マッハ墨朱&絵馬による布陣(仮)~御朱印ブログ~

御朱印と御朱印帳、時々絵馬。メモ代わり兼ひとりでニヤニヤと悦に浸るためだけの場

干支守り本尊

2010年10月から2020年10月までの記録。

伝福寺@神奈川

◆山・院・寺号
明星山 伝福寺(でんぷくじ)

◆宗派
浄土宗

◆御本尊
阿弥陀如来

◆御詠歌
かしこさに 鳥も飛井の 水をくめ 草も薬と なる誓いかな

◆所在地
横須賀市久里浜8丁目
京急線・久里浜駅よりバス12分+東京湾フェリーバス停より徒歩4分

◎「三浦半島二十一薬師霊場:第9番札所」の御朱印
9伝福寺

◎「寺院御本尊」の御朱印
伝福寺

◎「三浦半島干支守り本尊・八仏霊場」の御朱印
伝福寺

★雑記
各種霊場の札所である伝福寺の御朱印です。

(平成23年4月記)
この日は、三浦半島干支守り本尊・八仏霊場のひとつとしてお参りしてきました。子歳生まれの守り本尊、千手観世音菩薩が祀られています。またこちらは、三浦半島の観音と地蔵、薬師の霊場札所にもなっています。参拝時は、境内の桜が見事に咲いていました。龍が巻き付いた石灯籠も、なかなかの格好良さでした。外の観音様にもお参りを。御朱印は、庫裡にていただきました。

(平成29年5月記)
三浦二十一薬師霊場の御開帳に合わせてお参りしてきました。6年振りとは言え、意外に場所を覚えているもので。住宅街の中を通って向かいますが、迷うこともなくでした。相変わらず緑の多い境内で、時期的にツツジが見事でした。受付開始時刻である8時少し過ぎに着いたにもかかわらず、境内には数人の参拝者の姿がありました。皆、早いもので。ですが本堂内には誰もおらず、独占状態で拝観出来ました。暑かったからでしょうか、本堂前のワンちゃんもダルそうに視線を送ってきたっきり、そっぽ向かれてしまいました。御朱印は、庫裡にていただきました。御朱印の揮毫が「飛井薬師」となっているのは、元々こちらの薬師如来は飛井地区にあった薬厳寺の御本尊で、廃寺になったことに伴い遷座してきたことに由来するそうです。

◎伝福寺、境内入り口。(平成29年5月撮影)
9伝福寺4

◎伝福寺、参道。(平成29年5月撮影)
9伝福寺6

◎伝福寺、本堂。(平成29年5月撮影)
9伝福寺9

◎伝福寺、地蔵堂。(平成29年5月撮影)
9伝福寺3

◎伝福寺、境内。(平成23年4月撮影)
伝福寺

◎伝福寺、石灯籠。(平成23年4月撮影)
伝福寺4

◎伝福寺、観音石像。(平成23年4月撮影)
伝福寺6

武山不動院@神奈川

◆山・院・寺号
龍塚山 持経寺 不動院(ふどういん)
通称:武山不動

◆宗派
浄土宗

◆御本尊
不動明王

◆所在地
横須賀市武1丁目

◎「三浦半島干支守り本尊・八仏霊場」の御朱印
武山不動・守り本尊

◎「三浦半島二十八不動霊場・第1番札所」の御朱印
1武山不動

◎「東国花の寺百ヶ寺・神奈川第3番札所」の御朱印
武山不動尊・東国花の百ヶ寺01

★雑記
複数の札所を兼ねる、武山不動院の御朱印です。
最寄りのバス停から山登りを1時間、ようやく辿り着けるこの武山不動院。日本武尊が昔に登ったことから、武山という名称になったとか。登山は大変ですが、海抜200メートルの眺望はなかなかのものです。海も見えるし山も見えるしで、なんだかお得感があります。小振りな鐘が境内隅っこにポツリと立ち、本堂前には結縁柱も立っていました。
御朱印は、寺務所にていただきました。どうやらこの武山不動院は兼務寺院のようですね。跡継ぎがまだ他の寺院で修行中とのことで、平成23年4月17日参拝時点では、寺務所に住職が来られるのは土日祝のみになってしまうとのことでした。ただそれ以外の日に参拝した場合でも大丈夫なように、本堂内には書き置き御朱印が用意されていました。

◎武山不動院、本堂。
武山不動6

◎武山不動院、境内の武山稲荷大明神。
武山不動1

◎武山不動院、眺望。
武山不動5

◎武山不動院、眺望。
武山不動3

延寿寺@神奈川

◆山・院・寺号
寿福山 延寿寺(えんじゅじ)

◆宗派
日蓮宗

◆御本尊
釈迦如来・多宝如来・日蓮聖人

◆所在地
三浦市初声町下宮田
京急線・三崎口駅よりバス5分+宮田バス停より徒歩10分

◎「三浦半島の七草めぐり」の御朱印
延寿寺・七草

◎「三浦半島干支守り本尊・八佛霊場」の御朱印
延寿寺

★雑記
三浦市の延寿寺の御朱印です。

(平成23年4月記)
八佛霊場での初参拝となりました。卯歳の守り本尊である文殊菩薩を祀っています。文殊菩薩と言うことで、賢くなるよ~に、と願をかけておきました。他にも、東国花の百ヶ寺霊場や、三浦七福神巡りでは大黒天を祀ってある寺院です。御朱印は、本堂内にていただきました。その際、御朱印に火打石でカチカチとお祓い(?)をしていただきました。

(平成23年9月記)
今回は、三浦半島秋の七草霊場巡りでの参拝でした。法要直後だったこともあり、今回は本堂内に入れずの参拝でした。本堂前の日陰で黒猫がジッとしていたので、御朱印をいただいた後に1枚撮ってお寺をあとにしました。

◎延寿寺、本堂と黒猫。
延寿寺

霊場メモ@三浦半島干支守り本尊・八仏霊場

三浦半島に点在する、8ヶ寺の守り本尊霊場です。
公式サイトでは、『車なら1日、徒歩や公共交通機関だと2日間で巡拝できる』とありますが、徒歩+公共交通機関を利用して、なんとか1日で結願しました。山登りになる武山不動院が、最大の難所と言えるでしょう。また、徒歩の場合は、全行程おおよそ42kmになるのだとか。一流のマラソン選手なら2時間程度でしょうか。公式ガイドブックも出ているほどに活発な霊場ですから、各寺院の詳細や交通手段なども参考にできると思います。

【三浦半島干支守り本尊・八仏霊場】
1.長安寺 午歳/勢至菩薩 横須賀市久里浜
2.伝福寺 子歳/千手観音菩薩 横須賀市久里浜
3.妙音寺 未申歳/大日如来 三浦市初声町下宮田
4.延寿寺 卯歳/文殊菩薩 三浦市初声町下宮田
5.不動院 酉歳/不動明王 横須賀市武
6.浄楽寺 戌亥歳/阿弥陀如来 横須賀市芦名
7.玉蔵院 丑寅歳/虚空蔵菩薩 葉山町一色
8.延命寺 辰巳歳/普賢菩薩 逗子市逗子

◆結願後、メモ◆
元々、ネットでこの霊場の御朱印を見て、”変わった御朱印だな~、自分も欲しいな~”、程度の軽い気持ちで巡礼することにしました。ちなみにこの特別御朱印、毎年4月15日~5月15日に貼り付けタイプのみの授与で、それ以外の日の参拝では普通の揮毫御朱印になるようです。貼り付け御朱印なので、期間中は法要中でもいただくことは可能です。平成23年時点での情報として、武山不動院は基本的に休日しか人が居ないとのことですが、三浦半島の不動霊場や東国花の寺巡りの札所も兼ねているので、本堂内に書き置きが準備されていました。

妙音寺@神奈川

◆山・院・寺号
飯盛山 明王院 妙音寺(みょうおんじ)
通称:三浦大師

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
不空羂索観世音菩薩

◆所在地
三浦市初声町下宮田
京急線・三崎口駅より徒歩15分

◆御詠歌
(七観音霊場)
いつ来ても 妙なる法の 浪の音は 救ひの聲と 聴こゆ尊さ

◎「三浦半島・秋の七草巡り」の御朱印
妙音寺・七草

◎「三浦半島干支守り本尊・八佛霊場」の御朱印
妙音寺

◎「三浦三十三観音霊場・第14番札所」の御朱印
三浦観音

★雑記
花山曼荼羅で知られる妙音寺の御朱印です。
花山曼荼羅とは、100種174体の石仏と30種3200本の花を巡る妙音寺の山内霊場で、裏山一帯が霊場となっています。その一番高いところに、花山曼荼羅霊場の御本尊であり、未申歳の御本尊でもある大日如来が祀られています。なにしろ階段が結構急で、しかも駅からここまで休みなしで一気に歩いてきたので、登り切った瞬間にグッタリしました。眺めは良いし、風も気持ち良いのですけどね。ちなみにこの花山曼荼羅霊場、作られるのに23年を費やしたそうです。札所としての霊場では、関東八十八ヶ所霊場・東国花の百ヶ寺霊場・三浦三十三観音霊場・七観音霊場・三浦半島干支守り本尊、八佛霊場・三浦半島秋の七草巡り・富士見楽寿観音霊場・三浦不動霊場・三浦七福神巡り(福禄寿)など、結構な数の霊場札所を兼務しています。
御朱印は、本堂横の納経所にていただきました。書き置きも準備されていました。

◎妙音寺、参道。
妙音寺9

◎妙音寺、本堂。
妙音寺

◎妙音寺、大師堂からの眺め。
三浦干支

玉蔵院@神奈川

◆山・院・寺号
守護山 遍照寺 玉蔵院(ぎょくぞういん)

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
大日如来

◆所在地
三浦郡葉山町一色/京急線・新逗子駅よりバス+旧役場前バス停より徒歩2分

◎「三浦半島干支守り本尊・八佛霊場」の御朱印
玉蔵院

★雑記
丑・寅歳の守り本尊である虚空蔵菩薩を祀ります。
この玉蔵院は、葉山町で最古の古刹になるそうです。本堂自体は建て替えたのでしょう、そんな風に古い印象は受けませんでした。
御朱印は寺務所にていただきました。他にも三浦半島の観音・地蔵の霊場であり、湘南七福神巡りの恵比寿の寺院でもあります。

長安寺@神奈川

◆山・院・寺号
亀養山 松樹院 長安寺(ちょうあんじ)

◆宗派
浄土宗

◆御本尊
阿弥陀如来

◆所在地
横須賀市久里浜2丁目/京急線・久里浜駅より徒歩5分

◎「三浦半島干支守り本尊・八仏霊場」の御朱印
長安寺

★雑記
午歳生まれの守り本尊、勢至菩薩が祀られています。またこちらは、三浦半島の不動尊と地蔵尊の、両霊場札所にもなっています。
当日は葬式の予定があったらしく、続々と喪服の参列者が集まってきたので、御朱印をいただいてそそくさと庫裡を退散しました。

浄楽寺@神奈川

◆山・院・寺号
金剛山 勝長寿院 大御堂 浄楽寺(じょうらくじ)

◆宗派
浄土宗

◆御本尊
阿弥陀如来

◆所在地
横須賀市芦名2丁目

◎「三浦半島干支守り本尊・八仏霊場」の御朱印
浄楽寺

★雑記
横須賀市、浄楽寺の御朱印です。
戌・亥歳生まれの守り本尊、阿弥陀如来が祀られています。その御本尊は秘仏につき、年2回の御開帳時と、この八仏霊場の初日と最終日にのみに予約必須で拝観可能なのだそうです。う~ん、残念でした。また、三浦半島の不動尊と地蔵尊の霊場札所にもなっています。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎浄楽寺、本堂。
大御堂浄楽寺
カテゴリ別アーカイブ
タカツキ
23区を中心に
休日にのみフラフラと
病人なんでノンビリと
御朱印を集印中。
御朱印帳は、派手系好き
時々、絵馬。
ヘッダー写真は、
気分次第でチェンジ。

携帯電話からだと
strikeのタグが
反映されないのか。
う~ん。。。

●今年の状況●
関東三十六不動
(35/36)
関東九十一薬師
(76/91)
関東八十八ヶ所
(60/95)
豊島八十八ヶ所
(87/88)
阿波西国三十三観音・東部
(24/33)
阿波西国三十三観音・西部
(15/33)
四国三十六不動
(17/36)
下総三十三観音
(14/34)
名古屋二十一大師
(7/21)
和歌山西国三十三観音
(13/36)
安房国四十八薬師
(12/48)
知多四国八十八ヶ所
(3/98)
桶狭間十三仏
(7/13)


こっそり御朱印帳メモ

記事検索
メッセージ

こちらからの返信や回答を希望される場合は、返信先も記載してください。

名前
メール
本文
Pilgrimage
平成26年御開帳情報メモ
都道府県別リンク
【千葉県】の掲載一覧
【埼玉県】の掲載一覧
【東京都】の掲載一覧
【神奈川県】の掲載一覧
【愛知県】の掲載一覧
【大阪府】の掲載一覧
【徳島県】の掲載一覧
【香川県】の掲載一覧
【愛媛県】の掲載一覧
【高知県】の掲載一覧
  • ライブドアブログ