◆名称
琴似神社(ことにじんじゃ)

◆御祭神
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
豊受大神(とようけのおおかみ)
大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)
武早智雄神(たけはやちおのかみ)
土津霊神(はにつれいしん)

◆所在地
札幌市西区琴似1条7丁目
地下鉄東西線・琴似駅より徒歩3分

琴似神社

★雑記
琴似神社の御朱印です。
地下鉄の駅からも近く、繁華街のすぐそばに境内を構える神社です。ですが境内に一歩入れば木々に覆われ、結構な自然環境の中に身を置いている感覚がしてきます。終わりとも始まりとも言い難い具合の紅葉ではありましたが、それはそれで味があると言いますか。こちらは明治時代の屯田兵入植者の守護神として、武早神社の名称で創始されたとのこと。境内には、鎮座140年を示す看板が出ていました。ところでパッと見、御祭神は誰?でしたが、武早智雄神が伊達成実のことで、土津霊神が保科正之のことだそう。いずれも入植者の故郷の神社で祀られている、いわゆる地元の名士に当たる人物。その後、明治30年に今の琴似神社の名称に改めたそうです。参道の途中には、境内社として安全神社があります。
御朱印は、社務所にていただきました。

◎琴似神社、社頭。
琴似神社9

◎琴似神社、参道。
琴似神社0

◎琴似神社、参道。
琴似神社1

◎琴似神社、社殿。
琴似神社7

◎琴似神社、境内社・安全神社。
琴似神社70