◆山・院・寺号
巌金山 宝厳寺(ほうごんじ)

◆宗派
真言宗 豊山派

◆御本尊
弁才天

◆御詠歌
(西国三十三観音霊場)
月も日も 波間に浮かぶ 竹生島 船に宝を 積む心地して

◆所在地
長浜市早崎町
JR・長浜駅より徒歩15分+長浜港より船で25分

◎「御本尊・大弁才天」の御詠歌
竹生島・本尊

◎「西国三十三観音霊場・第30番札所」の御詠歌
30竹生島

★雑記
琵琶湖に浮かぶ竹生島、宝厳寺の御朱印・御詠歌です。
こちら竹生島、琵琶湖の北側に位置しており、その周囲はおよそ2キロメートル、面積は0.14平方キロメートルほどだとか。船着き場以外は急な断崖になっていて、ミステリーの舞台としてはピッタリな感じです。ですから参拝は、船で向かうしか手段がありません。そのため、天候次第では、予定変更となる可能性もあります。現に平成26年10月の参拝時は、まさに台風が接近していて「明日どころか、今日の夕方の便から欠航になるだろう」と、船着き場にある売店の人も話していたギリなタイミングでした。確かに竹生島から長浜港に戻る船内は、意外に揺れた記憶があります。それにしてもまぁ、昔の人はよくこんな場所にお寺を建てたものです。確かに、俗世から隔絶されるには最適でしょうが・・・。さて宝厳寺、西国三十三ヶ所観音霊場や近畿楽寿三十三ヶ所観音霊場の札所になっています。唐門が国宝に指定されている観音堂(観音堂自体は重文)は、本堂から階段を下った先、竹生島神社こと都久夫須麻神社の境内との境にあります。桃山時代の建物で、今の黒ずんだ色合いからは考えられないくらい、当時は極彩色だったとか。屋根には草も生えていますね。観音様のお寺としてはもちろんですが、御本尊の弁才天も日本三大弁才天(弁財天)のひとつとして信仰されています。
御朱印は、本堂前の納経所にていただきました。複数の役僧がいて、団体の参拝ツアー客もいましたが、結構手際良くさばいていました。

◎宝厳寺、参道。
30竹生島4

◎宝厳寺、本堂。
30竹生島3

◎宝厳寺、唐門+観音堂。
30竹生島8

◎宝厳寺、観音像。(近畿楽寿三十三ヶ所観音霊場)
30竹生島5