マッハ墨朱&絵馬による布陣(仮)~御朱印ブログ~

御朱印と御朱印帳、時々絵馬。メモ代わり兼ひとりでニヤニヤと悦に浸るためだけの場

┗ 左京:右京 [神社]

平安神宮@京都

京都・平安神宮イラスト

平安神宮@京都の絵馬です。
流石に有名どころだけあって、絵馬の種類も豊富です。願望を書いて奉納していく人も多いことですし、大小バラエティに富んでということでしょうか。パッと見て「あっ、平安神宮だ」ってわからないイラストとも言えますが、そういうのも味があるってなものです。

河合神社(賀茂御祖神社)@京都

◆名称
河合神社(かわいじんじゃ)

◆御祭神
玉依媛命(たまよりひめのみこと)

◆所在地
京都市左京区下鴨泉川町
京阪電鉄・出町柳駅より徒歩10分

下鴨神社・河合神社

★雑記
賀茂御祖神社(下鴨神社)の第一摂社、河合神社の御朱印です。
出町柳駅から来ると、下鴨神社の社殿よりこちらを先に参拝することになります。御祭神の玉依媛命は神武天皇の母神であり、日本建国に対する内助の功で貢献されたことから、日本の婦人の鑑として信仰されています。また、女性の美しさに関する願いを叶えるとの御利益もあり、境内はやっぱり女性参拝者が多かったです。また、方丈記でお馴染みの鴨長明は、こちらの禰宜の家系の人だとかで、それを解説した案内板がいくつも立てられていました。まぁ、圧巻だったのは、絵馬処に所狭しと奉納されている絵馬でしょうか。鏡絵馬と言う手鏡タイプの絵馬に顔があらかじめ描かれており、それを自分の顔に見立てて美しく化粧を施して、裏に願意を書いて奉納するもの。ただ、この顔絵馬が壁一面にズラッと並んでいることで、なんだか背筋に汗が流れるような薄ら怖さを感じる絵面になっているのです。
御朱印は、授与所にていただきました。

◎河合神社、境内。
河合神社8

◎河合神社、境内。
河合神社・境内

◎河合神社、絵馬処。
河合神社2

賀茂御祖神社(下鴨神社)@京都

◆名称
賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)
通称:下鴨神社(しもがもじんじゃ)

◆御祭神
東御本殿:玉依媛命(たまよりひめのみこと)
西御本殿:賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)

◆所在地
京都市左京区下鴨泉川町
京阪電鉄・出町柳駅より徒歩10分

下鴨神社・一宮

★雑記
山城国一之宮、賀茂御祖神社の御朱印です。
もっとも、通称である下鴨神社の名称が深く広く浸透しているので、賀茂御祖神社の表記はあまり目にしません。バスで参道の真ん中辺りの場所に着けて参るも良し、出町柳駅から歩くも良し、色々なルートがあります。ただ、表参道はやたらと長い・・・。緑が多くて散策には気持ち良いのですが、如何せん長過ぎる。境内は、いつ行っても人が多いことで。観光客やら外国人やら修学旅行生やら、境内も広いので窮屈さはありませんが、授与所窓口などが混むこともしばしばなのは困ったものです。静かな参拝や誰も写り込まない写真を望むなら、朝一番しかないでしょうね。楼門をくぐり、舞殿の裏手から東西御本殿にお参り。ちなみに御祭神は、西が親神で東が子神という関係になります。
御朱印は、授与所にていただきました。

◎賀茂御祖神社(下鴨神社)、楼門。
下鴨神社23

◎賀茂御祖神社(下鴨神社)、舞殿。
下鴨神社・舞殿

平安神宮@京都

京都・平安神宮

平安神宮@京都の絵馬です。
参道途中の道路にデカデカと立っている朱色の鳥居が、ドンと描かれた絵馬がありました。いつ見てもデッカイですね、これ。ちっちゃく応天門も描かれています。

平安神宮@京都

◆名称
平安神宮(へいあんじんぐう)

◆御祭神
第50代 桓武天皇(かんむてんのう)
第121代 孝明天皇(こうめいてんのう)

◆所在地
京都市左京区岡崎西天王町

平安神宮

★雑記
京都、平安神宮の御朱印です。
自動車やらバスやらも走っている道路に立つ朱色の大鳥居が、遠くからでも気持ちを高めてくれます。神門でもある国指定重要文化財の応天門の朱色も、また鮮やかで見事です。私が初めて平安神宮に来たのは小学生の頃でした。徳島県の小学校は、おそらくその多くが修学旅行で京都・奈良に行くことになっていたはずで、ここも大抵はコースに入っていることでしょうから。まぁその後、大阪に住むことになって以降に何度も来ているので、何回目の参拝なのかは覚えていませんが・・・。あらためて歴史を見ると、平安京遷都1100年を記念して明治28年に創建された神社とのことで、意外に新しいのですね。平安京創始の桓武天皇と、平安京最後の孝明天皇とが祀られているのも面白いです。ただよく読むと、孝明天皇が合祀されたのは昭和15年のことだとか。境内はだだっ広いので、参拝者なり観光客なりが多くても、窮屈さを微塵も感じさせないですね。往時の半分の規模という大極殿の中だけは混んでいましたが。冬の時期の庭園はどこの社寺も寂し過ぎるので、この日は参拝だけにしました。
御朱印は、応天門くぐって左の授与所にていただきました。

◎平安神宮、応天門。
平安神宮・応天門

◎平安神宮、大極殿。
平安神宮・大極殿

出世稲荷神社@京都

◆名称
出世稲荷神社(しゅっせいなりじんじゃ)

◆御祭神
宇迦之御魂命(うかのみたまのみこと)

◆所在地
京都市上京区千本通旧二条下ル聚楽町
京都市左京区大原来迎院町

出世稲荷神社

★雑記
京都、出世稲荷神社の御朱印です。
御朱印にあるように、創立したのはあの豊臣秀吉とのこと。秀吉のように、出世したいとは思いつつ参拝するものの、出世・開運のご利益に預かるにはなかなかどうして信心が足りないようで。

(2014・08追記)
移転による住所変更。

熊野神社@京都

◆名称
熊野神社(くまのじんじゃ)

◆御祭神
伊弉冉尊(いざなみのみこと)
伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
天照大神(あまてらすおおみかみ)
速玉男尊(はやたまのをのみこと)
事解男尊(ことさかのをのみこと)

◆所在地
京都市左京区聖護院山王町
京阪電車鴨東線・神宮丸太町駅より徒歩5分

熊野神社・京都16社

★雑記
京都十六社朱印巡りのひとつ、熊野神社の御朱印です。
こちらの熊野神社は、丸太町通りと東大路通りの交わるところ、往来の激しい交差点の角に鎮座しています。京都十六社朱印巡りは、通年で御朱印をいただけることもあって割と浸透しているのか、私のすぐ後にも御朱印をいただきに来た人が複数いました。かつての聖護院の森と呼ばれる境内には、”八つ橋発祥の地”の石碑がありました。本家西尾八ッ橋の本店も、目と鼻の先にあります。
御朱印は、授与所にていただきました。

◎熊野神社、社殿。
熊野神社

西院春日神社@京都

京都・西院春日神社

西院春日神社@京都の絵馬です。
どう見ても・・・単なる鼻血ブーな絵柄にしか思えません。

熊野若王子神社@京都

◆名称
熊野若王子神社(くまのにゃくおうじじんじゃ)

◆御祭神
国常立神(くにとこたちのみこと)
伊佐那岐神(いざなぎのみこと)
伊佐那美神(いざなみのみこと)
天照皇大神(あまてらすすめのおおかみ)

◆所在地
京都市左京区若王子町

熊野若王子神社

★雑記
京都十六社のひとつ、熊野若王子神社の御朱印です。
洛中熊野三山のひとつでもありますね。また、”京洛東那智”、”哲学の道起点”といったキャッチコピーもあるようです。とは言え、意外と行きにくい場所に鎮座しているからか、境内には他に2人程度の参拝者しかいませんでした。京都十六社巡りにもなっているので、年始以外もそれなりに参拝者が多いのかな、と思っていたので意外ではありました。
御朱印は、授与所にていただきました。

熊野若王子神社2

熊野若王子神社1

西院春日神社@京都

◆名称
西院春日神社(さいいんかすがじんじゃ)

◆御祭神
建御賀豆智命(たけみかづちのみこと)
伊波比主命(いわいぬしのみこと)
天児屋根命(あめのこやねのみこと)
比売神(ひめがみ)

◆所在地
京都市右京区西院春日町
阪急京都線・西院駅より徒歩2分

西院春日神社

◎オリジナル御朱印帳
西院春日神社・帳

★雑記
京都十六社のひとつ、西院春日神社の御朱印です。
駅から近く、住宅と小学校に挟まれた場所に鎮座する神社。夕刻ちょいと手前の時間帯での参拝でしたが、意外にチラホラと参拝者の姿も。観光客然とした若い女性の姿もありました。京都十六社参りでしょうか。
授与所では、境内摂社の還来神社と境外別宮の西院野々宮神社の御朱印もいただけます。社殿がデザインされたオリジナル御朱印帳は頒布終了とのことですが、神鹿+六尺藤文様の新しいオリジナル御朱印帳がお目見えしていました。
残念ながら、御朱印帳にはカバーやケースも付かず、そのままの受け渡しでした。御朱印帳カバーなどを持参した方が良いかと思います。御朱印帳専門店 HollyHockとか。

野宮神社@京都

◆名称
野宮神社(ののみやじんじゃ)

◆御祭神
野宮大神(ののみやおおかみ)=天照皇大神

◆所在地
京都市右京区嵯峨野宮町/京福・嵐山駅より徒歩1分

嵯峨野めぐり・野宮神社

★雑記
嵯峨野巡りの起点とされる、野宮神社の御朱印です。
日本最古の黒木鳥居をくぐると、大勢の参拝客&観光客で賑わっていました。特に若い世代が多かったのが、京都観光で訪れる他の寺社とは違って新鮮でしたね。
御朱印は、その対応に大忙しの授与所でいただきました。

御髪神社@京都

◆名称
御髪神社(みかみじんじゃ)

◆御祭神
藤原采女亮政之(ふじわらうねめのすけまさゆき)

◆所在地
京都市右京区嵯峨小倉山/京福電鉄・嵐山駅より徒歩7分

御髪神社

★雑記
京都は嵯峨、日本で唯一という”頭と髪の神社”こと御髪神社の御朱印です。
狭い境内ですが、とにかく髪に絡むものだらけです。献髪を奉納した髪塚や、TVのCMなんかでお馴染みのかつらメーカーの名前が書かれた玉垣や、絵馬も櫛の形状をしていて独特と言えます。
この神社に来るのは、およそ6年振りでしょうか。静かな境内には相変わらず猫が居て、時間の許す限りノンビリとしていたい気にさせてくれます。
ま、そんなこんなで俺もまだまだフサフサ間違いなしじゃ~!

三宅八幡宮@京都

◆名称
三宅八幡宮(みやけはちまんぐう)

◆御祭神
応神天皇(おうじんてんのう)

◆所在地
京都市左京区上高野三宅町
叡山電鉄鞍馬線・八幡前駅より徒歩2分

三宅八幡宮

★雑記
京都市左京区の三宅八幡宮の御朱印です。
こちらは、社務所でいただける参拝の栞が興味深いです。幕末から明治末期にかけて、神社に奉納された大絵馬に描かれている参拝者を集計して、どういった参拝者がいたのかグラフ化しているところです。その大絵馬は、公式サイトでも紹介されています。それにしても昔の人は芸が細かいと言うか・・・ようやるわ、ホンマに。八幡様のお使いということで、鳥居前にいるのは狛犬ではなく”狛鳩(ハト)”でした。
御朱印は、授与所にていただきました。

◎三宅八幡宮、参道。
三宅八幡宮

◎三宅八幡宮、狛鳩。
三宅八幡宮1

岡崎神社@京都

岡崎神社・京都

岡崎神社@京都の絵馬です。
いや、もう、なんて言うかね。。。シンプル、それでいて可愛かった、それだけですよ。
カテゴリ別アーカイブ
タカツキ
23区を中心に
休日にのみフラフラと
病人なんでノンビリと
御朱印を集印中。
御朱印帳は、派手系好き
時々、絵馬。
ヘッダー写真は、
気分次第でチェンジ。

携帯電話からだと
strikeのタグが
反映されないのか。
う~ん。。。

●今年の状況●
武相二十八不動
(結願/28)
都筑橘樹二十五地蔵
(結願/25)
三浦二十一薬師
(結願/21)
関東三十六不動
(35/36)
関東九十一薬師
(76/91)
関東八十八ヶ所
(23/95)
豊島八十八ヶ所
(87/88)
阿波西国三十三観音・東部
(24/33)
阿波西国三十三観音・西部
(15/33)
四国三十六不動
(17/36)
下総三十三観音
(14/34)
名古屋二十一大師
(7/21)
和歌山西国三十三観音
(13/36)
安房国四十八薬師
(12/48)
知多四国八十八ヶ所
(3/98)
桶狭間十三仏
(7/13)


こっそり御朱印帳メモ

記事検索
メッセージ

こちらからの返信や回答を希望される場合は、返信先も記載してください。

名前
メール
本文
Pilgrimage
平成26年御開帳情報メモ
都道府県別リンク
【千葉県】の掲載一覧
【埼玉県】の掲載一覧
【東京都】の掲載一覧
【神奈川県】の掲載一覧
【愛知県】の掲載一覧
【大阪府】の掲載一覧
【徳島県】の掲載一覧
【香川県】の掲載一覧
【愛媛県】の掲載一覧
【高知県】の掲載一覧
  • ライブドアブログ