マッハ墨朱&絵馬による布陣(仮)~御朱印ブログ~

御朱印と御朱印帳、時々絵馬。メモ代わり兼ひとりでニヤニヤと悦に浸るためだけの場

札幌市

2010年10月から2020年10月までの記録。

江南神社@北海道

◆名称
江南神社(こうなんじんじゃ)

◆御祭神
天照皇大神(あまてらすおおみかみ)
日本武尊(やまとたけるのみこと)
大国魂神(おおくにみたまのみこと)

◆所在地
札幌市北区屯田七条6丁目
JR札幌駅よりバス+屯田小学校バス停より徒歩1分

江南神社

★雑記
札幌市屯田の江南神社の御朱印です。
私の地元、徳島県からも29戸が屯田兵として入植した地に鎮座する神社とのことで、今回の北海道行の最後にお参りしてきました。札幌駅からバスで向かったのですが、もっと近くの地下鉄駅からバスを利用した方が便利かつ早く着いたかもしれません。ま、道は空いていたのでスイスイってなものでしたが。ブックオフ横のバス停から角をひとつ曲がったら、そこはもう参道入り口でした。流石は北の大地、5月ですが境内では桜が見事に咲いていました。第三鳥居をくぐって左手、徳島県内の神社ではお馴染みと言えましょうか、こちらにも地神柱が立っていました。天照皇大神、稲倉魂命、埴安姫命、大己貴命、少彦名命の御祭神名が彫られた、昭和7年建立の五角地神柱です。他には誰もいない、観光客も流石に訪れない静かな境内でノンビリとしてきました。
御朱印は、社務所にていただきました。

◎江南神社、社頭。
江南神社2

◎江南神社、参道。
江南神社3

◎江南神社、参道。
江南神社1

◎江南神社、社殿。
江南神社4

◎江南神社、五角地神柱。
江南神社7

琴似神社@北海道

◆名称
琴似神社(ことにじんじゃ)

◆御祭神
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
豊受大神(とようけのおおかみ)
大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)
武早智雄神(たけはやちおのかみ)
土津霊神(はにつれいしん)

◆所在地
札幌市西区琴似1条7丁目
地下鉄東西線・琴似駅より徒歩3分

琴似神社

★雑記
琴似神社の御朱印です。
地下鉄の駅からも近く、繁華街のすぐそばに境内を構える神社です。ですが境内に一歩入れば木々に覆われ、結構な自然環境の中に身を置いている感覚がしてきます。終わりとも始まりとも言い難い具合の紅葉ではありましたが、それはそれで味があると言いますか。こちらは明治時代の屯田兵入植者の守護神として、武早神社の名称で創始されたとのこと。境内には、鎮座140年を示す看板が出ていました。ところでパッと見、御祭神は誰?でしたが、武早智雄神が伊達成実のことで、土津霊神が保科正之のことだそう。いずれも入植者の故郷の神社で祀られている、いわゆる地元の名士に当たる人物。その後、明治30年に今の琴似神社の名称に改めたそうです。参道の途中には、境内社として安全神社があります。
御朱印は、社務所にていただきました。

◎琴似神社、社頭。
琴似神社9

◎琴似神社、参道。
琴似神社0

◎琴似神社、参道。
琴似神社1

◎琴似神社、社殿。
琴似神社7

◎琴似神社、境内社・安全神社。
琴似神社70

多賀神社(札幌護国神社)@北海道

◆名称
多賀神社(たがじんじゃ)

◆御祭神
伊邪那岐大神(いざなぎのおおかみ)
伊邪那美大神(いざなみのおおかみ)

◆所在地
札幌市中央区南15条西5丁目
地下鉄南北線・幌平橋駅より徒歩3分

札幌護国・多賀神社

★雑記
札幌護国神社の境内社、多賀神社の御朱印です。
社務所の建物をグルッと回り込んだ先に、多賀神社の社殿はあります。黒い鳥居をくぐり、参道を行きます。拝殿の扉に手を掛けたら意外にアッサリと開いたので、やや薄暗い中、そこでお参りとなりました。境内に多賀神社の案内も出てはいましたが、空気が動いておらずにドンヨリとしていたのを感じたので、あまりこちらにお参りに来る人はいないのかな?とも思いました。
御朱印は、札幌護国神社の社務所にていただきました。

◎多賀神社、参道。
札幌護国・多賀神社5

◎多賀神社、社殿。
札幌護国・多賀神社6

札幌護国神社@北海道

◆名称
札幌護国神社(さっぽろごこくじんじゃ)

◆御祭神
北海道開拓祭神
各戦役戦没祭神
公共殉職祭神
其他特殊祭神

◆所在地
札幌市中央区南15条西5丁目
地下鉄南北線・幌平橋駅より徒歩3分

札幌護国

★雑記
札幌護国神社の御朱印です。
北海道護国神社は旭川市にありますが、こちらは名称の通り札幌市内に鎮座しています。地下鉄の駅からもすぐなので、容易にお参りに行くことが出来ます。参拝したときは雨でしたが、傘は不要なレベルの霧雨と言ったところ。境内には、家族連れらしき参拝者の姿もありました。由緒のパンフレットに記載されていた御祭神、字面を見れば理解は可能ですが独特の表記です。境内の案内板にも書かれていましたが要するに、<引用>当神社は、明治10年西南の役に屯田兵として殉死された御霊等をはじめ、相次ぐ戦役の御英霊と従軍看護婦が祀られ、戦後は殉難警察官、消防官の御霊等を相殿に御祭祀申し上げて居ります</引用>、ということだそうです。各地の護国神社と同じく、境内から見上げる空は広く、スッキリと開放的な空間になっています。
御朱印は、社務所にていただきました。境内社である多賀神社の御朱印も、こちらでいただけます。

◎札幌護国神社、参道。
札幌護国07

◎札幌護国神社、境内。
札幌護国99

◎札幌護国神社、社殿。
札幌護国00

札幌三吉神社@北海道

◆名称
札幌三吉神社(さっぽろみよしじんじゃ)

◆御祭神
大己貴神(おおなむちのかみ)
少彦名神(すくなひこなのかみ)
藤原三吉神(ふじわらみよしのかみ)

◆所在地
札幌市中央区南1条西8丁目

札幌三吉神社

★雑記
街なかに鎮座する札幌三吉神社の御朱印です。
市電の西8丁目停留所が神社のすぐ前にありましたが、地下鉄の大通駅から歩いて行きました。そんなに遠いわけでもないし、碁盤の目のような街なので迷うことなくでした。周囲の高層ビルのせい?境内は全体的にやや暗め。しかもその境内や社務所の中をテレビのロケハン的な人らが我が物顔でウロチョロしており、私を含めてそのとき境内にいた参拝者たちに向けて、お前ら邪魔だな的な視線を送っていたのを見て、サッサと退散することにしました。
御朱印は、社務所窓口にていただきました。私の前にいただいていた人が、「御朱印は賽銭箱に~」だったので、あぁそういう流れなのかと思っていたら、私のときは”ハイ300円”って手を出されて、なんだこの差は!?とちょっとカチンときたお参りでした。踏み倒すとでも思ったのかよ!

◎札幌三吉神社、境内。
札幌三吉神社9

豊平神社@北海道

◆名称
豊平神社(とよひらじんじゃ)

◆御祭神
上毛野田道命(かみつけのたけみちのみこと)
大山祇命(おおやまつみのみこと)
倉稲魂命(うがのみたまのみこと)

◆所在地
札幌市豊平区豊平四条13丁目
地下鉄東豊線・豊平公園駅より徒歩8分

豊平神社

★雑記
豊平地区の氏神様、豊平神社の御朱印です。
豊平公園駅から出て、豊平公園を突っ切って向かいました。ただ裏からは境内に入れず、国道沿いにある参道入り口へグルッと回り込んでのお参りになります。木々から落ちた葉で参道は黄色い絨毯になっていましたが、よく見ると右側の木の葉ばかりが落ちており、左側はまだまだ紅葉が楽しめる状態でした。なんか不思議な感じです。
御朱印は、社務所にていただきました。見開きの御朱印をいただきましたが、1ページでもいただけるようです。

◎豊平神社、社頭。
豊平神社2

◎豊平神社、社殿。
豊平神社4

新琴似神社@北海道

◆名称
新琴似神社(しんことにじんじゃ)

◆御祭神
天照皇大御神(あまてらすすめおおみかみ)
豊受大神(とようけのおおかみ)
神武天皇(じんむてんのう)

◆所在地
札幌市北区新琴似八条3丁目
地下鉄南北線・麻生駅より徒歩8分

新琴似神社

★雑記
新琴似神社の御朱印です。
琴似神社となにかしら関係が?と思いましたが、特にそういうわけでもなさそうです。こちらは、明治20(1887)年の陸軍屯田兵の入植に合わせて、開拓の守護神として創祀された神社とのことです。広い道路に社頭は面しているのですが、そこまで行き交う車の数が多くないと言いますが、北海道の人は車の運転が上品と言いますか、参道を歩くとジャリジャリという踏み締めたときの音がしっかりと聞こえてきます。拝殿は横に広く、鈴緒が複数ぶら下がっていました。1本、多くて3本くらいが見慣れた光景ではありますが。それになんだか社殿も綺麗でした。
御朱印は、社務所窓口にていただきました。

◎新琴似神社、参道。
新琴似0

◎新琴似神社、社殿。
新琴似8

手稲神社@北海道

◆名称
手稲神社(ていねじんじゃ)

◆御祭神
大国魂神(おおくにたまのかみ)
大己貴神(おおなむちのかみ)
少彦名神(すくなひこなのかみ)

◆所在地
札幌市手稲区手稲本町2条3丁目
JR函館本線・手稲駅より徒歩4分

手稲神社

★雑記
札幌市手稲区鎮座、手稲神社の御朱印です。
平成11年に鎮座100年を迎えたお社になります。駅から近いこともあってか、観光客然とした人もチラホラと。私は裏参道から境内に入ることになったのですが、鳥居越しに見える桜が綺麗でした。さて、北海道では本当に多い神明造の社殿が、境内の高い場所に鎮座していました。それにしてもまぁ、どこへ行ってもこの建築様式ですね。なお、社殿前にある授与所は閉まっていました。年始とか例祭日とかくらいにしか開かない印象でした。社務所は表参道の鳥居脇にあって、授与品もそちらに。あと、鳥居前の電線はなんとかならないものでしょうか・・・。
御朱印は、社務所にていただきました。

◎手稲神社、社頭。
手稲神社6

◎手稲神社、社殿。
手稲神社4

◎手稲神社、裏参道鳥居。
手稲神社3

西野神社@北海道

◆名称
西野神社(にしのじんじゃ)

◆御祭神
豊玉姫命(とよたまひめのみこと)
鵜萱茸不合命(うがやふきあえずのみこと)
品陀和気命(ほんだわけのみこと)

◆所在地
札幌市西区平和1条3丁目
地下鉄東西線・発寒南駅よりバス20分+平和1条3丁目バス停すぐ

◎「十二支詣:申」の干支御朱印
西野神社・申

西野神社h28

◎「十二支詣:未」の干支御朱印
西野神社・羊

西野神社

★雑記
札幌市西区、西野神社の御朱印です。
こちらは、明治18年に西野地区への開拓者によって創立された神社とのこと。やはり新しいだけあって、全体的にシュッとしたスマートさがあります。社殿左に授与所がありましたが、かなりの数のお守りやお札が揃っていました。なかなかに、明るいし派手な感じの授与所でした。その授与所の前には、御神徳である安産・育児の象徴として、また創祀120年の記念として、平成17年に戌(犬)の石碑が立てられていました。

(平成27年11月記)
どよ~んとした曇り空の中での初参拝となりました。短いながらも、鳥居から社殿へと続く参道は、綺麗に整備されていました。楽しむっていう具合の紅葉ではありませんが、逆に複数の色が混ざって良い見栄えをしていたように思えます。御朱印は、社殿右の社務所にていただきました。この時点での最新情報として、神社の公式ブログを見たところ、干支朱印は複数の授与もしているとコメント欄にありました。ところが、それ以降にルールが変わったのか「干支を選ぶことは出来ますが、1回の参拝で授与するのは1干支朱印のみ」と言われました。ですので、平成27年中に北海道へは来ないだろうしと思って、未歳の干支朱印をいただきました。

◎西野神社、社頭。
西野神社5

◎西野神社、社殿。
西野神社8

◎西野神社、社殿。
西野神社7

◎西野神社、創祀120年記念碑。
西野神社0

札幌村神社@北海道

◆名称
札幌村神社(さっぽろむらじんじゃ)

◆御祭神
開拓三神
 ・大国魂神(おおくにたまのかみ)
 ・大己貴神(おおなむちのかみ)
 ・少彦名神(すくなひこなのかみ)

◆所在地
札幌市東区北16条東14丁目
地下鉄東豊線・環状通東駅より徒歩2分

札幌村神社

★雑記
札幌村神社の御朱印です。
なんでも元々は札幌神社という名称にしようとしていたところ、今の北海道神宮の名称とかぶっていたとかで、間に村を挟んだこの名称になったとか。稲荷神社とか八幡神社といった名称はかぶっていてもOKなのに、なんだか不思議な気もしますが。札幌の街は遠くまで見通せる作りになっているので、少し離れたところからでも鳥居すぐのところに立つイチョウの黄色さが目立っていました。参道途中のイチョウは葉がほとんど落ちていたで、そのギャップがなんともです。ちょうど祈祷終わりでの参拝になりました。
御朱印は、境内の宮司宅?社務所?にていただきました。

◎札幌村神社、社頭。
札幌村神社3

◎札幌村神社、社殿。
札幌村神社1

北海道神宮@北海道

北海道神宮・帳面

◆名称
北海道神宮(ほっかいどうじんぐう)

◆御祭神
大国魂神(おおくにたまのかみ)
大那牟遅神(おおなむちのかみ)
少彦名神(すくなひこなのかみ)
明治天皇(めいじてんのう)

◆所在地
札幌市中央区宮ヶ丘
地下鉄東西線・円山公園駅より徒歩15分

◆サイズ
11×16cm

◆料金
1000円(御朱印込み)
カテゴリ別アーカイブ
タカツキ
23区を中心に
休日にのみフラフラと
病人なんでノンビリと
御朱印を集印中。
御朱印帳は、派手系好き
時々、絵馬。
ヘッダー写真は、
気分次第でチェンジ。

携帯電話からだと
strikeのタグが
反映されないのか。
う~ん。。。

●今年の状況●
関東三十六不動
(35/36)
関東九十一薬師
(76/91)
関東八十八ヶ所
(60/95)
豊島八十八ヶ所
(87/88)
阿波西国三十三観音・東部
(24/33)
阿波西国三十三観音・西部
(15/33)
四国三十六不動
(17/36)
下総三十三観音
(14/34)
名古屋二十一大師
(7/21)
和歌山西国三十三観音
(13/36)
安房国四十八薬師
(12/48)
知多四国八十八ヶ所
(3/98)
桶狭間十三仏
(7/13)


こっそり御朱印帳メモ

記事検索
メッセージ

こちらからの返信や回答を希望される場合は、返信先も記載してください。

名前
メール
本文
Pilgrimage
平成26年御開帳情報メモ
都道府県別リンク
【千葉県】の掲載一覧
【埼玉県】の掲載一覧
【東京都】の掲載一覧
【神奈川県】の掲載一覧
【愛知県】の掲載一覧
【大阪府】の掲載一覧
【徳島県】の掲載一覧
【香川県】の掲載一覧
【愛媛県】の掲載一覧
【高知県】の掲載一覧
  • ライブドアブログ