マッハ墨朱&絵馬による布陣(仮)~御朱印ブログ~

御朱印と御朱印帳、時々絵馬。メモ代わり兼ひとりでニヤニヤと悦に浸るためだけの場

法然上人二十五霊場

知恩院@京都

◆山・院・寺号
華頂山 大谷寺 知恩院(ちおんいん)

◆宗派
浄土宗

◆御本尊
法然上人

◆御詠歌
草も木も 枯れたる野辺に ただひとり 松のみ残る 弥陀の本願

◆所在地
京都市東山区林下町
阪急京都線・河原町駅より徒歩15分

◎「千姫没後350年記念」の御朱印
知恩院・h28限定

◎「三門拝観・釈迦如来」の御朱印
知恩院・三門

◎「徳川家康公400回忌記念」の御朱印
知恩院・徳川400年

◎「法然上人二十五霊場・第25番札所」の御詠歌(女性筆)
知恩院・御詠歌法然25

◎「法然上人800年大遠忌記念」の御朱印
知恩院・法然記念02

◎「法然上人800年大遠忌記念」の御朱印(平成23年3月20日参拝)
知恩院01

◎「勢至菩薩@勢至堂」の御朱印
勢至菩薩・知恩院

◎「法然上人二十五霊場・第25番札所」の御朱印
25

◎「法然上人二十五霊場・第25番札所」の御詠歌(男性筆)
25・知恩院御詠歌・男性版

◎知恩院オリジナル御朱印帳
知恩院

★雑記
浄土宗総本山、知恩院の御朱印です。
境内は言わずもがな広い、そして見所が多い、流石の規模を誇ります。ところで、都内にもこの法然上人二十五霊場の写し霊場があるのですが、1番さんで聞くと「霊場としての活動は、まったくしていない」とのこと。確かに1番さんですら、住職は常駐じゃないくらいです。いただいた資料も、いくつかの寺院で記載されているのは移転前の住所のもので、御朱印については全寺揃うことはないかもしれないとのことでした。巡拝するなら平成23年の内だろうし、さてはてどうしようかな・・・。

(平成23年3月20日記)
3月20日の参拝では、雨天にもかかわらず、多くの参拝者が御影堂に列を成していました。知恩院の水も自販機で購入しましたが・・・これはまぁ、やっぱり普通のお水でしたね。秋の大遠忌イベントの詳細日程が出たら、また足を運ぼうと思っています。法然上人800年大遠忌記念の一環として、記念御朱印が授与されていました。印刷されたもののみで、他の御朱印と同じく納経所でいただけます。法然上人の絵でよく見るのと、尊顔の向きが対称ですね。地震により、御朱印に印刷されている日程での大遠忌イベントは延期されましたが、3月20日の参拝時点でも普通にいただけました。延期された秋に、同じような御朱印が出るのかは聞きそびれて不明です。しかし、「50年後のイベントのときにも、おそらくは同じようなのを出しますよ」と言われました。そうかぁ・・・って、50年後かよ、オイ!境内で最も古く、知恩院建立当初の本堂の御本尊であり、法然上人は勢至菩薩の生まれ変わりであるとされることから、勢至菩薩の御朱印もいただけます。

(記念御朱印について:平成23年8月6日記)
2011年3月に、法然上人に贈られた8つめの大師号の記念御朱印です。”ほうにだいし”と読むようです。前回(3月20日)参拝したときには、この記念御朱印について聞いていませんでした。次の大師号が贈られる50年先を待たずに出たんですね。御朱印は印刷のみです。

(オリジナル御朱印帳)
知恩院の三門が箔押しされています。寺院の特長的な建物を表紙に箔押ししたこのテの御朱印帳は、色んな寺院でチョコチョコ見掛けられるので、作っているのが同じ会社なのでしょうか?納経所・境内売店の泰平亭どちらでも入手可能でした。

(平成28年9月記)
徳川秀忠の娘、千姫が没して350年に当たるとして、平成28年限定で号の天樹院を揮毫する御朱印が授与されていました。授与期間が長いので行列になることもなく、すぐに書いていただけました。本堂は工事の真っ最中で、高い塀に覆われて見ることも出来ませんでした。

◎知恩院、三門。(2011年8月撮影)
知恩院0

◎知恩院、三門。(2011年8月撮影)
知恩院9

◎知恩院、本堂。(2011年3月撮影)
知恩院7

欣浄寺@三重

◆山・院・寺号
厭離山 易日院 欣浄寺(ごんじょうじ)

◆宗派
浄土宗

◆御本尊
阿弥陀如来

◆所在地
伊勢市一之木2丁目
JR参宮線・伊勢市駅より徒歩6分

◆御詠歌
和らぐる 神の光の 影満ちて 秋にかわらぬ 短か夜の月

◎「法然上人二十五霊場・第12番札所」の御朱印
12欣浄寺

★雑記
法然上人霊場札所、欣浄寺の御朱印です。
伊勢市駅から徒歩でもすぐの場所にお寺はありました。境内に入ればすぐ本堂の、シンプルでまとまった札所です。法然上人霊場の石碑も、門を入ってすぐのところに残っていました。印にもある通り”日の丸山”とも呼ばれています。それつながりで、揮毫も”日輪名号”と珍しいものでした。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎欣浄寺、本堂。
欣浄寺

霊場メモ@円光大師二十五ヶ所霊場

浄土宗の開祖、法然上人にちなむ25+2寺院を巡る霊場です。
認知度の高い”法然上人”霊場と呼称される事もあり、実際のところ霊場印も統一されていないようです。専用の御朱印帳がありますが、汎用御朱印帳でも構わないようで私はそうしています。団体のツアーも組まれているようで、割と活発な霊場であることが伝わってきます。

【円光大師(法然上人)二十五ヶ所霊場】
第1番 誕生寺 浄土宗 岡山県久米南町誕生寺里方
第2番 法然寺 浄土宗 香川県高松市仏生山町甲
第3番 十輪寺 浄土宗西山禅林寺派 兵庫県高砂市高砂町横町
第4番 如来院 浄土宗 兵庫県尼崎市寺町
第5番 勝尾寺(二階堂) 高野山真言宗 大阪府箕面市勝尾寺
第6番 四天王寺(六時堂) 和宗 大阪府大阪市天王寺区四天王寺
第7番 一心寺 浄土宗 大阪府大阪市天王寺区逢阪
第8番 報恩講寺 西山浄土宗 和歌山県和歌山市大川
第9番 当麻寺(奥之院) 浄土宗 奈良県葛城市當麻
第10番 法然寺 浄土宗 奈良県橿原市南浦町
第11番 東大寺(指図堂) 華厳宗 奈良県奈良市雑司町
第12番 欣浄寺 浄土宗 三重県伊勢市一之木
第13番 清水寺(阿弥陀堂) 北法相宗 京都府京都市東山区清水町
第14番 正林寺 浄土宗 京都府京都市東山区渋谷通東大路東入三丁目上馬町
第15番 源空寺 浄土宗 京都府京都市伏見区瀬戸物町
第16番 光明寺 西山浄土宗 京都府長岡京市粟生西条丿内
第17番 二尊院 天台宗 京都府京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町
第18番 月輪寺 天台宗 京都府京都市右京区嵯峨清滝月ノ輪町
第19番 法然寺 浄土宗 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺立石町
第20番 誓願寺 浄土宗西山深草派 京都府京都市中京区新京極桜之町
第21番 勝林院 天台宗 京都府京都市左京区大原勝林院町
第22番 知恩寺 浄土宗 京都府京都市左京区田中門前町
第23番 清浄華院 浄土宗 京都府京都市上京区寺町通広小路上ル北之辺町
第24番 金戒光明寺 浄土宗 京都府京都市左京区黒谷町
第25番 知恩院 浄土宗 京都府京都市東山区林下町
縁故本山 禅林寺 浄土宗西山禅林寺派 京都府京都市左京区永観堂町
特別霊場 青龍寺 天台宗 滋賀県大津市坂本

◆参拝中、メモ◆
法然上人800年大遠忌の年に結願をと思っていましたが、そもそも京都へ行く機会がそこまで取れず、むこう50年の間に巡れば良いやと考えている次第です。京都だけなら早く巡れそうですが、そうもいかない寺院がいくつもあることですし、まぁノンビリと。
都内にもこの写し霊場がありますが、第1番札所で色々とつまずいてしまい、また「まったく活動していない」とのことでパスしました。

誓願寺@京都

◆山・院・寺号
誓願寺(せいがんじ)

◆宗派
浄土宗 西山深草派

◆御本尊
阿弥陀如来

◆所在地
京都市中京区新京極桜之町
阪急京都線・河原町駅より徒歩5分

◆御詠歌
(寺院御詠歌・西山国師十六遺跡霊場)
大いなる 仏まします 誓い寺 都の巷 遍く照らす
(洛陽三十三観音霊場)
口ずさみ その名も永き 小金寺 ここ安楽の 浄土なるらん
(法然上人二十五霊場)
極楽は 遥けきほどと 聞きしかど 努めて到る 所なりけり

◎「西山国師十六遺跡霊場・第9番札所」の御朱印
9誓願寺

◎「洛陽六阿弥陀霊場・第6番札所」の御朱印
洛陽六阿弥陀・誓願寺

◎「洛陽三十三観音霊場・第2番札所」の御朱印
2誓願寺・洛陽観音

◎「法然上人二十五霊場・第20番札所」の御朱印
20番・誓願寺

◎「法然上人二十五霊場・第20番札所」の御朱印
20誓願寺02

◎オリジナル御朱印帳
seigancho

★雑記
新京極にある誓願寺の御朱印・御朱印帳です。

(平成24年11月17日記)
この日は西山国師の御朱印をいただきました。書き手は女性の方でしたが、「あら、珍しい」が第一声だったことからもわかるように、2年前から西山国師霊場での参拝者が増えたということもないのでしょうね。西山国師の霊場メモの方にも記載しましたが、霊場のガイドブックを購入しました。昭和51年に発行されてから、これまで一度も改訂が行なわれていないようです。霊場専用御朱印帳(宝印帳)もありました。

(洛陽六阿弥陀めぐりについて)
各寺院で配布されている六阿弥陀巡りの案内は、”洛陽六阿弥陀”ですが、こちらの霊場印のように、京洛六阿弥陀と称される場合もあるようです。他寺院も、どちらでも通じます。

(オリジナル御朱印帳について)
金色の和泉式部が表に、裏には寺紋の”三つ盛り亀甲に花菱”が描かれた、シンプルでいて華やいだ御朱印帳です。プラスチックのカバー付きなので。御朱印また当て紙が増えるごとに、キッツキツになること請け合いです。2011年の5月から、寺院のサイト経由でも、このオリジナル御朱印帳が手に入るようになっています。

(平成22年11月3日記)
新京極の人通りの多い場所にある寺院ですが、いつも割とタイミングが良いみたいで、本堂内貸しきり状態で参拝できます。まぁ時折、外国人が入ってきて、WAO!WAO!言うてますけどね。本堂の中、御本尊の前に座ると、ド~ンと安置されている阿弥陀如来像に圧倒されます。心の奥底まで、物凄く見透かされるような視線を感じます。こちらの納経所に行ったことがある人ならご存知でしょうが、授与される御朱印の種類が札になって掛かっています。その中で、”西山国師”と”慈摂大師”の2霊場があるのですが、そちらはほぼ参拝者がいないとのお話しでした。「もらえる御朱印を全部一度に書いてくれ」と言う人がいて、そのときしか書く機会が無いとのこと。そう言えば、ここも山号・院号がないのかな?

◎誓願寺、外観。
誓願寺

禅林寺@京都

◆山・院・寺号
聖衆来迎山 無量寿院 禅林寺(ぜんりんじ)
通称:もみじの永観堂

◆宗派
浄土宗 西山禅林寺派

◆御本尊
阿弥陀如来(みかえり阿弥陀)

◆所在地
京都市左京区永観堂町
地下鉄東西線・蹴上駅より徒歩15分

◆御詠歌
(寺院御詠歌)
忍寝も 音なかりけり 時鳥 こや禅かなる 林なるらん
(法然上人二十五霊場御詠歌)
南無阿弥陀 とばかり聞くぞ 身をかえぬ この世ながらの 仏なりけり

◎「法然上人二十五霊場・縁故本山」の御朱印
永観堂・法然25

◎「洛陽六阿弥陀霊場・第2番札所」の御朱印
永観堂・洛陽6阿弥陀

★雑記
通称、もみじの永観堂こと、禅林寺の御朱印です。
本堂内や庭の拝観は有料ですが、外からの参拝だけなら無料で可能です。ただ、やはり一度は御本尊の顧(みかえ)り阿弥陀如来像を間近で拝んでおくと良いでしょう。よく言われている通り、慈悲と優しさをそこに感じることができるはずです。
御朱印は、拝観受付で先に御朱印帳を預け、帰りに受け取る流れでした。

(平成23年8月7日記)
多宝塔が表紙にデザインされたオリジナル御朱印帳は、すでに授与終了とのことでした・・・残念。

四天王寺@大阪

◆山・院・寺号
荒陵山 四天王寺(してんのうじ)

◆宗派
和宗

◆御本尊
四天王寺御本尊:救世観世音菩薩
庚申堂御本尊:青面金剛童子

◆所在地
大阪市天王寺区四天王寺1丁目
谷町線・四天王寺前夕陽ヶ丘駅より徒歩5分

◆御詠歌
(寺院御詠歌)
ありがたや 法の始めの 天王寺 亀井に浮かぶ 御仏の影
(念仏堂・法然上人二十五ヶ所霊場御詠歌)
阿弥陀仏と 心を西に 空蝉の(移せ身の) もぬけ果てたる 声ぞ涼しき

◎「西山国師十六遺跡霊場・客番札所」の御朱印
四天王寺・西山国師

◎「四国八十八ヶ所霊場・番外札所」の御朱印
四天王寺・四国霊場番外

◎「近畿三十六不動霊場・第1番札所」の御朱印
1・近畿不動・四天王寺

◎「地蔵菩薩(地蔵堂)」の御朱印
四天王寺・地蔵堂立江地蔵

◎「青面金剛童子(庚申堂)」の御朱印
四天王寺・庚申堂・庚申会

◎「なにわ七幸巡り」の御朱印
四天王寺・なにわ七幸

◎「おおさか十三仏巡り」の御朱印
四天王寺・おおさか十三仏

◎「元三大師(元三大師堂)」の御朱印
名称未設定-21

◎「三面大黒天(大黒堂)」の御朱印
22

◎「法然上人二十五霊場・第6番札所」の御朱印
6番・四天王寺

◎「西国四十九薬師霊場・第16番札所」の御朱印
yakushi

★雑記
大阪でおそらく一番有名な寺院、四天王寺の各種御朱印です。
そういやここ四天王寺で、「御朱印も御詠歌も全部ください!」と言えるツワモノは、果たしているのでしょうか?御朱印をいただける場所が、2回ほど変わっています。大きく案内が出ているので、迷うことはないかと思います。

(平成22年8月15日記)
・元三大師堂の御朱印
納経所の入り口には、札所・御朱印の一覧がメニュー表のように書かれています。その数、15種類。しかしこの元三大師はメニュー表に載ってなかったような・・・。元三大師、名前は良源なのですが、他にも慈恵大師とか角大師とか豆大師とか厄除け大師とか様々です。で、命日が正月3日だったから、元三大師だとか・・・えぇっ!あとは、おみくじの創始者とも言われています。宗派にこだわらないお寺なので、他にも弘法大師や円光大師、そして建立者である聖徳太子が祀られています。

・円光大師(法然上人)の御朱印
それにしても・・・念仏堂?そんなの境内図を見ても存在しないのですが。阿弥陀堂の間違いではないのかな?

・大黒堂の御朱印
祀られているのは大黒天ですが、別段大阪の七福神巡りには入っていないようです。大阪七福神としては、同じ四天王寺の布袋尊が入っています。

(平成23年3月21日記)
四天王寺には、普賢菩薩が祀られています。なぜこの十三仏巡り、”おおさか”と平仮名表記なのでしょうかね。このときはまだ、旧納経所でいただきました。

(平成23年7月3日記)
・庚申堂の御朱印
四天王寺境内から歩いて3分ほど、少し離れた場所に庚申堂はあります。当日が庚申の日だとはまったく頭の片隅にもなくて(4日が庚申の日じゃなかったっけ?)、ただ四天王寺の休憩所でボケ~ッとしていたら、境内放送で庚申会の案内があったので足を運んでみました。まさに読経の最中で、なおかつ御朱印をいただいたら「庚申尊が出現したのが、ちょうど今くらいの時間帯ですよ」と教えていただきました。御朱印は、庚申堂内でいただきました。庚申会の日ということで、一筆追加されています。

・地蔵堂の御朱印
延命や勝軍など、数々の地蔵菩薩石像が立ち並ぶ地蔵堂。その地蔵堂の中でも御本尊とされるのは、ひと際大きな立江地蔵菩薩です。意外に参拝者が多く、また熱心に拝まれているのが印象的でした。

(平成23年9月30日記)
・四国霊場番外の御朱印
授与される御朱印一覧の看板に、”四国霊場番外札所”とあったのでお願いしました。特に霊場印だとか、揮毫が南無大師遍照金剛だとかになるのではなく、寺院で授与しているスタンダードな御朱印になるそうです。

◎四天王寺、六時礼讃堂。
四天王寺2

◎四天王寺、境内。
四天王寺

二尊院@京都

◆山・院・寺号
小倉山 二尊教院 華台寺(けだいじ)
通称:二尊院

◆宗派
天台宗

◆御本尊
釈迦如来
阿弥陀如来

◆所在地
京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町
JR嵯峨野線・嵯峨嵐山駅より徒歩20分

◆御詠歌
(法然上人二十五ヶ所霊場)
足曳きの 山鳥の尾の しだり尾の 長くし世を 祈るこの寺

◎「法然上人二十五霊場・第17番札所」の御朱印
17・法然上人霊場・二尊院02

★雑記
嵯峨野の二尊院の御朱印です。
御本尊が2尊なので二尊院と、結構なストレートさです。総門から本堂へと続く道は、紅葉の馬場と呼ばれており、確かにシーズンになると見事であろうことは容易に想像がつきます。
御朱印は、本堂脇の納経所兼拝観受付にていただきました。

清浄華院@京都

◆山・院・寺号
清浄華院(しょうじょうけいん)

◆宗派
浄土宗

◆御本尊
阿弥陀如来

◆所在地
京都市上京区寺町広小路上ル
京阪線・出町柳駅より徒歩7分
市営地下鉄烏丸線・今出川駅より徒歩8分

◆御詠歌
雪のうちに 仏の御名を 唱ふれば 積もれる罪ぞ やがて消えぬる

◎「法然上人二十五霊場・第23番札所」の御朱印
23清浄華院

★雑記
浄土宗大本山7ヶ寺のひとつ、清浄華院の御朱印です。

(平成22年11月記)
法然上人二十五霊場として参拝しました。観光地化されていない寺院ですので、私以外に参拝者のいない静かな境内でした。御朱印帳を預けると、「中でお参りを」とのこと。電気もなく、外からの陽だけで明るさを保っている薄暗い大殿(御影堂)の中で、むにゃむにゃとお参りしてきました。
御朱印は、大方丈にていただきました。
カテゴリ別アーカイブ
タカツキ
23区を中心に
休日にのみフラフラと
病人なんでノンビリと
御朱印を集印中。
御朱印帳は、派手系好き
時々、絵馬。
ヘッダー写真は、
気分次第でチェンジ。

携帯電話からだと
strikeのタグが
反映されないのか。
う~ん。。。

●今年の状況●
関東三十六不動
(35/36)
関東九十一薬師
(76/91)
関東八十八ヶ所
(60/95)
豊島八十八ヶ所
(87/88)
阿波西国三十三観音・東部
(24/33)
阿波西国三十三観音・西部
(15/33)
四国三十六不動
(17/36)
下総三十三観音
(14/34)
名古屋二十一大師
(7/21)
和歌山西国三十三観音
(13/36)
安房国四十八薬師
(12/48)
知多四国八十八ヶ所
(3/98)
桶狭間十三仏
(7/13)


こっそり御朱印帳メモ

記事検索
メッセージ

こちらからの返信や回答を希望される場合は、返信先も記載してください。

名前
メール
本文
Pilgrimage
平成26年御開帳情報メモ
都道府県別リンク
【千葉県】の掲載一覧
【埼玉県】の掲載一覧
【東京都】の掲載一覧
【神奈川県】の掲載一覧
【愛知県】の掲載一覧
【大阪府】の掲載一覧
【徳島県】の掲載一覧
【香川県】の掲載一覧
【愛媛県】の掲載一覧
【高知県】の掲載一覧
  • ライブドアブログ