マッハ墨朱&絵馬による布陣(仮)~御朱印ブログ~

御朱印と御朱印帳、時々絵馬。メモ代わり兼ひとりでニヤニヤと悦に浸るためだけの場

┗ 新宿区 [神社]

成子天神社@東京

◆名称
成子天神社(なるこてんじんしゃ)

◆御祭神
菅原道真公(すがわらみちざねこう)

◆所在地
新宿区西新宿8丁目
東京メトロ丸ノ内線・西新宿駅より徒歩2分

◎平成27年(2015年)1月25日参拝記
成子天神2

◎平成22年(2010年)7月8日参拝
成子天神1

★雑記
新宿区、成子天神社の御朱印です。

◎平成22年(2010年)7月8日参拝記
往来の激しい幹線道路に境内入り口は面しており、ドーンとそびえたつマンションに挟まれた薄暗い参道が、そのまま境内まで伸びています。こんな都会のど真ん中の神社にしてはえらく緑の多い、自然環境が整ったオアシスのような場所でした。蚊が多そうなのは難点でしょうけれどね。境内には、大正9年に境内にあった天神山を改造して出来た富士塚があります。新宿区内で最後に築造された富士塚とのことです。富士塚と聞けば、富士山のようにゴツゴツした岩だらけの絵面が浮かびますが、こちらは普通の山の木々みたいに草がワシャワシャな感じでコンモリと緑に覆われており、森みたいな印象でしました。頂上までの高さは12メートルで、他の富士塚に比べると大きい規模のものになるそうで、新宿区内に現存する富士塚では最大とのことです。富士塚の斜面には、参道に沿って七福神の石像が立っていました。ただ崩れやすいのか、すべての石像が金網で囲われていました。ホント、緑の多い境内ですね。それがまさか、あそこまで様変わりするとは・・・。

◎平成27年(2015年)1月25日参拝記
初天神の日が日曜日だったこともあり、参拝してきました。境内が大きく変わったことは、ニュースなどで見て知っていました。実際に足を運んでみて・・・聞くと見るでは大違いと言いますか、予想以上に大きく様変わりしていたので驚きました。たった5年でここまで変わるのか!、と。まず参道の石鳥居、どこ行った?境内へと伸びる参道の脇は、緑が多くなって綺麗に整備されていました。一方で境内は、土の部分が見えるほどの状態で、平成26年に造営されたばかりなので、まだ整備の途中なのかなとも思えました。社殿はなんとも眩しいくらいの朱色に変わっており、確かに天満宮っぽさはアップしたような気もします。灯籠なんかは古いのを移動させただけのようで、社殿の新しさとはミスマッチな印象でした。これが上手く絵になるのは、まだまだ遠い未来のことでしょうね。完全に見下ろされる形で建つマンションは、あまりにも高過ぎて見上げると首がつらいほど。そのマンションのせいで完全に日陰になってしまった富士塚は、なんだか荒涼さと陰気さが増したようで。なお、以前は富士塚に点在して祀られていた七福神像は、境内の各所に祀られるようになっていました。全体的に見ますと、緑が減ってかなりの都市型神社に変貌したと言えましょうか。変わっていないのは、御朱印の筆跡くらいのものでしたね。

◎成子天神社、参道。(平成22年7月参拝時)
成子天神2

◎成子天神社、参道。(平成27年1月参拝時)
成子天神72

◎成子天神社、社殿。(平成22(2010)年7月参拝時)
成子天神0

◎成子天神社、社殿。(平成27年1月参拝時)
成子天神

◎成子天神社、参道。(平成27年1月参拝時)
成子天神5

◎成子天神社、境内。(平成27年1月参拝時)
成子天神7

◎成子天神社、富士塚。(平成27年1月参拝時)
成子天神80

三島神社(稲荷鬼王神社)@東京

◆名称
三島神社(みしまじんじゃ)
通称:開運恵比寿神社

◆御祭神
事代主命(ことしろぬしのみこと)

◆所在地
新宿区歌舞伎町2丁目
都営大江戸線、東京メトロ副都心線・東新宿駅より徒歩2分

◆御神歌
海山の 数の宝の 大久保の 恵比寿大神 守り給へや

◎「恵比寿神:新宿山ノ手七福神」の御朱印
恵比寿・鬼王神社

★雑記
稲荷鬼王神社の境内社、三島神社の御朱印です。
一般的には開運恵比寿(神社)と呼ばれているようで、七福神巡りをしている人にも三島神社の名称は浸透していないようです。普段は稲荷鬼王神社に、年始は開運恵比寿神社にお参りするのでしょうね。新宿山の手七福神巡りは通年で可能なようなので、人が少なくなってからでも良いかもしれません。年明け12日に参拝してきましたが、タイミング次第でしょうけれど、このときも数人が授与所で御朱印待ちの列を成していました。
御朱印は、稲荷鬼王神社の授与所にていただきました。

◎開運恵比寿神社、境内。
恵比寿・鬼王神社8

稲荷鬼王神社@東京

◆名称
稲荷鬼王神社(いなりきおうじんじゃ)

◆御祭神
◎お稲荷様
 ・宇賀能御魂命(うがのみたまのみこと)
◎鬼王様
 ・月夜見命(つきよみのみこと)
 ・大物主命(おおものぬしのみこと)
 ・天手力男命(あめのたじからおのみこと)

◆所在地
新宿区歌舞伎町2丁目
都営大江戸線、東京メトロ副都心線・東新宿駅より徒歩2分

稲荷鬼王神社

★雑記
歌舞伎町鎮座、稲荷鬼王神社の御朱印です。
稲荷は文字通りお稲荷様、鬼王は3柱合わせて鬼王様と言うようです。また、”鬼王”なる名称の社寺は、全国でここだけだとか。元々は熊野から鬼王権現を勧請したことに始まるそうですが、熊野の方に勧請元がもう残っていないので日本唯一となったそうです。この名称なので、節分のときは「福は内、鬼は内」と声をかけるそうです。ところで、歌舞伎町と聞けばネガティブなイメージしか湧かなさそうですが、神社は鬱蒼とも言えるほど緑が多く、と言うか薄暗い境内をしています。
御朱印は、授与所にていただきました。またこちらでは、新宿山の手七福神巡りに入っている境内社の三島神社(開運恵比寿神社)の御朱印もいただけます。

◎稲荷鬼王神社、社殿。
稲荷鬼王神社8

蛍雪天神(赤城神社)@東京

◆名称
蛍雪天神(けいせつてんじん)

◆御祭神
菅原大神(すがわらのおおかみ)

◆所在地
新宿区赤城元町1丁目
東京メトロ東西線・神楽坂駅より徒歩1分

蛍雪天神・赤城神社

★雑記
旧称・朝日天満宮こと、蛍雪天神の御朱印です。
こちらは、神楽坂の赤城神社の境内にある末社になります。こちらへ遷座したのは、明治9年だそうですが、当時の社殿は戦火で焼失してしまったそうです。今の社殿は、平成17年(2005年)に復興されたとても新しいものです。”蛍雪”の名称からわかる人もいるでしょうが、復興には旺文社の寄付があったそうです。私も昔、同名の雑誌に掲載されて、小論文の賞をもらったことがあります。
御朱印は、赤城神社の授与所にていただきました。平成23年9月の段階では、御朱印の授与をしていませんでしたから、新しく印を作られたのでしょう。

◎蛍雪天神、社殿。
蛍雪天神

赤城神社@東京

◆名称
赤城神社(あかぎじんじゃ)

◆御祭神
磐筒雄命(いわつつおのみこと)
赤城姫命(あかぎひめのみこと)

◆所在地
新宿区赤城元町1丁目
東京メトロ東西線・神楽坂駅より徒歩1分

◎平成23年9月18日参拝
赤城神社02

◎平成23年4月9日参拝
赤城神社01

★雑記
牛込総鎮守、赤城神社の御朱印です。
なんと言っても目を引くのは、スフィンクスのような狛犬。加賀白山犬と呼ばれて江戸時代に流行った形だそうですが、残っているのは極僅かだとか。頑張ってる感と言うか背伸びしてる感と言うか、とにかく愛らしさが漂っています。また授与所には、水木しげる氏公認の赤城神社特製、鬼太郎&目玉の親父お守りなんかも置いてあります。ちなみに、境内の蛍雪天神の御朱印は無いそうです。
御朱印は、授与所にていただきました。

(平成27年1月追記)
昨年末頃になって、チラホラとネットで蛍雪天神の御朱印を見掛けました。どうやら蛍雪天神の御朱印も、赤城神社の授与所にていただけるようになった模様。新しく作られたそうで、授与所に見本も出ていました。

◎赤城神社、社殿。
赤城神社

◎赤城神社、狛犬。
赤城神社・狛犬

◎赤城神社、境内。
赤城神社2

西向天神社@東京

◆名称
西向天神社(にしむきてんじんしゃ)

◆御祭神
菅原道真(すがわらみちざね)

◆所在地
新宿区新宿6丁目
都営大江戸線・東新宿駅から徒歩6分

西向天神社

★雑記
新宿区の西向天神社の御朱印です。
かつては大窪天満宮(おおくぼてんまんぐう)と呼ばれていた神社になります。社殿が西の方位を向いて建っていることから、文字通り西向天神社と呼ばれています。なお、新宿山ノ手七福神巡りに入っている厳島弁天社(厳嶋神社)は、こちらで管理がされています。七福神巡りの御朱印は、現地では7日までの対応で、1月8日以降はこちらでの授与となるようです。
御朱印は、社務所にていただきました。

◎西向天神社、境内。
西向天神社1

厳嶋神社@東京

◆名称
厳嶋神社(いつくしまじんじゃ)
通称:抜弁天

◆御祭神
市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)

◆所在地
新宿区余丁町
都営大江戸線・東新宿駅より徒歩6分

◎「弁財天:新宿山ノ手七福神」の御朱印
厳島神社・東京新宿

★雑記
新宿山ノ手七福神で、弁財天を祀る厳嶋神社の御朱印です。
物凄く交通量の多い交差点に鎮座しています。年始に訪れたら、さぞかし凄い光景が見られたのかもしれません。源義家が後三年の役で奥州征伐の際、神社のあるこの場所で安芸の厳島神社に勝利を祈願したそうです。そして奥州を征伐後、そのお礼にと神社を建てたのが始まりだとか。抜弁天という通称は、神社の参道が通り抜けられるようになっていることや、奥州征伐という苦難を切り抜けたという由来からきているそうです。
厳嶋神社での御朱印対応は、1月7日までとなっています。それ以降は、管理している西向天神社で受けることになります。

◎厳嶋神社、境内。
厳嶋神社

花園神社@東京

◆名称
花園神社(はなぞのじんじゃ)

◆御祭神
倉稲魂命(うかのみたまのみこと)

◆所在地
新宿区新宿5丁目
東京メトロ丸の内線・副都心線・都営新宿線・新宿三丁目駅すぐ

花園神社・新宿

★雑記
新宿鎮座、花園神社の御朱印です。
それにしても、朱塗りの拝殿の鮮やかさには目を奪われます。境内も人が多いですが、新宿駅から繁華街を歩いていくと、やたらと客引きに遭うので面倒臭い一面もあります。
御朱印は、授与所でいただきました。

花園神社

筑土八幡神社@東京

◆名称
筑土八幡神社(つくどはちまんじんじゃ)

◆御祭神
応神天皇(おうじんてんのう)
神功皇后(じんぐうこうごう)
仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)

◆所在地
新宿区筑土八幡町

筑土八幡神社

★雑記
町の名称にもなっている、筑土八幡神社の御朱印です。
参拝目的で訪れたのではなく、たまたま前を通りかかったとき、境内の桜に引き寄せられた形。境内に入るとそれはもう見事でした。社務所で聞いたところ、例年ならブルーシートを敷いて、地域の人たちが花見をするのだとか。今年は震災の影響でそれが自粛となり、却ってそれが咲いている桜も散ってしまった桜も、いずれも見事な画を見せてくれるようになったとのことでした。
御朱印は、社務所にていただきました。

◎筑土八幡神社、参道。
筑土八幡神社3

◎筑土八幡神社、境内。
筑土八幡神社

◎筑土八幡神社、境内。
筑土八幡神社1

蛍雪天神@東京

蛍雪天神

蛍雪天神@東京の絵馬です。
天神なので、絵柄は菅原道真ですね。神社は、牛込総鎮守の赤城神社の境内にあります。出版社として知名度の高い旺文社が、天神再興のために寄進を行ったのでこの名称になったそうです。なんていうか、旺文社には”蛍雪時代”って名称の雑誌があって、私が中学だったか高校だったかの時分に小論文が掲載されたことがあったなぁ~、なんて思い出しました。
同じ絵柄の絵馬を葛飾八幡宮(葛飾天神)でも見掛けたので、割と流通している絵柄なんですね。ちなみにこの蛍雪天神、生憎と御朱印の授与はしていないとのことです。

市谷亀岡八幡宮@東京

◆名称
市谷亀岡八幡宮(いちがやかめがおかはちまんぐう)

◆御祭神
誉田別命(ほんだわけのみこと)
気長足姫尊(おきながのたらしひめのみこと)
與登比売神(よとひめのかみ)

◆所在地
新宿区市谷八幡町
各線・市ヶ谷駅より徒歩2分

市谷亀岡八幡宮

★雑記
市ヶ谷にある、亀岡八幡宮の御朱印です。
ここはペット同伴で参拝ができたり祈願してもらったり、そちらで結構取り上げられているようです。参拝時は特にそんな印象もなかったのですが、Webサイトやブログを見ると結構凄かったですね。参道の石段も、軽い気持ちでいたら結構キツい数でした。
御朱印は、社務所にていただきました。神社の場合、名称が真ん中に揮毫されるケースが多いのですが、こちらはひと味違っていました。また、参道途中にある境内摂社、茶ノ木稲荷神社の御朱印もこちらでいただけます。

◎市谷亀岡八幡宮、社殿。
市谷亀岡八幡宮

於岩稲荷田宮神社@東京

◆名称
於岩稲荷田宮神社(おいわいなりたみやじんじゃ)

◆御祭神
豊受比売大神(とようけひめのおおかみ)
田宮於岩命(たみやおいわのみこと)

◆所在地
新宿区左門町
丸ノ内線・四谷三丁目駅より徒歩5分

田宮神社

★雑記
四谷にある、於岩稲荷田宮神社の御朱印です。
名称と御祭神からもわかる通り、四谷怪談で知られたお岩さんを祀ってある神社です。お岩さんのお墓の方は、巣鴨の妙行寺にあって、そちらも参拝済みです。(妙行寺の御首題はこちら)墨書きは、”有事人生”。「人生っちゅうのは、色々あるのが普通なんじゃよ」、と宮司(?)の方に言われました。まぁこっちとしては、手術&ひと月半の入院を経ていたので、確かにその通りですな~くらいしか返しができませんでしたがね。あと、紙のお札というかお守り(?)が置かれてあり、ご自由にとのことでした。私は自分の名前の漢字が入っているのを一枚、今も財布に入れています。

◎於岩稲荷田宮神社、境内。
於岩稲荷田宮神社

熊野神社@東京

◆名称
熊野神社(くまのじんじゃ)
通称:十二社

◆御祭神
櫛御気野大神(くしみけぬのおおかみ)
伊邪那美大神(いざなみのおおかみ)

◆所在地
新宿区西新宿/都営大江戸線・都庁前駅より徒歩3分

shinjuku-23

★雑記
新宿中央公園内にある、熊野神社の御朱印です。
元々は十二所権現を祀ったことから、この通称なのだとか。
参拝日は、あいにくと本殿が改修工事中でした。

水稲荷神社@東京

◆名称
水稲荷神社(みずいなりじんじゃ)

◆御祭神
倉稲魂大神(うかのみたまのおおかみ)
佐田彦大神(さだひこのおおかみ)
大宮姫大神(おおみやひめのおおかみ)

◆所在地
新宿区西早稲田
都電荒川線・面影橋駅より徒歩3分

25

★雑記
西早稲田鎮座、水稲荷神社の御朱印です。
境内には参拝客はおらず、一方で工事関係者らしき人が行き交っていました。また参道では、なにやら露店の準備をしている人もチラホラと。下調べをして来なかったのですが、今日明日辺りにお祭りやらの神事でもあるのでしょうか。拝殿横の授与所や境内に神職らしき人がおらず、その授与所の窓に貼られた不在時の案内書きに従って、表参道途中にある宮司宅へ向かいました。
御朱印は、そちらの宮司宅にていただきました。

◎水稲荷神社、社殿。
水稲荷神社

穴八幡宮@東京

◆名称
穴八幡宮(あなはちまんぐう)

◆御祭神
応神天皇(おうじんてんのう)
仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)
神宮皇后(じんぐうこうごう)

◆所在地
新宿区西早稲田

名称未設定-19

★雑記
門前に流鏑馬の像が立っているので、場所はすぐにわかります。
墨書きは”一陽来復”。神社系の御朱印で、神社名以外を書いてもらえる数少ないところのひとつでしょう。ちなみにお隣の放生寺は、”一陽来福”です。

茶ノ木稲荷神社(市谷亀岡八幡宮)@東京

◆名称
茶ノ木稲荷神社(ちゃのきいなりじんじゃ)

◆御祭神
稲荷大神(いなりおおかみ)
保食神(うけもちのかみ)

◆所在地
新宿区市谷八幡町
JR各線・市ヶ谷駅より徒歩2分

25a

★雑記
茶ノ木稲荷神社の御朱印です。
こちらは市谷亀岡八幡宮の境内摂社にあたり、石段の途中に鎮座しています。御朱印にあるように、弘法大師空海の開山です。神仏分離がきっちりした今のご時勢では、あまりこれを前に出しているところは見掛けない気がしますから珍しいことです。市谷亀岡八幡宮はペットの祈祷を行っているほどに、色々な取り組みをしていることで知られる神社です。
御朱印は、市谷亀岡八幡宮の社務所にていただきました。

◎茶ノ木稲荷神社、拝殿。
茶ノ木稲荷神社

下落合氷川神社@東京

◆名称
氷川神社(ひかわじんじゃ)

◆御祭神
素盞嗚命(すさのおのみこと)
奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)
大己貴命(おおなむちのみこと)

◆所在地
新宿区下落合
西武新宿線・下落合駅より徒歩5分

15

★雑記
下落合の氷川神社の御朱印です。
関東を中心に、全国で260社以上あると言われる氷川神社のうちの1社です。駅からも近く、西武線の線路すぐそばにあるので、神社好きな人なら車内から気になるでしょうか。意外にも五月蝿い境内でもなく、また参拝者が多いわけでもなかったです。創立はおよそ2400年前だとか、古いですねぇ。
御朱印は、社務所にていただきました。

◎下落合氷川神社、社殿。
下落合氷川神社
カテゴリ別アーカイブ
タカツキ
23区を中心に
休日にのみフラフラと
病人なんでノンビリと
御朱印を集印中。
御朱印帳は、派手系好き
時々、絵馬。
ヘッダー写真は、
気分次第でチェンジ。

携帯電話からだと
strikeのタグが
反映されないのか。
う~ん。。。

●今年の状況●
武相二十八不動
(結願/28)
都筑橘樹二十五地蔵
(結願/25)
三浦二十一薬師
(結願/21)
関東三十六不動
(35/36)
関東九十一薬師
(76/91)
関東八十八ヶ所
(22/95)
豊島八十八ヶ所
(85/88)
阿波西国三十三観音・東部
(24/33)
阿波西国三十三観音・西部
(15/33)
四国三十六不動
(17/36)
下総三十三観音
(14/34)
名古屋二十一大師
(7/21)
和歌山西国三十三観音
(13/36)
安房国四十八薬師
(12/48)
知多四国八十八ヶ所
(3/98)
桶狭間十三仏
(7/13)


こっそり御朱印帳メモ

記事検索
メッセージ

こちらからの返信や回答を希望される場合は、返信先も記載してください。

名前
メール
本文
Pilgrimage
平成26年御開帳情報メモ
都道府県別リンク
【千葉県】の掲載一覧
【埼玉県】の掲載一覧
【東京都】の掲載一覧
【神奈川県】の掲載一覧
【愛知県】の掲載一覧
【大阪府】の掲載一覧
【徳島県】の掲載一覧
【香川県】の掲載一覧
【愛媛県】の掲載一覧
【高知県】の掲載一覧
  • ライブドアブログ