はい、どうも。昼飯後の雑記タイムです。

ザッと書いてアップしているので、誤字脱字なり文章の流れが前後でおかしいなりは、目をつぶってください。さてと、今回のネタは、『御朱印に入れられた、第三者のサイン』についてです。私が意図するところの第三者とは、つまり住職や宮司、寺庭や役僧などのお寺関係者、巫女などの神職、それら以外を指していると考えてください。・・・なんか回りくどい気が自分でもするのでハッキリ書きますと、デザイナーや書家などのことです。

002

無理に奇をてらった御朱印にしなくても良いと思うのですが、世間的な流れには逆らえないのでしょうか、寺社が御朱印を介してなにかしらとコラボレーションするのが流行っています。その際、絵心のある住職や神職が書く(描く)ならまだしも、外部のデザイナーや書家などに依頼して、御朱印とイラストなどをセットにして授与するケースが見られます。桜の御朱印やオリジナル御朱印帳で人気の高い千葉県のS神社、風林火山で知られる戦国武将の館跡に建つ甲府のT神社など、差し当たってパッと思い付くのは現時点でこの2社くらいですが、もしかするとこの先増えないとも限りません。

001

さてと、御朱印は神仏との縁だと思います。回りくどいのは今度も止めて言いたいことをハッキリと書きますが、デザイナーや書家などのサインは邪魔です。目障りです。御朱印に絵が入っていようと、名言の書が入っていようと構わないのですが、あなた方のサインなど不要です。下手とか上手いとかの問題じゃありません。所縁があるか思い入れがあるか知りません。自分の売名行為(宣伝)と割り切っているのかどうかも知りませんし興味がありません。ですが、むしろ寺社側から提案されたとしても、断るくらいの常識的な考えを持って欲しいものです。私と神仏との縁に、割り込んで来るんじゃねぇよ、っていうのが正直な気持ちであります。