マッハ墨朱&絵馬による布陣(仮)~御朱印ブログ~

御朱印と御朱印帳、時々絵馬。メモ代わり兼ひとりでニヤニヤと悦に浸るためだけの場

東覚寺

2010年10月から2020年10月までの記録。

東覚寺@東京

◆山・院・寺号
法号山 明王院 東覚寺(とうかくじ)

◆宗派
真言宗 智山派

◆御本尊
大日如来

◆所在地
江東区亀戸4丁目
JR線、東武線・亀戸駅より徒歩10分

◎「亀戸七福神:弁才天」の御朱印
東覚寺・亀戸

◎「御府内八十八ヶ所霊場・第73番札所」の御朱印
73東覚寺

★雑記
亀戸の東覚寺の御朱印です。

(平成22年10月記)
弘法大師御府内霊場での参拝です。本堂は、緑のシートで覆われて、建て替えの工事中でした。境内入ってすぐのところにある弁才天堂も、扉は閉められていました。年始の亀戸七福神めぐりのときだけでしょうかね、開扉されるのは。御朱印は、庫裡にていただきました。御朱印帳を戻されるとき、御住職がその場で真言を唱えてくれました。

(平成23年1月記)
亀戸七福神めぐりでの再参拝となりました。本堂の工事はまだ続いているものの、シートは外されて外観が見える状態になっていました。やっぱり綺麗ですね。弁才天堂の方も開扉されており、ガラス越しですが拝むことが出来ました。流石に年始は七福神めぐりでの御朱印対応が忙しいようで、御朱印帳を戻されるときの真言読経はありませんでした。

◎東覚寺、境内入り口。(平成22年10月撮影)
東覚寺1010c

◎東覚寺、境内。(平成22年10月撮影)
東覚寺1010a

◎東覚寺、弁才天堂。(平成22年10月撮影)
東覚寺1010b

◎東覚寺、境内。(平成23年1月撮影)
東覚寺110103b

◎東覚寺、弁才天堂。(平成23年1月撮影)
東覚寺110103a

東覚寺@東京

◆山・院・寺号
白龍山 寿命院 東覚寺(とうがくじ)
通称:赤紙仁王

◆宗派
真言宗 豊山派

◆御本尊
大聖不動明王

◆所在地
北区田端2丁目
JR田端駅より徒歩5分

◎「御府内八十八ヶ所霊場・第66番札所」の御朱印
2

◎「福禄寿:谷中七福神」の御朱印
東覚寺・福禄寿

◎「御府内八十八ヶ所霊場・第66番札所」の御朱印
66

★雑記
複数の霊場を兼ねる東覚寺の御朱印です。
まず目に付くのが、旧・九品仏堂である現・不動堂前に立つ赤紙仁王でしょう。その名の通り仁王像は赤紙をベタベタ貼り付けられて、阿像なのか吽像なのか、今はその尊顔はまったく見えません。自分の身体の悪い部分と同じ場所に赤紙を貼ることで、病気の身代わり快癒を祈願するのだとか。大阪の法善寺の水掛不動と同様に、もはやどんな表情なのか見ることは出来ません。定期的に取るのかな?また境内には、江戸九品仏霊場の第2番札所を示す石碑や、西国三十三ヶ所観音霊場の丹後松尾寺の写し霊場である石碑が立っています。
普段の参拝時は、御朱印を寺務所にていただきます。法要中だと、書き置きが用意されています。年始は授与所にていただけます。平成23年6月5日は、滝野川寺院巡りでの参拝でした。しかしこちらは特に印を作成されていないのだとか。ですので御府内霊場と同じ御朱印になります。

◎赤紙仁王、阿吽像のうち、吽像。
吽像

◎東覚寺、本堂。
東覚寺
カテゴリ別アーカイブ
タカツキ
23区を中心に
休日にのみフラフラと
病人なんでノンビリと
御朱印を集印中。
御朱印帳は、派手系好き
時々、絵馬。
ヘッダー写真は、
気分次第でチェンジ。

携帯電話からだと
strikeのタグが
反映されないのか。
う~ん。。。

●今年の状況●
関東三十六不動
(35/36)
関東九十一薬師
(76/91)
関東八十八ヶ所
(60/95)
豊島八十八ヶ所
(87/88)
阿波西国三十三観音・東部
(24/33)
阿波西国三十三観音・西部
(15/33)
四国三十六不動
(17/36)
下総三十三観音
(14/34)
名古屋二十一大師
(7/21)
和歌山西国三十三観音
(13/36)
安房国四十八薬師
(12/48)
知多四国八十八ヶ所
(3/98)
桶狭間十三仏
(7/13)


こっそり御朱印帳メモ

記事検索
メッセージ

こちらからの返信や回答を希望される場合は、返信先も記載してください。

名前
メール
本文
Pilgrimage
平成26年御開帳情報メモ
都道府県別リンク
【千葉県】の掲載一覧
【埼玉県】の掲載一覧
【東京都】の掲載一覧
【神奈川県】の掲載一覧
【愛知県】の掲載一覧
【大阪府】の掲載一覧
【徳島県】の掲載一覧
【香川県】の掲載一覧
【愛媛県】の掲載一覧
【高知県】の掲載一覧
  • ライブドアブログ