マッハ墨朱&絵馬による布陣(仮)~御朱印ブログ~

御朱印と御朱印帳、時々絵馬。メモ代わり兼ひとりでニヤニヤと悦に浸るためだけの場

御詠歌

2010年10月から2020年10月までの記録。

法起院@奈良

◆山・院・寺号
豊山 長谷寺 開山坊 法起院(ほうきいん)

◆宗派
真言宗 豊山派

◆御本尊
徳道上人

◆御詠歌
極楽は よそにはあらじ 我が心 同じ蓮の 隔てやはある

◆所在地
桜井市初瀬
近鉄大阪線・長谷寺駅より徒歩15分

◎「西国三十三観音霊場・番外札所」の御詠歌
番外・法起院・御詠歌

◎「西国三十三観音霊場・番外札所」の御朱印
番外・法起院

★雑記
西国観音霊場の番外札所、法起院の御朱印と御詠歌です。
こちらの法起院、西国観音霊場の開基であり、長谷寺の開山者である徳道上人の御廟所として知られています。ですので、開山堂といった記載も見られました。もっとも、小さな庵寺っぽい規模なので、参拝者や観光客は長谷寺の方へと向かって流れて行き、こちらへ来る人はほんの少しだけ。かく言う私も下調べを十二分にしていたわけでもないので、こちらへ来て初めて”郵便はがき”の語源とされる木があることを知ったくらいでして。徳道上人の御廟所にある多羅葉樹が、それなのだそう。なんでも、葉っぱの裏に文字を書くとそれが浮かび上がる特性が、その由来になっているそうです。それにしても、境内は逆光でなんともまぶしいこと。写真もなかなか撮れないですわ。
御朱印は、授与所にていただきました。

◎法起院、山門。
番外・法起院5

◎法起院、本堂。
番外・法起院3

◎法起院、徳道上人の御廟所。
番外・法起院7

仁和寺@京都

◆山・院・寺号
大内山 仁和寺(にんなじ)

◆宗派
真言宗 御室派

◆御本尊
阿弥陀如来

◆御詠歌
(寺院御詠歌)
わけのぼる 花の嵐の 梢より 御室の山に 月ぞ輝く

◆所在地
京都市右京区御室大内
嵐電(京福電鉄)北野線・御室仁和寺駅より徒歩3分

◎「薬師如来」の御朱印
仁和寺・薬師

◎「近畿三十六不動霊場・第14番札所」の御朱印
14・近畿不動・仁和寺

仁和寺・御詠歌

◎「京都十三仏巡り・第9番札所」の御朱印
仁和寺

◎「弘法大師」の御朱印
仁和寺・弘法大師

◎「旧御室御所」の御朱印
仁和寺・御室御所

◎「寺院御本尊:阿弥陀如来」の御朱印
仁和寺・本尊

◎仁和寺オリジナル御朱印帳(二王門)
仁和寺・二王門・御朱印帳

◎仁和寺オリジナル御朱印帳(御室桜)
仁和寺・ピンク

★雑記
二王門から入ると、その何も無い空間の広さに圧倒される仁和寺。
真言宗御室派の総本山、そして世界遺産でもあるその仁和寺の御朱印・御朱印帳・御詠歌です。御室桜が見事で有名なのは知っていますが、その時期に合わせて参拝とは、地元民じゃないのでなかなか叶わないものです。せめてと思い、御室桜で有名な仁和寺をわかりやすく表したデザインとピンクの色合いが眩しい、御朱印帳で楽しんでいます。もう一種類の御朱印帳、二王門(仁和寺は仁王門じゃないんですね)がデザインされた方もあります。持ってはいませんが、紋のみのシンプル版も寺院で確認しましたし、ネットでもしばしば見掛けます。なお、薬師如来の御朱印は、毎月8日の縁日のみの授与となっているそうです。
御朱印やオリジナル御朱印帳は、金堂前の納経所や御殿の拝観受付でいただきました。

◎仁和寺、二王門。(平成22年11月撮影)
仁和寺1

◎仁和寺、二王門。(平成22年11月撮影)
仁和寺4

◎仁和寺、二王門。(平成22年11月撮影)
仁和寺5

◎仁和寺、金堂(本堂)。(平成22年11月撮影)
仁和寺金堂

◎仁和寺、御影堂。(平成22年11月撮影)
仁和寺御影堂

東大寺@奈良

◆山・院・寺号
東大寺(とうだいじ)

◆宗派
華厳宗

◆御本尊
(寺院)盧舎那仏
(戒壇院)多宝仏、釈迦仏
(二月堂)十一面観世音菩薩
(俊乗堂)重源上人
(指図堂)法然上人
(法華堂)不空羂索観世音菩薩
(不動堂)五大力尊

◆御詠歌
(西国三十三観音霊場)
ありがたや ふしぎは一か 二月堂 若狭の水を 迎え給うぞ

◆所在地
奈良市雑司町

◎「東大寺、俊乗堂(重源上人)」の御朱印
東大寺・俊乗堂・重源

◎「東大寺、俊乗堂(阿弥陀如来)」の御朱印
東大寺・俊乗堂・阿弥陀

◎「東大寺、法華堂(三月堂)」の御朱印
東大寺・三月堂・法華

◎「東大寺、法華堂(三月堂)」の御朱印
東大寺・三月堂・本尊

◎「東大寺、鐘楼」の御朱印
東大寺・大梵鐘

◎「東大寺、不動堂」の御朱印
東大寺・不動堂

◎「法然上人二十五霊場・第11番札所」の御朱印(指図堂)
11東大寺・指図堂・法然霊場

◎「東大寺、俊乗堂(愛染明王)」の御朱印
東大寺・俊乗堂・愛染

◎「西国三十三観音霊場・番外札所」の御詠歌(二月堂)
西国番外・東大寺・御詠歌

◎「東大寺、戒壇院」の御朱印
東大寺・戒壇堂

★雑記
東大寺の各種御朱印です。
大寺院では割とあることですが、御朱印はそれぞれのお堂でいただきます。

(平成25年6月記)
(戒壇院)
公式サイトでは戒壇堂ですが、拝観受付でいただいた資料では、名称が戒壇院にも戒壇堂にもなっています。東大寺の中心、大仏殿から見ると西の端っこに近い位置にあるので、人はさっぱりで静かなものでした。御朱印の揮毫にもある四天王を拝観できます。多宝仏と釈迦仏は、中心に置かれた多宝塔の中で見えません。御朱印は、拝観受付にていただきました。

(二月堂)
境内の奥の方、そして高い所に建つ二月堂。眺めは、、、確かに良いとも言えますが、ランドマークになるような物が奈良市内に無いため、感動はやや薄めといった印象でした。御本尊の十一面観世音菩薩は、古来から秘仏になっているようです。御詠歌は、朱印所にていただきました。役僧なのか書家なのかは不明ですが、朱印所のおっちゃん連中がえらく明るくて話好きで、大寺院の朱印所では珍しく長居してしまいました。当て紙には、”西国三十三所 番外札所”と記載されていました。

(指図堂)
堂内に入っての参拝となりました。やけに暑い日でしたが、とても風の通しが良い堂内で涼しくすら感じられました。堂守の女性としばしお話、霊場のことやら宗派のことやら奈良観光のことやら、あれやらこれやらで30分ほどお邪魔しました。大仏殿とは真逆で、こちらには人が来ないのでホント静かで良い場所です。

(法華堂)
不空羂索観世音菩薩が堂御本尊になっている、法華堂こと別名・三月堂。外から見た法華堂は大きく感じますけれど、堂内に祀られている仏尊はすべて3メートル以上あるので、中に入ったときは意外に狭い感じがしました。ですが堂内の空間は、ピンと空気が張り詰めていて、割と好きな体感を受けました。秘仏の執金剛神像は、12月16日のみの開扉だそうです。

(鐘楼)
そのまんまのネーミングで、”鐘楼の丘”という場所に鐘楼があります。鐘楼も梵鐘も、どちらも国宝に指定されています。奈良太郎なんていう愛称もあり、日本三名鐘にもなっているその梵鐘は、重さ26.364トン、総高3.853メートル、直径2.708メートルもあり、間近で見ることができるので大迫力です。ただし、一般人は鳴らせません。法会と毎日午後8時、そして大晦日と除夜のみ鳴らされるそうです。写真を撮っていたら人が来て、授与品お棚を開き始めました。御朱印の授与も、この梵鐘の下で行われているようです。まさかこんな場所で!と驚かされました。

◎東大寺、大仏殿。(平成20年10月撮影)
東大寺200810

◎東大寺、仁王像・吽。(平成20年10月撮影)
東大寺200810b

◎東大寺、指図堂。(平成25年6月撮影)
指図堂・東大寺

◎東大寺、戒壇院。(平成25年6月撮影)
戒壇堂・東大寺

◎東大寺、二月堂。(平成25年6月撮影)
東大寺・二月堂

◎東大寺、不動堂。(平成25年6月撮影)
東大寺・不動堂1

◎東大寺、鐘楼。(平成25年6月撮影)
東大寺・鐘楼

元善光寺@長野

◆山・院・寺号
定額山 元善光寺(もとぜんこうじ)

◆宗派
天台宗

◆御本尊
一光三尊阿弥陀如来(善光寺如来)

◆御詠歌
月半ば ごとに来まさむ 弥陀如来 誓いぞ残る 麻績の古里

◆所在地
飯田市座光寺
JR飯田線・元善光寺駅より徒歩5分

元善光寺

◎「御詠歌」の御朱印
元善光寺・御詠歌

◎元善光寺オリジナル御朱印帳
元善光寺・帳01

★雑記
信州は飯田市、元善光寺の御朱印・オリジナル御朱印帳です。
”善光寺”と聞けば、長野市にある参道の長~い、そしてドンと構える大きな本堂の善光寺が思い浮かぶものかと。あちらの善光寺に御本尊として祀られている善光寺如来は、元々こちらに祀られていた尊像、だから元善光寺と言うのだとか。そのため、善光寺と元善光寺と両方にお詣りしなければ、片詣りになってしまうと言われています。ちなみに御詠歌にある麻績(おみ)とは、昔この地が麻績の里と呼ばれていたことに由来するそうです。また、参道を抜けて境内に入ると、元善光寺数え唄なる看板が立っていました。

◆元善光寺、数え唄◆
一:(ひ)さかたの光あふるる信濃路を
ニ:(ふ)しぎなご縁に導かれ
三:(み)んなそろってお詣りしたら
四:(よ)そでは得られぬご利益を
五:(い)つもいっぱいいただいて
六:(む)かしも今も変わらずに
七:(な)む阿弥陀仏と唱えつつ
八:(や)っと詣れた元善光寺
九:(こ)こに詣りてありがたや
十:(と)わの幸せ願いつつ

御朱印やオリジナルの御朱印帳は、本堂内の受付にていただきました。

◎元善光寺、本堂。
元善光寺

総持寺@大阪

◆山・院・寺号
補陀洛山 総持寺(そうじじ)

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
千手千眼観世音菩薩

◆所在地
茨木市総持寺1丁目
阪急京都線・総持寺駅より徒歩5分

◆御詠歌
(寺院御詠歌・西国三十三観音霊場)
おしなべて 老いも若きも 総持寺の 仏の誓ひ 頼まぬはなし

◎「西国三十三観音霊場・第22番札所」の御詠歌
22総持寺・御詠歌

◎「西国三十三観音霊場・第22番札所」の御朱印
22総持寺・西国観音

★雑記
西国観音霊場札所、総持寺の御朱印(御詠歌)です。
デカデカと”勅願所”と彫られた石碑のある階段を登り、意外に新しい雰囲気の山門(仁王門)をくぐって境内へ入ります。結構古い、むしろボロボロになり過ぎな感じの仁王尊が弱々しく立っています。境内には、参拝するたびに増えているんじゃないか、と思わされるほど、薬師如来、地蔵菩薩、不動明王、弘法大師、閻魔大王、稲荷大明神、如来荒神などが祀られた諸堂があります。それらを巡る参拝者が、境内をあっちへこっちへと行き来していました。西国三十三ヶ所観音霊場の札所であることから、常に参拝者の姿を見ることができます。他にも、ぼけ封じ近畿十楽観音霊場や摂津国八十八ヶ所霊場、摂津国三十三ヶ所霊場などの札所も兼ねています。そのため、納経所(朱印所)も非常に充実しています。御朱印帳や納経軸を始め、写経用紙にガイドブックなども取り扱われていて、これから巡礼へといった人にはありがたいでしょう。
御朱印(納経印)は、納経所にていただきました。

(平成27年9月記)
摂津国八十八ヶ所霊場を始めようかと思い、霊場の第1番札所の法案寺に向かうも霊場専用の納経帳は在庫無しとのこと。総持寺ならば、と尋ねてみるとこちらも在庫無しとのことでした。さらには四天王寺にも無しで、どうやら納経帳のサイズや形式も含めて、ガラリと変えるか継続するかレベルでの改訂会議中だそうです。ただ・・・どうも私以外にもチラホラと摂津国八十八ヶ所霊場について問い合わせがあるそうですが、霊場会の方がなにやら立て込んでいて、半年以上も動きなしだそうで。札所としても催促はしているけれど、実際のところ”いつ決定するか不明”としか言えないそうです。

◎総持寺、本堂。
総持寺

◎総持寺、山門(仁王門)。
22総持寺2

◎総持寺、仁王。
22総持寺4

◎総持寺、仁王。
22総持寺3

◎総持寺、観音堂(ぼけ封じ近畿十楽観音霊場)。
22総持寺6

三室戸寺@京都

◆山・院・寺号
明星山 三室戸寺(みむろとじ)

◆宗派
本山修験宗

◆御本尊
千手観世音菩薩

◆所在地
宇治市菟道滋賀谷
京阪宇治線・宇治駅より徒歩14分

◆御詠歌
(西国三十三観音霊場・花山帝御詠歌)
夜もすがら 月を見むろと 分け行けば 宇治の川瀬に 立つは白波

◎「松尾芭蕉の俳句”山吹や 宇治の焙炉の 匂ふ時”」の御朱印
三室戸寺・俳句

◎「浮舟」の御朱印
三室戸寺・浮舟

◎「西国三十三観音霊場・第10番札所」の御詠歌
10三室戸寺

★雑記
西国観音霊場札所、三室戸寺の御朱印・御詠歌です。
約200年前に建立された本堂はもちろんなのですが、この寺院は庭が見事です・・・と書きつつもウソです。参拝当日はなにも咲いていませんでした。あくまで写真を見た限りの印象です。写真を見ただけで実物を見たとイメージできるのは、日頃の妄想力のお陰でしょうか。紫陽花、枯山水と、テーマを持たせた庭が楽しめるようです。本堂には奉納額が数多く掲げられており、信仰の厚さが窺い知れます。それにしても・・・本堂の後ろの山は、大雨でもきたら崩れそうな気がする斜面なのですが・・・。石像の宇賀神像は、一転して新しい様子。ラベルプリンターで名称を貼り付けているのは、少々興醒めしたのでなんとかした方が良いような気がしました。
御朱印は、納経所窓口にていただきました。4種類の見本が、掲示されていました。そう言えば、こちらでは散華をいただけませんでした。キャンペーン期間などがあるのでしょうか?

◎三室戸寺、本堂。
三室戸寺・本堂

◎三室戸寺、本堂の奉納額。
三室戸寺・奉納額

◎三室戸寺、宇賀神石像。
三室戸寺・宇賀神

行願寺@京都

◆山・院・寺号
霊麀山 行願寺(ぎょうがんじ)
通称:革堂(こうどう)

◆宗派
天台宗

◆御本尊
千手観世音菩薩

◆所在地
京都市中京区寺町通竹屋町上ル行願寺門前町

◆御詠歌
花を見て 今は望みも 革堂の 庭の千草も 盛りなるらん

◎「西国三十三観音霊場・第19番札所」の御詠歌
19・行願寺革堂・御詠歌

◎「洛陽三十三観音霊場・第4番札所」の御朱印
4・行願寺

★雑記
革堂として知られる、行願寺の御朱印・御詠歌です。
神仏霊場や2つの観音霊場、さらに七福神巡りも兼ねる寺院です。本堂は土足で上がって良いとの看板を見落とし、普通に靴を脱いで上がったら観光客らしき人にジロジロ見られました。注意力の散漫さが恥ずかしかった・・・。それにしても、本堂に掲げられた額の多いこと多いこと。
御朱印は、本堂脇の御朱印所でいただきました。3人も待機されていて、誰に頼もうか迷いました。

◎行願寺、本堂。
革堂・行願寺

六波羅蜜寺@京都

◆山・院・寺号
補陀洛山 六波羅蜜寺(ろくはらみつじ)

◆宗派
真言宗 智山派

◆御本尊
十一面観世音菩薩

◆所在地
京都市東山区松原通大和大路東入2丁目

◆御詠歌
(寺院御詠歌)
於もくとも 五つの罪は よもあらじ 六波羅堂へ 参る身なれば

◎「西国三十三観音霊場・第17番札所」の御詠歌
17・六波羅蜜寺・御詠歌

◎「洛陽三十三観音霊場・第15番札所」の御朱印
15六波羅

★雑記
西国三十三ヶ所観音霊場札所、六波羅蜜寺の御朱印です。
参拝は何度もしていますが、いつ訪れても人の多い寺院です。日本史の教科書でお馴染みの、空也上人像や平清盛像を見ることができます。一度入れば充分な気がしないでもないですが。本堂の中に入って参拝できるのが良いです。
御朱印や御詠歌は、本堂内にていただきました。西国三十三観音霊場の際には、小さな散華もいただきました。

◎六波羅蜜寺、本堂。
六波羅蜜寺

頂法寺@京都

◆山・院・寺号
紫雲山 頂法寺(ちょうほうじ)
通称:六角堂

◆宗派
天台宗系単立

◆御本尊
如意輪観世音菩薩

◆所在地
京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町

◆御詠歌
(寺院御詠歌)
我が思う 心のうちは 六の角 ただ円かれと 祈るなりけり

◎「西国三十三観音霊場・第18番札所」の御詠歌
18・六角堂・御詠歌

◎「洛陽三十三観音霊場・第1番札所」の御朱印
rokkakudou

★雑記
洛陽三十三観音では、発願寺院である六角堂の御朱印です。

(平成23年8月記)
近隣のビルに見下ろされている窮屈感はありますが、そのビルの窓に映る六角堂も、ちょっとした画になっています。大通りからひとつ入ったところなので、人が多くても静かな境内なのは良いですね。有名な西国三十三観音の札所でもあるので、巡礼用品は結構揃っています。納経所の受付も、複数の書き手役僧がいて混雑はしていませんでした。御詠歌は、知られているのと実際に書かれているのでは、なんだか文字が違いますが・・・なぜ?

◎六角堂、山門。(平成22年11月撮影)
六角堂20101103

◎六角堂、本堂。(平成22年11月撮影)
六角堂20101103_02

◎六角堂、境内。(平成22年11月撮影)
六角堂20101103_03

薬王院@青森

◆山・院・寺号
岩鬼山 叡平寺 薬王院(やくおういん)

◆宗派
天台宗

◆御本尊
薬師如来

◆所在地
弘前市笹森町

◆御詠歌
日に月に 薬師観音 念ずれば 現世安穏 後生極楽

◎「津軽八十八ヶ所霊場:第60番札所」の御朱印
薬王院

★雑記
弘前市の薬王院の御朱印です。
事前になにも調べておらず、しかし地図を見たときに、その寺院名から御本尊が薬師如来だろうと思って、病人の性ってな具合に足を運びました。津軽八十八ヶ所と印にあるのですが、検索にさっぱりヒットせずで活動の有無も含めて詳細はわかりません。お寺の方も、「御朱印は本堂内にあります」と言ったきり奥に引っ込まれたので、聞こうにも聞けない状況でした。
御朱印は、本堂内にて自分で捺しました。

ところでお隣には弘前東照宮があるのですが、こちらは神社としての業務を一切停止していました。社務所の方は、窓は割れてるわトタン屋根は剥がれ落ちてるわで廃墟と化していて、無人と言うか霊的なものでも逆に居そうな雰囲気でした。色々とネットを見たところ、4年前に競売物件として入札にかけられていたみたいです。しかしこの様子だと、落札者が現れなかったと言うことでしょうか・・・。そにしても、規模にもよるけれど、神社の売却基準価格が二千万円ちょいとはね。高いのやら安いのやら。

◎薬王院、山門。
岩鬼山薬王院2

◎薬王院、本堂。
岩鬼山薬王院

◎弘前東照宮、社殿。
弘前東照宮

平等寺@京都

◆山・院・寺号
福聚山 平等寺(びょうどうじ)
通称:因幡薬師、因幡堂

◆宗派
真言宗 智山派

◆御本尊
薬師如来

◆所在地
京都市下京区烏丸松原上ル東入ル因幡堂町

◆御詠歌
(寺院御詠歌)
南無薬師 諸病失除の 願なれば 頼まぬ人も 平等にして
(洛陽三十三観音霊場)
迷いい出て ここは因幡の 東向き 心は西へ 運びぬるかな

◎寺院御詠歌
平等寺因幡堂・御詠歌

◎「京都十二薬師霊場・第1番札所」の御朱印
1因幡薬師

◎「洛陽三十三観音霊場・第27番札所」の御朱印
27

★雑記
日本三如来のひとつ、薬師如来を祀る平等寺・因幡堂の御朱印です。
平等寺よりも、因幡堂とか因幡薬師として知られており、複数の霊場を兼務しています。
御朱印は、本堂内にていただきました。

(平成22年11月6日)
ちょうど薬師像御開帳のときに参拝したので、学生?研究員?のたどたどしく噛みながらの口調でしたが、解説を聞くことが出来ました。御本尊が十一面観世音菩薩の観音堂も参拝できました。”御開帳!”の情報があれば、スッと来られる京都の人が羨ましい限りです。

◎因幡薬師、境内。
因幡薬師

常栄寺@神奈川

◆山・院・寺号
慧雲山 常栄寺(じょうえいじ)
通称:ぼたもち寺(牡丹餅寺)

◆宗派
日蓮宗

◆御本尊
三宝祖師

◆所在地
鎌倉市大町
JR線・鎌倉駅より徒歩5分

◎「牡丹餅の  供養美し  寺縁起」
常栄寺02

◎「これやこの 法難の祖師に 萩の餅 捧げし尼が住みにしところ」
名称未設定-13

★雑記
ぼたもち寺こと、常栄寺の御朱印です。
俳句・・・でしょうか?牡丹餅って春の季語になるのかな?門を入ればすぐ本堂の小さいお寺です。道路からも一本隔てており、住宅地の静かな場所にあります。「時間あるから書きますよ~」と明るい声で、2ページ分の見開き短歌と俳句をを書いていただきました。寺院の御詠歌とは言ってなかったので、また別物でしょうか?いや、そもそも日蓮宗の寺院って、御詠歌ありましたっけか?いずれにしても、サラサラ~ッと書いていただきました。微妙に次のページに入っているのはご愛嬌。後日また参拝に訪れたときは、「本日の御朱印はお休みします」と看板があったので、タイミング次第では御朱印をいただけないこともあるのかもしれません。御首題と合わせて、3種類の御朱印があるようです。
御朱印は、授与所窓口にていただきました。

◎常栄寺、境内。
常栄寺

◎常栄寺、本堂。
ぼたもち寺

◎常栄寺、本堂。
常栄寺1
カテゴリ別アーカイブ
タカツキ
23区を中心に
休日にのみフラフラと
病人なんでノンビリと
御朱印を集印中。
御朱印帳は、派手系好き
時々、絵馬。
ヘッダー写真は、
気分次第でチェンジ。

携帯電話からだと
strikeのタグが
反映されないのか。
う~ん。。。

●今年の状況●
関東三十六不動
(35/36)
関東九十一薬師
(76/91)
関東八十八ヶ所
(60/95)
豊島八十八ヶ所
(87/88)
阿波西国三十三観音・東部
(24/33)
阿波西国三十三観音・西部
(15/33)
四国三十六不動
(17/36)
下総三十三観音
(14/34)
名古屋二十一大師
(7/21)
和歌山西国三十三観音
(13/36)
安房国四十八薬師
(12/48)
知多四国八十八ヶ所
(3/98)
桶狭間十三仏
(7/13)


こっそり御朱印帳メモ

記事検索
メッセージ

こちらからの返信や回答を希望される場合は、返信先も記載してください。

名前
メール
本文
Pilgrimage
平成26年御開帳情報メモ
都道府県別リンク
【千葉県】の掲載一覧
【埼玉県】の掲載一覧
【東京都】の掲載一覧
【神奈川県】の掲載一覧
【愛知県】の掲載一覧
【大阪府】の掲載一覧
【徳島県】の掲載一覧
【香川県】の掲載一覧
【愛媛県】の掲載一覧
【高知県】の掲載一覧
  • ライブドアブログ