◆名称
桜天神社(さくらてんじんしゃ)

◆御祭神
菅原道真(すがわらみちざね)

◆所在地
名古屋市中区錦2丁目
地下鉄桜通線・丸の内駅より徒歩1分

桜天神社

★雑記
名古屋三天神のひとつ、桜天神社の御朱印です。
見ての通り、街なかの凄いところに鎮座しています。完全に見降ろされている感じで、この上なく窮屈な様子を醸し出しています。こちらの神社、織田信秀(織田信長の父)が、京都の北野天満宮から勧請したことが始まりとのこと。もっとも、元々は那古屋城中の祠へ勧請されたそうで、天文7年(1538年)にこの地へ那古屋城中から移されたそうです。愛知県下で最も由緒のある天神社として知られています。今は使われていませんが、敬称の”菅原神社”の石碑も立っています。
御朱印は、授与所にていただきました。判子だからか、200円の初穂料でした。

◎桜天神社、外観。
桜天神社01

◎桜天神社、願の水の牛。
桜天神社02