マッハ墨朱&絵馬による布陣(仮)~御朱印ブログ~

御朱印と御朱印帳、時々絵馬。メモ代わり兼ひとりでニヤニヤと悦に浸るためだけの場

愛知

砥鹿神社@愛知

愛知・砥鹿神社

砥鹿神社@愛知の絵馬です。
三河国一之宮である砥鹿神社。ですが人の足は豊川稲荷の方へ向くらしく、こちらは静かなものでした。最寄駅であるJR飯田線の三河一宮駅では、ICカードでの清算が出来なかったほどですから。。。絵馬には、大国様と恵毘須様が描かれています。それぞれ、里宮本社と摂社の三河えびす社の御祭神ですね。

山田天満宮@愛知

愛知・山田天満宮
山田天満宮@愛知の絵馬です。
汎用っぽいデザインではありますが、今のところ他の天神系神社で見たことはなかったので。それにしても、道真公に乗られた牛の、なんとも言えぬ悲しげというか嫌そうというかな表情よ。哀愁すら感じてしまいます。

羊神社@愛知

◆名称
羊神社(ひつじじんじゃ)

◆御祭神
天照大神(あまてらすおおみかみ)
火迦具土命(ひのかぐつちのみこと)

◆所在地
名古屋市北区辻町5丁目
地下鉄上飯田線・上飯田駅より徒歩8分

羊神社・名古屋

★雑記
式内社、羊神社の御朱印です。
存在は知っていたのですが、なんだか伸び伸びになって11月に初参拝となりました。それでも、未年の内に参拝出来てホッとしました。まぁ、他人からすれば、だからどうだって話でもありますが。ちなみに、鎮座地の名称が辻町と言うのは、ひつじからひを取って名付けられたという説があるそうです。ひ(火)を取ったことからこの羊神社の氏子区域は火災が少なく、そのためこの羊神社は火災除けの神様として崇敬されているとか。こちら、神職常駐じゃないそうで、そういった下調べをせずに参拝しましたが、当日は氏子の人がいて御朱印もいただけました。
御朱印は、授与所にていただきました。

◎羊神社、社頭。
羊神社9

◎羊神社、社殿。
羊神社4

◎羊神社、手水舎。
羊神社1

桃太郎神社@愛知

◆名称
桃太郎神社(ももたろうじんじゃ)

◆御祭神
大神実命(おおかむづみのみこと)

◆所在地
犬山市栗栖字古屋敷

桃太郎神社

★雑記
犬山市の桃太郎神社の御朱印です。
この日の犬山観光で、優先度第1位の場所が実はここだったりします。参拝の意味合いも持ちつつ、とにかく行ってみたかった場所です。駅から割と離れている&雪の降る天候だったにもかかわらず、結構な参拝者がありました。家族連れが多い印象です。B級スポットとして紹介される機会も多いみたいですから、写真を一度目にしてしまうと、やはり興味はそそられるのでしょう。もちろん神社ですから、お参り第一となります。んが、鳥居の真下に立つ桃太郎像からして、まぁなんと言いますか・・・ね。ご利益は、子供の守り神とのこと。そのため、例祭日が5月5日の子供の日になっているくらいです。ホント、社殿自体は至って普通の神社です。その前にある桃形鳥居が、あとは境内にいくつもあるオブジェなどが普通と違うだけです。
御朱印は、授与所にていただきました。

◎桃太郎神社、参道。
桃太郎神社7

◎桃太郎神社、桃の扁額の鳥居と桃太郎。
桃太郎神社3

◎桃太郎神社、桃形鳥居。
桃太郎神社93

◎桃太郎神社、境内。
桃太郎神社9

興正寺@愛知

◆山・院・寺号
八事山 遍照院 興正寺(こうしょうじ)

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
大日如来

◆所在地
名古屋市昭和区八事本町
地下鉄鶴舞線、名城線・八事駅より徒歩3分

◎「釈迦牟尼仏」の御朱印
興正寺・釈迦

◎「尾張三十三ヶ所観音霊場・第33番札所:御本尊」の御朱印
33興正寺・尾張33観音

◎「興正寺・奥之院」の御朱印
興正寺・奥之院

◎「名古屋二十一大師霊場・第21番札所:御本尊」の御朱印
21興正寺・名古屋21大師

◎オリジナル御朱印帳
興正寺・御朱印帳

★雑記
尾張高野山と呼ばれる、興正寺の御朱印とオリジナル御朱印帳です。
元禄元年(1688年)に、尾張徳川家の祈願寺として建立されたお寺になります。本堂は写真の通り小振りですが、境内がか~なり広いです。すべての堂宇を参ろうとすれば、結構な時間と労力を要します。パンフレットにも記載されていますが、通年で色々な行事が執り行われているので、現時点で三度ほど参拝をしていますがいつ行っても参拝者の多いお寺です。それも、知多四国八十八ヶ所霊場、尾張三十三ヶ所観音霊場、東海三十六不動霊場、なごや七福神巡りといった霊場札所を兼務しているから当然と言えば当然でしょうか。2014年10月に参拝したときには、五重塔の前にお釈迦様の像が出来ていました。
御朱印は、授与所にていただきました。

◎興正寺、参道。
21興正寺3

◎興正寺、本堂(平成25年)。
21興正寺・本堂

◎興正寺、本堂(平成26年)。
21興正寺・本堂2

◎興正寺、五重塔と釈迦牟尼仏像。
21興正寺・五重塔

◎興正寺、円照堂。
21興正寺・円照堂

宝生院@愛知

大須観音・帳面

◆山・院・寺号
北野山 真福寺 宝生院(ほうしょういん)
通称:大須観音

◆宗派
真言宗 智山派

◆御本尊
聖観世音菩薩

◆所在地
名古屋市中区大須2丁目
地下鉄・鶴舞線、大須観音駅より徒歩1分

◆サイズ
12×18cm

◆料金
1500円

泉増院@愛知

◆山・院・寺号
天林山 泉増院(せんぞういん)

◆宗派
真言宗 智山派

◆御本尊
大日如来

◆所在地
名古屋市南区笠寺町上新町

泉増院

★雑記
笠寺観音から道路を挟んですぐ、泉増院の御朱印です。
玉照姫が祀られていますが、秘仏のため拝観は不可でした。御開帳はあるのでしょうか?「笠寺観音様に参詣し、玉照姫に詣らねば片詣り」とまで言われているそうです。笠寺観音とは違い、こちらは小振りな境内をしていました。ただ泉増院の方が、緑が多かったのは良いことです。もっとも、私の参拝時は境内でなにやらワイワイガヤガヤと行っている最中だったので、忙しなくさっさと退散することとしました。
御朱印は、授与所窓口にていただきました。

◎泉増院、境内。
泉増院・境内

朝日神社@愛知

◆名称
朝日神社(あさひじんじゃ)

◆御祭神
天照大神(あまてらすおおみかみ)
天児屋根命(あめのこやねのみこと)

◆所在地
名古屋市中区錦町3丁目

朝日神社

★雑記
名古屋市中区の朝日神社の御朱印です。
広い道路沿いにビルが建ち並ぶ繁華街に、ひっそりと佇んでいる神社です。神社の前を、大勢の人が常に行き交っていました。鳥居の横には交番があって、境内がパトカーの駐車場代わりになっていました。元々は、清洲城下の朝日郷に鎮座していたそうです。だからこの名称なのでしょう。慶長16年(1611)の名古屋城の築城に伴って、今度は名古屋城の城下町守護として遷座してきたとか。あいにくと、当時の社殿は名古屋大空襲で焼失してしまったとのことです。それにしても、境内社の朝日稲荷大明神の幟が多いですね。稲荷信仰はどこへ行っても見られる光景です。
御朱印は、社務所にていただきました。

◎朝日神社、境内。
朝日

◎朝日神社、社殿。
朝日3

◎朝日神社、境内社の朝日稲荷大明神。
朝日4

妙行寺@愛知

◆山・院・寺号
正悦山 妙行寺(みょうぎょうじ)

◆宗派
日蓮宗

◆御本尊
法華三法

◆所在地
名古屋市中村区中村町字木下屋敷
地下鉄東山線・中村日赤駅より徒歩9分

妙行寺

★雑記
武将、加藤清正の生誕地として知られる妙行寺の御首題です。
現在は日蓮宗のお寺ですが、元々は真言宗のお寺だったそうです。太閤こと豊臣秀吉の誕生の地である常泉寺も、こちらの妙行寺からすぐの場所にあります。境内では、色のチョイスが格好良い紺と白の幟がはためいていました。加藤清正像もあり、厳つい表情が見て取れます。観光寺院としてPRはしていないようですが、観光客然とした人もフラリと引き寄せられるお寺でした。
御首題は、庫裡にていただきました。

◎妙行寺、本堂。
妙行寺1

◎妙行寺、加藤清正像。
妙行寺3

円通寺@愛知

◆山・院・寺号
補陀山 円通寺(えんつうじ)
別称:秋葉山 円通寺

◆宗派
曹洞宗

◆御本尊
釈迦牟尼仏
十一面観世音菩薩

◆所在地
名古屋市熱田区神宮2丁目
名鉄本線・神宮前駅より徒歩2分

円通寺・秋葉大権現

★雑記
秋葉総本山として、秋葉山の山号でも知られている円通寺の御朱印です。
同じ規模のお堂が2つ並んでいるので、どっちが本堂だ?としばし迷わされました。由緒書きを見ると、”本堂”と”神殿”なんですね。また、日本最古にして唯一の秋葉大権現出現の霊場、との記述もありました。熱田の両参りで、”熱田さま”・”秋葉さま”として親しまれている秋葉大権現が、神殿には祀られています。
御朱印は、神殿横の授与所にていただきました。

◎左・円通寺本堂、右:秋葉山神殿。
円通寺

神蔵寺@愛知

◆山・院・寺号
龍華山 神蔵寺(じんぞうじ)

◆宗派
曹洞宗

◆御本尊
聖観世音菩薩

◆所在地
名古屋市名東区一社3丁目
地下鉄東山線・一社駅より徒歩6分

◆御詠歌
慕わしき 松吹く峰の 神蔵寺 瑠璃の光を 放つ御仏

◎「東海四十九薬師霊場・第27番札所」の御朱印
27神蔵寺

★雑記
東海四十九薬師霊場の札所、神蔵寺の御朱印です。
こちらのお寺の創建は1501年のこと。あの柴田勝家の祖父(曽祖父とも説があるとか)である柴田勝重によるものだそうです。参道には、薬師霊場の白い幟がたくさんはためいていました。パンフレットも作成されていますから、意外にも活発な霊場なのでしょうか。本堂もそうですが、全体的に”白いなぁ~”という印象でした。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎神蔵寺、参道。
27神蔵寺1

◎神蔵寺、本堂。
27神蔵寺0

金神社(山田天満宮)@愛知

◆名称
金神社(こがねじんじゃ)

◆御祭神
恵比須神(えびすのかみ)
大国主命(おおくにぬしのみこと)
金山彦神(かなやまひこのかみ)
岐神(ふなどのかみ)

◆所在地
名古屋市北区山田町3丁目
JR中央線・地下鉄名城線・名鉄瀬戸線・大曽根駅より徒歩7分

山田天満宮・金神社

★雑記
山田天満宮の境内社、金神社の御朱印です。
境内社なので大きいとは言えませんが、鳥居の横には銭洗い場と財布納め所もありました。こちらへ足を運んでお参りしている人の姿も多かったですね。ま、”学問よりお金”ってのが、欲望に正直とでも言えましょうか。私も金神社の方が、お賽銭多めってな具合でしたから。
御朱印は、山田天満宮の授与所にていただきました。

◎金神社、外観。
金神社

安久美神戸神明社@愛知

◆名称
安久美神戸神明社(あくみかんべしんめいしゃ)

◆御祭神
天照皇大神(あまてらすすめのおおかみ)

◆所在地
豊橋市八町通3丁目

神明社・安久美神戸

★雑記
神明社だけでも通じる、安久美神戸神明社の御朱印です。
国の重要無形民族文化財である、豊橋鬼祭で知られている神社です。豊橋鬼祭は、日本建国神話の中にも出てくる田楽の舞で、豊年と厄除けとしておよそ1,000年前から伝わっている神事だとか。神社に着いたときには、よくある一般的な神社かと思ったら、社務所の向かい側の暗がりに、写真の赤鬼がド~ンと立っていて驚いたものです。拝殿前の八角形の場所は、儀調場と呼ばれているエリアです。
御朱印は、社務所にていただきました。帰りの新幹線内で、と豊橋鬼祭や神社の歴史が載っている冊子をいただきました。

◎安久美神戸神明社、社殿。
神明社・安久美神戸2

◎安久美神戸神明社、鬼。
安久美神戸

愛知県護国神社@愛知

◆名称
愛知県護国神社(あいちけんごこくじんじゃ)

◆御祭神
英霊 九万三千余柱

◆所在地
名古屋市中区三の丸1丁目
地下鉄名城線・市役所駅より徒歩5分

愛知県護国神社

★雑記
愛知県護国神社の御朱印です。
地方の護国神社のように、バーンと開けた広い境内を持っているわけではありませんでした。しかしスッキリとした、掃除や手入れが行き届いている印象を受けました。巫女さんも行事の有無に関わらず、複数詰めているようでした。拝殿前には、太玉柱(ふとたまばしら)がドンとそびえ立っていました。終戦50周年を機に、神霊に感謝を示す太玉串として捧げられたものだとか。その高さは、9.3メートルあります。
御朱印は、授与所にていただきました。

◎愛知県護国神社、拝殿と太玉柱。
愛知護国1

愛知護国2

伊奴神社@愛知

伊奴神社・絵馬

伊奴神社@愛知の絵馬です
この伊奴神社の始まりに関わる、犬の王の絵馬が授与されていました。良いですね、犬に限らずこういう動物モノは大好きです。

砥鹿神社@愛知

砥鹿神社・絵馬

砥鹿神社@愛知の絵馬です。
文字通り、鹿の絵柄の絵馬でした。なかなか凛々しい感じの。

真清田神社@愛知

真清田神社・御朱印帳

◆名称
真清田神社(ますみだじんじゃ)

◆御祭神
天火明命(あめのほあかりのみこと)

◆所在地
一宮市真清田1丁目
各線・一宮駅より徒歩8分

◆サイズ
11×16cm

◆料金
1500円(2社の御朱印込み)

上野天満宮@愛知

上野天満宮・帳面

◆名称
上野天満宮(うえのてんまんぐう)

◆御祭神
菅原道真(すがわらみちざね)

◆所在地
名古屋市千種区赤坂町4丁目
地下鉄名城線・砂田橋駅より徒歩10分

◆サイズ
12×18cm

◆料金
1500円(御朱印込み)
カテゴリ別アーカイブ
タカツキ
23区を中心に
休日にのみフラフラと
病人なんでノンビリと
御朱印を集印中。
御朱印帳は、派手系好き
時々、絵馬。
ヘッダー写真は、
気分次第でチェンジ。

携帯電話からだと
strikeのタグが
反映されないのか。
う~ん。。。

●今年の状況●
武相二十八不動
(結願/28)
都筑橘樹二十五地蔵
(結願/25)
三浦二十一薬師
(結願/21)
関東三十六不動
(35/36)
関東九十一薬師
(76/91)
関東八十八ヶ所
(31/95)
豊島八十八ヶ所
(87/88)
阿波西国三十三観音・東部
(24/33)
阿波西国三十三観音・西部
(15/33)
四国三十六不動
(17/36)
下総三十三観音
(14/34)
名古屋二十一大師
(7/21)
和歌山西国三十三観音
(13/36)
安房国四十八薬師
(12/48)
知多四国八十八ヶ所
(3/98)
桶狭間十三仏
(7/13)


こっそり御朱印帳メモ

記事検索
メッセージ

こちらからの返信や回答を希望される場合は、返信先も記載してください。

名前
メール
本文
Pilgrimage
平成26年御開帳情報メモ
都道府県別リンク
【千葉県】の掲載一覧
【埼玉県】の掲載一覧
【東京都】の掲載一覧
【神奈川県】の掲載一覧
【愛知県】の掲載一覧
【大阪府】の掲載一覧
【徳島県】の掲載一覧
【香川県】の掲載一覧
【愛媛県】の掲載一覧
【高知県】の掲載一覧
  • ライブドアブログ