マッハ墨朱&絵馬による布陣(仮)~御朱印ブログ~

御朱印と御朱印帳、時々絵馬。メモ代わり兼ひとりでニヤニヤと悦に浸るためだけの場

下町八社

下谷神社@東京

◆名称
下谷神社(したやじんじゃ)

◆御祭神
大年神(おおとしのかみ)
日本武尊(やまとたけるのみこと)

◆所在地
台東区東上野3丁目
JR、東京メトロ各線・上野駅より徒歩7分

下谷神社h2901

下谷神社・h28朔

下谷神社・h28

下谷神社

_28

◎下谷神社、オリジナル御朱印帳
下谷神社・帳

★雑記
上野に鎮座する下谷神社の御朱印です。

(平成22年8月記)
上野駅から徒歩でも可能な距離に鎮座しています。道路沿いに大きな鳥居が立っているので、迷わずすぐに場所がわかるはずです。もっとも、最寄りの鉄道駅は、東京メトロの稲荷町駅になります。下谷神社は、都内最古の稲荷神社として、元々は下谷稲荷社や下谷稲荷明神社と呼ばれていたとのこと。そのため、稲荷町駅の名称も、旧町名が稲荷町なのも、下谷神社に由来するそうです。ところで、こちらは下町八社巡りの神社になっていますが、特にそれを示す印は無いようです。オリジナル御朱印帳の表紙は、社殿の天井画として描かれている横山大観の作品です。御朱印とオリジナル御朱印帳は、授与所にていただきました。

(平成28年3月記)
ネットの情報で知ってはいましたが、オリジナル御朱印帳が掲載の黒色の他、白色と赤色(橙色)の計3色取り揃えられていました。デザインは同じようです。また、境内社の隆栄稲荷神社の御朱印授与も開始されたので、そちらもいただいてきました。

(平成28年10月記)
毎月1日に授与される御朱印には、キツネ印が捺されるようになりました。このキツネ印、毎回色が変わるとのこと。キツネなので、最初に赤色がくるかと思いきや、全然違っていました。中の人もノリが悪いことで。

(平成29年1月記)
まだまだ初詣参拝者の多い、下谷神社にお参りしてきました。景気良く、キツネ印は金色でした。しかし一方、御朱印の初穂料が上がっていました・・・。

◎下谷神社、社殿。
下谷神社1

霊場メモ@下町八社福参り

およそ15km、8つの神社を参拝するコースです。
七福神にちなんで、”八福神”とも呼ばれているとか呼ばれていないとか。八方除けや末広がりの8、といった縁起の良さなどもあるのでしょう。いずれにしても、距離としては一日で福をいただけるコースなのでお手軽です。

【下町八社福参り】
一. 住吉神社 中央区佃
二. 小網神社 中央区日本橋小網町
三. 小野照崎神社 台東区下谷
四. 水天宮 中央区日本橋蛎殻町
五. 今戸神社 台東区今戸
六. 下谷神社 台東区東上野
七. 鷲神社 台東区千束
八. 第六天榊神社 台東区蔵前

小網神社@東京

◆名称
小網神社(こあみじんじゃ)
通称:東京銭洗い辨天

◆御祭神
倉稲魂命(うがのみたまのみこと)=稲荷大神(いなりおおかみ)
市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)=辨財天(べんざいてん)

◆所在地
中央区日本橋小網町
東京メトロ日比谷線・人形町駅から徒歩5分

小網神社・下町八社

小網神社・弁天

小網神社・下町八社

◎「福禄寿:日本橋七福神」の御朱印
小網神社

◎「下町八社巡り」の御朱印
名称未設-26

◎オリジナル御朱印帳
小網神社・帳

★雑記
東京銭洗い辨天として知られる、小網神社の御朱印です。

(平成22年7月記)
こじんまりとして、思わず見過ごしてしまいそうな神社です。しかし御朱印をいただいている間にも、入れ替わり立ち替わりに参拝者があり、なにかと賑やかな神社とも言えます。やっぱり寺社は、境内の広さで量るものじゃないですね。下町八社巡りは、はとバスもコースとして催行されているようで、割かし賑わいを見せるのだとか。

(平成24年1月記)
お正月の日本橋七福神巡りの期間に参拝してきました。写真の通り、参拝者と御朱印授与待ち者で、えらい長い行列ができていました。入り口がなんとも狭いので、こればっかりはどうにもならないでしょうけれど。。。社殿が箔押しされたオリジナル御朱印帳があり、紺色バージョンもありました。

(平成26年9月記)
なにやら、境内の様相が大きく変わっていました。車庫の場所に、授与所が新しく出来ていました。さらに拝殿の前に、萬福舟乗弁財天の銭洗いの水場が作られていました。笊も置かれており、実際にお金を洗うことが出来ました。それにしても、印も結構な種類があるのですね。

◎小網神社、正月の日本橋七福神巡りの光景。
小網神社・七福神

◎小網神社、萬福舟乗弁財天。
小網神社6

◎小網神社、境内外観。(平成26年9月)
小網神社8

◎小網神社、境内外観。(平成25年3月)
小網神社9

住吉神社@東京

◆名称
住吉神社(すみよしじんじゃ)

◆御祭神
住吉三神
 ・底筒之男命(そこつつのおのみこと)
 ・中筒之男命(なかつつのおのみこと)
 ・表筒之男命(うわつつのおのみこと)
息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)=神功皇后
東照御親命(あずまてるみおやのみこと)=徳川家康

◆所在地
中央区佃1丁目
東京メトロ有楽町線・都営大江戸線、月島駅より徒歩4分

◎「下町八社巡り」の御朱印
14

★雑記
全国におよそ600社ある住吉神社のひとつ、佃住吉神社の御朱印です。
月島駅から神社までの途中にある佃小橋周辺では、大勢が釣り糸を垂れ、ノンビリした時間が流れていました。下町八社巡りのひとつであることを示す看板等は、境内に置いてありませんでした。その代わりと言いますか、中央区の神社巡りのパンフレットがありました。御祭神は色々ありますが、まぁようは海上安全と大漁の信仰ってことです。神社の創建は正保3年1646年、大阪から移って来た漁民によって建てられた神社とのこと。鳥居には、珍しい陶製の扁額が掲げられています。額字は有栖川宮幟仁親王の手によるもので、中央区の有形文化財にもなっています。
御朱印は、授与所にていただきました。龍神社の御朱印もいただけます。

◎住吉神社、陶製の扁額の鳥居。
住吉神社

◎住吉神社、拝殿。
住吉神社1

水天宮@東京

◆名称
水天宮(すいてんぐう)

◆御祭神
天御中主大神(あめのみなかぬしのおおかみ)
安徳天皇(あんとくてんのう)
建礼門院(けんれいもんいん)
二位の尼(にいのあま)

◆所在地
中央区日本橋蛎殻町2丁目
東京メトロ日比谷線・水天宮前駅より徒歩0分

◎「弁財天:日本橋七福神」の御朱印
水天宮

◎「下町八社巡り」の御朱印(平成24年1月2日参拝)
水天宮02

◎「下町八社巡り」の御朱印(平成22年7月31日参拝)
sui

★雑記
下町八社福参りのひとつ、水天宮の御朱印です。

(平成22年7月31日参拝記)
社務所と印が入っていますが、授与所でいただきました。もっとも、下町八社福参りの印はないし、そもそも巫女さんが「下町八社巡りってなんですか?」と聞いてくる具合なので、そもそも作ってないのでしょう。参拝者も多くてかなり繁盛しているみたいなので、面倒な客はさっさと立ち去れってな視線を送ってこられ、対応も事務的でした。まぁ、中にはこんなこともあるさね。

(平成24年1月2日参拝記)
流石に年始と言ったところでしょうか。行列が出来るほどの人出で、境内に入るのに待ち時間がある状態でした。ようよう入れた境内も人でごった返していました。また巫女さんが年始だけのアルバイト巫女らしく、御朱印をいただく場所についても、社務所なのか授与所なのか特設テントなのか曖昧で、たらい回しにされました。ホント、勘弁して。

小野照崎神社@東京

◆名称
小野照崎神社(おのてるさきじんじゃ)

◆御祭神
小野篁(おののたかむら)
菅原道真(すがわらみちざね)

◆所在地
台東区下谷2丁目
東京メトロ日比谷線・入谷駅より徒歩3分

◎「下町八社巡り」の御朱印
小野照崎神社

◎「下町八社巡り」の御朱印
名称未設定-2

★雑記
下町八社巡りの1社であり、私にとってはその開始神社でした。
境内には富士塚があります。もっとも、登ることが出来るのは6月30日と7月1日のみだそうで、今日のところ(5月9日)は門が閉じられており残念至極でした。日付が無い御朱印は、その山開きの日にいただいたスタンプ御朱印です。ちょうど人の多い時間帯の参拝だったからですが、夕方くらいなら山開きの日であっても揮毫でいただけたとの話もチラホラと。ところで御祭神の小野篁と言えば、金色御朱印でお馴染みの京都のアノ寺院ですかね。
御朱印には、丁寧にフリガナがされてあります。確かに普通では読めないですね。

今戸神社@東京

◆名称
今戸神社(いまどじんじゃ)

◆御祭神
應神天皇(おうじんてんのう)
伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
伊弉冉尊(いざなみのみこと)
福禄寿(ふくろくじゅ)

◆所在地
台東区今戸
各線・浅草駅より徒歩15分

◎「下町八社福巡り」の御朱印
今戸神社01

◎「福禄寿:浅草名所七福神巡り」の御朱印
12

◎オリジナル御朱印帳(ピンク)
今戸神社・御朱印帳・ピンク

★雑記
縁結び神社として、大プッシュしている今戸神社の御朱印・御朱印帳です。
京都の石清水八幡から勧請したので、元々の名称は八幡だったそうです。だからこの御祭神になるのか、うん納得です。視線を境内に移せば、オープンカフェ的にテーブル&チェアーで、武運長久の神の社が今じゃ縁結びのパワースポットと来たもんですよ。凄まじいギャップを感じますが、これも時代の流れといったところでしょうか。
御祭神のひと柱、福禄寿は実にコミカルな感じになっています。オリジナル御朱印帳にも絵柄が使用されていますが、平成22年5月8日参拝時には人気で売り切れでした。

(平成23年2月2日記)
そろそろ御朱印帳が入荷してるかな、と行ってきました今戸神社。
今日は下町八社巡りの参拝です。しかし御朱印には、それを示す印はありませんでした。代わりと言っては何ですが、福禄寿と招き猫をグイグイ前面に押し出してきますね。あと、ワンポイントで結びの印があります。完全に”縁結び神社”としてPRしていこうというわけですか。確かに、前年に比べてほぼ男子禁制の神社になりつつあるのを感じました。

◎オリジナル御朱印帳
境内の雰囲気に圧された訳じゃないですが、本日購入した御朱印帳はピンク色です。オッサンがピンクて、と思いましたが、これはこれでインパクトあるし良いかなと思っています。他には紺色がありました。

榊神社@東京

◆名称
榊神社(さかきじんじゃ)
通称:第六天榊神社

◆御祭神
榊皇大神(さかきすめおおかみ)

◆所在地
台東区蔵前1丁目
都営浅草線・浅草橋駅から徒歩4分

◎「下町八社巡り」の御朱印
榊神社

★雑記
第六天榊神社こと、榊神社の御朱印です。
結構こじんまりとしていて、なかなかの隠れスポット的な神社です。下町八社巡りに名を連ねてはいますが、そんなに積極的に乗っかっている印象もありません。日中でしたが授与所が閉まっており、参拝後にさてはてどうしたものかと少し迷いました。なんて言いますか、それよりなにより、写真のように鳥居の真下、参道のど真ん中にずっと車を止めている輩がいて胸糞悪い感じがしてしまいました。本堂の真ん前まで駐車場化した境内も不愉快ですが、これはさすがに・・・。
御朱印は、社務所にていただきました。

◎第六天榊神社、境内。
第六天榊神社
カテゴリ別アーカイブ
タカツキ
23区を中心に
休日にのみフラフラと
病人なんでノンビリと
御朱印を集印中。
御朱印帳は、派手系好き
時々、絵馬。
ヘッダー写真は、
気分次第でチェンジ。

携帯電話からだと
strikeのタグが
反映されないのか。
う~ん。。。

●今年の状況●
武相二十八不動
(結願/28)
都筑橘樹二十五地蔵
(結願/25)
三浦二十一薬師
(結願/21)
関東三十六不動
(35/36)
関東九十一薬師
(76/91)
関東八十八ヶ所
(25/95)
豊島八十八ヶ所
(87/88)
阿波西国三十三観音・東部
(24/33)
阿波西国三十三観音・西部
(15/33)
四国三十六不動
(17/36)
下総三十三観音
(14/34)
名古屋二十一大師
(7/21)
和歌山西国三十三観音
(13/36)
安房国四十八薬師
(12/48)
知多四国八十八ヶ所
(3/98)
桶狭間十三仏
(7/13)


こっそり御朱印帳メモ

記事検索
メッセージ

こちらからの返信や回答を希望される場合は、返信先も記載してください。

名前
メール
本文
Pilgrimage
平成26年御開帳情報メモ
都道府県別リンク
【千葉県】の掲載一覧
【埼玉県】の掲載一覧
【東京都】の掲載一覧
【神奈川県】の掲載一覧
【愛知県】の掲載一覧
【大阪府】の掲載一覧
【徳島県】の掲載一覧
【香川県】の掲載一覧
【愛媛県】の掲載一覧
【高知県】の掲載一覧
  • ライブドアブログ