マッハ墨朱&絵馬による布陣(仮)~御朱印ブログ~

御朱印と御朱印帳、時々絵馬。メモ代わり兼ひとりでニヤニヤと悦に浸るためだけの場

御朱印

2010年10月から2020年10月までの記録。

金剛寺@東京

◆山・院・寺号
青梅山 無量寿院 金剛寺(こんごうじ)

◆宗派
真言宗 豊山派

◆御本尊
不動明王

◆所在地
青梅市天ヶ瀬町
JR青梅線・青梅駅より徒歩12分

◎「奥多摩新四国八十八ヶ所霊場・第54番札所」の御朱印
54金剛寺

★雑記
奥多摩新四国霊場の札所、金剛寺の御朱印です。
駅から歩いて向かいました。複数の札所が近辺に点在するので、あっちこっち寄り道しながらでした。天気が良かったので、徒歩も特に苦にならずでした。こちらの金剛寺、創立は平将門とのこと。また、境内には、季節が過ぎても黄熟しないで落実まで青さを保った梅の木があって、これが”あおうめ”と呼ばれており、市名の青梅の由来だそうです。へぇ~です。幼稚園も併設されているので、なかなか賑やかな環境でした。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎金剛寺、参道。
54金剛寺0

◎金剛寺、山門。
54金剛寺09

◎金剛寺、本堂。
54金剛寺6

◎金剛寺、奥多摩新四国霊場石仏堂。
54金剛寺2

◎金剛寺、銅鐘。
54金剛寺8

天林寺@静岡

◆山・院・寺号
真徳山 天林寺(てんりんじ)

◆宗派
曹洞宗

◆御本尊
釈迦無尼仏

◆所在地
浜松市中区下池川町
遠州鉄道・八幡駅より徒歩12分

◎「遠江四十九薬師霊場:第23番札所」の御朱印
23遠江薬師・天林寺

★雑記
遠江四十九薬師霊場の札所、天林寺の御朱印です。
立派な山門前に結構な駐車場を構えた、広い境内を持つお寺です。高い場所にあるので、なかなか風通しも良い感じでした。幸い私の参拝時に、晴天に恵まれていたことも、そう感じさせるのかもしれません。御本尊として記載されているのが、釈迦無尼仏でした。無の字なのですね、牟じゃなくて。山門に比べて、本堂はかなり新しい印象を受けました。お参りの人は多かったですが、本堂前は静かなものです。
御朱印は、寺務所にていただきました。

◎天林寺、山門。
23遠江薬師・天林寺5

◎天林寺、本堂。
23遠江薬師・天林寺6

円如寺@千葉

◆山・院・寺号
山王山 円如寺(えんにょじ)

◆宗派
真言宗 智山派

◆御本尊
大日如来

◆所在地
君津市小市部
JR久留里線・久留里駅より徒歩20分

◎「関東八十八ヶ所霊場・第55番札所」の御朱印
55円如寺

★雑記
関東大師霊場の札所、円如寺の御朱印です。
久留里駅から徒歩で向かいました。途中からは森と言うか、山と言うかな光景になるので、目印もなくちょいと迷いそうに。山王山の山号ですが、参道の標柱だと三応山になったいました。ちなみにこちら、上総の七福神めぐりや新上総国33観音霊場、さらには西上総地蔵霊場などの札所にもなっているようです。ま、今のところは他の霊場を回る気がないので、特に情報収集もせずと言ったところ。だからというわけでもないでしょうが、カメラ抱えた参拝者をはじめ、他にもお参りする姿の人を見掛けました。場所が場所だけに、ちょいと意外でした。
御朱印は、授与所窓口にていただきました。

◎円如寺、参道。
55円如寺2

◎円如寺、仁王像。
55円如寺5

◎円如寺、仁王像。
55円如寺4

◎円如寺、本堂。
55円如寺6

◎円如寺、大師堂。
55円如寺0

◎円如寺、境内。
55円如寺8

初馬寺@三重

◆山・院・寺号
馬宝山 蓮光院 初馬寺(はつうまでら)

◆宗派
真言宗 御室派

◆御本尊
馬頭観世音菩薩

◆所在地
津市栄町3丁目
JR・津駅より徒歩3分

初馬寺

★雑記
津市駅からもすぐ、初馬寺の御朱印です。
御朱印にあるように、伊勢西国三十三観音霊場と三重新四国八十八ヶ所霊場の札所になっています。他にも、伊勢の津七福神めぐりにも入っているようです。中心地とも言える駅から近いせいか、境内自体はこじんまりとした規模のものでした。ですが清掃も行き届いており、開放的でもあり、お参りはしやすい空気がそこにはありました。街の中心地とは言え歩いている人自体が少ないので、お参りに訪れる人の姿はありませんでした。もっとも、年始の七福神めぐりの際には、さぞかしにぎわうのかなとも思えました。
御朱印は、授与所窓口にていただきました。

◎初馬寺、境内。
初馬寺0

◎初馬寺、本堂。
初馬寺5

◎初馬寺、水掛魚籃観音像。
初馬寺37

金剛院@徳島

◆山・院・寺号
如意山 金剛院(こんごういん)

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
阿弥陀如来

◆所在地
板野郡板野町矢武鏡松

◎「阿波北嶺二十四薬師霊場・第6番札所」の御朱印
6・金剛院・阿波北嶺6

★雑記
阿波北嶺薬師霊場、金剛院の御朱印です。
八幡神社と境内を同じくしていますが、神社もお寺も大きな本殿本堂を構えています。その間に挟まれた、小さなお堂。それが薬師堂でした。ですがここだけ、赤い幟がたくさん立ち並び、巡礼者を迎えてくれます。ちなみに、金剛院の本堂は、平成10年に新築されたばかりとのことで、まだまだ綺麗な外観をしていました。
本堂前に印だけが置かれていました。インクはかっさかさ。揮毫部分が印刷された専用の納経帳なら、そのまま自分で押せば良いでしょう。自前の納経帳に揮毫を求めるのなら、上板町の金光寺での依頼になります。

◎金剛院、本堂。
6・金剛院4

◎金剛院、薬師堂。
6・金剛院5

遍性寺@埼玉

◆山・院・寺号
安養山 遍性寺(へんしょうじ)

◆宗派
真言宗 智山派

◆御本尊
大日如来

◆所在地
行田市若小玉

◎「忍城下七福神・弁財天」の御朱印
遍性寺・忍七福神

遍性寺・本尊

★雑記
忍城下七福神のお寺、遍性寺の御朱印です。
この日は行田市内の寺社巡りを、レンタサイクルを利用して行いました。中でもこの遍性寺、いやはや遠い・・・。かなりケツが痛い思いをしました。境内の桜は全体的に見れば終わりに近付いていましたが、見る角度によってはまだまだ見事な咲き誇り具合。一眼レフカメラを抱えた人も見掛けたくらいです。駅からも遠いので、穴場っちゃあ穴場ですかね。本堂、そして山門くぐってすぐ左手の弁財天堂、そして観音様に手を合わせてきました。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎遍性寺、山門。
遍性寺1

◎遍性寺、山門。
遍性寺4

◎遍性寺、本堂。
遍性寺42

◎遍性寺、弁財天堂。
遍性寺2

◎遍性寺、境内。
遍性寺7

◎遍性寺、境内。
遍性寺5

霊場メモ@阿波北嶺二十四薬師霊場

平成元年の4月に開創された、割と新しい薬師霊場です。
名称の通り、徳島県の北部に点在する24ヶ寺から構成されています。客番や番外の札所はありません。なお、第9番札所の金泉寺に、霊場の事務局が置かれているとありますが、別の寺院が事務局と書かれてある案内も目にしたことがあり、どこが本当なのかは不明です。
その事務局(霊場会)が出している、専用御朱印帳があります。墨書き部分は印刷で、各寺院で印のみいただいて巡拝するタイプのものです。

阿波北嶺薬師24

【阿波北嶺二十四薬師霊場】
第1番  神宮寺 阿波市土成町
第2番  安楽寺 板野郡上板町
第3番  和泉寺 板野郡上板町
第4番  宝蔵寺 板野郡上板町
第5番  万福寺 板野郡上板町
第6番  金剛院 板野郡板野町
第7番  宝厳寺 板野郡板野町
第8番  東光寺 板野郡藍住町
第9番  金泉寺 板野郡板野町
第10番  妙薬寺 板野郡板野町
第11番  極楽寺 鳴門市大麻町
第12番  吉祥寺 鳴門市大麻町
第13番  成興寺 徳島市応神町
第14番  安楽院 板野郡北島町
第15番  勧薬寺 鳴門市大麻町
第16番  東林院 鳴門市大麻町
第17番  真福寺 鳴門市大津町
第18番  勝福寺 鳴門市大津町
第19番  長谷寺 鳴門市撫養町
第20番  真楽寺 鳴門市大津町
第21番  宝珠寺 鳴門市里浦町
第22番  吉祥寺 鳴門市瀬戸町
第23番  普光寺 鳴門市瀬戸町
第24番  鬼骨寺 鳴門市北灘町

◆結願後、メモ◆
参拝当初は、印をどこへ片付けたのか、バタバタと探しまわったりする納経所の人の姿を見て、あまり認知されていない霊場なのかと正直不安でした。ですが霊場印も揃っているし、全寺院直接揮毫していただけたしで、結願した今思い返してみれば大きなトラブルも無くでした。汎用の御朱印帳で巡礼していたところ、とある寺院で専用の御朱印帳があることを聞かされ、見せていただきました。どうしようかと少し迷いましたが、結局は最後まで汎用御朱印帳で回りました。確かに住職不在率が高い霊場ですので、遠方からだと専用御朱印帳の方が安心かもしれません。もっとも、寺庭を含めて完全に不在というケースも経験しましたので、必ずしも大丈夫とは言えませんが・・・。第11番札所の極楽寺の売店では、専用御朱印帳が割と在庫豊富に置かれているのではないかと思います。
また、第6番札所は無住です。薬師堂の前に、印のみが箱に入れられて置かれています。もし汎用の御朱印帳に揮毫をしていただきたければ、札所で印を捺して近くにある管理寺の金光寺へ向かう必要があります。
四国霊場と同じく、お接待の文化が根付いていると言いますか、飲み物だったりお菓子だったり、色々といただけるのはありがたいことです。

東光寺@東京

◆山・院・寺号
大柳山 東光寺(とうこうじ)

◆宗派
真言宗 豊山派

◆御本尊
地蔵菩薩

◆所在地
青梅市天ヶ瀬町
JR青梅線・青梅駅より徒歩12分

◎「奥多摩新四国八十八ヶ所霊場・第43番札所」の御朱印
43東光寺

★雑記
奥多摩新四国霊場の札所、東光寺の御朱印です。
駅からも近く、迷うことなくお寺へと着けました。赤い本堂の屋根が、澄んだ空に輝いて見えます。往来の激しい青梅街道のそばですが境内は至って静かで、喧騒を感じさせません。実はお参りしたのは、平成29年の12月。どうやらその2年後に新しい本堂が出来たようで、今はえらく様変わりした境内がネットで見られます。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎東光寺、参道。
43東光寺3

◎東光寺、本堂。
43東光寺4

◎東光寺、奥多摩新四国霊場石仏。
43東光寺5

◎東光寺、奥多摩新四国霊場石仏。
43東光寺6

増徳院@神奈川

◆山・院・寺号
海龍山 増徳院(ぞうとくいん)

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
弘法大師

◆所在地
横浜市南区平楽

◎「弘法大師 横浜市内二十一ヶ所霊場・第21番札所」の御朱印
増徳院

★雑記
横浜市内の弘法大師霊場札所、増徳院の御朱印です。
横浜市内二十一ヶ所霊場の巡拝でお参りしてきました。他にも、東国八十八ヶ所霊場や横浜市内三十三観音霊場の札所でもあるようです。霊場札所を示す見慣れた石碑が立っていました。山の上と言いますか、徒歩で行くには結構不便な場所とも言えそうです。だからでしょうか、他に参拝者の姿もなく、の~んびりしたものでした。漠然と、東国88霊場もそのうちに、と考えているので、いずれまた足を運ぶことになるかと思っています。
御朱印は、寺務所にていただきました。

◎増徳院、山門。
増徳院3

◎増徳院、参道。
増徳院7

◎増徳院、本堂。
増徳院00

◎増徳院、観音堂。
増徳院9

行田八幡神社@埼玉

◆名称
行田八幡神社(ぎょうだはちまんじんじゃ)

◆御祭神
誉田別尊(ほむだわけのみこと)
気長足姫尊(おきながたらしひめのみこと)
比売大神(ひめのおおかみ)
大物主神(おおものぬしのかみ)
神素盞鳴尊(かむすさのおのみこと)

◆所在地
行田市行田
秩父鉄道・行田市駅より徒歩7分

◎「大国主神社:忍城下七福神」の御朱印
行田八幡・大国主・七福神

行田八幡・目の神社

行田八幡・h3104

行田八幡神社

◎オリジナル御朱印帳
行田八幡神社・帳

★雑記
封じの宮、西向き八幡こと行田八幡神社の御朱印・御朱印帳です。

(平成23年12月記)
文字通り、虫封じや癌封じの祈祷で有名な神社のようです。参拝当日も、何組かの祈祷以来の人を見かけました。忍城主の崇敬を集めたことで城主八幡と呼ばれたり、社殿の向きから西向き八幡とよばれたり、あるいは御祭神の応神天皇が戌の月の亥の日に生まれ、100歳を越える長寿だったことから、戌亥八幡とも呼ばれたりしていたそうです。その戌と亥の像も、案内板とともに境内にありました。御朱印は、授与所にていただきました。

(平成31年4月記)
久々の参拝です。特になにかしらの行事がある日でもないのに、境内は結構な人の出があり賑やかでした。春だからでしょうか?金ピカの撫で桃なんて、前回あったっけかと思いながらも、撫でて魔除けをば。中国では不老長寿、日本でも魔除けの果実との説明板もありました。

◎行田八幡神社、社殿。(平成23年12月撮影)
行田八幡

◎行田八幡神社、目の神社。(平成31年4月撮影)
行田八幡8

◎行田八幡神社、撫で桃。(平成31年4月撮影)
行田八幡1

◎行田八幡神社、戌亥の像。(平成31年4月撮影)
行田八幡6

霊場メモ@弘法大師横浜市内二十一ヶ所霊場

横浜市内にある、弘法大師ゆかりの21ヶ寺を巡拝する霊場です。
この霊場を回ろうと思った切っ掛けは、”適度な距離”と”適度な範囲”で霊場を探していたとき、偶然その名称がヒットしたから。それに、”横浜”というナウでヤングな街に惹かれたから。えぇ、こちとら田舎者ですから。関東八十八ヶ所霊場もチラッと考えたのですが、範囲の広さに腰が上がらなかったのと、霊場内のゴタゴタが目に付いて&聞いてしまい、なんだかな~と思った次第でして。
さてこの横浜市内弘法大師霊場、巡拝には横浜市史稿の写しを資料としたのですが、それによると明治末頃に設立された霊場とのことです。御朱印をいただくまでを目的にすると、この霊場は思っていたより大変でした。資料は古く、住所を調べ直す作業から始める羽目に。そして実際に巡拝し始めると、山門前や境内に霊場を示す石碑は有れど、お寺の方は霊場の存在をほぼご存じなく・・・。当然ですが、霊場会もまとめ役の寺院も、専用御朱印帳もそして霊場印もほとんどありませんし、新調もされていません。当時の資料も寺院の方には残ってないようです。
ところで、21ヶ寺構成の霊場なので、”なんちゃら八十八ヶ所霊場”の縮小版だと思います。結構札所寺院が被っているので、おそらく新四国東国八十八ヶ所霊場(東国新四国との表記も)が元になっているのでしょう。

【弘法大師 横浜市内二十一ヶ所霊場】
第1番 大聖院 西区元久保町
第2番 延命院(成田山 横浜別院) 西区宮崎町
第3番 願成寺 西区西戸部町3丁目
第4番 東光寺 南区三春台
第5番 東福寺 西区赤門町2丁目
第6番 普門院 南区西中町1丁目
第7番 薬王寺 南区三春台
第8番 蓮華院 南区三春台
第9番 大光寺 南区南太田2丁目
第10番 弘誓院 南区睦町2丁目
第11番 玉泉寺 南区中村町1丁目
第12番 東漸寺 中区大平町
第13番 宝積寺 磯子区上町7丁目
第14番 海照寺 磯子区坂下町4丁目
第15番 大聖院 磯子区東町6丁目
第16番 白滝不動 中区根岸町3丁目
第17番 東福院 中区本牧荒井
第18番 多聞院 中区本牧元町
第19番 千蔵寺 中区本牧元町
第20番 天徳寺 中区和田山
第21番 増徳院 南区平楽

◆結願後、メモ◆
御朱印ブログとして、御朱印に関してメモを。
やはりですが、【弘法大師 横浜市内二十一ヶ所霊場】として全21ヶ寺の御朱印は揃いませんでした。(御朱印自体揃いませんでしたが・・・)お寺の方々でも承知していない霊場なので、それもまた已む無しでしょう。霊場印もほぼありませんでした。幸運にも、気安く”第XX番札所”と一筆書いていただけるお寺もありました。ただ・・・名前は伏せますが、某札所でこんな対応をされたということは、ちょっと長めに愚痴を含めて書き留めておこうと思います。

端的に書けば、完全に人を小馬鹿にしている対応をされたもので。
つまりはいきなり、弘法大師横浜市内二十一ヶ所?はぁ、なにそれ?そんな超マイナーな霊場で回ってくるなよ、ってなもんで初っ端から印象は最低最悪でした。
曰く、『霊場印が残ってないから、そんな霊場の存在は知らんよ』。
曰く、『先代から引き継いでない。うちは関東不動霊場だけ』。
おっしゃることはわかります。だからこそマイナー霊場なのですから。そこで世間話的に、境内の大師堂の前に霊場を示す石碑がありますね~、なんて訊ねてみたら「そんな石碑なんぞは見たこともないわ」と言い放たれました。
えーーー!?ですよ。自分とこの境内なのに、知らないわけないだろうと思いつつ、むしろ参拝者に対して恥ずかし気もなくそんなことを言えてしまう白々しさに、呆れて開いた口が塞がりませんでした。

さらに言われるには、
曰く、『霊場会すら存在しないような集まりを、ウチらは霊場とは認めない』。
・・・認めるとか認めないとか、そういう話でもないでしょうに。実際、弘法大師相模二十一ヶ所霊場や関東九十一薬師霊場、鎌倉三十三ヶ所観音霊場なんかは霊場会なんて無いし、参拝者が年に数人あるいはゼロの年もあるような廃れ気味の霊場ですが、タイミング次第では堂内での参拝や御朱印を愛想良く受け入れてくれますし。

そこからなにやらお坊さんのスイッチが入ったらしく、一方的にやいのやいのと・・・。
曰く、『檀家寺なんかが霊場札所に入ると、法事や葬式やらで対応ができない。そんなのが増えると、霊場が廃れる原因になるしこっちも邪魔で迷惑だ。だから檀家寺が入ってくるような中途半端な霊場に、うちは参加する気が毛頭無いわ』。
それも考え方のひとつでしょうし、言わんとすることもわかります。しかしそれを理由として口に出すなんて、流石にあんまりじゃないかな?もっと言葉を選びましょうよ。そして、「うちは信者寺だから、まったく問題無い。そこいらの檀家寺と一緒にするな」と。そんな上下関係なんぞ知らんがな、ですよ。正直、そろそろ私も嫌気が差していたので、じゃあそちらさんも霊場に入っている新四国東国八十八ヶ所とか、関東三十六不動の檀家寺についてはどうお考えか、と聞こうと思ったら、お坊さんの方が先に口を開きました。
曰く、『関東の不動霊場も、うちは札所を辞めたい。しかし、成田山の本院が霊場を仕切っていて、頼まれたから仕方なく入ってやってるだけ。関東不動霊場なんか年々参拝者が減っている霊場だし、うちは札所を抜けても一向に困らないしむしろ抜けたい』。で、新四国東国霊場は聞くまでも無くご存じなかった様子。後はもう、なんかこちらのストレスが溜まるばかり。ってか、関東不動霊場の札所を抜けたかったの!?よくそんなことを素面で参拝者側に言えちゃうよな。そんなに不満があるなら抜ければ良いじゃないですか。別に霊場会からの脱会とか札所返上は、珍しいことでもありませんからね。
なにやら”霊場”ってのが気に食わないようで、「たとえば、北海道にも新しい不動霊場ができたが、冬の間は巡礼もできないくせに、まったく無駄な物を作ったもんだ。あんなのはな、寺側の自己満足だよ。くだらん集まりを作りおってからに」とか。う~ん、やれやれ。ホント、近畿の不動霊場みたいに札所を抜ければ良いじゃん、と。うん、そんなに不満があるなら、むしろ1日でも早く抜けるべきです。快く巡拝者を受け入れている他寺に対しても駄目でしょうよ。本堂がどれほど立派なものに建て替えられようとも、中にいる人がこんなのではね。

なんて言いますか、お坊さんてのはなんらかの目的を持って巡礼する者を受け止め導く存在かと思っていました。しかし、自分自身の感情を表にむき出しにして、あからさまに不愉快さをこちらに見せ、説法ではなく説教を垂れられると、こちらは俗物ですからカチンときます。
それにしても日頃の鬱憤でしょうか、檀家寺の批判から霊場会への不満まで、私に言われたってどうしようもないでしょうに。当然ながら、自分で文句を言えるはずもないですから、こうして参拝者に当たり散らすのでしょう。むしろこの弘法大師横浜市内二十一ヶ所霊場を結願した今、私が思うのは、その檀家寺の方が良い印象なんですがね。こちらの札所の授与所には複数の人がおられましたが、当たった人の運が悪かったと思うしかないでしょうか。

そんなこんなで、これからもしこの霊場を巡拝する方がいれば、ご注意&気構えを。ま、霊場としてお勧めはしません。”心を鍛える”的な修行ならアリですが、お坊さんの愚痴を聞かされるのを修行とは呼ばないでしょうし。今回は、窓口で対応された人に恵まれなかったと思って納得しておきました。
と言うわけで、俗物なる私のメモ兼愚痴でした。

地蔵院@東京

◆山・院・寺号
宝珠山 地蔵院(じぞういん)

◆宗派
臨済宗 建長寺派

◆御本尊
地蔵菩薩

◆所在地
青梅市畑中2丁目

◎「奥多摩新四国八十八ヶ所霊場・第3番札所」の御朱印
3地蔵院

★雑記
奥多摩新四国霊場の札所、地蔵院の御朱印です。
奥多摩新四国霊場でのお参りでしたが、青梅七福神めぐりで布袋尊を祀っているお寺としても知られているようです。年始はさぞかし混むのでしょうが、時期外れの今はまったく他にお参りに訪れる人もおらずでした。青梅駅からいくつかの札所をお参りしながら歩いてこちらまで来ましたが、ダイレクトだとおよそ30分くらいの距離でしょうか。もっとも、近くの通りを行くバスも見掛けたので、バス利用の方が楽で良いかもしれません。奥多摩新四国霊場の石仏は、山門脇の墓地前にて。青梅七福神の布袋尊も、開扉されていたので拝めました。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎地蔵院、参道。
3地蔵院2

◎地蔵院、山門。
3地蔵院6

◎地蔵院、本堂。
3地蔵院7

◎地蔵院、奥多摩新四国霊場石仏。
3地蔵院4

◎地蔵院、布袋尊。
3地蔵院8

◎地蔵院、布袋尊。
3地蔵院9

和泉寺@徳島

◆山・院・寺号
歴劫山 和泉寺(わせんじ)

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
十一面観世音菩薩

◆所在地
板野郡上板町泉谷字寺ノ下

◎「阿波北嶺二十四薬師霊場・第3番札所」の御朱印
阿波北嶺3

◎「阿波西国三十三観音霊場・第26番札所」の御朱印
26阿波西国33・和泉寺01

★雑記
観音霊場と薬師霊場を兼ねる、和泉寺の御朱印です。
山の方へと入るちょっと手前、ギリギリ平地と言った所にお寺はあります。もっとも、少し上った境内から眺めた周辺は、山と畑のみでした。これぞ田舎の寺院でしょうか。観音霊場と薬師霊場の両札所になっていますが、元々参拝者の少ない霊場ですので、このとき訪れていたのは自分だけでした。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎和泉寺、本堂。
和泉寺

◎和泉寺境内からの眺め。
和泉寺・境内から

青蓮寺@大阪

◆山・院・寺号
吉祥山 青蓮寺(しょうれんじ)

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
大日如来

◆所在地
大阪市天王寺区生玉寺町3

◎「おおさか十三仏・第12番札所」の御朱印
青蓮寺・おおさか十三仏

★雑記
おおさか十三仏霊場、青蓮寺の御朱印です。
駅からも近く、また周辺には学校や幼稚園なんかもあって、良い環境にあるお寺です。あいにくだったのは、曇り空の様子のみといったところ。境内はワシャワシャと緑も多く、のんびりと静かな時間を感じられるお参りになりました。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎青蓮寺、山門。
青蓮寺8

◎青蓮寺、本堂。
青蓮寺0

◎青蓮寺、仏足石。
青蓮寺3

霊場メモ@おおさか十三仏霊場

大阪の十三仏巡りの霊場です。
表記は、”おおさか”となっておりますが、なぜに平仮名なのでしょうかね???

【おおさか十三仏霊場】
第1番 法楽寺 真言宗泉涌寺派 不動明王 大阪市東住吉区山坂
第2番 正圓寺 東寺真言宗 釈迦如来 大阪市阿倍野区松虫通
第3番 家原寺 高野山真言宗 文殊菩薩 堺市西区家原寺
第4番 四天王寺 和宗 普賢菩薩 大阪市天王寺区四天王寺
第5番 常光寺 臨済宗南禅寺派 地蔵菩薩 八尾市本町
第6番 教興寺 真言律宗 弥勒菩薩 八尾市教興寺
第7番 全興寺 高野山真言宗 薬師如来 大阪市平野区平野本町
第8番 太融寺 高野山真言宗 観音菩薩 大阪市北区太融寺
第9番 国分寺 真言宗国分寺派 勢至菩薩 大阪市北区国分寺
第10番 大念仏寺 融通念佛宗 阿弥陀如来 大阪市平野区平野上町
第11番 報恩院 真言宗醍醐派 阿しゅく如来 大阪市中央区高津
第12番 青蓮寺 高野山真言宗 大日如来 大阪市天王寺区生玉寺
第13番 太平寺 曹洞宗 虚空蔵菩薩 大阪市天王寺区夕陽丘

東光寺@徳島

◆山・院・寺号
命壷山 薬師院 東光寺(とうこうじ)

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
薬師如来

◆所在地
板野郡藍住町東中富東傍示

◎「阿波北嶺二十四薬師霊場・第8番札所」の御朱印
8・東光寺・阿波北嶺8

◎「阿波西国三十三観音霊場・第7番札所」の御朱印
阿波西国7・東光寺聖観音

★雑記
東光寺の御朱印です。
こちらは、阿波北嶺薬師霊場と阿波西国観音霊場(東部)の札所になっています。寺院御本尊でもある薬師如来は、壷薬師と通称されているようです。境内のほぼど真ん中に立つ銀杏の木のデカさに圧倒されます。
御朱印は、庫裏にていただきました。

◎東光寺、本堂。
8・東光寺・阿波北嶺87

天沢院@東京

◆山・院・寺号
梅林山 天沢院(てんたくいん)

◆宗派
曹洞宗

◆御本尊
十一面観世音菩薩

◆所在地
青梅市梅郷4丁目

◎「奥多摩新四国八十八ヶ所霊場・第13番札所」の御朱印
13天沢院

★雑記
奥多摩新四国霊場の札所、天沢院の御朱印です。
青梅駅からバスですぐ近くまで行き、お参りとなりました。お寺があるのは梅の公園のほど近くで、特に迷うこともなくでした。さすがに12月なので、梅目当てに来る人はおらず、至って静かなお寺回りの環境でした。参道脇の地蔵菩薩、本堂、そしてワシャワシャした場所に祀られている霊場石仏にお参りをしてきました。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎天沢院、参道。
13天沢院1

◎天沢院、本堂。
13天沢院8

◎天沢院、奥多摩新四国霊場石仏。
13天沢院5

鳩ヶ谷氷川神社@埼玉

◆名称
鳩ヶ谷氷川神社(はとがやひかわじんじゃ)

◆御祭神
須佐之男命(すさのおのみこと)
奇稲田姫(くしいなだひめ)

◆所在地
川口市鳩ヶ谷本町1丁目
埼玉高速鉄道・鳩ヶ谷駅より徒歩3分

鳩ヶ谷氷川神社・r01

鳩ヶ谷氷川神社・r01紺

鳩ヶ谷氷川神社・r01白

氷川神社・鳩ヶ谷2018七夕

氷川神社・鳩ヶ谷201807

氷川神社・鳩ヶ谷

氷川神社・鳩ヶ谷

★雑記
鳩ヶ谷総鎮守、氷川神社の御朱印です。

(2011年12月記)
年中行事の中には、ランドセルお祓いなんてのもあるユニークな神社です。チラホラと参拝者の姿もあるけれど、混雑するといった空気は感じない静かな神社です。御朱印は、授与所にていただきました。御朱印帳が4種類準備されていましたが、神社名の入っていないタイプなので汎用でしょう。

(2015年2月記)
相変わらず、参道鳥居が微妙な角度で建っています。前回はこんなに朱色がキツかったかな、と思いながらくぐり抜けました。参道は、苦にならない程度の勾配で、ただこれでも凍ったら大変だろうな~なんて思いながらお参りに。今日は人っ子一人いない境内で、独占することが出来ました。御朱印に、鳩が加わっていました。

◎鳩ヶ谷氷川神社、参道鳥居。(2015年2月撮影)
氷川神社・鳩ヶ谷9

◎鳩ヶ谷氷川神社、参道鳥居。(2011年12月撮影)
氷川神社・鳩ヶ谷3

◎鳩ヶ谷氷川神社、社殿。(2015年2月撮影)
氷川神社・鳩ヶ谷2

◎鳩ヶ谷氷川神社、御朱印帳の案内。(2011年12月撮影)
御朱印帳・氷川神社サンプル

観音寺@栃木

◆山・院・寺号
大悲山 普門院 観音寺(かんのんじ)
通称:芳賀観音寺

◆宗派
真言宗 智山派

◆御本尊
大日如来

◆御詠歌
御仏の 深き誓いを 訪ね来て 芳や与能と 聞くも嬉しき

◆所在地
芳賀郡芳賀町与能

◎「関東八十八ヶ所霊場・第29番札所」の御朱印
29芳賀観音寺

★雑記
芳賀観音寺こと、観音寺の御朱印です。
宇都宮駅前からバスに乗り、小雨降る中お参りに向かいました。バス停に着いた頃には、やや降り方も激しさを増し、日をミスったな、と。なにしろバス停からは、五行川なる川沿いを歩いて25分くらいかかるようで。途中、雨宿りするような場所もなく、結構寒い思いをしてようようお寺に辿り着けました。こちら、関東88霊場での参拝です。まず、参道正面にあるのはえらく赤い観音堂。この芳賀エリアにも33観音霊場があるようで、その札所を示す柱が立っていました。続いて本堂にてお参り。幸い住職がおられ、本堂内でのお参りも叶いました。また、こちらの霊場では珍しいことに、お茶とお菓子の接待なんかも受けて、雨の中再びバス停まで戻る道へ歩くことが出来ました。
御朱印は、本堂内にていただきました。

◎芳賀観音寺、本堂。
29芳賀観音寺4

◎芳賀観音寺、観音堂。
29芳賀観音寺9

霊場メモ@阿波西国三十三観音霊場・東部

徳島県内にある西国観音霊場の写し、阿波西国三十三観音霊場です。
ちなみにこちらは、東部の写し霊場となります。同一県内に、東部と西部に分かれてまで西国霊場の写し霊場があるなんて、そこまで徳島は観音信仰が深かったのだろうか、とちょっと驚きです。
専用の納経帳、軸、ガイドブック、納め札などは、パンフレットによると第1番の観音寺で手に入るようです。もっとも、私は順不同で回っており、そのことを後で知ったぐらいなので専用納経帳などは持っていません。あと阿波西国霊場会の事務所が、第4番の光徳寺と書かれていたり第10番の福成寺と書かれていたりで、単なる変更か持ち回りか、直近ではどちらに置かれているのかいずれも未参拝の寺院なので不明です。

【阿波西国三十三観音霊場】
第01番 観音寺 高野山真言宗 徳島市勢見町
第02番 善福寺 真言宗御室派 徳島市寺町
第03番 福蔵寺 真言宗大覚寺派 徳島県徳島市佐古二番町
第04番 光徳寺 真言宗大覚寺派 徳島県徳島市不動東町
第05番 千光寺 高野山真言宗 徳島県板野郡藍住町徳命
第06番 観音院 高野山真言宗 徳島県板野郡藍住町奥野
第07番 東光寺 高野山真言宗 板野郡藍住町東中富
第08番 法音寺 高野山真言宗 徳島県板野郡藍住町乙瀬乾
第09番 見性寺 臨済宗妙心寺派 徳島県板野郡藍住町勝瑞
第10番 福成寺 高野山真言宗 板野郡藍住町住吉
第11番 天光寺 真言宗大覚寺派 徳島県徳島市応神町古川
第12番 恵勝寺 臨済宗妙心寺派 徳島県徳島市川内町中島
第13番 正因寺 臨済宗妙心寺派 鳴門市大津町大幸
第14番 長谷寺 高野山真言宗 鳴門市撫養町木津
第15番 光徳寺 浄土宗 鳴門市撫養町小桑島字前組
第16番 斎田寺 高野山真言宗 徳島県鳴門市撫養町黒崎
第17番 法勝寺 浄土宗 鳴門市鳴門町三ツ石
第18番 昌住寺 西山浄土宗 徳島県鳴門市鳴門町高島
第19番 普光寺 高野山真言宗 徳島県鳴門市瀬戸町北泊
第20番 勧薬寺 高野山真言宗 鳴門市大麻町市場
第21番 極楽寺 高野山真言宗 鳴門市大麻町桧担ノ上
第22番 妙薬寺 高野山真言宗 徳島県板野郡板野町川端
第23番 金泉寺 高野山真言宗 板野郡板野町大寺
第24番 地蔵寺 真言宗御室派 徳島県板野郡板野町羅漢林東
第25番 大山寺 真言宗醍醐派 徳島県板野郡上板町神宅
第26番 和泉寺 高野山真言宗 板野郡上板町泉谷
第27番 熊谷寺 高野山真言宗 徳島県阿波市土成町土成前田
第28番 切幡寺 高野山真言宗 徳島県阿波市市場町切幡観音
第29番 報恩寺 真言宗御室派 徳島県吉野川市鴨島町飯尾
第30番 玉林寺 臨済宗妙心寺派 徳島県吉野川市鴨島町山路
第31番 徳蔵寺 高野山真言宗 徳島県名西郡石井町石井2778-1
第32番 観音寺 高野山真言宗 徳島市国府町観音寺
第33番 井戸寺 真言宗善通寺派 徳島市国府町井戸

◆参拝中、メモ◆
少しずつ回り中。やはり四国八十八ヶ所霊場とは違い、マイナーなので参拝者は少ないとのこと。しかしポスターもあるし、意外と住職不在率も低く、御朱印の空振りは今のところ数える程度です。さすがに歩いて回るには、キツイ範囲でしょう。

大長寺@埼玉

◆山・院・寺号
亀通山 行田院 大長寺(だいちょうじ)

◆宗派
浄土宗

◆御本尊
釈迦如来三尊仏

◆所在地
行田市行田
秩父鉄道・行田市駅より徒歩5分

◎「忍城下七福神・毘沙門天」の御朱印
大長院・七福神

大長寺

★雑記
山門すぐのところに大仏様が祀られている、大長寺の御朱印です。

(2011年12月記)
道路からも見えるこの大仏様、名前もそのまま大長寺大仏と呼ばれており、身の丈3.6メートル、重量6.7トンもあります。元々、享保年間に建立された大仏が大戦で供出され、平成8年に復元されたものだそうです。禅定印を見てわかる通り、浄土宗の御本尊の阿弥陀様です。ご住職も寺庭さんもえらく明るく親切な方で、私が初・行田と知ると、あれやこれやと観光名所のパンフを差し出してくれました。どこかへ出掛ける前の様子でしたのに、感謝感謝です。また訪れたい寺院です。御朱印は、棟方志功でしょうかね。

(2019年4月記)
駅からレンタサイクルを長々と漕いでお参りしてきました。力を入れて漕ぐと、汗が噴き出すような、そんな気候でした。あと、結構距離があったので尻が痛い。前回、閻魔様ってこんなに色がハッキリしてたっけ?などと思いながら、法事らしき中の本堂を外からお参りして、小振りな毘沙門様と逆に大きな大仏様に手を合わせて、寺務所にて御朱印をいただいてきました。金色でした。

◎大長寺、大長寺大仏。(2011年12月撮影)
大長寺・大仏

◎大長寺、本堂。(2019年4月撮影)
大長院・七福神4

◎大長寺、毘沙門天像。(2019年4月撮影)
大長院・七福神7

◎大長寺、閻魔大王像。(2019年4月撮影)
大長院・七福神5

法金剛院@京都

◆山・院・寺号
五位山 法金剛院(ほうこんごういん)

◆宗派
律宗

◆御本尊
阿弥陀如来

◆所在地
京都市右京区花園扇野町
JR嵯峨野線・花園駅より徒歩3分

◎「関西花の寺25ヶ所・第13番札所」の御朱印。
13法金剛院・関西花の寺01

法金剛院・関西花の寺02

★雑記
蓮の寺として知られる、法金剛院の御朱印です。
見事と言うか、ここまでか!?と言うほど境内は蓮だらけでした。鉢にも池にも、どこもかしこも蓮蓮蓮・・・。咲いているのは時間的にちょいちょいで、それは何とももっと早い時間に来るべきだったと後悔でした。もちろん、重要文化財の阿弥陀如来像や十一面四手観音像も見事なのは言うまでもありません。他の参拝者は本堂まで来なかったので、独占して空気に浸ることができました。その御本尊は、京都十三仏霊場の札所御本尊にもなっています。
御朱印は、拝観受付で御朱印帳を預けて帰りに受け取る流れでした。

◎法金剛院、境内。
法金剛院

梅岩寺@東京

◆山・院・寺号
龍光山 梅岩寺(ばいがんじ)

◆宗派
真言宗 豊山派

◆御本尊
虚空蔵菩薩

◆所在地
青梅市仲町
JR青梅線・青梅駅より徒歩5分

◎「奥多摩新四国八十八ヶ所霊場・第70番札所」の御朱印
70梅岩寺

★雑記
奥多摩新四国霊場の札所、梅岩寺の御朱印です。
駅から歩いてすぐ、線路をまたいで少しだけ坂を上って境内へ。本堂がドン!ってな具合のお寺です。樹齢150年、青梅市の天然記念物になっている桜で知られるようですが、あいにくと参拝時は桜の時期ではなく偲ぶのみでした。奥多摩新四国霊場の石仏は、本堂隣の見慣れた小堂にて。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎梅岩寺、参道。
70梅岩寺7

◎梅岩寺、本堂。
70梅岩寺8

◎梅岩寺、奥多摩新四国霊場石仏。
70梅岩寺98

◎梅岩寺、奥多摩新四国霊場石仏。
70梅岩寺2

報国寺@神奈川

◆山・院・寺号
功臣山 報国寺(ほうこくじ)

◆宗派
臨済宗 建長寺派

◆御本尊
釈迦如来

◆所在地
鎌倉市浄明寺2丁目

◎「鎌倉三十三観音霊場・第10番札所」の御朱印
10・報国寺

◎「鎌倉十三仏霊場・第8番札所」の御朱印
8報国寺・鎌倉13仏

★雑記
禅寺ですので、正式名称は報国禅寺と言うそうです。
また”竹寺”と呼ばれるほど、裏庭の竹林が有名になっています。そちらは有料エリアになりますが、抹茶のサービスも付いてきます。他にも、鎌倉十三仏巡りや東国花の寺百ヶ所霊場の札所にもなっています。
御朱印は、本堂脇の拝観受付窓口にていただきました。

◎報国寺、山門。
報国寺0

◎報国寺、本堂。
報国寺2

◎報国寺、境内。
報国寺

◎報国寺、竹林。
報国寺3

霊場メモ@鎌倉十三仏巡り

鎌倉市内にある、13の寺院・13の仏を参る十三仏巡りの霊場です。
十三仏巡りは追善供養なので、観光気分で参る霊場じゃないとはわかっていますが、そこはまぁ置いといて。鎌倉自体がバスの便も整っているし、各寺院もバス停からも近いしで、寄り道しなければ一日で回れます。以前は表紙に月の写真が入り、デカデカと”13”と書かれたノートタイプの専用御朱印帳があったようですが、私が明王院を訪れたときにはありませんでした。各寺院から紙質が悪評だらけだったとのネット情報を見たので、追加で作られなかったのでしょうか。また明王院のサイトではそれとは別に、経本のような縦長で蛇腹タイプの専用御朱印帳が紹介されています。これまた私の参拝時には、置いてありませんでしたので新しいものなのでしょう。

【鎌倉十三仏巡り】
第1番 明王院 真言宗御室派 不動明王 鎌倉市十二所
第2番 浄妙寺 臨済宗建長寺派 釈迦如来 鎌倉市浄明寺
第3番 本覚寺 日蓮宗 文殊菩薩 鎌倉市小町
第4番 寿福寺 臨済宗建長寺派 普賢菩薩 鎌倉市扇ヶ谷
第5番 円応寺 臨済宗建長寺派 地蔵菩薩 鎌倉市山ノ内
第6番 浄智寺 臨済宗円覚寺派 弥勒菩薩 鎌倉市山ノ内
第7番 海蔵寺 臨済宗建長寺派 薬師如来 鎌倉市扇ヶ谷
第8番 報国寺 臨済宗建長寺派 観世音菩薩 鎌倉市浄明寺
第9番 浄光明寺 真言宗泉涌寺派 勢至菩薩 鎌倉市扇ヶ谷
第10番 来迎寺 時宗 阿弥陀如来 鎌倉市西御門
第11番 覚園寺 真言宗泉涌寺派 阿閦如来 鎌倉市二階堂
第12番 極楽寺 真言律宗 大日如来 鎌倉市極楽寺
第13番 成就院 真言宗大覚寺派 虚空蔵菩薩 鎌倉市極楽寺

結願後、メモ
鎌倉には他にも、観音霊場・地蔵霊場・弘法大師霊場(相模・東国)・七福神巡りなどがあり、どの寺院も他になんらかの札所を兼ねているので、御朱印対応はどこも非常に手慣れたものでした。参拝時に不在で御朱印をいただけないといったケースもなく、全寺スムーズなもの。ただし、仏像の直接拝観は、なかなか・・・。一部、拝観が有料の寺院もありますが、べらぼうな値段のわけでもなく一般的以下な金額です。後で御朱印帳を見返してみたら、中央の種字印のデザインは(ほぼ)統一されているようですね。

龗神社@青森

◆名称
法霊山 龗神社(おがみじんじゃ)

◆御祭神
高龗神(たかおかみのかみ)
法霊大明神(ほうりょうだいみょうじん)

◆所在地
八戸市内丸2丁目1
JR八戸線・本八戸駅より徒歩3分

おがみ神社

★雑記
青森県八戸市、龗神社の御朱印です。
龗神社で、おがみじんじゃと読むのですね。普通に打っても出てこない漢字です。また、法霊山という山号を残しているのも珍しいです。他だと、埼玉県のところしかパッと思い浮かばないです。この山号、かつて命をかけて雨乞いの祈願を行った法霊なる高い徳を持った修験者の名前に由来するそう。駅から近いし、駅と繁華街の間に鎮座しているので、チラホラとお参りする人の姿も見られました。参道は木々の日陰になっており、ちょっとヒンヤリした感じがまた良い具合でした。
御朱印は、授与所にていただきました。

◎龗神社、参道。
おがみ神社3

◎龗神社、社殿。
おがみ神社7

◎龗神社、社殿。
おがみ神社9

草戸稲荷神社@広島

◆名称
草戸稲荷神社(くさどいなりじんじゃ)

◆御祭神
保食神(うけもちのかみ)
宇加之魂神(うかのみたまのかみ)
大己貴神(おおなむちのかみ)

◆所在地
福山市草戸町
JR山陽本線・福山駅よりバス+草戸大橋バス停より徒歩15分

草戸稲荷神社

★雑記
福山市の草戸稲荷神社の御朱印です。
こちらは日本三稲荷とも、五大稲荷とも言われています。福山駅前の観光案内所で聞くと、最寄りバス停として明王院前バス停があるそうですが、あいにく本数が劇的に少なくて。草戸大橋バス停から、川沿いをエッチラオッチラと歩いて向かいました。平日とは言え、流石にまだまだ年明け早々といった日。隣接する明王院と共に、人の出はとても多かったです。あちこちから煙が漂う境内。やや煙いと思いつつも、風物詩みたいなものかと思いつつ、境内に入るよりも先に参道を逆走して川向かいから写真を。見れば見るほど、変わった社殿です。朱色のキツさは、稲荷神社っぽいですが。出っ張った社殿には、上ることが出来るので階段をヒーヒー言いながら。特にランドマーク的な建物がないのですが、逆にそのために眺めは良いですね。下に降りてきて見上げると、先ほど展望していた場所は、本当に下がなにもないことを見て、ちょいと怖い感じが後からきました。境内には八幡神社もあるので、お参りをしてきました。
御朱印は、授与所にていただきました。

◎草戸稲荷神社、参道。
草戸稲荷神社1

◎草戸稲荷神社、参道。
草戸稲荷神社2

◎草戸稲荷神社、社頭。
草戸稲荷神社38

◎草戸稲荷神社、境内。
草戸稲荷神社3

◎草戸稲荷神社、境内。
草戸稲荷神社7

◎草戸稲荷神社、社殿。
草戸稲荷神社31

◎草戸稲荷神社、八幡神社。
草戸稲荷神社4

志度寺@香川

◆山・院・寺号
補陀洛山 清浄光院 志度寺(しどじ)

◆宗派
真言宗 善通寺派

◆御本尊
十一面観世音菩薩

◆御詠歌
いざさらば 今宵はここに 志度の寺 祈りの声を 耳に触れつつ

◆所在地
さぬき市志度
JR高徳線・志度駅より徒歩7分

◎「閻魔大王」の納経印(2018年6月参拝)
86志度寺・201806閻魔

◎「四国八十八ヶ所霊場・第86番札所」の納経印(2018年6月参拝)
86志度寺・201806

◎「四国八十八ヶ所霊場・第86番札所」の納経印(2013年1月参拝)
86志度寺・2013-02

◎「四国八十八ヶ所霊場・第86番札所」の納経印(2013年1月参拝)
86志度寺・2013-01

◎「四国八十八ヶ所霊場・第86番札所」の納経印(1998年頃参拝)
86

◎オリジナル御朱印帳
志度寺・帳

★雑記
四国八十八ヶ所、第86番札所・志度寺の納経印です。

(2013年1月記)
志度寺で初めて御朱印をいただいたのは、1998年頃の参拝でした。もっとも、その頃の写真や日記なんて無いし、当時の境内の様子やそのときなにを感じてどんなものに触れたのか、まったく記憶の彼方です。ま、それも良いってことですよ。御朱印は、各種お守り等の授与所兼納経所でいただきました。オリジナルの御朱印帳は、掲載した紺色の他に橙色がありました。

(2018年6月記)
5年半振りのお参りとなりました。団体ツアーも乗り込んできて、境内は結構賑やかな状況でした。前回とえらく変わったと感じたのは、まぁ見たまんまなのですが、境内にワシャワシャと緑があふれていたこと。別のお寺じゃないか!、ってくらいの環境の変化でした。山門くぐってすぐに見えていた本堂が、まったく見通せないくらいの木というか草というかでして。閻魔大王の御朱印(納経印)が御影付きで授与と案内されていたので、先にお参りすることにしました。閻魔堂の案内は、琰魔堂の文字が当てられた看板となっていました。ちなみに、立っている幟の文字は十一面閻魔大士でした。本来、閻魔大王は地蔵菩薩の化身とされていますが、こちらの志度寺では御本尊である十一面観世音菩薩と同体とされているので、この表記になっているそうです。

◎志度寺、山門と五重塔。(2013年1月撮影)
志度寺

◎志度寺、本堂。(2013年1月撮影)
86志度寺・20132

◎志度寺、大師堂。(2013年1月撮影)
86志度寺・20130

◎志度寺、閻魔堂。(2013年1月撮影)
86志度寺・20131

◎志度寺、参道。(2018年6月撮影)
86志度寺・2018067

◎志度寺、山門。(2018年6月撮影)
86志度寺・201806_1773

◎志度寺、本堂。(2018年6月撮影)
86志度寺・2018062

◎志度寺、大師堂。(2018年6月撮影)
86志度寺・201806_1777

◎志度寺、閻魔堂。(2018年6月撮影)
86志度寺・201806_1780

◎志度寺、奪衣婆堂。(2018年6月撮影)
86志度寺・201806_1786

◎志度寺、奪衣婆堂。(2018年6月撮影)
86志度寺・2018065

霊場メモ@四国八十八ヶ所霊場

言わずと知れた、日本一有名な霊場です。
徳島出身者としては、お遍路姿で街を行く人も見慣れたものです。
ここで記載してある奥之院等は、”自称”や奥の院と”言われている”といったレベルの寺院も含んでいます。そのくらいのあやふやさがあるので、名称も他サイトと異なる場合もあります点はご注意を。

四国八十八ヶ所

【四国八十八ヶ所霊場】
第1番 霊山寺 鳴門市大麻町板東奥之院:東林院)(前札所・談議所:十輪寺
第2番 極楽寺 鳴門市大麻町檜
第3番 金泉寺 板野郡板野町大寺奥之院:愛染院)(奥之院:宝国寺)
第4番 大日寺 板野郡板野町黒谷
第5番 地蔵寺 板野郡板野町(奥之院:五百羅漢堂
第6番 安楽寺 板野郡上板町引野(奥之院:黒岩権現堂)
第7番 十楽寺 阿波市土成町高尾
第8番 熊谷寺 阿波市土成町土成前田
第9番 法輪寺 阿波市土成町土成
第10番 切幡寺 阿波市市場町切幡(奥之院:八祖大師堂)
第11番 藤井寺 吉野川市鴨島町飯尾(奥之院:大日如来石祠)
第12番 焼山寺 名西郡神山町下分(奥之院:蔵王権現堂)
第13番 大日寺 徳島市一宮町西丁(奥之院:建治寺)(奥之院?:国中寺
第14番 常楽寺 徳島市国府町延命奥之院:慈眼寺
第15番 国分寺 徳島市国府町矢野
第16番 観音寺 徳島市国府町観音寺
第17番 井戸寺 徳島市国府町井戸
第18番 恩山寺 小松島市田野町恩山寺谷(奥之院:金磯弁財天
第19番 立江寺 小松島市立江町字若松奥之院:清水寺)(奥之院?:取星寺)(奥之院?:星の岩屋)
第20番 鶴林寺 勝浦郡勝浦町生名(奥之院:慈眼寺
第21番 太龍寺 阿南市加茂町龍山奥之院:舎心ヶ嶽
第22番 平等寺 阿南市新野町秋山(奥之院:月夜御水庵)(奥之院:弥谷観音堂)
第23番 薬王寺 海部郡美波町奥河内(奥之院:泰仙寺)
第24番 最御崎寺 室戸市室戸岬町(奥之院:一夜建立岩屋)
第25番 津照寺 室戸市室津
第26番 金剛頂寺 室戸市元乙
第27番 神峯寺 安芸郡安田町唐浜
第28番 大日寺 香南市野市町母代寺(奥之院:爪彫薬師堂)
第29番 国分寺 南国市国分(奥之院:毘沙門堂)
第30番 善楽寺 高知市一宮(奥之院:安楽寺)
第31番 竹林寺 高知市五台山奥之院:船岡不動堂
第32番 禅師峰寺 南国市十市(奥之院:薬師寺)
第33番 雪蹊寺 高知市長浜奥之院:中谷堂
第34番 種間寺 高知市春野町秋山(奥之院:本尾寺)
第35番 清滝寺 土佐市高岡町清滝丁 (奥之院:閼伽井の水場)
第36番 青龍寺 土佐市宇佐町竜(奥之院:波切不動堂)
第37番 岩本寺 高岡郡四万十町茂串町 (奥之院:矢負地蔵堂)
第38番 金剛福寺 土佐清水市足摺岬(前札所:真念庵)
第39番 延光寺 宿毛市平田町中山
第40番 観自在寺 南宇和郡愛南町御荘平城 (奥之院:龍光院)
第41番 龍光寺 宇和島市三間町大字戸雁
第42番 仏木寺 宇和島市三間町宇則
第43番 明石寺 西予市宇和町明石
第44番 大宝寺 上浮穴郡久万高原町菅生
第45番 岩屋寺 上浮穴郡久万高原町七鳥(奥之院:白山行場)
第46番 浄瑠璃寺 松山市浄瑠璃町
第47番 八坂寺 松山市浄瑠璃町八坂
第48番 西林寺 松山市南高井町(奥之院:杖の渕
第49番 浄土寺 松山市鷹子町(奥之院:牛の峰地蔵堂)
第50番 繁多寺 松山市畑寺町
第51番 石手寺 松山市石手2丁目奥之院:石鉄寺
第52番 太山寺 松山市太山寺町(奥之院:経ヶ森)
第53番 円明寺 松山市和気町(奥之院:円明寺観音堂)
第54番 延命寺 今治市阿方甲(奥之院:円明寺)
第55番 南光坊 今治市別宮町
第56番 泰山寺 今治市小泉1丁目(奥之院:龍泉寺
第57番 栄福寺 今治市玉川町八幡甲
第58番 仙遊寺 今治市玉川町別所甲
第59番 国分寺 今治市国分4丁目
第60番 横峰寺 西条市小松町石鎚甲(前札所:清楽寺)(前札所:妙雲寺)(奥之院:星ヶ森石鉄権現)
第61番 香園寺 西条市小松町南川甲奥之院:白瀧不動
第62番 宝寿寺 西条市小松町新屋敷甲
第63番 吉祥寺 西条市氷見乙
第64番 前神寺 西条市洲之内甲(奥之院:石鉄権現・奥前神寺)
第65番 三角寺 四国中央市金田町三角寺甲奥之院:仙龍寺
第66番 雲辺寺 三好市池田町白地(奥之院:萩原寺)(奥之院:長福寺)
第67番 大興寺 三豊市山本町辻
第68番 神恵院 観音寺市八幡町1丁目
第69番 観音寺 観音寺市八幡町1丁目
第70番 本山寺 三豊市豊中町本山甲(奥之院:妙音寺)
第71番 弥谷寺 三豊市三野町大見乙(奥之院:獅子の岩屋)
第72番 曼荼羅寺 善通寺市吉原町
第73番 出釈迦寺 善通寺市吉原町(奥之院:捨身ヶ嶽霊跡)
第74番 甲山寺 善通寺市弘田町
第75番 善通寺 善通寺市善通寺町奥之院?:海岸寺
第76番 金倉寺 善通寺市金蔵町
第77番 道隆寺 仲多度郡多度津町
第78番 郷照寺 綾歌郡宇多津町
第79番 天皇寺 坂出市西庄町八十場(奥之院:摩尼珠院)(奥之院:瑠璃光寺)
第80番 国分寺 高松市国分寺町国分
第81番 白峯寺 坂出市青海町(奥之院:毘沙門堂)
第82番 根香寺 高松市中山町(奥之院:鷲峰寺)
第83番 一宮寺 高松市一宮町
第84番 屋島寺 高松市屋島東町
第85番 八栗寺 高松市牟礼町牟礼(前札所:洲崎寺)
第86番 志度寺 さぬき市志度奥之院:地蔵寺
第87番 長尾寺 さぬき市長尾西 (奥之院:玉泉寺)
第88番 大窪寺 さぬき市多和兼割(奥之院:胎蔵峯寺)(前札所:西教寺)
四国霊場 総奥之院(大瀧寺)(与田寺

神峰神社@茨城

◆名称
神峰神社(かみねじんじゃ)

◆御祭神
伊邪那岐命(いざなぎのみこと)
伊邪那美命(いざなみのみこと)
熊野櫲樟日命(くまぬのくすひみこと)

◆所在地
日立市宮田町5丁目1
JR常磐線・日立駅よりバス+神峰公園口バス停より徒歩1分

神峰神社・稲荷

神峰神社

★雑記
日立の神峰神社の御朱印です。
構内から水平線が見える日立駅でしばし風景を堪能した後、バスで神社に向かいました。街なかはシャッターの閉まっているお店が多かったものの、車の往来は結構ありました。バス停ですでに、鳥居が目に入ります。参道途中に愛宕神社、そして狛犬・・・ではなく、獅子の像。対になってはおらず1体だけですが、どっしりした体躯をした像です。昭和13年に奉納されたもので、魔除けや無病息災の御神徳があるそうな。撫で牛のように、撫でて良いそうです。日陰があるようでなく、結構暑かった記憶があります。神峰神社と並んで稲荷神社もあり、ズングリと言うかムッキムキと言うかな厳つい狐が迎えてくれました。
御朱印は、授与所にていただきました。

◎神峰神社、境内。
神峰神社9

◎神峰神社、社殿。
神峰神社08

◎神峰神社、獅子像。
神峰神社8

◎神峰神社、境内稲荷神社。
神峰神社1

武蔵第六天神社@埼玉

◆名称
武蔵第六天神社(むさしだいろくてんじんじゃ)

◆御祭神
面足尊(おもたるのみこと)
吾屋惶根尊(あやかしこねのみこと)

◆所在地
さいたま市岩槻区大戸
東武野田線・岩槻駅よりバス+巻の上バス停より徒歩15分

武蔵第六天

◎武蔵第六天神社オリジナル御朱印帳
武蔵第六天・帳面

★雑記
武蔵第六天神社の御朱印と御朱印帳です。
バス停は境内と川を挟んで対岸にあるので、末田須賀堰をぐるりと回り、川沿いをトボトボと歩いて神社へと向かいました。夕刻に近い時間帯でしたが、釣り人の姿もチラホラと見られました。昔の人は、坂東観音霊場の札所である慈恩寺や日光の廟所にお参りする際に、道行こちらの神社にもお参りをしたそうです。意外に歴史のある神社のようです。境内に着く頃には、西日が眩しく感じられるほど。この時間帯でも、お参りする人の姿はありました。ジャリジャリと音を立てる砂利の境内。天狗がデザインされた品が複数目についたので、この先天狗推し?でいくのでしょうか。
御朱印と御朱印帳は、授与所にていただきました。

◎武蔵第六天神社、境内。
武蔵第六天19

◎武蔵第六天神社、境内。
武蔵第六天4

◎武蔵第六天神社、社殿。
武蔵第六天14

◎末田須賀堰。
武蔵第六天2

◎末田須賀堰。
武蔵第六天9

大福田寺@三重

◆山・院・寺号
神宝山 法皇院 大福田寺(だいふくでんじ)

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
阿弥陀如来

◆所在地
桑名市東方
JR関西本線、近鉄名古屋線・桑名駅より徒歩6分

◎「伊勢七福神」の御朱印
大福田寺・大黒天

◎「三重新四国八十八ヶ所霊場・第1番札所」の御朱印
大福田寺・阿弥陀

★雑記
桑名聖天こと、大福田寺の御朱印です。
桑名の駅からも近く、初めてお参りするお寺ですが迷わず辿り着けました。奈良の生駒聖天、浅草の待乳山聖天、そしてここ桑名聖天で日本三聖天と呼ばれているそうです。山門くぐって正面に本堂、左手に鳥居が見えたので鎮守社かと思ったら、そちらは弁天堂とのこと。まずは本堂でお参りを。こちら、伊勢西国三十三観音霊場や、三重四国八十八ヶ所霊場の札所、そして伊勢七福神巡りでは大黒天を祀るお寺として知られています。堂内に入ってお参り出来るのも良いものです。境内の真ん中にはドンと大樹!あいにく葉はありませんが、ひと際立派に主張する木でした。
御朱印は、庫裡にていただきました。山門前でゴソゴソとデジカメを取り出していたときに、住職らしき人が乗った車が出て行ったので、もしやと思ったらまさにそうだったみたいで。御朱印は住職のみが書けるとかで、書き置きとなりました。後で気付いたのですが、揮毫は違うもののどちらも伊勢七福神巡りの印でした。

◎大福田寺、山門。
大福田寺6

◎大福田寺、本堂。
大福田寺2

◎大福田寺、弁天堂。
大福田寺4

◎大福田寺、境内。
大福田寺63

宝珠院@東京

◆山・院・寺号
御幡山 建長寺 宝珠院(ほうしゅいん)

◆宗派
真言宗 智山派

◆御本尊
阿弥陀如来

◆所在地
大田区仲六郷4丁目34
京急本線・六郷土手駅より徒歩7分

◎「玉川八十八ヶ所霊場・第85番札所」の御朱印
85宝珠院

★雑記
弘法大師玉川霊場札所、宝珠院の御朱印です。
こちら、東海三十三観音霊場の札所でもあるそうです。六郷土手駅と雑色駅の真ん中、やや六郷土手駅の方に近いのかなと思い、そちらから歩いてお参りに向かいました。赤門寺とも呼ばれているのは、山門の朱色からきているよう。確かに赤いですね。扉は開いていましたが、そもそも横に壁がないのでスイ~ッと境内に入ることが出来ます。第一京浜と京急本線に挟まれる形で境内を構えていることもあって、なかなかに静かな環境とは言い難い様相も仕方なしといったところでしょう。境内には、南国的な植物が植えられていました。
御朱印は、庫裏にていただきました。達筆です。

◎宝珠院、山門(赤門)。
85宝珠院4

◎宝珠院、本堂。
85宝珠院5

高麗神社@埼玉

◆名称
高麗神社(こまじんじゃ)

◆御祭神
高麗王若光(こまのこきしじゃっこう)

◆所在地
日高市新堀833
JR八高線、川越線・高麗川駅より徒歩20分

◎「高麗神社末社 水天宮」の御朱印
高麗神社・高麗水天宮

◎「高麗神社:6月」の御朱印
高麗神社

★雑記
日高市の高麗神社の御朱印です。
お参りするのは三度目ですが、御朱印はこの日が初でした。駅から意外と歩くこともあってか、車で参りに来る人が多い印象です。駐車スペースの空きを待っている列も、出来ているくらいでしたから。さてこちら、その性質上、少々異国感漂う境内になっています。名前からしてそうですからね。あいにくと、社殿は工事中でした。末社の水天宮までは行けるようでしたからお参りに。少々の山登りを10分程度、割と傾斜があってスイスイとは行かない道のりでした。もちろん、安徳天皇が御祭神です。
御朱印は、社務所にていただきました。花の印が毎月押されるとのことです。

◎高麗神社、参道。
高麗神社3

◎高麗神社、境内。
高麗神社5

◎末社 水天宮、参道。
高麗神社8

◎末社 水天宮、社殿。
高麗神社0

霊場メモ@玉川八十八ヶ所霊場

多摩川を挟んだ、東京・神奈川エリアに点在する寺院から成る霊場です。
ですが、霊場名の表記は”玉川”となります。この玉川八十八ヶ所霊場、派は異なりますがすべて真言宗の全88ヶ寺から成り、特番や客番あるいは番外といった札所は設けられていないようです。地図を見る限り、ハッキリ言って札所の番号通りに回るのは難しい(と言うより面倒)です。ただ、複数の寺院が固まっているエリアが多いので、一度に数ヶ寺を回ることができサクサク進んだ印象が残っています。
同じ弘法大師霊場である御府内八十八ヶ所霊場と比べて、玉川八十八ヶ所霊場の札所寺院は、本堂や各諸堂など”お寺”としての体裁を保っている境内を持った寺院が多い印象です。ですから参拝自体は飽きずに、興味を持って続くでしょう。これは御府内八十八ヶ所霊場と、玉川八十八ヶ所霊場の両霊場を兼務している寺院の御住職も話されていました。そういう意味では、四国霊場に近い雰囲気を味わえる、とでも言えましょうか。

玉川88・帳

【玉川八十八ヶ所霊場】
第01番 金剛山 平間寺 弘法大師 川崎市川崎区大師町
第02番 大島山 真観寺 聖観世音菩薩 川崎市川崎区大島
第03番 神鏡山 金蔵院 阿弥陀如来 横浜市神奈川区東神奈川
第04番 明王山 成就院 不動明王 川崎市川崎区渡田
第05番 宝泉山 玉真院 弘法大師 東京都世田谷区瀬田
第06番 金沢山 円能院 大日如来 川崎市川崎区小田
第07番 金胎山 東漸寺 大日如来 横浜市鶴見区潮田町
第08番 南海山 正泉寺 薬師如来 横浜市鶴見区生麦
第09番 生麦山 龍泉寺 不動明王 横浜市鶴見区岸谷
第10番 東福寺 真言宗智山派 如意輪観音 横浜市鶴見区鶴見
第11番 光明山 金剛寺 大日如来 横浜市鶴見区市場下町
第12番 愛宕山 宝蔵院 大日如来 横浜市鶴見区馬場
第13番 瑠璃山 真福寺 薬師如来 川崎市川崎区堀之内町
第14番 円明山 延命寺 地蔵菩薩  川崎市幸区都町
第15番 重養山 正楽寺 大日如来 横浜市鶴見区矢向
第16番 木月山 大楽寺 大日如来 川崎市中原区木月
第17番 瑠璃光山 無量寺 阿弥陀如来 川崎市中原区中丸子
第18番 日吉山 大楽院 十一面観世音菩薩 川崎市中原区上丸子八幡町
第19番 恵日山 成就院 弘法大師 川崎市中原区小杉陣屋町
第20番 龍宿山 西明寺 大日如来 川崎市中原区小杉御殿町
第21番 西光山 東福寺 大日如来 川崎市中原区市ノ坪
第22番 南林山 蓮花寺 十一面観世音菩薩 川崎市高津区久末
第23番 長唱山 蓮乗院 準提観世音菩薩 川崎市高津区子母口
第24番 天輪山 安養寺 大日如来 川崎市中原区上新城
第25番 瑠璃光山 長福寺 大日如来 川崎市中原区上小田中
第26番 春日山 常楽寺 聖観世音菩薩 川崎市中原区宮内
第27番 大栄山 東樹院 不動明王 川崎市中原区宮内
第28番 大谷山 宝蔵寺 地蔵菩薩 川崎市中原区上小田中
第29番 御嶽山 安養院 阿弥陀如来 川崎市高津区坂戸
第30番 諏訪山 明王院 不動明王 川崎市高津区諏訪
第31番 白王山 正福寺 大日如来 川崎市高津区北見方
第32番 影光山 善養寺 大日如来 東京都世田谷区野毛
第33番 瀧轟山 明王院 不動明王 東京都世田谷区等々力
第34番 薬応山 医王寺 薬師如来 東京都世田谷区深沢
第35番 金剛寺 真言宗智山派 大日如来 東京都世田谷区中町
第36番 自性山 覚願寺 大日如来 東京都世田谷区上野毛
第37番 喜楽山 慈眼寺 大日如来 東京都世田谷区瀬田
第38番 如意山 大空閣寺 虚空蔵菩薩 東京都世田谷区瀬田
第39番 瑜伽山 真福寺 大日如来 東京都世田谷区用賀
第40番 岡本山 長円寺 大日如来 東京都世田谷区岡本
第41番 舜栄山 安穏寺 不動明王 東京都世田谷区上祖師谷
第42番 青林山 東覚院 薬師如来 東京都世田谷区千歳台
第43番 波羅密山 宝性寺 大日如来 東京都世田谷区船橋
第44番 金剛山 多聞院 地蔵菩薩 東京都世田谷区北烏山
第45番 密蔵院 真言宗豊山派 不動明王 東京都世田谷区桜上水
第46番 光林山 西福寺 薬師如来 東京都世田谷区赤堤
第47番 赤堤山 善性寺 不動明王 東京都世田谷区豪徳寺
第48番 青龍山 勝国寺 不動明王 東京都世田谷区世田谷
第49番 大悲山 円光院 不動明王 東京都世田谷区世田谷
第50番 代永山 円乗院 不動明王 東京都世田谷区代田
第51番 聖王山 円泉寺 不動明王 東京都世田谷区太子堂
第52番 日輪山 西澄寺 薬師如来 東京都世田谷区下馬
第53番 氷川山 金蔵院 大日如来 東京都目黒区八雲
第54番 致航山 満願寺 大日如来 東京都世田谷区等々力
第55番 有慶山 東光院 大日如来 東京都大田区田園調布本町
第56番 明楽山 密蔵院 大日如来 東京都大田区田園調布南
第57番 観蔵院 真言宗智山派 大日如来 東京都大田区西嶺町
第58番 青林山 増明院 大日如来 東京都大田区鵜の木
第59番 寿福山 蓮光院 大日如来 東京都大田区下丸子
第60番 長福寺 真言宗智山派 白衣観音 東京都大田区下丸子
第61番 吉祥院 真言宗智山派 不動明王 東京都世田谷区鎌田
第62番 福田山 花光院 大日如来 東京都大田区矢口
第63番 播曜山 円応寺 大日如来 東京都大田区矢口
第64番 光明山 遍照院 阿弥陀如来 東京都大田区多摩川
第65番 円日山 金剛院 大日如来 東京都大田区新蒲田
第66番 諏訪山 東福寺 阿弥陀如来 東京都大田区多摩川
第67番 金剛法山 大楽寺 阿弥陀如来 東京都大田区新蒲田
第68番 東輝山 薬王寺 薬師如来 東京都大田区西六郷
第69番 医王山 安養寺 五智如来・薬師如来 東京都大田区西六郷
第70番 福田山 蓮花寺 十一面観世音菩薩 東京都大田区西蒲田
第71番 陽岳山 円乗院 不動明王 東京都大田区南馬込
第72番 海岳山 長遠寺 不動明王 東京都大田区南馬込
第73番 東照山 鏡王院 釈迦如来 東京都大田区東馬込
第74番 海賞山 来福寺 地蔵菩薩 東京都品川区東大井
第75番 成田山 円能寺 不動明王 東京都大田区山王
第76番 八幡山 密厳院 不動明王 東京都大田区大森北
第77番 海光山 密乗院 不動明王 東京都大田区大森中
第78番 常呂山 自性院 薬師如来 東京都大田区本羽田
第79番 喜修山 正蔵院 不動明王 東京都大田区本羽田
第80番 医王山 龍王院 薬師如来 東京都大田区羽田
第81番 摩尼山 長松寺 薬師如来 横浜市鶴見区駒岡
第82番 八幡山 観音寺 十一面観世音菩薩 横浜市港北区篠原町
第83番 用明山 秀明寺 聖徳太子 東京都大田区本羽田
第84番 自性山 宝泉寺 大日如来 東京都大田区南六郷
第85番 御幡山 宝珠院 阿弥陀如来 東京都大田区仲六郷
第86番 慈雲山 東陽院 如意輪観世音菩薩 東京都大田区仲六郷
第87番 南蒲山 新照寺 阿弥陀如来 東京都大田区南蒲田
第88番 宝幢院 真言宗智山派 阿弥陀如来 東京都大田区西六郷

◆結願後、メモ◆
主として2012~2013年に、順不同で打ちました。
完全に留守のケースもありましたが、全体的に見ると思った以上に受け入れ態勢の整っていた霊場でした。第1番札所でありまとめ役でもある、川崎大師 平間寺が上手く管理しているのでしょう。それに御府内八十八ヶ所霊場や武相二十八不動霊場などを兼務している寺院も多く、参拝者への対応も慣れたものでした。ただし、御朱印に関しては、川崎大師も管理が行き届いていないようです。ちなみに川崎大師では、「この玉川霊場に関して、個々の御朱印帳には一切揮毫をしない」と頑なに拒否されました。専用御朱印帳へ綴じるタイプの書き置き配布オンリーです、と。
霊場専用には写真のような、厚紙で挟み込む綴じ式の専用御朱印帳があります。見事に味気ないです。だからでしょうか、実質無料で配られています。ただし、これがまた曲者でした。各寺院でいただく専用御朱印が、まったく統一されていないのです。紙質やサイズもバラバラ、パンチ穴が空いていない、空いていても間隔が帳面と違う、挙げ句の果てはパンチ穴が左側に空いているetc・・・結局、書いていただけるところは、なるだけ自前の御朱印帳に揮毫していただきました。
あと蛇足的にお金の話をすると、専用の御朱印は霊場会としては200円になっていますが、なんていうか・・・普通に300円のお布施でした。

禅定寺@徳島

◆山・院・寺号
天神山 鎮守院 禅定寺(ぜんじょうじ)
通称:阿波善光寺

◆宗派
真言宗 御室派

◆御本尊
阿弥陀如来

◆所在地
名西郡神山町阿野井ノ谷70

阿波善光寺

★雑記
阿波善光寺こと、禅定寺の御朱印です。
信州善光寺の阿波出張所ということで、阿波善光寺と呼ばれています。鮎喰川に沿って上流へ、かなり山奥にお寺はあります。ですが意外なことに、結構お寺に近い場所で路線バスと行き違ったので、徒歩圏内まではバスで行くことが出来るのでしょう。陽があるからでしょうか、山の方とは言え寒さもそれほどではなく、絶好のお参り日和といったところでした。全身真っ赤で小ぶりな仁王像、四十八願が彫られた参道を行き、やや高い場所にある本堂前へ。空気も澄んでおり、良い眺めです。本堂前には、十八羅漢や七福神の石仏。撫で牛の像もあったのでなにかと思ったのですが、そういや天神山って山号だったな、と。いや待て、善光寺もそう言えば牛だったな、なんてあれこれ考えたのに、結局聞きそびれてしまいました。
御朱印は、庫裏にていただきました。

◎禅定寺、参道。
阿波善光寺1

◎禅定寺、山門。
阿波善光寺8

◎禅定寺、仁王像。
阿波善光寺2

◎禅定寺、仁王像。
阿波善光寺43

◎禅定寺、本堂。
阿波善光寺48

◎禅定寺、本堂。
阿波善光寺52

◎禅定寺、七福神石仏。
阿波善光寺4

◎禅定寺、十八羅漢。
阿波善光寺3

◎禅定寺、参道。
阿波善光寺6

青木氷川神社@埼玉

◆名称
青木氷川神社(あおきひかわじんじゃ)

◆御祭神
素盞鳴命(すさのおのみこと)
櫛稲田姫命(くしなだひめのみこと)

◆所在地
川口市青木5丁目
JR京浜東北線・西川口駅よりバス11分+青木中学校バス停より徒歩1分

氷川神社・青木・r0201

◎「例大祭」の期間限定御朱印符(令和元年)
青木氷川神社・r01例祭

◎「夏越大祓」の期間限定御朱印符(令和元年)
青木氷川・令和1年夏

◎「クシナダヒメ」の御朱印
青木氷川神社・クシナダヒメ

◎「例大祭」の期間限定御朱印符(平成30年)
青木氷川神社・h30例大祭

◎「夏越大祓」の期間限定御朱印符(平成30年)
氷川神社・青木・h30夏

◎「夏越大祓」の期間限定御朱印符(平成29年)
青木氷川・御朱印符h29

氷川神社・青木・緑h28

氷川神社・青木・金

氷川神社・青木・紫

氷川神社・青木・冬

氷川神社・青木・青

氷川神社・青木・緑

氷川神社・青木

◎青木氷川神社オリジナル御朱印帳(横尾忠則)
氷川神社・青木・横尾忠則

◎青木氷川神社オリジナル御朱印帳(石見神楽)
氷川神社・青木・帳

★雑記
川口市青木鎮座、氷川神社の御朱印とオリジナル御朱印帳です。

(2012年1月記)
最寄りバス停の名称にもなっている青木中学校の裏手に回ると、神社の鳥居が見えてきます。西川口駅からも一直線なのでノンビリ歩いて向かったこともありますが、バスの方がサッと楽出来て良いかな。近所の子供らしき数人が、境内でワイワイやっている至って普通の地域に根差した神社でした。歌手の色紙なんかもあったりで、ヒット祈願で効果ありなのでしょうか。御朱印は、授与所にていただきました。なんとも特徴的な字体です。

(2016年2月記)
季節ごとに御祭神である素盞鳴命の色を変えた印が押され、4色揃うと金色の印が押されるようになっています。なんともカラフルな御朱印です。こういうのは、近くに住んでいればこそでしょうかね。

(2017年6月記)
御朱印に関して、なにかと新しい取り組みをしている青木氷川神社ではありますが、平成29年の夏越し大祓いの期間限定として、こちらの御朱印符が頒布されていました。6月の半ばから7月の頭までの期間限定で、後から知った情報だと、予定の期間を待たずに頒布終了?したとか。確かに、涼やかな水色でもあるし、これは人気出ますわな。

(2019年5月記)
この日は、拝殿横にある不動尊堂へのお参りとなりました。足立百不動尊霊場の第88番札所であり、元は般若院というお寺のお不動様です。神社の境内だからでしょうか、案内板では不動明王がご本尊ではなく御祭神として表記されていました。

◎青木氷川神社、参道。(2015年5月撮影)
氷川神社・青木4

◎青木氷川神社、社殿。(2015年5月撮影)
氷川神社・青木1

◎青木氷川神社、富士塚。(2018年6月撮影)
氷川神社・青木7

◎青木氷川神社、浅間神社と撫で犬。(2018年10月撮影)
青木氷川神社0

◎青木氷川神社、不動堂。(2019年5月撮影)
青木氷川神社6

◎青木氷川神社、福禄寿。(2019年6月撮影)
青木氷川神社3

不動院@東京

◆山・院・寺号
江亀山 薬王寺 不動院(ふどういん)

◆宗派
真言宗 豊山派

◆御本尊
薬師如来

◆所在地
足立区南花畑3丁目25

◎「荒綾八十八ヶ所霊場・第85番札所」の御朱印
85不動院・荒綾

★雑記
弘法大師荒綾霊場の札所、不動院の御朱印です。
巣鴨からおよそ13km、チャリでのお参りとなりました。翌日、足腰がピリピリと痛む結果になりました。まぁ、当日のうちから無謀な行程だったと感じていたのですが・・・。さて、山門は、車の往来激しい道路に面していました。その山門脇には、荒綾霊場の石碑も残っていました。山門から真正面に修行大師像が立っており、参拝者を迎え入れてくれます。右手90度に割と新しい印象の本堂があります。
御朱印は、庫裏にていただきました。住職不在につき、印判での御朱印でした。

◎不動院、山門。
85不動院0

◎不動院、本堂。
85不動院9

市谷亀岡八幡宮@東京

◆名称
市谷亀岡八幡宮(いちがやかめがおかはちまんぐう)

◆御祭神
誉田別命(ほんだわけのみこと)
気長足姫尊(おきながのたらしひめのみこと)
與登比売神(よとひめのかみ)

◆所在地
新宿区市谷八幡町
JR各線・市ヶ谷駅より徒歩2分

八幡神社・市谷亀岡r02

市谷亀岡八幡宮

★雑記
市ヶ谷にある、亀岡八幡宮の御朱印です。

(2010年7月記)
ここはペット同伴で参拝ができたり祈願してもらったり、そちらで結構取り上げられているようです。参拝時は特にそんな印象もなかったのですが、Webサイトやブログを見ると結構凄かったですね。参道の石段も、軽い気持ちでいたら結構キツい数でした。御朱印は、社務所にていただきました。神社の場合、名称が真ん中に揮毫されるケースが多いのですが、こちらはひと味違っていました。また、参道途中にある境内摂社、茶ノ木稲荷神社の御朱印もこちらでいただけます。

(2020年1月記)
9年半振りの再訪です。相変わらず急な参道の石段をなんとか上り切り、ペット祈願待ちの人たちで賑わう境内へ。年が明けて9日ですが、参道には茅の輪がまだありました。快晴の日の神社巡りは、やはり気持ちの良いものだと実感した次第です。

◎市谷亀岡八幡宮、社殿。(2010年7月撮影)
市谷亀岡八幡宮

◎市谷亀岡八幡宮、参道。(2020年1月撮影)
八幡神社・市谷亀岡1

◎市谷亀岡八幡宮、社殿。(2020年1月撮影)
八幡神社・市谷亀岡5

茶ノ木稲荷神社(市谷亀岡八幡宮)@東京

◆名称
茶ノ木稲荷神社(ちゃのきいなりじんじゃ)

◆御祭神
稲荷大神(いなりおおかみ)
保食神(うけもちのかみ)

◆所在地
新宿区市谷八幡町
JR各線・市ヶ谷駅より徒歩2分

八幡神社・稲荷・市谷亀岡r02

25a

★雑記
茶ノ木稲荷神社の御朱印です。

(2010年7月記)
こちらは市谷亀岡八幡宮の境内摂社にあたり、石段の途中に鎮座しています。御朱印にあるように、弘法大師空海の開山です。神仏分離がきっちりした今のご時勢では、あまりこれを前に出しているところは見掛けない気がしますから珍しいことです。市谷亀岡八幡宮はペットの祈祷を行っているほどに、色々な取り組みをしていることで知られる神社です。御朱印は、市谷亀岡八幡宮の社務所にていただきました。

(2020年1月記)
9年半振りですか、、、いやはや、なんともお久し振りです。とは言え、いざ現地に行けば意外に前回のことも覚えているもので。新しい年になってまだ9日、しかし平日だし人も少ないかなと思っていたら、ペット連れのグループがいて賑やかでした。まぁ、皆さん祈願は八幡様の方なので、稲荷神社の方へは来ないため静かなお参りとなりました。

◎茶ノ木稲荷神社、社殿。(2010年7月撮影)
茶ノ木稲荷神社

◎茶ノ木稲荷神社、参道。(2020年1月撮影)
八幡神社・市谷亀岡9

◎茶ノ木稲荷神社、社殿。(2020年1月撮影)
八幡神社・市谷亀岡0
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
タカツキ
23区を中心に
休日にのみフラフラと
病人なんでノンビリと
御朱印を集印中。
御朱印帳は、派手系好き
時々、絵馬。
ヘッダー写真は、
気分次第でチェンジ。

携帯電話からだと
strikeのタグが
反映されないのか。
う~ん。。。

●今年の状況●
関東三十六不動
(35/36)
関東九十一薬師
(76/91)
関東八十八ヶ所
(61/95)
豊島八十八ヶ所
(87/88)
阿波西国三十三観音・東部
(24/33)
阿波西国三十三観音・西部
(15/33)
四国三十六不動
(17/36)
下総三十三観音
(14/34)
名古屋二十一大師
(7/21)
和歌山西国三十三観音
(13/36)
安房国四十八薬師
(12/48)
知多四国八十八ヶ所
(3/98)
桶狭間十三仏
(7/13)


こっそり御朱印帳メモ

記事検索
メッセージ

こちらからの返信や回答を希望される場合は、返信先も記載してください。

名前
メール
本文
Pilgrimage
平成26年御開帳情報メモ
都道府県別リンク
【千葉県】の掲載一覧
【埼玉県】の掲載一覧
【東京都】の掲載一覧
【神奈川県】の掲載一覧
【愛知県】の掲載一覧
【大阪府】の掲載一覧
【徳島県】の掲載一覧
【香川県】の掲載一覧
【愛媛県】の掲載一覧
【高知県】の掲載一覧
  • ライブドアブログ