マッハ墨朱&絵馬による布陣(仮)~御朱印ブログ~

御朱印と御朱印帳、時々絵馬。メモ代わり兼ひとりでニヤニヤと悦に浸るためだけの場

東海三十六不動

2010年10月から2020年10月までの記録。

乙津寺@岐阜

◆山・院・寺号
瑞甲山 乙津寺(おっしんじ)
通称:鏡島弘法、梅寺

◆宗派
臨済宗 妙心寺派

◆御本尊
十一面千手観世音菩薩
不動明王

◆所在地
岐阜市鏡島中2丁目
JR、名鉄各線・岐阜駅よりバス+鏡島弘法前バス停より徒歩2分

◎「美濃新四国八十八ヶ所霊場・第44番札所」の御朱印
鏡島弘法・乙津寺・88霊場

◎「東海三十六不動霊場・第31番札所」の御朱印
鏡島弘法・乙津寺・東海不動霊場

★雑記
鏡島弘法こと、乙津寺の御朱印です。
遠くからでも、御神木の楠木がドーンと境内の真ん中に立っているのが見えます。こちら臨済宗のお寺ですが、通称からして弘法大師が推されているお寺でした。調べたところ、現在は禅寺ですが、元々は真言宗のお寺として開かれたようですね。そのために、弘法大師の幟がなんとも目立っている境内でした。ところで幟と言えば、個人的には赤色をパッと思い浮かべますが、東海地方では白い幟を各所で目にする機会が多い気がします。地域色でしょうか?その幟にもある通り、東海三十六不動尊霊場、美濃三弘法霊場、美濃新四国八十八ヶ所霊場、美濃三十三ヶ所観音霊場などの札所を兼務しているようです。また、境内の看板を見たら、いわゆる”本堂”と呼ばれる建物が表記されていませんでした。となると、大師堂がメインになるのでしょうか。その大師堂の裏手には、石仏による四国八十八ヶ所霊場写しもありました。
御朱印は、納経所にていただきました。

◎鏡島弘法、大師堂。
鏡島弘法0

◎鏡島弘法、大師堂裏の四国霊場石仏。
鏡島弘法7

◎鏡島弘法、境内の御神木。
鏡島弘法3

甚目寺@愛知

◆山・院・寺号
鳳凰山 甚目寺(じもくじ)
通称:甚目寺観音

◆宗派
真言宗 智山派

◆御本尊
聖観世音菩薩

◆所在地
あま市甚目寺東門前
名鉄津島線・甚目寺駅より徒歩5分

◎「尾張三十三観音霊場・第16番札所」の御朱印
16甚目寺

◎「東海三十六不動霊場・第5番札所」の御朱印
5甚目寺

★雑記
甚目寺観音の名で知られる、甚目寺の御朱印です。
住所名や駅名にもなるくらい、規模の大きなお寺です。参拝や祈願に訪れている人も多く目に付きました。ただ、観音霊場と不動霊場を兼務しているお寺ですが、霊場巡拝目的の人はいない感じでした。ひと際大きな南大門(仁王門)は、鎌倉時代の初期に建てられたもの。ただこちら、交通量の多い交差点に面しているので、写真を撮るには気を付けた方が良さそうです。加えて、電線も多いので、正直微妙な印象になってしまいます。結構キツめの朱色をした本堂の前には、常に鳩がたむろしていました。一斉にバサーッと飛び立っては、いつの間にかまた集まっている、の繰り返し。なお、結縁柱は立っていましたが、紐はありませんでした。御開帳のときだけかも。また、境内には、石仏のミニ四国八十八ヶ所霊場もあってお参りすることも出来ます。いくつもある堂宇の中で、個人的に好きだったのは十王堂でしょうか。文字通り十王が祀られており、身近で迫力のあす尊顔を拝めます。お隣に鎮座する式内社の漆部神社(ぬりべじんじゃ)には、境内からそのまま入ることが出来ますので、一緒にお参りもありでしょう。
御朱印は、本堂内にていただきました。

◎甚目寺、南大門(仁王門)。
5甚目寺6

◎甚目寺、本堂。
5甚目寺4

◎甚目寺、境内ミニ四国八十八ヶ所霊場。
5甚目寺5

◎甚目寺、境内ミニ四国八十八ヶ所霊場。
5甚目寺26

◎甚目寺、境内。
5甚目寺8

寂光院@愛知

◆山・院・寺号
継鹿尾山 八葉蓮台寺 寂光院(じゃっこういん)
通称:継鹿尾観音(つがおかんのん)

◆宗派
真言宗 智山派

◆御本尊
千手観世音菩薩

◆所在地
犬山市継鹿尾字杉ノ段

◆御詠歌
鳴海潟 鹿の継鹿尾に 隔て置き いざやなびかむ 草薙の宮

◎「尾張三十三観音霊場・第20番札所」の御朱印
◎「尾張西国三十三観音霊場・第33番札所」の御朱印
寂光院・観音

◎「弁天堂御本尊:弁財天」の御朱印
寂光院・弁天

◎「東海三十六不動霊場・第2番札所」の御朱印
寂光院・不動

★雑記
継鹿尾観音こと、犬山寂光院の御朱印です。
御本尊は日本武尊の御神魂の作で、愛知県下で最古の霊刹と言われています。また、織田信長が清州城の鬼門鎮護の霊刹として扱ったことから、寺院の中興が織田信長になっていました。境内の展望台には、”織田信長も眺めた景色”との看板がありましたが・・・あいにくこの日の天候は雪!とてもじゃないですが、楽しめる景色ではありませんでした。それにしても、本堂までの階段がキツいのなんのって。雪のせいでもありますが、ゴールがなかなか見えてこないコースになっているので、本堂までエッチラオッチラ上っている最中にも、何度となくあきらめようかと。正直、しんどかったです。本堂前や展望台には誰もおらず寂しいもので、こんな日に参拝に訪れる酔狂な馬鹿は、やはり私しかいませんでした。東海三十六不動霊場の札所である不動堂は、本堂までの階段途中にあります。
御朱印は、寺務所にていただきました。暖かいお茶もいただきました。

◎継鹿尾観音、参道+不動堂。
寂光院

◎継鹿尾観音、境内。
寂光院3

◎継鹿尾観音、展望台+十二支守本尊霊場。
寂光院9

笠覆寺@愛知

◆山・院・寺号
天林山 笠覆寺(りゅうふくじ)
通称:笠寺観音

◆宗派
真言宗 智山派

◆御本尊
十一面観世音菩薩

◆所在地
名古屋市南区笠寺町
名鉄名古屋本線・本笠寺駅より徒歩3分

◎「なごや七福神・恵比寿神」の御朱印
笠寺・なごや七福神

◎「名古屋二十一大師霊場・第16番札所」の御朱印(霊場専用帳面)
16出開帳・h27

◎「尾張三十三観音霊場・第3番札所」の御朱印
◎「尾張四観音霊場札所」の御朱印
◎「名古屋二十一大師霊場・第16番札所」の御朱印
16笠覆寺・名古屋21大師

★雑記
笠寺観音こと、笠覆寺の御朱印です。
これまでに三度参拝して、二度雨天・・・ツイてない。さてこちら、尾張四観音・尾張三十三観音・なごや七福神・名古屋二十一大師・東海三十六不動といった複数の霊場札所になっています。とは言え、境内も納経所も混んでいたことがなく、至ってゆったりしたものです。厄除けと縁結びで知られる観音様のお寺ですが、札所として以外にも色々な仏様が祀られているのですね。ところで、カセットステレオから境内に流れる読経の声が、境内のベンチに座っていると実に心地良く感じられます。それにしても、本堂前の幟の数が半端ないですね。
御朱印は、授与所にていただきました。なお、名古屋二十一大師霊場で霊場専用御朱印帳にいただいた御朱印は、平成27年に大須観音で行われた出開帳の際にいただいたものです。

◎笠寺観音、山門。
笠寺2

◎笠寺観音、本堂。
笠寺9

長福寺@愛知

◆山・院・寺号
稲園山 正覚院 長福寺(ちょうふくじ)
通称:七寺(ななつでら)

◆宗派
真言宗 智山派

◆御本尊
聖観世音菩薩

◆所在地
名古屋市中区大須2
地下鉄鶴舞線・大須観音駅より徒歩3分

◎「東海三十六不動霊場・第9番札所」の御朱印
七寺2

◎「弘法大師名古屋二十一ヶ所霊場・第2番札所」の御朱印
2七寺

★雑記
七寺として知られる、長福寺の御朱印です。
ガイドブックでも地図でも案内板でも七寺の名称で載っているため、地元の人以外は正式名称を知らないケースもありそうです。私も知りませんでした。文字通り七堂伽藍が建立されていたことからこの七寺の通称だそうですが、あいにくと昭和20年3月19日の太平洋戦争の戦火によってすべてが焼失してしまったそうです。本堂前にドンと腰を下ろしている銅製の大日如来像も見所だと思うのですが、いかんせん木がすぐ前にあって夏は特に見にくく、またなんとも朽ちている感が出ていて・・・。
御朱印は、寺務所窓口にていただきました。

◎七寺、境内。
2七寺1

◎七寺、大日如来像。
2七寺2
カテゴリ別アーカイブ
タカツキ
23区を中心に
休日にのみフラフラと
病人なんでノンビリと
御朱印を集印中。
御朱印帳は、派手系好き
時々、絵馬。
ヘッダー写真は、
気分次第でチェンジ。

携帯電話からだと
strikeのタグが
反映されないのか。
う~ん。。。

●今年の状況●
関東三十六不動
(35/36)
関東九十一薬師
(76/91)
関東八十八ヶ所
(60/95)
豊島八十八ヶ所
(87/88)
阿波西国三十三観音・東部
(24/33)
阿波西国三十三観音・西部
(15/33)
四国三十六不動
(17/36)
下総三十三観音
(14/34)
名古屋二十一大師
(7/21)
和歌山西国三十三観音
(13/36)
安房国四十八薬師
(12/48)
知多四国八十八ヶ所
(3/98)
桶狭間十三仏
(7/13)


こっそり御朱印帳メモ

記事検索
メッセージ

こちらからの返信や回答を希望される場合は、返信先も記載してください。

名前
メール
本文
Pilgrimage
平成26年御開帳情報メモ
都道府県別リンク
【千葉県】の掲載一覧
【埼玉県】の掲載一覧
【東京都】の掲載一覧
【神奈川県】の掲載一覧
【愛知県】の掲載一覧
【大阪府】の掲載一覧
【徳島県】の掲載一覧
【香川県】の掲載一覧
【愛媛県】の掲載一覧
【高知県】の掲載一覧
  • ライブドアブログ