マッハ墨朱&絵馬による布陣(仮)~御朱印ブログ~

御朱印と御朱印帳、時々絵馬。メモ代わり兼ひとりでニヤニヤと悦に浸るためだけの場

島根

佐太神社@島根

◆名称
佐太神社(さだじんじゃ)

◆御祭神
佐太大神(さだのおおかみ)

◆所在地
松江市鹿島町佐陀宮内
JR・松江駅よりバス20分+佐太神社前より徒歩2分

◎「出雲国神仏二十ヶ所霊場・第4番」の御朱印
佐太神社・神仏霊場

佐太神社

★雑記
出雲国二ノ宮、佐太神社の御朱印です。
御祭神の佐太大神は猿田毘古大神と同じであり、導きの神とされています。出雲三大社のひとつとして、かつては佐陀大社と呼ばれていた神社だそうです。なるほど、だから鳥居前の石碑が佐陀大社と彫られて残っているのですね。バスの便も多くはないので、ほとんどの人が車で参拝に訪れるのでしょう。境内前には、広い駐車場も確保されていました。私が参拝したときは保存修理の工事中で、御仮殿でのお参りとなりました。出雲国神仏霊場にも入っています。
御朱印は、社務所にていただきました。

◎佐太神社、境内。
佐太神社1

満願寺@島根

◆山・院・寺号
金亀山 清浄院 満願寺(まんがんじ)

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
聖観世音菩薩

◆所在地
松江市西浜佐陀町

◆御詠歌
思い立ち 満つる願こそ 嬉しけれ 順礼道も 三十一文字

◎「出雲国十三仏霊場・第4番札所」の御朱印
満願寺・出雲十三仏

★雑記
出雲国十三仏巡りの満願寺の御朱印です。
こちらは他にも、出雲三十三観音霊場、古江六地蔵霊場などの札所を兼務しています。満願寺へは、松江駅前からレンタサイクルを利用して向かいました。天気が良かったので、宍道湖沿いを走っているときはあまり距離が気になりませんでしたね。お寺の境内は、ちょっとだけ高台になっています。眺めが良いか、と聞かれても特にという感想になりますが。境内には、四国八十八ヶ所霊場のお砂踏みや、色鮮やかな十王の十王堂なんかもあり、狭いながらも見所のあるお寺でした。本堂内での参拝も出来ました。
御朱印は、本堂内にていただきました。

◎満願寺、本堂。
満願寺1

◎満願寺、境内・四国霊場お砂踏み。
満願寺2

◎満願寺、古江六地蔵霊場・石造地蔵。
満願寺0

神門寺@島根

◆山・院・寺号
天応山 神門寺(かんどじ)

◆宗派
浄土宗

◆御本尊
阿弥陀如来

◆所在地
出雲市塩冶町
JR出雲市駅よりバス15分+島根医大病院バス停より徒歩5分

◆御詠歌
言わぬども 心の中は 知られまじ ただ御仏を たのむばかりぞ

◎「中国三十三観音霊場・第23番札所」の御朱印
23神門寺・中国観音

★雑記
中国観音霊場の札所、神門寺の御朱印です。
出雲市最古の寺院です。”かんどじ”との読みになっていますが、”かんどうじ”とも読むようです。天応山の山号は、こちらのお寺が天応元年に創建されたことに由来するそうです。またこちら、看板によると二世住職は伝教大師、三世住職は弘法大師というサラブレッド(?)さ。でも今は浄土宗なんですよね。御朱印に「弘法大師伊呂波寺」とあるのは、三世住職だった弘法大師が、こちらでいろは歌を作ったことからとのこと。境内は本堂をはじめ古めかしい堂宇がデンと構えていて、なかなかの空気を醸し出していました。観音堂には、中国観音霊場や百八観音霊場(第28番札所)の幟や案内が出ていました。また、弘法大師堂には、「西国霊場・1番」の札が掛かっていたのですが、出雲弘法大師西国霊場についてはまったく不明です。他にも、出雲霊場第5番の札もあったのですが、これまたよくわかりません。
御朱印は、庫裡にていただきました。御姿もいただきました。

◎神門寺、仁王門。
23神門寺・仁王門

◎神門寺、本堂。
23神門寺・本堂

◎神門寺、弘法大師堂。
23神門寺・弘法大師堂

◎神門寺、観音堂。
23神門寺・観音堂

八重垣神社@島根

◆名称
八重垣神社(やえがきじんじゃ)

◆御祭神
素盞嗚尊(すさのをのみこと)
稲田姫命(いなたひめのみこと)

◆所在地
松江市佐草町
JR山陰本線・松江駅よりバス25分+八重垣神社バス停すぐ

八重垣神社

◎「出雲国神仏二十ヶ所霊場・第14番」の御朱印
八重垣神社・神仏霊場

★雑記
出雲の縁結び神社として知られる、八重垣神社の御朱印です。
「八雲立つ 出雲八重垣 妻込みに 八重垣造る その八重垣を」の御神歌でお馴染みでしょうか。それにしても・・・女性だらけでした。境内は朝の掃除中なのに加え、社務所がまだ開いてもいない時間でしたが、すでに祈願依頼の列が出来ているくらいでした。しかも待っている間にも、次から次へと列が伸びて行く具合でして。確かに縁結び神社として広く知られているのは承知していましたが、ここまでとは思いませんでした。
御朱印は、授与所にていただきました。

◎八重垣神社、境内。
八重垣1

◎八重垣神社、社殿。
八重垣

月照寺@島根

◆山・院・寺号
歓喜山 月照寺(げっしょうじ)

◆宗派
浄土宗

◆御本尊
阿弥陀如来

◆所在地
松江市外中原町

◎「御本尊:阿弥陀如来」の御朱印
月照寺

◎「出雲国神仏霊場・第5番札所」の御朱印
月照寺・神仏霊場

★雑記
松江藩主菩提所、月照寺の御朱印です。
初代松江藩主の松平直政(徳川家康の孫)から9代松平斎貴まで、松江藩主松平家の廟所になっています。流石と言うかなんと言うか、境内の広さは1万坪もあるそうです。これだけの規模の寺院、ましてや歴代藩主の菩提寺と聞けば、あの増上寺のように本堂がドーンと建っていそうなものですが、境内は観光客も参拝者もおらず、至って静かなものでした。そしてその本堂ですが、庫裡の一部のようになっている質素なものでした。なんでも元々は境内の真ん中にデッカイ本堂があったそうですが、明治維新の際に取り壊されて再建されずにきたらしいです。なお扁額の文字は、10代松平定安の筆によるものだそうです。御本尊の阿弥陀如来は、松平直政の生母であり、寺の名前にもなっている月照院の冥福を祈って造立されたもの。また御朱印にある”昧”の文字は、7代藩主松平治郷こと不昧公のこと。松平不昧は茶人大名として知られ、お茶文化の町として知られる今の松江に茶道の普及を図った人物です。出雲と言えば縁結びの出雲大社ばかりがクローズアップされていますが、小泉八雲が何度も足を運んでは「死んだらここに埋めて欲しい」とまで言っていたほどに、静かな世界に触れてみるのも良いかもしれません。ちなみに寿蔵碑の大亀、小泉八雲の随筆「月照寺の大亀」に出てくるそうです。私は未読。
御朱印は、庫裡入り口の拝観受付にていただきました。

◎月照寺、中国三十地蔵霊場御本尊(駐車場)。
月照寺01

◎月照寺、本堂。
月照寺04

◎月照寺、初代直政公の廟所。
月照寺03

◎月照寺、寿蔵碑の大亀。
月照寺02

自性院@島根

◆山・院・寺号
龍宝山 長久寺 自性院(じしょういん)

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
延命地蔵大菩薩

◆所在地
松江市米子町

◆御詠歌
(出雲十三仏霊場)
薬師仏 願え人々 身の病 心の病 癒えざるはなし

◎「出雲国十三仏霊場・第7番札所」の御朱印
自性院・出雲十三仏

◎「出雲国十三仏霊場・第7番札所」の御朱印
自性院・出雲十三仏2

★雑記
出雲国十三仏巡りの自性院の御朱印です。
松江駅前で借りたレンタサイクルで、サーッと行ってきました。青い幟の立った山門を抜けると、正面には不動堂があります。こちら自性院は波切不動のお寺として知られているらしく、本堂よりもこちらの方が推しのようでした。山門左手にある本堂、庫裡とつながった形で、扉はガラス張りで新しい建物のようでした。観光客らしき人もチラホラ入ってくるお寺で、意外に賑わっている境内でした。
御朱印は、庫裡前に置かれたボックスに用意されています。ちょうど御住職が戻られたタイミングだったので、薬師専用帳面への揮毫もお願いしていただきました。3ヶ所とも、印が違っていました。

◎自性院、山門。
自性院1

◎自性院、本堂。
自性院2

◎自性院、不動堂。
自性院3

賣布神社@島根

◆名称
賣布神社(めふじんじゃ)

◆御祭神
速秋津比売神(はやあきつひめのかみ)
 ・水戸ノ神(みなとのかみ)
 ・祓戸ノ神(はらえどのかみ)

◆所在地
松江市和多見町
JR山陰本線・松江駅より徒歩7分

◎「出雲国神仏二十ヶ所霊場・第6番」の御朱印
売布神社・神仏霊場

売布神社

★雑記
松江の産土神、延喜式内社の賣布神社(売布神社)の御朱印です。
元々は、今の宍道湖に鎮座していたこちら賣布神社。「めふ」とは、”海藻や草木が豊かに生える”との意味があるそうです。往来の激しい道路沿いに鎮座していますが、境内は至って静かなものでした。出雲国神仏霊場のお社ですし、また駅からも徒歩圏内ですので、参拝者も多いのかと構えていましたが、意外に地域の人らしき姿がチラホラ程度でした。本殿の裏に境内社が鎮座しているので、社殿の周囲をグルリと回ることができました。
御朱印は、授与所にていただきました。

◎賣布神社、境内。
売比

出世稲荷神社@島根

◆名称
出世稲荷神社(しゅっせいなりじんじゃ)

◆御祭神
宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)

◆所在地
松江市寺町

出世稲荷・出雲

★雑記
出世開運の守護神こと、出世稲荷神社の御朱印です。
こちらの神社には、レンタサイクルでフラ~ッと向かいました。住宅街の中にあり、こじんまりとした境内を構えています。元々は、今の松江城のある亀田山に鎮座していたそうです。明治21年に今の場所へと遷座してきたとのこと。松江三大稲荷のひとつにも数えられ、出世運やら仕事運やら金運やらの開運に信仰があるようです。観光客らしき女性のグループが、参拝に訪れていました。意外に人気のある神社なのかもしれませんね。
御朱印は、境内にある宮司宅にていただきました。

◎出世稲荷神社、境内。
出世稲荷

◎出世稲荷神社、社殿。
出世稲荷0

白潟天満宮@島根

◆名称
白潟天満宮(しらかたてんまんぐう)

◆御祭神
菅原道真公(すがわらみちざねこう)

◆所在地
松江市天神町

白潟天満宮・出雲

★雑記
松江市内の白潟天満宮の御朱印です。
レンタサイクルで街なかをウロウロしている際、偶然前を通りかかり知った神社です。境内には休憩所と言うか、屋台(?)みたいな軽食処もあって、近所の子供たちでいっぱいでした。御祭神の菅原道真公はもちろん学問の神様として知られていますが、こちらは病気平癒の神様としての御利益も知られているようです。
御朱印は、授与所にていただきました。最近になって、急に御朱印の依頼が増えた~、と話されていました。

◎白潟天満宮、境内。
白潟天満宮

八重垣神社@島根

八重垣神社

八重垣神社@島根の絵馬です。
縁結び神社としてお馴染みで、全国から参拝者のある八重垣神社の絵馬です。社務所が開く前の時間に着いたのですが、かなりの数の女性参拝者がすでに境内にはいました。縁結び祈願やら鏡池の縁占いなどを待っていたようです。東京大神宮クラスの女性の多さでした。

出雲大社@島根

出雲大社・絵馬

出雲大社@島根の絵馬です。
やはり縁結びでお馴染みの場所ですから、絵馬にもそういった絵柄になっていました。かなりシンプルな印象を受けました。
カテゴリ別アーカイブ
タカツキ
23区を中心に
休日にのみフラフラと
病人なんでノンビリと
御朱印を集印中。
御朱印帳は、派手系好き
時々、絵馬。
ヘッダー写真は、
気分次第でチェンジ。

携帯電話からだと
strikeのタグが
反映されないのか。
う~ん。。。

●今年の状況●
武相二十八不動
(結願/28)
都筑橘樹二十五地蔵
(結願/25)
三浦二十一薬師
(結願/21)
関東三十六不動
(35/36)
関東九十一薬師
(76/91)
関東八十八ヶ所
(21/95)
豊島八十八ヶ所
(85/88)
阿波西国三十三観音・東部
(24/33)
阿波西国三十三観音・西部
(15/33)
四国三十六不動
(17/36)
下総三十三観音
(14/34)
名古屋二十一大師
(7/21)
和歌山西国三十三観音
(13/36)
安房国四十八薬師
(12/48)
知多四国八十八ヶ所
(3/98)
桶狭間十三仏
(3/13)


こっそり御朱印帳メモ

記事検索
メッセージ

こちらからの返信や回答を希望される場合は、返信先も記載してください。

名前
メール
本文
Pilgrimage
平成26年御開帳情報メモ
都道府県別リンク
【千葉県】の掲載一覧
【埼玉県】の掲載一覧
【東京都】の掲載一覧
【神奈川県】の掲載一覧
【愛知県】の掲載一覧
【大阪府】の掲載一覧
【徳島県】の掲載一覧
【香川県】の掲載一覧
【愛媛県】の掲載一覧
【高知県】の掲載一覧
  • ライブドアブログ