◆山・院・寺号
金剛山 清宝寺(せいほうじ)

◆宗派
真言宗 醍醐派

◆御本尊
不動明王

◆所在地
豊橋市中世古町

no

★雑記
豊橋市の清宝寺へお参りしてきました。
参拝したのは、平成25(2013)年4月になります。山門前には、小さな仁王石仏があり、山門くぐってすぐ右手には、四国霊場の御本尊石仏がズラッと並んでいます。窮屈な感じもしましたが、ズラッと並ぶ石仏の光景はなかなか圧巻でした。そして境内の真ん中には、庭壇護摩(醍醐派なので柴燈護摩か?)の場所も確保されていました。珍しいですね。さてこちら清宝寺、災難除不動尊の不動明王大祭で知られたお寺とのこと。ですが特に不動霊場の札所といったわけではなく、札所として入っているのは、豊橋市内弘法大師三十ヶ所霊場・豊橋西国三十三ヶ所観音霊場になります。で、弘法大師霊場の方は、こちらが第1番札所ということを知り、足を運んでみた次第だったのです。
ですが、どの霊場関係なく、御朱印自体を授与していないとのことでした。豊橋市内弘法大師霊場についてチラッとお話しを聞かせていただきましたが、霊場を把握はしているものの活動は停止しており、完全に廃れる一歩手前といったところ、だとか。参拝や御朱印の対応などは各寺院に任せているそうで、かと言ってどの寺院が対応可なのかは把握していない、とも。霊場印が残っているお寺も少ないだろうし、期待はしない方が良いとのことでした。ただ、最近(2016年)になって、揮毫はしていないけれど御朱印画像をネット上で見たので、あるいは清宝寺も授与を再開したのかもしれません。

◎清宝寺、山門。
清宝寺

◎清宝寺、境内。
清宝寺6

◎清宝寺、四国霊場の御本尊石仏。
清宝寺5