マッハ墨朱&絵馬による布陣(仮)~御朱印ブログ~

御朱印と御朱印帳、時々絵馬。メモ代わり兼ひとりでニヤニヤと悦に浸るためだけの場

京都市

2010年10月から2020年10月までの記録。

清浄華院@京都

◆山・院・寺号
清浄華院(しょうじょうけいん)

◆宗派
浄土宗

◆御本尊
阿弥陀如来

◆所在地
京都市上京区寺町広小路上ル
京阪線・出町柳駅より徒歩7分
市営地下鉄烏丸線・今出川駅より徒歩8分

◆御詠歌
雪のうちに 仏の御名を 唱ふれば 積もれる罪ぞ やがて消えぬる

◎「法然上人二十五霊場・第23番札所」の御朱印
23清浄華院

★雑記
浄土宗大本山7ヶ寺のひとつ、清浄華院の御朱印です。

(平成22年11月記)
法然上人二十五霊場として参拝しました。観光地化されていない寺院ですので、私以外に参拝者のいない静かな境内でした。御朱印帳を預けると、「中でお参りを」とのこと。電気もなく、外からの陽だけで明るさを保っている薄暗い大殿(御影堂)の中で、むにゃむにゃとお参りしてきました。
御朱印は、大方丈にていただきました。

金剛寺(八坂庚申堂)@京都

◆山・院・寺号
大黒山 金剛寺 八坂庚申堂(やさかこうしんどう)

◆宗派
天台宗

◆御本尊
青面金剛

◆所在地
京都市東山区金園町

金剛寺・八坂庚申堂

★雑記
日本三庚申のひとつ、八坂庚申堂の御朱印です。
ちなみに他のふたつは、大阪の四天王寺庚申堂と、こちらは現存しませんが東京の入谷庚申堂とのことです。由緒書きによると、ここには独特の”こんにゃく祈祷”っていうのがあるそうで、その名の通りこんにゃくに病気や願いを封じて祈祷するのだとか。他にもタレコ封じっていうのがあり、これは下のお世話にならないで済む祈祷だとか。
御朱印は、授与所にていただきました。お寺のことや周辺の観光情報など、色々とお話しいただきました。

◎八坂庚申堂、境内。
八坂庚申堂

六孫王神社@京都

◆名称
六孫王神社(ろくそんのうじんじゃ)

◆御祭神
六孫王大神(ろくそんのうおおかみ)

◆所在地
京都市南区壬生通八条角
各線・京都駅より徒歩12分

◎「京都十六社めぐり」の御朱印
六孫王神社・京都16社

★雑記
京都十六社めぐりのひとつ、六孫王神社の御朱印です。
清和源氏の始祖である経基王が祀られているので、清和源氏発祥の地として参拝者が絶えないそうです。御朱印にある六角紋の両側は、龍をかたどっているのだとか。確かに言われてみれば、そう見えなくもないですね。
御朱印は、社務所で依頼して授与所にていただきました。

◎六孫王神社、社殿。
六孫王神社

御霊神社@京都

◆名称
御霊神社(ごりょうじんじゃ)
通称:上御霊神社

◆御祭神
崇道天皇(すどうてんのう)
井上大皇后(いのえのおおひきさき)
他戸親王(おさべしんのう)
藤原大夫人(ふじわらのたいふじん)
橘逸勢(たちばなのはやなり)
文大夫(ぶんのたいぶ)
火雷神(からいしん)
吉備真備(きびのまきび)

◆所在地
京都市上京区上御霊竪町
地下鉄烏丸線・鞍馬口駅より徒歩3分

上御霊神社

★雑記
京都十六社のひとつ、御霊神社の御朱印です。
もっとも、後で知ったのですがこの京都十六社の括り、年始のイベントだけなのだそう。ですが御朱印は通年でいただけますし、参拝ももちろん可能です。中心街からは離れているので、参拝者は片手程度だけといった境内でした。どこへ行っても人の多い京都の社寺においては、逆にそれがありがたいですね。
御朱印は、授与所にていただきました。

◎上御霊神社、鳥居。
上御霊神社

今熊野観音寺@京都

◆山・院・寺号
新那智山 観音寺(かんのんじ)
通称:今熊野観音寺

◆宗派
真言宗 泉涌寺派

◆御本尊
十一面観世音菩薩

◆所在地
京都市東山区泉涌寺山内町

◆御詠歌
(洛陽三十三観音霊場)
昔より 経つとも知らぬ 今熊の 仏の誓い 新たなりけり

◎「洛陽三十三観音霊場・第19番札所」の御朱印
19

◎「東山大師」の御朱印
今熊野観音

★雑記
通称、今熊野観音寺の御朱印です。
泉涌寺参道から脇に逸れ、鳥居橋を渡ると景色はさらに緑深くなり、今熊野観音寺の境内に至ります。流石に西国観音霊場の札所と言ったところでしょうか、結構老老男女で賑わっていました。そうですね、ボケ封じ観音でもあるので若い人はいませんでした。
御朱印は、本堂前の朱印所にていただきました。いただける御朱印の見本が、額に入って掲げられていました。

◎今熊野観音寺、参道。
今熊野観音寺

◎今熊野観音寺、本堂。
今熊野観音寺1

◎今熊野観音寺、大師堂とぼけ封じ観音像。
今熊野観音寺2

錦天満宮@京都

◆名称
錦天満宮(にしきてんまんぐう)

◆御祭神
菅原道真(すがわらみちざね)

◆所在地
京都市中京区新京極通

nishiki

★雑記
新京極の錦天満宮の御朱印です。
繁華街のまさにど真ん中、人通りが絶えない場所にあります。とにかく神社の前の通りも境内も、人でごった返しています。人だかりに釣られて思わず境内に足を踏み入れた、って感じの参拝者の姿も多く見受けられました。日が暮れてからの方が、こちらの境内は味が出てくると個人的には感じます。
御朱印は、授与所にていただきました。印刷のみでの対応とのことでした。

◎錦天満宮、社殿。
錦天満宮

薬師院@京都

◆山・院・寺号
医徳山 薬師院(やくしいん)
通称:不来乎薬師(こぬかやくし)

◆宗派
黄檗宗

◆御本尊
薬師如来

◆所在地
京都市中京区釜座通

◆御詠歌
皆人の 古ぬを於楚しと 満ちたまう 薬師の誓い 多能もし起可那

◎「京都十二薬師霊場・第9番札所」の御朱印
konukayakushi

★雑記
通称・こぬか薬師と呼ばれる薬師院の御朱印です。
ビルの谷間に、ポツンと小さなお堂が建っています。この日はタイミング良く御朱印帳に御朱印をいただけましたが、御住職不在時用に本堂前に書き置きが準備されていました。またこちらでは、かつて黄檗宗大本山の萬福寺で、料理長を務められた住職お手製の菓子をいただきました。宿坊もありますので、宿泊して堪能するのも良いかもしれません。また、門前にある案内板の布袋尊像のイラストも、御住職の手によるものだとのことでした。
御朱印は、寺務所にていただきました。

◎不来乎薬師、薬師堂。
不来乎薬師
カテゴリ別アーカイブ
タカツキ
23区を中心に
休日にのみフラフラと
病人なんでノンビリと
御朱印を集印中。
御朱印帳は、派手系好き
時々、絵馬。
ヘッダー写真は、
気分次第でチェンジ。

携帯電話からだと
strikeのタグが
反映されないのか。
う~ん。。。

●今年の状況●
関東三十六不動
(35/36)
関東九十一薬師
(76/91)
関東八十八ヶ所
(60/95)
豊島八十八ヶ所
(87/88)
阿波西国三十三観音・東部
(24/33)
阿波西国三十三観音・西部
(15/33)
四国三十六不動
(17/36)
下総三十三観音
(14/34)
名古屋二十一大師
(7/21)
和歌山西国三十三観音
(13/36)
安房国四十八薬師
(12/48)
知多四国八十八ヶ所
(3/98)
桶狭間十三仏
(7/13)


こっそり御朱印帳メモ

記事検索
メッセージ

こちらからの返信や回答を希望される場合は、返信先も記載してください。

名前
メール
本文
Pilgrimage
平成26年御開帳情報メモ
都道府県別リンク
【千葉県】の掲載一覧
【埼玉県】の掲載一覧
【東京都】の掲載一覧
【神奈川県】の掲載一覧
【愛知県】の掲載一覧
【大阪府】の掲載一覧
【徳島県】の掲載一覧
【香川県】の掲載一覧
【愛媛県】の掲載一覧
【高知県】の掲載一覧
  • ライブドアブログ