マッハ墨朱&絵馬による布陣(仮)~御朱印ブログ~

御朱印と御朱印帳、時々絵馬。メモ代わり兼ひとりでニヤニヤと悦に浸るためだけの場

埼玉

白岡八幡神社@埼玉

白岡八幡神社・帳面

◆名称
白岡八幡神社(しらおかはちまんじんじゃ)

◆御祭神
応神天皇(正八幡)(おうじんてんのう)
仲哀天皇(若宮八幡)(ちゅうあいてんのう)
神功皇后(姫宮八幡)(じんぐうこうごう)

◆所在地
白岡市白岡
JR宇都宮線・白岡駅より徒歩13分

◆サイズ
11×16cm

◆料金
1200円

川越熊野神社@埼玉

◆名称
川越熊野神社(かわごえくまのじんじゃ)

◆御祭神
熊野大明神(くまのだいみょうじん)
 ・伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
 ・事解之男尊(ことさかのおのみこと)
 ・速玉之男尊(はやたまのおのみこと)

◆所在地
川越市連雀町
西武新宿線・本川越駅より徒歩6分

川越熊野神社

熊野神社・川越

★雑記
”おくまんさま”こと、川越熊野神社の御朱印です。

(平成23年10月記)
参道は、足踏み健康ロードと題されて、足ツボを刺激するように石が置かれています。変わってると言うか、まあ神社では他に例を見ない取り組みでしょう。境内社が複数ありますが、中でも川越銭洗弁財天こと厳島神社では、毎月の縁日に福銭が授与され人を集めているようです。御朱印は、授与所にていただきました。川越銭洗弁財天を含め、境内社の御朱印は無いそうです。

(平成27年7月記)
結構前に、なにやら境内社の御朱印授与をスタートされたと聞いて、いずれはと思っていながらようやく再訪してきました。川越銭洗弁財天の効果か、以前のお参りに比べて人の多いこと多いこと。御朱印は、授与所にていただきました。熊野神社の印のデザインも一新されていました。

◎川越熊野神社、参道。(平成23年10月撮影)
川越熊野神社3

◎川越熊野神社、拝殿。(平成23年10月撮影)
熊野神社

青木氷川神社@埼玉

氷川神社・青木・帳

◆名称
青木氷川神社(あおきひかわじんじゃ)

◆御祭神
素盞鳴命(すさのおのみこと)
櫛稲田姫命(くしなだひめのみこと)

◆所在地
川口市青木5丁目
JR京浜東北線・西川口駅よりバス11分+青木中学校バス停より徒歩1分

◆サイズ
11×16cm

◆料金
1300円(御朱印込み)

普光寺@埼玉

◆山・院・寺号
薬王山 瑠璃光院 普光寺(ふこうじ)

◆宗派
天台宗

◆御本尊
薬師如来

◆所在地
比企郡小川町中爪

◎「関東九十一薬師霊場・第34番札所」の御朱印
34普光寺

★雑記
薬師霊場札所、普光寺の御朱印です。
とは言っても、特に札所を示すような石碑も看板もなかったので、やはり認知度やPR度は低いようで。お寺は、”小川厄除け大師”として知られているようです。ガイドブックによると、秘仏なので拝観は不可ですが、こちらのお薬師様は円空作とのこと。さぞかし素朴かつ神秘的なのでしょう。境内の看板によると、小川七福神として一寺七福神巡りが出来るよう案内されていました。ただ、布袋尊は霊園の方に、寿老人は観音堂の方に、それぞれ本堂からは少し離れた場所に祀られているようです。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎普光寺、本堂。
34普光寺9

多福寺@埼玉

◆山・院・寺号
三富山 多福寺(たふくじ)

◆宗派
臨済宗 妙心寺派

◆御本尊
釈迦如来

◆所在地
入間郡三芳町上富
東武東上線・上福岡駅よりバス25分+地蔵前バス停より徒歩8分
東武東上線・ふじみ野駅よりバス23分+多福寺バス停より徒歩4分

◎「関東百八地蔵霊場・第8番札所」の御朱印
8多福寺

★雑記
三芳町の多福寺の御朱印です。
行きは上福岡駅からバスで、帰りはふじみ野駅へとバス(ライフバス)で、それぞれ往復しました(駅起点の表記にしていますが)。どちらも本数が微妙でして、またバス停の場所も異なりますし、下調べは必要かなと思います。それにしても・・・ちょっとした森ですね。なんでも多福寺の境内を含めた一帯は、埼玉県の自然環境保全地域に指定されているそうで、このような光景になっているのだそう。植えられているのはほとんどアカマツとのことで、スギ花粉症人間にはやや優しいとでも言えましょうか。さて、正面の総門は閉じられていましたので、その横から一直線に本堂まで伸びている参道を歩きます。意外に長かった参道の先に、まずは山門ドン、木々の先に本堂ドンといった具合。境内には、チラホラとウォーキング客と言いますか散歩と言いますか、人がいました。ところで、木の宮地蔵と通称されるお地蔵様は、本堂とは別の地蔵堂に祀られています。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎多福寺、境内入り口。
8多福寺5

◎多福寺、総門。
8多福寺8

◎多福寺、参道。
8多福寺9

◎多福寺、山門。
8多福寺0

◎多福寺、本堂。
8多福寺1

延命寺@埼玉

◆山・院・寺号
萬霊山 法護院 延命寺(えんめいじ)

◆宗派
天台宗

◆御本尊
地蔵菩薩

◆所在地
川越市笠幡
JR川越線・笠幡駅より徒歩3分

◎「武蔵国十三仏霊場:第4番札所」の御朱印
延命寺・武蔵十三仏

★雑記
武蔵国十三仏霊場、普賢菩薩を祀る延命寺の御朱印です。
季節が季節だけに、参道は緑もなくやや殺風景な印象でした。夏に来れば、もっと青々とした境内に出会えたことでしょう。山門前には、ミニ十三仏が勢揃いしており、こちらでもお参りが出来るようになっていました。山門くぐった境内は、結構広い敷地が広がっていました。これだけのスペースがあると、堂宇をポンポン建てそうなものですがそんな気配もなく、本堂ド~ンってタイプで逆にそれがお寺として良い雰囲気に感じられました。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎延命寺、参道。
延命寺3

◎延命寺、境内。
延命寺7

◎延命寺、ミニ十三仏。
延命寺14

芳林寺@埼玉

◆山・院・寺号
太平山 芳林寺(ほうりんじ)
通称:やまぶきの寺

◆宗派
曹洞宗

◆御本尊
釈迦如来

◆所在地
さいたま市岩槻区本町1丁目
東武野田線・岩槻駅より徒歩5分

◎平成28年2月参拝
芳林寺h28

◎平成22年2月参拝
芳林寺

★雑記
太田道灌公御霊廟、芳林寺の御朱印です。

(平成22年2月記)
私以外、参拝者の姿も見えませんでした。駅からだと、ちょうどお寺には横から入ることになります。それにしても、山門横にはえらくスペースが確保されています。だだっ広いだけで、特に駐車場と言うわけでもなさそうですが・・・。境内には、勇ましい大田道灌の騎馬像が立っています。関東で太田道灌と言えば、江戸城やら川越城やらの築城の名人として有名です。由緒書きを読んで初めて知ったのですが、和歌や漢詩にも通じた文武両道の武将だったのですね。
御朱印は、庫裡にていただきました。忙しいから、とのことで、書き置き御朱印でした。

(平成28年2月記)
丸6年振りに参拝をしてきました。この日は、境内の河津桜がピークは過ぎたと言ってもまだ見頃だったので、参拝者もそこそこ多く見受けられました。山門前は相変わらず、だだっ広いだけのスペースになっていましたが、境内は大掛かりな工事中でした。特に本堂は、骨組みだけのことして風通しの良い状態になっており、お参りは庫裡の横に造られた仮本堂にてとなりました。
御朱印は、庫裡にていただきました。御住職が不在、とのことで、書き置き御朱印でした・・・また6年後、か。

◎芳林寺、山門。(平成22年2月撮影)
芳林寺9

◎芳林寺、本堂。(平成22年2月撮影)
芳林寺7

◎芳林寺、太田道灌像。
太田道灌

◎芳林寺、地蔵堂と河津桜。(平成28年2月撮影)
芳林寺2

妙善院@埼玉

◆山・院・寺号
光輪山 三ヶ島寺 妙善院(みょうぜんいん)

◆宗派
曹洞宗

◆御本尊
白衣観世音菩薩

◆御詠歌
あのくたら 二世安楽を 誓いおく 妙なる法の 光る御山に

◆所在地
所沢市三ヶ島3丁目
西武池袋線・狭山ヶ丘駅より徒歩25分

◎「武蔵野三十三観音霊場・第14番札所」の御朱印(霊場開創75周年)
14妙善院

★雑記
武蔵野観音霊場の札所、妙善院の御朱印です。
また、こちらは、狭山三十三観音霊場の第33番札所でもあります。さて、狭山ヶ丘駅からはバスで~、なんて気楽に考えていたら、バス停の時刻表は空欄だらけ。結局、歩いて向かうことに。それにしても、まだ5月とは言え暑かったです。道中は、なにかしらの絶景があるでもない、普通の町を通る国道といった具合なので、結構退屈な足取りになってしまいました。お寺は意外にも、広い境内を構えていました。駅方面から来ると横から境内に入れるため、帰りにこの立派な山門をくぐることになりました。今回の霊場開創記念のために建てられた結縁柱ではありませんが、こちらに触れてのお参りとなりました。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎妙善院、参道。
14妙善院3

◎妙善院、山門。
14妙善院2

◎妙善院、本堂。
14妙善院0

◎妙善院、境内。
14妙善院1

野坂寺@埼玉

◆山・院・寺号
仏道山 野坂寺(のさかじ)

◆宗派
臨済宗 南禅寺派

◆御本尊
聖観世音菩薩

◆御詠歌
老いの身に 苦しき者は 野坂寺 今思い知れ 後の世の道

◆所在地
秩父市野坂2丁目
西武秩父線・西武秩父駅より自転車4分

◎「秩父三十四ヶ所観音霊場・第12番札所」の御朱印
12秩父

★雑記
秩父観音霊場の札所、野坂寺の御朱印です。
こちらへも、西武秩父駅前のレンタサイクルを利用して参拝してきました。案内によれば、開創当時は野坂堂という名前の単なる観音堂だったそうです。しかも、現在の境内の後ろにある山の中腹にそのお堂は建てられていたとか。古めかしい山門や広い境内からは、なかなか想像もつかないものです。まさしく、歴史あり、と言ったところでしょうか。本堂前の結縁柱に触れ、ゴロゴロと雷が鳴る中お参り。庫裡玄関が授与所にもなっており、そこで御朱印をいただいていると、待ってましたと言わんばかりの大雨。そのまま30分ほど雨宿りをする羽目になり、この日は予定を切り上げることになりました。
御朱印は、授与所にていただきました。

◎野坂寺、参道。
12秩父4

◎野坂寺、山門。
12秩父7

◎野坂寺、本堂。
12秩父0

◎野坂寺、本堂の彫刻。
12秩父5

定林寺@埼玉

◆山・院・寺号
実正山 定林寺(じょうりんじ)

◆宗派
曹洞宗

◆御本尊
十一面観世音菩薩

◆所在地
秩父市桜木町

◆御詠歌
あらましを 思い定めし 林寺 鐘聞き合えず 夢ぞ覚めける

◎「秩父三十四観音霊場・第17番札所」の御朱印
17

★雑記
秩父観音霊場の札所、定林寺の御朱印です。
こちらには、西武秩父駅前で自転車をレンタルして向かいました。基本的に霊場巡拝の札所なんてのは、老人やおっさん・おばさんの溜まり場なのですが、こちらの札所は若者の姿が多い感じでした。若者って言いますか、中学生や高校生くらいでしょうかね。本堂前のベンチでも、キャッキャウフフな感じでしたから。彼らの目的は、アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」の聖地巡りでしょう。まぁ文字にしてみれば、アニメの聖地巡りも観音霊場巡りも、どっちも巡礼になりますか。授与所には、「あの花」ポスターに加えて絵馬やらグッズやらが置いてありました。アニメファンでしょう、授与所の絵馬とか断りもなくバシャバシャ写真を撮っているのは邪魔くさかったですが、授与所の人ももう慣れた日常らしく注意どころかなにも言わないし、、、。静かに参拝したければ、朝早くに行くべきかもしれません。ちなみにこちら、秩父観音霊場が33ヶ寺構成の時代は、第1番札所だったそうです。
御朱印は、授与所にていただきました。

◎定林寺、本堂。
17定林寺

諏訪八幡神社@埼玉

◆名称
諏訪八幡神社(すわはちまんじんじゃ)

◆御祭神
建御名方命(たけみなかたのみこと)
誉田和気命(ほんだわけのみこと)

◆所在地
飯能市大字飯能字諏訪前

諏訪八幡神社・飯能

★雑記
埼玉県飯能市の諏訪八幡神社の御朱印です。
駅から3~4分歩いたところにある自転車屋さんで、レンタサイクルを利用して向かいました。なんでも飯能市、海外からの観光客が増えているそうです。レンタサイクルも、このとき最後の1台でした。ムーミン谷を再現した公園「あけぼの子どもの森公園」に、どうもこぞって向かうそうで。さて、飯能諏訪八幡神社、自転車屋さんからホンの数分といった場所に鎮座しています。あいにくと、参拝した日は社殿が工事中で、すべてブルーシートに覆われていました。社務所の横に仮宮が設けられていて、そちらでの参拝となりました。境内では骨董市が開かれており、賑わいを見せていました。なんの予備知識もなく訪れたのですが、こちら神職が常駐していない神社とのことです。今日の骨董市をはじめ、なにかしらの催し物や年始の七福神めぐりのときだけ神職が来る”可能性が高い”とのことでした。つまり神事じゃないイベントだと、ほぼ来ないそうです。今日も骨董市だったのですが、授与所に詰めていたのは氏子さんだけでした。武蔵野七福神巡りに入っているのは、授与所横に鎮座している境内社の飯能恵比寿神社です。由緒を書いてある説明板の文字が小さい上に多過ぎて・・・。
御朱印は、授与所にていただきました。

◎諏訪八幡神社、鳥居。
諏訪八幡9

◎諏訪八幡神社、仮宮。
諏訪八幡

西善寺@埼玉

◆山・院・寺号
清泰山 西善寺(さいぜんじ)

◆宗派
臨済宗 南禅寺派

◆御本尊
十一面観世音菩薩

◆所在地
秩父郡横瀬町横瀬

◆御詠歌
ただ頼め 真の時は 西善寺 来たり迎えん 弥陀の三尊

◎「秩父三十四観音霊場・第8番札所」の御朱印
8秩父

★雑記
秩父観音霊場の札所、西善寺の御朱印です。
こちらには、西武秩父駅前で自転車をレンタルして向かいました。途中は結構なアップダウンで、立ち漕ぎするやら尻が痛くなるやら、むしろ歩くのよりも大変だったんじゃないかと思い返すくらいです。特にお寺への最後の急坂、あれはキツかった。山門前に看板が掲げられていて初めて知りましたが、東国花の寺百ヶ寺の霊場札所でもあるようです。確かに、境内に足を踏み入れたときにまず目に飛び込んできたのが、境内を覆うかの如く広がった木。「こみねもみじ」と案内板には書かれており、また天然記念物で樹齢およそ600年とのことでした。本堂前で大きく枝を伸ばし・・・と言いますか、境内のど真ん中ですね。参拝したのは8月でしたので青々としていましたが、紅葉シーズンだと物凄い迫力が楽しめるのでしょうね。カメラ小僧が多そうなのは嫌ですが。
御朱印は、朱印所にていただきました。御開帳記念の印も、紅葉でした。

◎西善寺、山門。
8秩父6

◎西善寺、本堂。
8秩父7

◎西善寺、境内。
8秩父0

明智寺@埼玉

◆山・院・寺号
明星山 明智寺(あけちじ)

◆宗派
臨済宗 南禅寺派

◆御本尊
如意輪観世音菩薩

◆所在地
秩父郡横瀬町横瀬

◆御詠歌
巡り来て その名を聞けば 明智寺 心の月は 曇らざるらん

◎「秩父三十四観音霊場・第9番札所」の御朱印
9秩父

★雑記
秩父観音霊場の札所、明智寺の御朱印です。
駅からレンタサイクルを使い参拝してきました。お寺まで坂道になっているとは言え、まだまだ余裕を持って登れる体力があったのでスムーズに辿り着けました。団体のツアー参拝者たちどころか、私以外誰もおらず、結縁柱に触りまくりの上で静かにお参りができました。境内の案内板によれば、こちらの観音堂は、第5番札所の語歌堂と同じ時代に同じ形式で建てられたものだったそう。ところが、明治16年に落雷を受けて焼失、現在の観音堂は平成2年に再建された建物だそうです。さぞかし味のある建物だったろうに、勿体ないことです。
御朱印は、授与所にていただきました。

◎明智寺、境内。
9秩父7

歓喜院@埼玉

妻沼・聖天・帳面

◆山・院・寺号
聖天山 長楽寺 歓喜院(かんぎいん)
通称:妻沼聖天

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
歓喜天(本殿)
十一面観世音菩薩(本坊本堂)

◆所在地
熊谷市妻沼
JR高崎線・熊谷駅よりバス35分+妻沼聖天前バス停より徒歩1分

◆サイズ
11×16cm

◆料金
1500円

三学院@埼玉

◆山・院・寺号
金亀山 極楽寺 三学院(さんがくいん)

◆宗派
真言宗 智山派

◆御本尊
十一面観世音菩薩

◆所在地
蕨市北町3丁目
JR京浜東北線・蕨駅より徒歩15分

◎「関東百八地蔵霊場・第5番札所」の御朱印
5三学院

★雑記
蕨市の三学院の御朱印です。
関東百八地蔵霊場の札所として初めて参拝に訪れたのですが、意外に参道が長く、境内も広くてビックリしました。さらに言うと芝生は手入れもしっかり行き届いており、気持ち良い環境になっています。まったく知識ゼロでの参拝でしたが、どうもかなりの由緒を持つ寺院ではないかと思わされました。目的のお地蔵様は、山門の外、道路を挟んだ反対側の参道の途中に祀られていました。地蔵堂・・・といっても写真の通り、なんとも風通しの良い場所でしたが、こちらに子育地蔵、六地蔵、目疾地蔵の石仏が祀られています。さて境内、本堂ドン!阿弥陀堂ドン!三重塔ドン!で、そのスケールのデカさに圧倒されます。本堂に新しそうな印象を持ちましたが、阿弥陀堂はつい最近、平成21年3月に完成したばかりとのことで綺麗でした。そして手水舎でひと際煌びやかな光を放っていた霊亀!手水舎自体は水も出ずで機能していなかったのですが、なんだかこの霊亀が見れたので良いかな、なんて気になれました。金色の霊亀、つまりお寺の山号にかぶせているようで、高松塚古墳の壁画にある玄武がデザインの元になっているそうです。
御朱印は、寺務所にていただきました。

◎三学院、霊亀。
5三学院0

◎三学院、本堂。
5三学院4

◎三学院、地蔵堂。
5三学院7

◎三学院、阿弥陀堂。
5三学院9

◎三学院、三重塔。
5三学院3

◎三学院、舎利殿。
5三学院09

長念寺@埼玉

◆山・院・寺号
清流山 長念寺(ちょうねんじ)

◆宗派
曹洞宗

◆御本尊
聖観世音菩薩

◆所在地
飯能市白子
西武秩父線・武蔵横手駅より徒歩11分

◆御詠歌
長月を 思う白子の 観世音 幾世絶えせぬ 法のしるべに

◎「武蔵野三十三観音霊場・第29番札所」の御朱印
29長念寺

★雑記
武蔵野三十三観音霊場札所、長念寺の御朱印です。
駅から徒歩でお寺に向かいました。山沿いに秩父方面へ向かう道路が通っていて、ちょっとした住宅街もありつつ、それ以外は基本的に自然に囲まれている環境でした。”川遊び”なんて看板も途中にはあり、橋から眺めると地元の子供でしょう、ワイワイガヤガヤと川に入っていました。境内に立っている看板を見ると、高麗坂東三十三観音霊場の札所(第27番)も兼務しているようです。境内の絵馬処に目をやると、なにやら変わった色の絵馬が掛かっていました。長念寺願昇(ちょうねんじがんしょう)と呼ばれる物らしく、1年間手元に置いておき、願いが叶ったらお寺に奉納する慣わしだとか。かたどられているのは、韋駄天の御姿でした。ザックリ書くと、韋駄天が宇宙に向かって走り目的を達成したとの故事から、願いが天に上って叶えられるようにと作られたそうです。ちなみに、観音堂には韋駄天も祀られているとのことです。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎長念寺、参道。
29長念寺5

◎長念寺、本堂。
29長念寺1

◎長念寺、観音堂。
29長念寺6

◎長念寺、願昇掛け処。
29長念寺7

青木氷川神社@埼玉

鎮守氷川・絵馬

青木氷川神社@埼玉の絵馬です。
川口市青木に鎮守している氷川神社の絵馬です。絵馬に描かれているのは、御祭神である素盞鳴命。こちら、御朱印だとシルエットになって捺されています。それにしても・・・髭なのか髪の毛なのか、顔全体に毛が広がっているので、ライオンのような相貌ですね。

音楽寺@埼玉

◆山・院・寺号
松風山 音楽寺(おんがくじ)

◆宗派
臨済宗 南禅寺派

◆御本尊
聖観世音菩薩

◆所在地
秩父市寺尾

◆御詠歌
音楽の 御声なりけり 小鹿坂の 調べにかよう 峰の松風

◎「秩父三十四観音霊場・第23番札所」の御朱印
23

★雑記
小鹿坂峠の中腹にある音楽寺の御朱印です。
寺院のその名称にあやかって、ミュージシャンや作曲家など音楽関係者、あるいはそちらの道へ進もうと志望する人たちの参拝が多いと言います。そもそもこの音楽寺の名称は、札所を開いた13人の聖者がこの山の松風の音を、まるで菩薩の音楽のように聞いたことからきているそうです。なんとも風情あふれる由来です。もっとも、私は駅からレンタサイクル(非電動)で向かったため、汗水垂らして風情の欠片もない状態でお寺にようよう辿り着いた体でした。徒歩で向かうよりキツかったかもしれません。小鹿坂なんて可愛い名前に似合わずです。またこの小鹿坂の由来は、慈覚大師がこの地に聖なる力を感じて、聖観世音菩薩像を安置して山路を開いたとき、数多くの小鹿が現れて慈覚大師を案内したことから。さて、苦労した割には、境内からの眺めは別段なんてことなかったです。むしろ坂道の途中から眺めた秩父市内の方が、良い具合に視界が開けていたとも言えましょうか。
御朱印は、授与所にていただきました。

◎音楽寺、観音堂。
23R02

◎音楽寺への途中、風景。
23R08

聖神社@埼玉

聖神社・埼玉2

聖神社@埼玉の絵馬です。
和同開珎で知られ、金運・開運で有名な神社です。以前に掲載した和同開珎型の絵馬の他に、こういった一般的な形状の絵馬もありました。

瑠璃光寺@埼玉

◆山・院・寺号
深谷山 光明院 瑠璃光寺(るりこうじ)

◆宗派
天台宗

◆御本尊
釈迦如来

◆所在地
深谷市稲荷町北
JR高崎線・深谷駅より徒歩15分

◎「関東九十一薬師霊場・第39番札所」の御朱印
39瑠璃光寺

★雑記
「深谷の虎薬師」と呼ばれる瑠璃光寺の御朱印です。
関東九十一薬師霊場の他、埼玉十三仏霊場の第12番となっています。もっとも、この埼玉十三仏霊場は、検索してもまったくヒットしなくてよくわかりません。さらに、深谷七福神・七草寺霊場で、大黒天・ハギの寺にもなっています。庫裡の前には、新しそうな大黒天の大きな石像が立っています。お寺自体は、大同2年(807)創建というとても古いお寺です。かなり広い境内は公園としても利用されているようで、ブランコや鉄棒、滑り台も設置されていました。時期が良かったと言いますか、イチョウの黄色い絨毯が綺麗でした。
御朱印は、庫裡にていただきました。私が病気平癒で薬師霊場を回っているということで、お守りもいただきました。

◎瑠璃光寺、仁王門。
瑠璃光寺・仁王門

◎瑠璃光寺、境内。
瑠璃光寺3

◎瑠璃光寺、境内。
瑠璃光寺2

◎瑠璃光寺、地蔵堂。
瑠璃光寺・地蔵堂

◎瑠璃光寺、大黒天像。
瑠璃光寺・大黒天

聖神社@埼玉

◆名称
聖神社(ひじりじんじゃ)

◆御祭神
金山彦命(かなやまひこのみこと)
国常立命(くにのとこたちのみこと)
大日霊貴命(おおひるめむちのみこと)
神日本磐余彦命(かむやまといわれひこのみこと)
元明金命(げんみょうかがねのみこと)

◆所在地
秩父市黒谷
秩父鉄道・和銅黒谷駅より徒歩5分

聖神社・秩父

★雑記
非表示。

◎聖神社、社殿。
聖神社1
続きを読む

聖神社@埼玉

聖神社・埼玉1

聖神社@埼玉の絵馬です。
和同開珎、日本史の教科書ではお馴染みですね。同じデザインの絵馬が、こちら聖神社では用意されていました。やはり金運UPの願望を書いた、多くの絵馬が奉納されていました。

慈恩寺@埼玉

◆山・院・寺号
華林山 最上院 慈恩寺(じおんじ)

◆宗派
天台宗

◆御本尊
千手観世音菩薩

◆所在地
さいたま市岩槻区慈恩寺
東武野田線・東岩槻駅より徒歩30分

◆御詠歌
(坂東三十三ヶ所観音霊場)
慈恩寺へ 詣る我が身も たのもしや 浮かぶ夏島を 見るにつけても

◎「坂東三十三ヶ所観音霊場・第12番札所」の御朱印
12慈恩寺

★雑記
坂東三十三ヶ所観音霊場札所、慈恩寺の御朱印です。
”東岩槻駅からバスが出ている”との情報だけをメモってアテにしていたのですが、本数があまりにも無くて歩くことに。おまけに途中から風に小雨が混じり、なかなか大変な参拝になりました。お寺は境内を囲む壁なども無く、えらくオープンな雰囲気を持っていました。こんな天気にもかかわらず、多くの参拝者がいたのも意外でした。本堂などの堂宇とは別に、寺務所が設けられていました。奉納されたものでしょうか、こちらの壁には霊場の御朱印軸や額が、所狭しと掲げられていました。
御朱印は、寺務所にていただきました。御本尊が揮毫される最近の御朱印とは一線を画すような、寺院名が真ん中にドンと揮毫された珍しいものでした。

◎慈恩寺、境内。
慈恩寺

宥勝寺@埼玉

◆山・院・寺号
西光山 無量寿院 宥勝寺(ゆうしょうじ)

◆宗派
真言宗 智山派

◆御本尊
不動明王

◆所在地
本庄市大字栗崎

◎「関東百八地蔵尊霊場・第17番札所」の御朱印
17宥勝寺

★雑記
本庄市栗崎の宥勝寺の御朱印です。
新幹線の本庄早稲田駅から300メートルほどの、線路沿いの場所にあります。ですから新幹線が通過すると、心なしか地面が揺れるような感じがしていました。境内の周辺は畑で、建物は木々に囲まれているので基本的には静かなのですがね。私は関東百八地蔵霊場での参拝でしたが、こちら宥勝寺は関東八十八ヶ所霊場の札所として知られています。実際に御住職も、地蔵霊場での御朱印はほぼ書いた記憶が無いとのことでした。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎宥勝寺、本堂。
宥勝寺

神門寺@埼玉

◆山・院・寺号
白道山 神門寺(ごうどじ)

◆宗派
曹洞宗

◆御本尊
聖観世音菩薩

◆所在地
秩父市下宮地町5丁目

◆御詠歌
ただ頼め 六則共に 大悲をば 神門に立ちて 助け給える

◎「秩父三十四観音霊場・第18番札所」の御朱印
18

★雑記
秩父観音霊場札所、神門寺の御朱印です。
こちらへは、西武秩父駅前からレンタサイクルで向かいました。境内の案内板によれば、元々この場所には神社が鎮座していて、その境内にあった榊の木の枝が左右に分かれ、空に伸びて結び合った姿から神門と呼ばれていたとのこと。もっとも、年月を経て木も枯れて神社も廃れてしまったそうですが、あるとき「神社ではなくお寺を建てろ」と巫女に神託があったことで、今の神門寺が建てられたそうです。なんとも神秘的なエピソードです。さて、境内は意外に狭いです。その狭い中に、本堂、不動堂、蓮華堂が配されています。ここで団体にカチ合うとつらいでしょうね。私の参拝時は、3人程度の参拝者しかいませんでしたが。次の第19番札所へ向かうには、交通量の激しい道路を横切る必要があります。信号がないので、結構スピードを出している車が激しく往来しています。これはちょっとな、と思いました。
御朱印は、納経所(朱印所)にていただきました。

◎神門寺、本堂。
18神門寺

川口神社@埼玉

◆名称
川口神社(かわぐちじんじゃ)

◆御祭神
素戔鳴尊(すさのをのみこと)
菅原道真公(すがわらみちざねこう)
宇迦之御魂命(うかのみたまのみこと)
保食命(うけもちのみこと)
金山彦命(かなやまひこのみこと)

◆所在地
川口市金山町
埼玉高速鉄道・川口元郷駅より徒歩12分

川口神社

★雑記
川口市総鎮守、川口神社の御朱印です。
境内の案内板によると、平安時代に大宮の氷川神社から分祀・勧請されたのが始まりとのこと。そのため、元々は氷川社(氷川大明神)と称されていたそうです。なるほど、だからこの御祭神なのですね。そして川口神社の名称になったのは、明治42年2月になってからだそうです。正面の鳥居から境内に入ると、シュッと伸びた長くもなく短くもない参道が拝殿まで続いています。右側には、びっしりと絵馬の掛かった絵馬処、拝殿裏に回ると・・・だだっ広い!末社がポツポツと間を空けて並んでいるだけで、遊びのある空間でした。
御朱印は社務所にていただきました。えらく力強い筆遣いです。初穂料は500円からとのことでした。

◎川口神社、拝殿。
川口神社・拝殿

川越日枝神社@埼玉

◆名称
川越日枝神社(かわごえひえじんじゃ)

◆御祭神
大山咋神(おおやまくいのかみ)

◆所在地
川越市小仙波町1丁目

川越日枝神社

★雑記
川越日枝神社の御朱印です。
慈覚大師が喜多院と中院の無量寿寺を中興する際、大津の日吉大社から勧請したのがこちらの始まりとのことです。そんな歴史の深い神社ですが、どうも常に無人のようです。参拝者や観光客も、お隣の喜多院の方に流れていて、日枝神社の方には足を向けていません。御朱印も、大小2サイズで印刷されたものが、ビニールに入れられて無造作に賽銭箱の横に置かれているだけでした。

◎川越日枝神社、宮殿。
川越日枝神社・宮殿

弥勒寺@埼玉

◆山・院・寺号
光岩山 釈迦院 弥勒寺(みろくじ)
通称:岩槻大師

◆宗派
真言宗 智山派

◆御本尊
五大明王(中尊、大聖不動明王)

◆所在地
さいたま市岩槻区本町2丁目
東武野田線・岩槻駅より徒歩10分

◆御詠歌
(寺院御詠歌・関東三十六不動霊場御詠歌)
三密の 護摩火 喜多向き不動尊 七世の父母や 遍路打つ寺

◎「関東三十六不動霊場・第31番札所」の御朱印
31岩槻大師02

◎「関東三十六不動霊場・第31番札所」の御朱印
31岩槻大師01

★雑記
岩槻大師こと、弥勒寺(弥勒密寺)の御朱印です。
境内はさほど広くないのですが、本堂の他に薬師堂や交通祈祷殿、稲荷堂、写経剃髪殿などがあり、十三仏の参拝もできます。本堂の地下には、いわゆるミニ四国八十八ヶ所霊場の地下仏殿があります。境内に立つ修行大師像も、真言宗寺院ではよく見掛ける風景です。その修行大師像は、人形の町として知られる岩槻なので、このような姿+人形大師という名前になっているのでしょう。こちらの寺院は、関東三十六不動霊場以外にも、奥の細道百ヶ所霊場のうちの関東路三十三ヶ所霊場の第13番札所になっています。
御朱印は、本堂内授与所にていただきました。

◎岩槻大師、山門。
岩槻大師・山門

◎岩槻大師境内、人形大師。
人形大師

八坂神社(川越氷川神社)@埼玉

◆名称
八坂神社(やさかじんじゃ)
[川越氷川神社 摂社]

◆御祭神
素盞嗚尊(すさのおのみこと)
奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)

◆所在地
川越市宮下町2丁目

八坂神社・川越氷川神社境内

★雑記
川越総鎮守の川越氷川神社の摂社、八坂神社の御朱印です。
氷川神社拝殿のすぐ横に祀られ、病気や傷病の平癒、災難除けの神様として多くの信仰を集めています。参拝日は七五三で大賑わいの境内で、あまりの混雑っぷりに心身共に疲れました。ですので御朱印をいただいて、早々に退散しました。またの機会にノンビリと参拝したいです。
御朱印は、川越氷川神社の授与所にていただきました。

蓮馨寺@埼玉

◆山・院・寺号
孤峯山 宝池院 蓮馨寺(れんけいじ)

◆宗派
浄土宗

◆御本尊
阿弥陀如来

◆所在地
川越市連雀町7丁目
西武新宿線・本川越駅より徒歩5分

◆御詠歌
濁り無く 心を何にと 例えけん 蓮(はちす)における 雪の白玉

◎「福禄寿:小江戸川越七福神」の御朱印
小江戸川越七福神・蓮馨寺

蓮馨寺

★雑記
小江戸川越七福神で、福禄寿を祀る蓮馨寺の御朱印です。
関東十八檀林にも指名される格式あるお寺ですが、境内はそんな堅苦しさも無く、やけに開放的な空間でした。普通の公園のようなスポットです。ただ、場所柄、人の出は多かったです。特に毎月8日は、呑龍上人の縁日で”呑龍デー”と言われるらしく、川越名物とまでされるほどに混雑するのだとか。
御朱印は、呑龍堂脇の授与所にていただきました。

◎蓮馨寺、呑龍堂。
蓮馨寺・川越18檀林

水宮神社@埼玉

◆名称
水宮神社(みずみやじんじゃ)

◆御祭神
天照大神(あまてらすおおかみ)
素戔鳴命(すさのおのみこと)
木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)
誉田別命(ほんだわけのみこと)
大國主命(おおくにぬしのみこと)
罔象女神(みずはのめのかみ)

◆所在地
富士見市水子
東武東上線・みずほ台駅より徒歩20分

水宮神社

★雑記
摩訶山 般若院として創建された、水宮神社の御朱印です。
京都の聖護院を本寺とする本山修験宗の加持祈祷寺院だったのが、明治の神仏分離令で水宮神殿となり、水宮神社と名称を変えたのは平成5年に入ってという実に新しい神社です。宮司宅の庭=境内といった手狭な感じなのですが、綺麗に整えられていました。カラフルな風車が地面に等間隔に刺さっており、そこいら辺は寺院の名残のような印象もあります。ただ・・・最も大きな違和感は、社殿前の狛蛙でしょうか。狛犬ならぬゲロゲ~ロて!?公式サイトには、狛蛙の伝承が載っていますので一読を。
御朱印は、社殿脇の授与所にていただきました。

◎水宮神社、社殿。
摩訶山般若院

龍泉寺@埼玉

◆山・院・寺号
医王山 龍泉寺(りゅうせんじ)

◆宗派
曹洞宗

◆御本尊
釈迦牟尼仏

◆所在地
行田市若小玉
秩父鉄道・東行田駅より徒歩20分

◎「関東九十一薬師霊場・第37番札所」の御朱印
37龍泉寺

★雑記
関東九十一薬師霊場、龍泉寺の御朱印です。
薬師如来は若小玉薬師と呼ばれ、日光・月光菩薩の脇侍と眷属の十二神将と共に祀られているそうです。秘仏なので、拝観はできませんけれど。またここ龍泉寺の山門は、江戸時代創建のとても古いものだとか。ガイドブックによれば、関東の薬師霊場以外にも、行田十三薬師霊場の第8番札所となっているようです。ううん、またしても検索にヒットしない霊場名が出てきたなぁ・・・誰か情報を持っていないだろうか。
御朱印は、庫裡にていただきました。寺印が90度傾いているのは、まぁご愛敬ということで。

◎龍泉寺、境内。
医王山 龍泉寺

永源寺@埼玉

◆山・院・寺号
長渓山 永源寺(えいげんじ)

◆宗派
曹洞宗

◆御本尊
釈迦牟尼如来

◆所在地
坂戸市仲町
東武東上線・坂戸駅より徒歩10分

永源寺

★雑記
坂戸市指定無形民俗文化財に指定されている、釈尊降誕祭で有名な永源寺の御朱印です。釈尊降誕祭(花まつり)の際に、参拝して御朱印をいただきました。年1日のこのお祭りには、十万余の人出があるのだとか。そんなに混んでる印象はなかったのですが・・・。お寺にありがちな、塀で閉ざされた場所になっておらず、解放的な空間だったのでそう感じたのかもしれません。

◎大本堂(大鐘殿法堂)。
永源寺・坂戸

地福寺@埼玉

◆山・院・寺号
瑞応山 地蔵院 地福寺(じふくじ)

◆宗派
天台宗

◆御本尊
阿弥陀如来

◆所在地
和光市白子2丁目
東京メトロ有楽町線・成増駅より徒歩12分

◎「関東百八地蔵霊場・第7番札所」の御朱印
7地福寺

★雑記
雪の残る地福寺に参拝してきました。
境内も人の歩くところは雪も無くなっていましたが、まだまだ白いところが多くを占めていました。墓地の方からなにやら読経が聞こえてきましたが、肝心の声の主が遠目からだからか見当たらず、しかし抑揚からどうもスピーカーから流れているっぽい気がしました。境内には他に参拝者もおらず、ノンビリ聞き入っていました。
御朱印は、寺務所にていただきました。門前の看板には、”第17番札所”となっていますが、実際には”第7番札所”になります。

◎山門。
地福寺

見立寺@埼玉

◆山・院・寺号
寿昌山 了心院 見立寺(けんりゅうじ)

◆宗派
浄土宗

◆御本尊
阿弥陀如来

◆所在地
川越市元町2丁目

◎「御本尊」の御朱印
見立寺

◎「布袋尊:小江戸川越七福神」の御朱印
小江戸川越七福神・見立寺

★雑記
小江戸川越七福神で、布袋尊を祀る見立寺の御朱印です。
七福神の縁日とは関係なく、多くの参拝者が御本尊へと手を合わせていましたね。ちなみに掲示されていたこの日の標語は、「無理をしないで怠けない」と「現在は過去の集積 未来は今の積み重ね」でした。ま、未来仏である弥勒菩薩の化身とされる布袋尊を祀ってあるからでしょうか?
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎見立寺、本堂。
見立寺0

一乗院@埼玉

◆山・院・寺号
星光山 新善光寺 一乗院(いちじょういん)

◆宗派
天台宗

◆御本尊
一光三尊阿弥陀如来

◆所在地
川越市鴨田

◆御詠歌
沼北の 夜空に光る 星の下 法華経の◎◎ 有り難きかな

◎「関東百八地蔵霊場・第2番札所」の御朱印
2・一乗院・新善光寺

★雑記
川越市、新善光寺 一乗院の御朱印です。
寺院の名称からもわかる通りに、長野の善光寺と同一の御本尊であり、全国善光寺会にも名を連ねる寺院です。境内に設置されたスピーカーからは、ありがたいと言うかくどいと言うか、ずっと説法なりあ~だこ~だといったしゃべくりなりが垂れ流されていました。こういうのはちょっと勘弁ですね。御詠歌が石碑に彫り込まれているのですが、2文字が判別できませんでした。
御朱印は、庫裡にていただきました。味のある和紙での貼り付けタイプでした。

◎一乗院、山門。
新善光寺 一乗院5

◎一乗院、厄除け延命地蔵像。
新善光寺 一乗院

御朱印とは@大宮氷川神社

大宮氷川神社・御朱印とは

埼玉の大宮氷川神社にて。

高城神社@埼玉

◆名称
高城神社(たかぎじんじゃ)

◆御祭神
高皇産霊尊(たかむすびのみこと)

◆所在地
熊谷市宮町2丁目
JR線・熊谷駅より徒歩10分

高城神社

★雑記
延喜式神明帳の大里郡一座に記されている高城神社の御朱印です。
熊谷総鎮守とされる、格式高い神社です。由緒書きによると、境内社の熊野社がここ熊谷の地名の元になったのだとか。縁結びや商売繁盛、家内安全もご利益があるということで、私の参拝日にも何組もの祈願申込者が訪れていました。
御朱印は、社務所にていただきました。

東福寺@埼玉

◆山・院・寺号
小林山 虚空院 東福寺(とうふくじ)

◆宗派
真言宗 豊山派

◆御本尊
虚空蔵菩薩

◆所在地
越谷市東越谷1丁目
東武伊勢崎線・越谷駅より徒歩12分

◎「関東九十一薬師霊場・第27番札所」の御朱印
27

★雑記
小林薬師こと、東福寺の御朱印です。
霊場印が「武州東越谷27番」となっていますが、東越谷地域で該当する霊場がまったくヒットしません。国会図書館へは、これ目的で行ってないので結論付けるのはどうかと思いつつも、単に”関東九十一薬師霊場で、東越谷にある第27番札所ですよ”、という意味かなと思っています。ガイドブックによると薬師堂には、眷属の十二神将も祀られているそうです。残念ながら、直接の拝観は不可能でした。ガイドブックの写真に比べて、その薬師堂は綺麗に建て替えられていました。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎東福寺、境内。
小林山 虚空院 東福寺7

◎東福寺、薬師堂。
小林山 虚空院 東福寺

大長寺@埼玉

◆山・院・寺号
亀通山 行田院 大長寺(だいちょうじ)

◆宗派
浄土宗

◆御本尊
釈迦如来三尊仏

◆所在地
行田市行田
秩父鉄道・行田市駅より徒歩5分

大長寺

★雑記
山門すぐのところに大仏様が祀られている、大長寺の御朱印です。
道路からも見えるこの大仏様、名前もそのまま大長寺大仏と呼ばれており、身の丈3.6メートル、重量6.7トンもあります。元々、享保年間に建立された大仏が大戦で供出され、平成8年に復元されたものだそうです。禅定印を見てわかる通り、浄土宗の御本尊の阿弥陀様です。
ご住職も寺庭さんもえらく明るく親切な方で、私が初・行田と知ると、あれやこれやと観光名所のパンフを差し出してくれました。どこかへ出掛ける前の様子でしたのに、感謝感謝です。また訪れたい寺院です。
御朱印は、棟方志功でしょうかね。

大長寺・大仏
カテゴリ別アーカイブ
タカツキ
23区を中心に
休日にのみフラフラと
病人なんでノンビリと
御朱印を集印中。
御朱印帳は、派手系好き
時々、絵馬。
ヘッダー写真は、
気分次第でチェンジ。

携帯電話からだと
strikeのタグが
反映されないのか。
う~ん。。。

●今年の状況●
武相二十八不動
(結願/28)
都筑橘樹二十五地蔵
(結願/25)
三浦二十一薬師
(結願/21)
関東三十六不動
(35/36)
関東九十一薬師
(76/91)
関東八十八ヶ所
(31/95)
豊島八十八ヶ所
(87/88)
阿波西国三十三観音・東部
(24/33)
阿波西国三十三観音・西部
(15/33)
四国三十六不動
(17/36)
下総三十三観音
(14/34)
名古屋二十一大師
(7/21)
和歌山西国三十三観音
(13/36)
安房国四十八薬師
(12/48)
知多四国八十八ヶ所
(3/98)
桶狭間十三仏
(7/13)


こっそり御朱印帳メモ

記事検索
メッセージ

こちらからの返信や回答を希望される場合は、返信先も記載してください。

名前
メール
本文
Pilgrimage
平成26年御開帳情報メモ
都道府県別リンク
【千葉県】の掲載一覧
【埼玉県】の掲載一覧
【東京都】の掲載一覧
【神奈川県】の掲載一覧
【愛知県】の掲載一覧
【大阪府】の掲載一覧
【徳島県】の掲載一覧
【香川県】の掲載一覧
【愛媛県】の掲載一覧
【高知県】の掲載一覧
  • ライブドアブログ