤い幟が目に入ってきました。お寺然としたたたずまいの、厳かな山門を持っている寺院でした。堂宇への参道以外は芝生が敷き詰められていて、丁寧に手入れが成されている様子が伝わってきました。境内の左手に建つ観音堂からは、五色の善の綱が回向柱へと伸びています。他の参拝者もいなかったので、堂内ではじっくりと拝観することができました。なお、こちらの御本尊は、目黒不動と一木三体とされているそうです。
御朱印は、境内の特設テントにていただきました。家族総出で参拝者に対応される、暖か味のあるお寺でした。

◎大聖院、山門。
24_1

◎大聖院、山門。
24_5

◎大聖院、本堂。
24_8

◎大聖院、観音堂。
24_7

双松庵(真福寺)@神奈川

◆山・院・寺号
双松庵(そうしょうあん)

◆宗派
曹洞宗

◆御本尊
楊柳観世音菩薩

◆所在地
横浜市港北区下田町3丁目
東急東横線、地下鉄グリーンライン・日吉駅よりバス
+下田地蔵尊前バス停より徒歩1分

◆御詠歌
いにしえの なにぞ残れる 千歳松 唱うる弥陀と 救世の誓いを

◎「准秩父三十四観音霊場・第2番札所」の御朱印
2

★雑記
准秩父三十四観音霊場の札所、双松庵の御朱印です。
もっとも、双松庵自体はすでに廃寺になっているので建物は存在せず、御本尊である楊柳観世音菩薩像が真福寺の本堂で一緒に祀られているに留まります。ですから真福寺の本堂前には、准秩父三十四観音霊場の発願寺である真福寺の観音様と合わせて、結縁柱が2本立っています。
御朱印は、真福寺の御朱印と一緒に、本堂内にていただきました。

◎真福寺、本堂。
双松庵

真福寺@神奈川

◆山・院・寺号
下田山 真福寺(しんぷくじ)

◆宗派
曹洞宗

◆御本尊
如意輪観世音菩薩

◆所在地
横浜市港北区下田町3丁目
東急東横線、地下鉄グリーンライン・日吉駅よりバス
+下田地蔵尊前バス停より徒歩1分

◆御詠歌
補陀洛や 法の救ぐ路の 駒が橋 漏らさで渡す 花の台に

◎「准秩父三十四観音霊場・第1番札所」の御朱印
1

★雑記
准秩父三十四観音霊場の発願寺、真福寺の御朱印です。
この准秩父観音霊場は、午歳ごとに御開帳されている観音霊場です。その期間に合わせて、私も参拝してきました。こちらのお寺には、同じく准秩父三十四観音霊場の第2番札所にあたる双松庵の観音様も祀られていることから、本堂前には結縁柱が2本立っています。12年に一度の御開帳だけあって賑わいを見せる境内では、四国霊場のようなお接待も受けることができました。また、酉歳ごとに御開帳される都筑・橘樹二十四地蔵菩薩霊場の札所にもなっていることから、そちらの前回御開帳時のパンフレットもいただきました。最寄りのバス停の名称が”下田地蔵尊前”ですし、こちらのお寺はお地蔵様の方が有名なのかもしれませんね。
御朱印は、双松庵の御朱印と一緒に、本堂内にていただきました。

◎真福寺、参道。
真福寺

◎真福寺、境内。
真福寺1

矢上天神社(日吉神社)@神奈川

◆名称
矢上天神社(やがみてんじんしゃ)
通称:日吉天神

◆御祭神
菅原道真公(すがわらみちざねこう)

◆所在地
横浜市港北区日吉3丁目
東急東横線・日吉駅より徒歩8分

日吉神社・矢上天神社

★雑記
日吉神社の境内社、矢上天神社の御朱印です。
”日吉の天神さま”とか”日吉天神”とか呼ばれています。菅原道真が太宰府で亡くなった延喜3年(903年)から、ちょうど1100年の御神忌にあたる平成14年(2002年)に、太宰府天満宮から勧請されて奉斎されたそうです。日吉神社と同境内なので、さくっとお参りすることができます。
御朱印は、日吉神社の授与所にていただきました。

◎矢上天神社。
矢上天神社

日吉神社@神奈川

◆名称
日吉神社(ひよしじんじゃ)

◆御祭神
天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)

◆所在地
横浜市港北区日吉3丁目
東急東横線・日吉駅より徒歩8分

日吉神社

★雑記
慶応大学のキャンパス手前、日吉神社の御朱印です。
元々は神明社と呼ばれていて、日吉神社に改称したのは昭和14年のこととか。だから御祭神がそういうことですか。鎮座地は川と住宅街と大学に囲まれているので、えらく静かで却って寂しいくらいの境内でした。高台ですから眺めは、、、まぁ緑が多いってことで。駅からの行きは下り坂、つまり必然的に帰りは東横線の日吉駅まで、住宅街を抜けて坂道をしんどくえっちらおっちらと上りました。由緒書きにも徒歩8分と記載されていますが、我ながら爺くさいと思いつつ、時間以上の距離を感じました。
御朱印は、授与所にていただきました。境内社である矢上天神社の御朱印もいただけます。

◎日吉神社、社殿。
日吉神社・神奈川

東照寺@神奈川

◆山・院・寺号
綱島山 東照寺(とうしょうじ)

◆宗派
曹洞宗

◆御本尊
薬師如来

◆所在地
横浜市港北区綱島西
東急東横線・綱島駅より徒歩1分

◎「都筑橘樹十二薬師霊場・第11番札所」の御朱印
11東照寺・都築橘樹

★雑記
都筑橘樹十二薬師霊場の東照寺の御朱印です。
商店街のある駅からすぐの立地であり、自分以外に参拝者はいませんでしたが、門前の人通りは賑やかで活気がありました。その賑やかさを残しつつの境内ですが、決して騒々しいと言うわけでもありません。ところで、御本尊の薬師如来は、寅年の4月のみに御開帳される秘仏とのことで拝観は出来ませんでした。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎東照寺、本堂。
東照寺

西光院@神奈川

◆山・院・寺号
天文山 薬王寺 西光院(さいこういん)

◆宗派
天台宗

◆御本尊
薬師如来

◆所在地
横浜市港北区日吉本町5丁目
横浜市営地下鉄グリーンライン・日吉本町駅より徒歩3分

◎「稲毛七薬師霊場・第4番札所」の御朱印
西光院・稲毛薬師4

★雑記
稲毛七薬師霊場の西光院の御朱印です。
住宅街の中、そして寺院自体も”これぞお寺!”っぽくも無い外観だった上に、ひっそりと佇んでいることもあって思わず通り過ぎるところでした。アパートと境内のこんもりした木々に挟まれた参道を、夕暮れ前の時間帯ともあっていそいそと急ぎました。特に霊場札所を示すものもありませんでしたが、この静かさがまた良い味に感じます。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎西光院、参道。
西光院

◎西光院、本堂。
西光院0
カテゴリ別アーカイブ
タカツキ
23区を中心に
休日にのみフラフラと
病人なんでノンビリと
御朱印を集印中。
御朱印帳は、派手系好き
時々、絵馬。
ヘッダー写真は、
気分次第でチェンジ。

携帯電話からだと
strikeのタグが
反映されないのか。
う~ん。。。

●今年の状況●
武相二十八不動
(結願/28)
都筑橘樹二十五地蔵
(結願/25)
三浦二十一薬師
(結願/21)
関東三十六不動
(35/36)
関東九十一薬師
(76/91)
関東八十八ヶ所
(22/95)
豊島八十八ヶ所
(85/88)
阿波西国三十三観音・東部
(24/33)
阿波西国三十三観音・西部
(15/33)
四国三十六不動
(17/36)
下総三十三観音
(14/34)
名古屋二十一大師
(7/21)
和歌山西国三十三観音
(13/36)
安房国四十八薬師
(12/48)
知多四国八十八ヶ所
(3/98)
桶狭間十三仏
(7/13)


こっそり御朱印帳メモ

記事検索
メッセージ

こちらからの返信や回答を希望される場合は、返信先も記載してください。

名前
メール
本文
Pilgrimage
平成26年御開帳情報メモ
都道府県別リンク
【千葉県】の掲載一覧
【埼玉県】の掲載一覧
【東京都】の掲載一覧
【神奈川県】の掲載一覧
【愛知県】の掲載一覧
【大阪府】の掲載一覧
【徳島県】の掲載一覧
【香川県】の掲載一覧
【愛媛県】の掲載一覧
【高知県】の掲載一覧
  • ライブドアブログ