マッハ墨朱&絵馬による布陣(仮)~御朱印ブログ~

御朱印と御朱印帳、時々絵馬。メモ代わり兼ひとりでニヤニヤと悦に浸るためだけの場

京都十六社

2010年10月から2020年10月までの記録。

六勝神社(敷地神社)@京都

◆名称
六勝神社(ろくしょうじんじゃ)

◆御祭神
倉稲魂命(うかのみたまのみこと)
他、五柱

◆所在地
京都市北区衣笠天神森町

わら天神宮・六勝神社

★雑記
六勝神社の御朱印です。
こちら、京都十六社めぐりの1社であり、わら天神宮として知られる敷地神社の境内摂社になります。名称の六勝が、「六つかしい(難しい)ことに勝つ」とも読めることから、必勝や成功、開運、合格祈願のご利益を受けるとして信仰されているようです。ちなみに六勝とは、祀ってある神様が六柱だからとも解説されています。主祭神の倉稲魂命(稲荷)に加えて、伊勢、石清水、賀茂、松尾、春日の五柱とのこと。だからでしょうか、御朱印も六角形になっています。
御朱印は、わら天神宮の授与所にていただきました。

◎六勝神社、社殿。
わら天神宮・六勝神社9

敷地神社@京都

◆名称
敷地神社(しきちじんじゃ)
通称:わら天神宮

◆御祭神
木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)

◆所在地
京都市北区衣笠天神森町

わら天神宮・京都16社

★雑記
京都十六社の一社、敷地神社の御朱印です。
一般的にと言いますか、ほぼ通称の「わら天神宮」でしかその名前を知られていないようで。確かにガイドブックをパッと見ると、正式名称の敷地神社そっち除けで、わら天神(宮)での記載ばかりです。じゃあ現地ではどうなのか、社号標は「わら天神敷地神社」で鳥居の扁額は「わら天神宮」でした。加えて、私も最初はてっきり天神様のお宮かと思っていましたら、木花開耶姫命が御祭神というね。住所も天神森だし、判断が難しいものです。金閣寺方面へのバスに乗って向かったものですから、朝の通勤ラッシュ並みに満員の車内でした。途中下車してわら天神に向かう人は自分以外おらず、境内も地元の人らしきがショートカットに利用しているのか?くらいのものでした。ちょっとしたお休み処もあるので、日陰で足休めとなりました。
御朱印は、授与所にていただきました。六勝神社の御朱印も、こちらでいただけます。

◎わら天神宮、参道。
わら天神宮1

◎わら天神宮、社殿。
わら天神宮0

霊場メモ@京都十六社巡り

年始のイベントとして、御朱印+神社巡りを一緒に行なっている16社です。
御朱印自体は通年いただけますので、特に人混みを掻き分けて年始に回る必要も無さそうです。この16社を回っておけば、だいたいの願いは叶いそうな感じですね。いくつかの神社では、オリジナルの御朱印帳も頒布しているので、それで回るのも良いかもしれません。印のみをいただくタイプで、ペラ1の専用冊子もあります。

【京都十六社巡り】
01.今宮神社 京都市北区紫野今宮町
02.敷地神社(わら天神宮) 京都市北区衣笠天神森町
03.上御霊神社 京都市上京区上御霊前通烏丸東入上御霊竪町
04.西院春日神社 京都市右京区西院春日町
05.六孫王神社 京都市南区壬生通八条角
06.市比賣神社 京都市下京区河原町五条下ル一筋目西入
07.岡崎神社 京都市左京区岡崎東天王町
08.熊野神社 京都市左京区聖護院山王町
09.熊野若王子神社 京都市左京区若王子町
10.豊国神社 京都市東山区大和大路通正面茶屋町
11.粟田神社 京都市東山区粟田口鍛冶町
12.新熊野神社 京都市東山区今熊野椥ノ森町42
13.吉祥院天満宮 京都市南区吉祥院政所町
14.藤森神社 京都市伏見区深草鳥居崎町
15.御香宮神社 京都市伏見区御香宮門前町
16.長岡天満宮 長岡京市天神

粟田神社@京都

◆名称
粟田神社(あわたじんじゃ)

◆御祭神
素盞嗚尊(すさのおのみこと)
大己貴命(おおなむちのみこと)

◆所在地
京都市東山区粟田口鍛冶町
京都市営地下鉄東西線・東山駅より徒歩6分

粟田神社

★雑記
京都十六社の一社、粟田神社の御朱印です。
鳥居の扁額は、江戸時代までの呼び名である感神院新宮となっていました。その鳥居の先には、境内へと緩やかに上る参道坂道&石段が続いています。石段は幅も広いし、傾斜も急じゃないので楽に境内へと至ることができます。最近は、刀剣乱舞(とうらぶ)というゲームの影響で、若い女性の参拝者で大いに賑わっている神社のひとつと聞いていたのですが・・・意外にも静かな境内。確かにそれらしい女性グループもチラホラと見受けられましたが、別段キャピキャピしているでもなく、ただ単に写真を撮って授与所に寄ってといったくらいでした。刀工の三条宗近が粟田神社付近に住んでいたという所縁の地らしいのことですが、刀剣の三日月宗近そのものは東京国立博物館に所蔵されているということ。まぁ、確かにそれ以上することもないですよね。境内はやや高い場所にあるので、平安神宮の朱色の鳥居も見えます。神社へは、旅立ち、旅行安全のご利益があるとされているので、帰り道の交通安全を祈っておきました。
御朱印は、授与所にていただきました。こちらでは、境内末社の鍛冶神社の御朱印もいただけます。オリジナルの御朱印帳は、入荷待ちとのことです。

◎粟田神社、参道。
粟田神社8

◎粟田神社、社殿。
粟田神社9

◎粟田神社、境内。
粟田神社0

◎粟田神社、境内からの眺め。
粟田神社1

熊野神社@京都

◆名称
熊野神社(くまのじんじゃ)

◆御祭神
伊弉冉尊(いざなみのみこと)
伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
天照大神(あまてらすおおみかみ)
速玉男尊(はやたまのをのみこと)
事解男尊(ことさかのをのみこと)

◆所在地
京都市左京区聖護院山王町
京阪電車鴨東線・神宮丸太町駅より徒歩5分

熊野神社・京都16社

★雑記
京都十六社朱印巡りのひとつ、熊野神社の御朱印です。
こちらの熊野神社は、丸太町通りと東大路通りの交わるところ、往来の激しい交差点の角に鎮座しています。京都十六社朱印巡りは、通年で御朱印をいただけることもあって割と浸透しているのか、私のすぐ後にも御朱印をいただきに来た人が複数いました。かつての聖護院の森と呼ばれる境内には、”八つ橋発祥の地”の石碑がありました。本家西尾八ッ橋の本店も、目と鼻の先にあります。
御朱印は、授与所にていただきました。

◎熊野神社、社殿。
熊野神社

熊野若王子神社@京都

◆名称
熊野若王子神社(くまのにゃくおうじじんじゃ)

◆御祭神
国常立神(くにとこたちのみこと)
伊佐那岐神(いざなぎのみこと)
伊佐那美神(いざなみのみこと)
天照皇大神(あまてらすすめのおおかみ)

◆所在地
京都市左京区若王子町

熊野若王子神社

★雑記
京都十六社のひとつ、熊野若王子神社の御朱印です。
洛中熊野三山のひとつでもありますね。また、”京洛東那智”、”哲学の道起点”といったキャッチコピーもあるようです。とは言え、意外と行きにくい場所に鎮座しているからか、境内には他に2人程度の参拝者しかいませんでした。京都十六社巡りにもなっているので、年始以外もそれなりに参拝者が多いのかな、と思っていたので意外ではありました。
御朱印は、授与所にていただきました。

熊野若王子神社2

熊野若王子神社1

御香宮神社@京都

◆名称
御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ)

◆御祭神
神功皇后(じんぐうこうごう)
他、全9柱

◆所在地
京都市伏見区御香宮門前町
近鉄京都線・桃山御陵駅より徒歩2分

御香宮

★雑記
京都十六社のひとつ、御香宮神社の御朱印です。
伏見九郷の古社から、豊臣秀吉によって伏見城の鬼門守護に移転し、今度は徳川家康によって現在地に再鎮座した歴史を持つ神社です。重要文化財になっている本殿では、ちょうど結婚式の祝詞の真っ最中で、観光気分はあまり涌きませんでした。それ以外にも、人の多さは致し方が無いといったところでしょうか。
ダイナミックな御朱印は、社務所でいただきました。

◎御香宮神社、境内。
御香宮神社

西院春日神社@京都

◆名称
西院春日神社(さいいんかすがじんじゃ)

◆御祭神
建御賀豆智命(たけみかづちのみこと)
伊波比主命(いわいぬしのみこと)
天児屋根命(あめのこやねのみこと)
比売神(ひめがみ)

◆所在地
京都市右京区西院春日町
阪急京都線・西院駅より徒歩2分

西院春日神社

◎オリジナル御朱印帳
西院春日神社・帳

★雑記
京都十六社のひとつ、西院春日神社の御朱印です。
駅から近く、住宅と小学校に挟まれた場所に鎮座する神社。夕刻ちょいと手前の時間帯での参拝でしたが、意外にチラホラと参拝者の姿も。観光客然とした若い女性の姿もありました。京都十六社参りでしょうか。
授与所では、境内摂社の還来神社と境外別宮の西院野々宮神社の御朱印もいただけます。社殿がデザインされたオリジナル御朱印帳は頒布終了とのことですが、神鹿+六尺藤文様の新しいオリジナル御朱印帳がお目見えしていました。
残念ながら、御朱印帳にはカバーやケースも付かず、そのままの受け渡しでした。御朱印帳カバーなどを持参した方が良いかと思います。御朱印帳専門店 HollyHockとか。

新熊野神社@京都

◆名称
新熊野神社(いまくまのじんじゃ)

◆御祭神
熊野牟須美大神(くまのむすびのおおかみ)=伊邪那美命

◆所在地
京都市東山区今熊野椥ノ森町

◎「京都十六社めぐり」の御朱印
新熊野神社

★雑記
京都十六社めぐりのひとつ、新熊野神社の御朱印です。
道路沿いに境内はあり、他の参拝者はいませんでしたがなかなか騒々しいものでした。境内には、能楽発祥の地としての碑も立っています。だからでしょう、御朱印には、能面と御神鳥の八咫烏の印が捺されています。熊野信仰や神仏習合についての解説も書かれた由緒をいただきました。
御朱印は、社務所にていただきました。

◎新熊野神社、境内。
新熊野神社0

◎新熊野神社、社殿。
新熊野神社

岡崎神社@京都

岡崎神社・京都

岡崎神社@京都の絵馬です。
いや、もう、なんて言うかね。。。シンプル、それでいて可愛かった、それだけですよ。

六孫王神社@京都

◆名称
六孫王神社(ろくそんのうじんじゃ)

◆御祭神
六孫王大神(ろくそんのうおおかみ)

◆所在地
京都市南区壬生通八条角
各線・京都駅より徒歩12分

◎「京都十六社めぐり」の御朱印
六孫王神社・京都16社

★雑記
京都十六社めぐりのひとつ、六孫王神社の御朱印です。
清和源氏の始祖である経基王が祀られているので、清和源氏発祥の地として参拝者が絶えないそうです。御朱印にある六角紋の両側は、龍をかたどっているのだとか。確かに言われてみれば、そう見えなくもないですね。
御朱印は、社務所で依頼して授与所にていただきました。

◎六孫王神社、社殿。
六孫王神社

御霊神社@京都

◆名称
御霊神社(ごりょうじんじゃ)
通称:上御霊神社

◆御祭神
崇道天皇(すどうてんのう)
井上大皇后(いのえのおおひきさき)
他戸親王(おさべしんのう)
藤原大夫人(ふじわらのたいふじん)
橘逸勢(たちばなのはやなり)
文大夫(ぶんのたいぶ)
火雷神(からいしん)
吉備真備(きびのまきび)

◆所在地
京都市上京区上御霊竪町
地下鉄烏丸線・鞍馬口駅より徒歩3分

上御霊神社

★雑記
京都十六社のひとつ、御霊神社の御朱印です。
もっとも、後で知ったのですがこの京都十六社の括り、年始のイベントだけなのだそう。ですが御朱印は通年でいただけますし、参拝ももちろん可能です。中心街からは離れているので、参拝者は片手程度だけといった境内でした。どこへ行っても人の多い京都の社寺においては、逆にそれがありがたいですね。
御朱印は、授与所にていただきました。

◎上御霊神社、鳥居。
上御霊神社

長岡天満宮@京都

◆名称
長岡天満宮(ながおかてんまんぐう)

◆御祭神
菅原道真(すがわらみちざね)

◆所在地
長岡京市天神
阪急京都線・長岡天神駅より徒歩10分

nagaoka

★雑記
京都十六社巡りのひとつ、長岡天満宮の御朱印です。
京都十六社巡りは、年始のイベントといった括りだけなのでしょうか?境内にも御朱印にも、特にそれらしい案内はありませんでした。それにしても八條ヶ池はデカいですね。池と称するには、イメージとしてちょっと規格外の大きさだと思うのですが。社殿も鮮やかな朱色で、参拝者も多い賑やかな神社でした。
御朱印は、社務所にていただきました。社務所には、煌びやかな表紙の御朱印帳が6種類置いてありました。

◎長岡天満宮、社殿。
長岡天満宮2

◎長岡天満宮、八條ヶ池。
長岡天満宮
カテゴリ別アーカイブ
タカツキ
23区を中心に
休日にのみフラフラと
病人なんでノンビリと
御朱印を集印中。
御朱印帳は、派手系好き
時々、絵馬。
ヘッダー写真は、
気分次第でチェンジ。

携帯電話からだと
strikeのタグが
反映されないのか。
う~ん。。。

●今年の状況●
関東三十六不動
(35/36)
関東九十一薬師
(76/91)
関東八十八ヶ所
(60/95)
豊島八十八ヶ所
(87/88)
阿波西国三十三観音・東部
(24/33)
阿波西国三十三観音・西部
(15/33)
四国三十六不動
(17/36)
下総三十三観音
(14/34)
名古屋二十一大師
(7/21)
和歌山西国三十三観音
(13/36)
安房国四十八薬師
(12/48)
知多四国八十八ヶ所
(3/98)
桶狭間十三仏
(7/13)


こっそり御朱印帳メモ

記事検索
メッセージ

こちらからの返信や回答を希望される場合は、返信先も記載してください。

名前
メール
本文
Pilgrimage
平成26年御開帳情報メモ
都道府県別リンク
【千葉県】の掲載一覧
【埼玉県】の掲載一覧
【東京都】の掲載一覧
【神奈川県】の掲載一覧
【愛知県】の掲載一覧
【大阪府】の掲載一覧
【徳島県】の掲載一覧
【香川県】の掲載一覧
【愛媛県】の掲載一覧
【高知県】の掲載一覧
  • ライブドアブログ