マッハ墨朱&絵馬による布陣(仮)~御朱印ブログ~

御朱印と御朱印帳、時々絵馬。メモ代わり兼ひとりでニヤニヤと悦に浸るためだけの場

┗ 葛飾区 [寺院]

宝泉寺@東京

◆山・院・寺号
覚王山 密厳院 宝泉寺(ほうせんじ)

◆宗派
真言宗 豊山派

◆御本尊
大日如来

◆所在地
葛飾区青戸1丁目
京成各線・青砥駅より徒歩5分

◎「荒綾八十八ヶ所霊場・第18番札所」の御朱印
18荒川綾瀬・宝泉寺

★雑記
弘法大師霊場の札所、宝泉寺の御朱印です。
古そうでこじんまりとした本堂、一方で地蔵石仏や弘法大師石仏のある辺りは、新しそうで綺麗に整えられていました。弘法大師石仏の台座には、第63番と彫られていました。こちらは、南葛八十八ヶ所霊場の札所としての御本尊になります。お隣の石碑には、新四国八十八ヶ所霊場そして第16番と彫られています。つまりこちらは、四箇領新四国八十八ヶ所霊場の札所を示す石碑のようです。結局のところ、荒綾八十八ヶ所霊場の札所を示すものだけが見付かりませんでした。あぁ、一応、本四国霊場第18番札所の恩山寺の御詠歌奉納額があったので、それで知ることは出来ますか。
御朱印は、庫裡にていただきました。種字はインキで直接揮毫でした。なお、最近になって、御朱印を求める人が増えたとのこと。増えた、と言っても、年間ひと桁からふた桁になった程度なのだけど、とのことでした。

◎宝泉寺、本堂。
宝泉寺2

◎宝泉寺、弘法大師石仏と霊場石碑。
宝泉寺0

勝養寺@東京

◆山・院・寺号
鶴林山 厳浄院 勝養寺(しょうようじ)

◆宗派
真言宗 豊山派

◆御本尊
大日如来

◆所在地
葛飾区青戸3丁目
京成線・青砥駅より徒歩4分

◎「いろは大師、南葛八十八ヶ所霊場・第41番札所」の御朱印
8荒川綾瀬・勝養寺

★雑記
弘法大師霊場の札所、勝養寺の御朱印です。
交差点の、えらく尖った側に寺院が建っています。結構な交通量で、やや騒々しい立地になっているとも言えましょうか。境内に入ると、すぐに2階本堂への階段があります。大黒天と弁財天の赤い幟が棚引いており、あるいは正月には七福神のご利益に与ろうと、参拝に訪れる人も多いのかもしれません。ちなみの、こちらの弁財天は、とぐろを巻いている方の弁財天とのこと。宇賀神タイプってことですね。いただいた御朱印には、いろは大師・南葛八十八ヶ所霊場の霊場印が押されていました。私としては、荒綾八十八ヶ所霊場(第8番札所)での参拝だったのですが、荒綾霊場の霊場印は作っていないとのことです。もっとも、境内には、荒綾八十八ヶ所霊場の石碑だけが立っていました。霊場について、御住職も昔調べたことがあるそうです。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎勝養寺、本堂。
8荒川綾瀬・勝養寺4

浄光寺@東京

◆山・院・寺号
青龍山 薬王院 浄光寺(じょうこうじ)
通称:木下川薬師(きねがわやくし)

◆宗派
天台宗

◆御本尊
薬師如来

◆所在地
葛飾区東四つ木
京成押上線・四ツ木駅より徒歩12分

名称未設定-3

★雑記
木下川薬師として知られる浄光寺の御朱印です。
木下川と書いて、”きねがわ”と読みます。初見では読めませんね、これは。伝教大師最澄作の薬師如来像が、こちらの寺院御本尊になるとのこと。秘仏なので拝観はできませんが・・・。他に参拝者も無く、静かに境内を見ることが出来ました。なかなかに和風な境内でした。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎木下川薬師、山門。
木下川薬師3

◎木下川薬師、本堂。
木下川薬師1

◎木下川薬師、境内。
木下川薬師2

南蔵院@東京

◆山・院・寺号
五方山 立石寺 南蔵院(なんぞういん)

◆宗派
真言宗 豊山派

◆御本尊
大日如来

◆所在地
葛飾区立石8丁目
京成本線・青砥駅より徒歩12分

no

★雑記
2013年9月、弘法大師霊場の南蔵院に参拝してきました。
目的は、荒綾八十八ヶ所霊場(第4番札所)での参拝で、青砥の駅からエッチラオッチラと歩いて行きました。寺院前の堤防を上れば、すぐ目の前は荒川へと流れ込む中川です。天気も良く、青空が広がる絶好の巡拝日和でした。もっとも、歩くには9月と言えど少々暑いくらいでしたが。
さて南蔵院、本堂も庫裡もえらく綺麗で新しい印象でした。参道途中、墓地との間に小さなお堂があり、そこに弘法大師石像が祀られていました。37番と台座に彫られていたので、南葛八十八ヶ所霊場としての仏像だと知れます。お堂脇には、四箇領新四国八十八ヶ所霊場(第17番)と荒綾八十八ヶ所霊場の名称が彫られた新四国霊場の石碑がありました。見たところ昔からの石碑が残っているのでは無く、新しく作られたものでした。お堂内に、南葛八十八ヶ所霊場の案内書があったので、下記に文字起こし。

<引用>
新四国南葛八十八ヶ所(大心講)
近世から昭和初期まで、四国八十八ヶ所など一般庶民には行かれなかった霊場を、身近に作り巡拝する地方巡礼がはやりました。葛飾を中心とするこのような巡礼はいくつかありますが、葛飾鎌倉には奥戸・善紹寺を1番とする新四国南葛八十八ヶ所の霊場(大師堂)が五ヶ所あります。
大正8年秋、恵心和尚は庭木の手入れをしている時に木から落ち、小枝で左眼をけがをしました。すぐに家に帰り、四国霊場曼荼羅を拝み、弘法大師に普段から、お大師様を信仰しているのになぜこのようなけがをするのか、大師は私を見限ったのか、と大師の法号を唱え薬を付けたところ、夜になり痛みがうすらいできました。痛みが引けたのは、薬の効き目で、お大師様の功徳ではないと思ったところ、次の夜から再び痛み出し一層ひどくなり、お大師様の冥罰と懺悔しましたが、頬に2つの腫れ物ができ3ヶ月治りませんでした。
しかし、何の跡も残らず完治したのでこの体験に感謝し、大正8年11月に自宅に一小堂を建立し、いろは大師とし現在の元大師が出来ました。
大正12年にお大師様が夢枕に立ち、「二十一ヶ所の霊場を建立すべし」とおっしゃられ、二十一ヶ所完了。翌13年にも「二十四ヶ所の霊場を」とのお言葉に二十四ヶ所を完了。はじめは南葛いろは大師と称したので、四十八ヶ所、四十八番の最終札所は善紹寺でした。又、14年に第3回の霊告を受け、四十二ヶ所の霊場を完備し南葛新四国八十八ヶ所は完成しました。
</引用>

さて御朱印ですが、残念ながら授与していないとのことでした。札所となっている「荒綾八十八ヶ所」「南葛八十八ヶ所」「四箇領八十八ヶ所」の霊場を問わず、御朱印自体を完全不授与とのことでした。

◎南蔵院。
五方山立石寺南蔵院

◎南蔵院、本堂。
南蔵院・本堂

南蔵院@東京

◆山・院・寺号
業平山 東泉寺 南蔵院(なんぞういん)

◆宗派
天台宗

◆御本尊
釈迦如来

◆所在地
葛飾区東水元2丁目
JR常磐線・金町駅より徒歩15分

◎「関東百八地蔵霊場・第97番札所」の御朱印
南蔵院・しばられ地蔵

★雑記
しばられ地蔵として知られる、南蔵院の御朱印です。
山号は、平安時代の歌人である在原業平にちなんでいます。また由緒書きによれば、この地蔵像は名奉行の大岡越前に縄打って召し捕らえられたこともあり、そのことで霊験が有名になったとか。堂宇が規則的に並んでいるし、和風な木々も植えられているし、周囲に高い建物もないしでスッキリした境内でした。
御朱印は、お休み処にていただきました。直書きの場合は3日ほど掛かるとのことで、書き置きをいただきました。

◎南蔵院、山門。
しばられ地蔵9

◎南蔵院、山門のダルマ。
しばられ地蔵0

◎南蔵院、しばられ地蔵。
しばられ地蔵・南蔵院

良観寺@東京

◆山・院・寺号
弘誓山 観音院 良観寺(りょうかんじ)

◆宗派
真言宗 豊山派

◆御本尊
聖観世音菩薩

◆所在地
葛飾区柴又3丁目
京成金町線・柴又駅より徒歩5分

◎「布袋尊:柴又七福神」の御朱印
良観寺

★雑記
布袋尊を祀る、良観寺の柴又七福神での御朱印です。
山門前がすぐ線路という、珍しい立地をしているお寺です。境内の本堂前には、およそ3メートルの高さがある布袋尊の石像が立っています。柔和な笑顔が逆に恐いですね。その脇にも、写真のような布袋尊像が立っています。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎良観寺、山門。
良観寺5

◎良観寺、本堂。
良観寺2

◎良観寺、布袋尊石像。
良観寺

万福寺@東京

◆山・院・寺号
聖閣山 万福寺(まんぷくじ)

◆宗派
曹洞宗

◆御本尊
釈迦牟尼仏

◆所在地
葛飾区柴又6丁目
京成金町線・柴又駅より徒歩7分

◎「福禄寿:柴又七福神」の御朱印
万福寺

★雑記
福禄寿を祀る、万福寺の柴又七福神での御朱印です。
なにやら大勢のおばさん連中が庫裡の方に集まっており、飲めや歌えやのドンチャン騒ぎをしていたので、参拝後はそそくさと退散しました。写経会?御詠歌会?なにやらそんな感じでした。でも騒がしかったからなぁ・・・。
御朱印は、庫裡にていただきました。墨書きには”禄”が無いのですね。

◎万福寺、本堂。
聖閣山 万福寺

医王寺@東京

◆山・院・寺号
薬王山 瑠璃光院 医王寺(いおうじ)

◆宗派
真言宗 豊山派

◆御本尊
薬師如来

◆所在地
葛飾区柴又5丁目
北総線・新柴又駅より徒歩1分

◎「恵比寿天:柴又七福神」の御朱印
医王寺・恵比寿

★雑記
恵比寿天を祀る、医王寺の柴又七福神での御朱印です。
なかなかに立派な山門をくぐって境内へ。こちらの寺院は、この柴又七福神の事務局でもあるようです。御本尊がお薬師様なので、いずれ再訪をと思っています。
御朱印は、授与所にていただきました。

◎医王寺、山門。
薬王山 瑠璃光院 医王寺1

真勝院@東京

◆山・院・寺号
石照山 真光寺 真勝院(しんしょういん)

◆宗派
真言宗 豊山派

◆御本尊
不動明王

◆所在地
葛飾区柴又7丁目
京成金町線・柴又駅より徒歩4分

◎「弁才天:柴又七福神」の御朱印
真勝院・弁財天

★雑記
弁才天を祀る、真勝院の柴又七福神での御朱印です。
柴又帝釈天題経寺から、道路を挟んで徒歩1分のところにあります。こちらはいたって静かな境内で、穏やかに参拝ができました。時期外れの七福神巡りだからというのもあるでしょうか。参道には、五智如来の石仏も並んでいました。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎真勝院、本堂。
真勝院1

観蔵寺@東京

◆山・院・寺号
金亀山 神宮院 観蔵寺(かんぞうじ)

◆宗派
真言宗 豊山派

◆御本尊
正観世音菩薩

◆所在地
葛飾区高砂
京成線・高砂駅より徒歩3分

◎「寿老人:柴又七福神」の御朱印
観蔵寺

★雑記
柴又七福神で寿老人を祀る、観蔵寺の御朱印です。
線路沿いにある寺院なので、境内では時折電車の通過による振動と騒音を感じます。線路と反対側は住宅地になっており、こちらへ少し入ると人も少なくて静かなものです。
御朱印は、朱印所にていただきました。

◎観蔵寺、境内。
観蔵寺

宝生院@東京

◆山・院・寺号
大黒山 宝生院(ほうしょういん)

◆宗派
真言宗 智山派

◆御本尊
大黒天

◆所在地
葛飾区柴又5丁目

◎「大黒天:柴又七福神」の御朱印
宝生院

★雑記
出世大黒天を祀る、宝生院の柴又七福神での御朱印です。
境内はなんとも緑が多くて良い感じです。お正月の七福神巡り期間ではないので、参拝者は他にいませんでした。だからでしょうか、本堂内に上げていただき直接拝観することができました。
御朱印は、本堂内にていただきました。

◎宝生院、境内。
宝生院

題経寺@東京

◆山・院・寺号
経栄山 題経寺(だいきょうじ)
通称:柴又帝釈天

◆宗派
日蓮宗

◆御本尊
帝釈天
大曼荼羅

◆所在地
葛飾区柴又7丁目
京成線・柴又駅より徒歩3分

名称未設定-2

◎「毘沙門天:柴又七福神」の御朱印
題経寺・毘沙門天

◎オリジナル御朱印帳
名称未設定-1 (3)

★雑記
柴又帝釈天としてお馴染み、題経寺の御朱印です。
日蓮宗の御本尊は大曼荼羅かと思いましたが、題経寺のサイトには帝釈天とあり、はてさてどっちなのって感じでもあります。さて、男はつらいよシリーズを観たことがないので、寅さんにはまったく何の思い入れもありませんが。この寺院もとげぬき地蔵と同様に、その名称よりも通称の”柴又帝釈天”の方が有名でしょうかね。参道は匂いを嗅ぐだけでも楽しいです。柴又七福神めぐりでは、七福神の内の毘沙門天がお祀りされています。お正月に限らず、通年で参拝&御朱印授与が可能なのは良いですね。
御朱印は、帝釈堂内にていただきました。

◎題経寺、帝釈堂。
柴又帝釈天

題経寺@東京

絵馬・帝釈天題経寺

柴又帝釈天こと、題経寺@東京の絵馬です。
二天門から帝釈堂を覗き見た感じが、上手くデザインされています。

題経寺@東京

名称未設定-1 (3)

◆山・院・寺号
経栄山 題経寺(だいきょうじ)
通称:柴又帝釈天

◆宗派
日蓮宗

◆御本尊
帝釈天

◆所在地
葛飾区柴又/京成線・柴又駅より徒歩3分

◆サイズ
11×16cm

◆料金
1000円
カテゴリ別アーカイブ
タカツキ
23区を中心に
休日にのみフラフラと
病人なんでノンビリと
御朱印を集印中。
御朱印帳は、派手系好き
時々、絵馬。
ヘッダー写真は、
気分次第でチェンジ。

携帯電話からだと
strikeのタグが
反映されないのか。
う~ん。。。

●今年の状況●
武相二十八不動
(結願/28)
都筑橘樹二十五地蔵
(結願/25)
三浦二十一薬師
(結願/21)
関東三十六不動
(35/36)
関東九十一薬師
(76/91)
関東八十八ヶ所
(23/95)
豊島八十八ヶ所
(87/88)
阿波西国三十三観音・東部
(24/33)
阿波西国三十三観音・西部
(15/33)
四国三十六不動
(17/36)
下総三十三観音
(14/34)
名古屋二十一大師
(7/21)
和歌山西国三十三観音
(13/36)
安房国四十八薬師
(12/48)
知多四国八十八ヶ所
(3/98)
桶狭間十三仏
(7/13)


こっそり御朱印帳メモ

記事検索
メッセージ

こちらからの返信や回答を希望される場合は、返信先も記載してください。

名前
メール
本文
Pilgrimage
平成26年御開帳情報メモ
都道府県別リンク
【千葉県】の掲載一覧
【埼玉県】の掲載一覧
【東京都】の掲載一覧
【神奈川県】の掲載一覧
【愛知県】の掲載一覧
【大阪府】の掲載一覧
【徳島県】の掲載一覧
【香川県】の掲載一覧
【愛媛県】の掲載一覧
【高知県】の掲載一覧
  • ライブドアブログ