◆名称
太子堂八幡神社(たいしどうはちまんじんじゃ)

◆御祭神
誉田別命(ほんだわけのみこと)

◆所在地
世田谷区太子堂5丁目
東急田園都市線・三軒茶屋駅より徒歩8分
東急世田谷線・西太子堂駅より徒歩3分

八幡神社・太子堂・h30端午

八幡神社・太子堂・h30gw

太子堂八幡神社・フキノトウ

八幡神社・太子堂・2017年越

八幡神社・太子堂・h29夏越

八幡神社・太子堂06b

八幡神社・太子堂06a

八幡神社・太子堂05b

八幡神社・太子堂05a

八幡神社・太子堂

★雑記
京都の石清水八幡宮から勧請された、太子堂八幡神社の御朱印です。

(平成24年6月記)
三軒茶屋駅からも徒歩圏内です。住宅街をウネウネと通って行くので、道に迷わなければすぐに辿り着けます。その近隣住民でしょう、境内には結構人がいました。憩いの場であり、散歩コースであり、子供の遊び場である、今のように”スピリチュアル先行”ではない昔懐かしの神社のように感じました。もっとも、カメラを首から提げた観光客然とした参拝者もチラホラと。世田谷区はウォーキングコース+観光地として良いですからね。
御朱印は、外出戻りの宮司を待って社務所にていただきました。シンプルな御朱印なのですが、なんとなくセンスと味があります。ネットを見てみると、横文字の入った印のパターンもあるようですね。さらに言えば、中央の”八幡神社”の印も2種類ネットでは見掛けました。

(平成29年5月記)
平成24年6月の参拝で、”昔懐かしの神社”とか書いたのが遠い昔のことのよう。なにやらカラフルなスタンプが押される形での御朱印授与となっていました。5年前のときとは境内も様変わりしており、賑やかな授与所となっていました。

(平成29年12月記)
寒い中での参拝でした。年越し大祓の御朱印授与期間ともあり、相変わらず人の多い境内でした。こちらの御朱印、毎月制作しているとのことで、なんとも手間暇掛かっているものでなんとも大変なもの。人気が出るのも納得といったところでしょう。

◎太子堂八幡神社、社殿。(平成24年6月撮影)
太子堂八幡

◎太子堂八幡神社、参道。(平成29年5月撮影)
170530a

◎太子堂八幡神社、社殿。(平成29年5月撮影)
170530b

◎太子堂八幡神社、社殿。(平成30年4月撮影)
180429a

◎太子堂八幡神社、端午の節句。(平成30年4月撮影)
180429b