マッハ墨朱&絵馬による布陣(仮)~御朱印ブログ~

御朱印と御朱印帳、時々絵馬。メモ代わり兼ひとりでニヤニヤと悦に浸るためだけの場

2017年03月

長泉寺@千葉

◆山・院・寺号
深広山 無涯院 長泉寺(ちょうせんじ)

◆宗派
浄土宗

◆御本尊
阿弥陀如来

◆御詠歌
いながらに 拝む東方 瑠璃世界 弥勒の出生 共に成仏

◆所在地
南房総市富浦町原岡
JR内房線・富浦駅より徒歩3分

◎「安房四十八薬師霊場・南口十二番札所」の御朱印
南12・長泉寺

★雑記
安房四十八薬師霊場の札所、長泉寺の御朱印です。
「富浦里見大黒天」の看板も出ていましたから、地元では大黒様のお寺として知られているのでしょう。寺名の表記で、院号→山号→寺号と並べるのもなかなか見ないですね。薬師霊場の御開帳に合わせて、本堂前には結縁柱が立っており、本堂内のお薬師様とつながっています。12年振りの御開帳(半開帳を含めると6年振りですが)だからか、あるいはわざわざ東京から来たことを知ってか、結構なお接待を受けました。歩き巡拝ならと大量に塩飴をもらったりお菓子を強引にカバンに詰め込まれたり(笑)と、なんとも楽しげで良い雰囲気でした。
御朱印は、納経所にていただきました。

◎長泉寺、本堂。
長泉寺2

◎長泉寺、大黒天堂。
長泉寺

宝蔵寺@京都

◆山・院・寺号
無量山 如意院 宝蔵寺(ほうぞうじ)

◆宗派
浄土宗 西山深草派

◆御本尊
阿弥陀如来

◆所在地
京都市中京区裏寺町通り蛸薬師上る裏寺町
阪急京都線・河原町駅より徒歩5分

宝蔵寺・本尊

宝蔵寺・どくろ

◎宝蔵寺オリジナル御朱印帳。
宝蔵寺・帳面

★雑記
伊藤若冲所縁のお寺として知られる宝蔵寺の御朱印です。

(平成28年9月記)
河原町駅周辺の繁華街の裏通りにお寺はあります。僅か1本通りを入っただけですが、意外にひっそりと静かな環境となっています。オリジナル御朱印帳や御朱印にもある通り、伊藤若冲関連のデザインでここのところ急に認知度を高めています。特にオリジナル御朱印帳を求めて行列も出来るほどのお寺と聞いていましたが、この日は特に参拝者の姿もチラホラといったところ。なまじ大々的にPRをしていないので、いったんお寺の前を素通りしてしまい、また戻ってきて「あぁ、ここか」と気付いて境内に入ってくる人の姿もあるくらいでした。私がお参りしていたときは、3人の参拝者とバッティング。伊藤若冲(と御朱印)にのみ興味があるようで、特に本堂や弁財天社に参拝もせず庫裡へそのままGO!な感じでした。
御朱印は、庫裡にていただきました。髑髏図の手ぬぐいも合わせて購入しました。

◎宝蔵寺、山門。(平成28年9月撮影)
宝蔵寺・9

◎宝蔵寺、本堂・弁財天社。(平成28年9月撮影)
宝蔵寺・3

永弘院@愛知

◆山・院・寺号
上野山 永弘院(ようこういん)

◆宗派
臨済宗 妙心寺派

◆御本尊
薬師如来

◆所在地
名古屋市千種区上野1丁目

◎「東海四十九薬師霊場・第28番札所」の御朱印
28永弘院

★雑記
東海薬師霊場の札所、永弘院の御朱印です。
「ようこういん」と読むのが正しいようで、公式サイトには通称として「えいこういん」の読みも載っていました。確かに、普通に読めば後者ですからね。境内は和風な感じで構成されており、禅寺っぽさを感じ取れました。薬師霊場の札所ですが、霊場巡拝者はコンスタントにいるわけではないようです。まぁ、私はその空間を独占出来る感じがして落ち着くので、他に参拝者のいないお寺の方がお参りとしては好きですけれどね。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎永弘院、山門。
28永弘院3

◎永弘院、境内。
28永弘院5

◎永弘院、本堂。
28永弘院6

泉福寺@東京

◆山・院・寺号
崇福山 泉福寺(せんぷくじ)

◆宗派
真言宗 智山派

◆御本尊
不動明王

◆所在地
板橋区赤塚6丁目

◎「豊島八十八ヶ所霊場・第23番札所」の御朱印
23泉福寺

★雑記
弘法大師豊島霊場の札所、泉福寺の御朱印です。
住宅街に境内を構えるお寺で、入り口や参道はなかなか狭くなっています。境内にまで入れば、ちょっと開けているので窮屈さはありませんが。豊島霊場の札所を示す石碑が残っていますし、それ以外にも判別不能なものも含めて石碑がズラッとまとめて並べられています。小振りな本堂には、「豊島八塔霊場:第四番札所」の扁額が掛かっていました。またこれ、知らない霊場が出てきましたよ。留守の方に聞いても、まったく不明とのこと。裏の通りにはバスが通っていて、帰りはそれを利用して成増駅まで戻った・・・ような、曖昧な記憶しかありません。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎泉福寺、境内入り口。
23泉福寺2

◎泉福寺、本堂。
23泉福寺6

◎泉福寺、修行大師像。
23泉福寺9

◎泉福寺、石碑群。
23泉福寺7

札幌三吉神社@北海道

◆名称
札幌三吉神社(さっぽろみよしじんじゃ)

◆御祭神
大己貴神(おおなむちのかみ)
少彦名神(すくなひこなのかみ)
藤原三吉神(ふじわらみよしのかみ)

◆所在地
札幌市中央区南1条西8丁目

札幌三吉神社

★雑記
街なかに鎮座する札幌三吉神社の御朱印です。
市電の西8丁目停留所が神社のすぐ前にありましたが、地下鉄の大通駅から歩いて行きました。そんなに遠いわけでもないし、碁盤の目のような街なので迷うことなくでした。周囲の高層ビルのせい?境内は全体的にやや暗め。しかもその境内や社務所の中をテレビのロケハン的な人らが我が物顔でウロチョロしており、私を含めてそのとき境内にいた参拝者たちに向けて、お前ら邪魔だな的な視線を送っていたのを見て、サッサと退散することにしました。
御朱印は、社務所窓口にていただきました。私の前にいただいていた人が、「御朱印は賽銭箱に~」だったので、あぁそういう流れなのかと思っていたら、私のときは”ハイ300円”って手を出されて、なんだこの差は!?とちょっとカチンときたお参りでした。踏み倒すとでも思ったのかよ!

◎札幌三吉神社、境内。
札幌三吉神社9

武山不動院@神奈川

◆山・院・寺号
龍塚山 持経寺 不動院(ふどういん)
通称:武山不動

◆宗派
浄土宗

◆御本尊
不動明王

◆所在地
横須賀市武1丁目

◎「三浦半島干支守り本尊・八仏霊場」の御朱印
武山不動・守り本尊

◎「三浦半島二十八不動霊場・第1番札所」の御朱印
1武山不動

◎「東国花の寺百ヶ寺・神奈川第3番札所」の御朱印
武山不動尊・東国花の百ヶ寺01

★雑記
複数の札所を兼ねる、武山不動院の御朱印です。
最寄りのバス停から山登りを1時間、ようやく辿り着けるこの武山不動院。日本武尊が昔に登ったことから、武山という名称になったとか。登山は大変ですが、海抜200メートルの眺望はなかなかのものです。海も見えるし山も見えるしで、なんだかお得感があります。小振りな鐘が境内隅っこにポツリと立ち、本堂前には結縁柱も立っていました。
御朱印は、寺務所にていただきました。どうやらこの武山不動院は兼務寺院のようですね。跡継ぎがまだ他の寺院で修行中とのことで、平成23年4月17日参拝時点では、寺務所に住職が来られるのは土日祝のみになってしまうとのことでした。ただそれ以外の日に参拝した場合でも大丈夫なように、本堂内には書き置き御朱印が用意されていました。

◎武山不動院、本堂。
武山不動6

◎武山不動院、境内の武山稲荷大明神。
武山不動1

◎武山不動院、眺望。
武山不動5

◎武山不動院、眺望。
武山不動3

金乗院@東京

◆山・院・寺号
如意山 万徳寺 金乗院(こんじょういん)

◆宗派
真言宗 豊山派

◆御本尊
愛染明王

◆所在地
練馬区錦2丁目

◎「豊島八十八ヶ所霊場・第32番札所」の御朱印
32金乗院

★雑記
弘法大師霊場の札所、金乗院の御朱印です。
住所は練馬区ですが、豊島霊場の札所です。駅から徒歩だと遠そうに見えたので、レンタサイクルを利用して向かいました。この辺りには来ること自体初めてで、普通の住宅街ではあるのですが、なんだか新鮮な感じを受けました。お寺の山門脇には、豊島霊場の札所を示す石碑も残っていました。境内は意外に広く、大師堂以外は全体的に新しい雰囲気。本堂前にはド~ンと、練馬区内最大の高さ18メートルを誇る大イチョウの木がそびえていました。三代将軍である徳川家光のお手植えとされているそうです。大師堂もある札所は、珍しい気がしました。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎金乗院、山門。
32金乗院8

◎金乗院、境内。
32金乗院28

◎金乗院、境内。
32金乗院1

◎金乗院、大師堂。
32金乗院2

◎金乗院、大イチョウ。
32金乗院6

平河天満宮@東京

◆名称
平河天満宮(ひらかわてんまんぐう)

◆御祭神
菅原道真公(すがわらみちざねこう)

◆所在地
千代田区平河町1丁目
東京メトロ半蔵門線・半蔵門駅より徒歩3分

◎「平成28年12月年越大祓参拝」の御朱印
平河天満宮・年越h28

◎「平成28年6月菅公の日参拝」の御朱印
平河天満宮・菅公の日

◎「平成28年3月午の日参拝」の御朱印
平河天満宮

平河天満宮01

★雑記
平河天神とも呼ばれる平河天満宮の御朱印です。

(平成22年10月記)
江戸ではなにかとお馴染みの太田道灌が、文明10(1478)年に江戸の街の守護神として創祀したのが始まりとのことです。千代田区自体、文楽の鑑賞以外ではあまり来ない人間なのですが、街の中にポッカリとこんなスペースがあるものなのですね。特に土日祝日はオフィスも閑散としており静かなので、参拝にはもってこいな環境でした。なにかしらの七福神めぐりに入っているわけではありませんが、境内には布袋尊の石像が奉納されていました。
御朱印は、授与所にていただきました。

(平成28年3月記)
午の日限定で、境内摂社の平河稲荷神社の御朱印も授与していただけるとのことで、足を運びました。

(平成28年12月記)
夏越大祓のときもそうだったのですが、こちらの茅の輪って地面から少し浮いているのですよね。思わず引っ掛けそうな気になりました。

◎平河天満宮、社頭。(平成28年3月撮影)
平河天満宮1

◎平河天満宮、社殿。(平成28年3月撮影)
平河天満宮2

◎平河天満宮、社殿。(平成22年10月撮影)
平河天満宮9

◎平河天満宮、境内。(平成28年3月撮影)
平河天満宮8

延命寺@神奈川

◆山・院・寺号
黄雲山 地蔵密院 延命寺(えんめいじ)
通称:逗子大師

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
大日如来

◆所在地
逗子市逗子3丁目
京浜急行・新逗子駅より徒歩3分

◎「三浦半島干支守り本尊・八仏霊場」の御朱印(専用貼り付け版)
延命寺・逗子大師・干支本尊

◎「三浦半島干支守り本尊・八仏霊場」の御朱印
延命寺01

◎「寺院御本尊:大日如来」の御朱印
逗子大師

★雑記
三浦半島干支守り本尊・八仏霊場のひとつ、延命寺の御朱印です。

(平成23年4月10日記)
他にも、新四国東国八十八ヶ所霊場・三浦半島地蔵霊場・三浦半島不動霊場、さらには湘南七福神巡りなどの札所も兼ねている寺院です。ど~んと、なかなかに威圧的な本堂が出迎えてくれます。参道右手には湘南七福神の厨子弁財天と、背後の金ピカが西陽を受けて眩しい延命地蔵尊が祀られています。今は大日如来が御本尊ですが、開山当初は延命地蔵菩薩が寺院御本尊だったようです。
御朱印は、寺務所にていただきました。それにしても、流石に書道の先生というだけあって達筆至極です。

(平成23年4月17日記)
八仏霊場の御朱印は、御開帳期間以外だと、あの天女が描かれた特別御朱印にはならないようです。と言うわけで、御開帳期間に再訪してきました。

◎逗子大師、本堂。
本堂

◎逗子大師、境内の延命地蔵尊。
地蔵

宝蔵寺@京都

宝蔵寺・帳面

◆山・院・寺号
無量山 如意院 宝蔵寺(ほうぞうじ)

◆宗派
浄土宗 西山深草派

◆御本尊
阿弥陀如来

◆所在地
京都市中京区裏寺町通り蛸薬師上る裏寺町
阪急京都線・河原町駅より徒歩5分

◆サイズ
12×18cm

◆料金
2000円

西宮神社@長野

◆名称
西宮神社(にしのみやじんじゃ)

◆御祭神
八重事代主神(やえことしろぬしのかみ)
蛭子神(ひるこのかみ)
倉稲魂神(うがのみたまのかみ)

◆所在地
長野市長野岩石町

西宮神社

★雑記
善光寺からもほど近い、西宮神社の御朱印です。
善光寺七福神めぐりでは、恵比寿神を祀っている神社になります。こちらは、寛文3(1663)年に勧請され、文化11(1814)年になって倉稲魂神が合祀されたそうです。ちょうど住宅街との境といった場所に鎮座しており、決して広い境内ではありませんが、入れ替わり立ち替わり参拝者が訪れていました。七福神めぐりの色紙らしきを持っている人も見掛けました。社殿前の恵比寿石像はえらく新しい感じで、足が物の見事に90度を描いていました。
御朱印は、授与所にていただきました。

◎西宮神社、社殿。
西宮神社2

◎西宮神社、恵比寿像。
西宮神社1

神鳥前川神社@神奈川

◆名称
神鳥前川神社(しとどまえかわじんじゃ)

◆御祭神
倭建命(やまとたけるのみこと)
弟橘比売命(おとたちばなひめのみこと)
伊邪那岐命(いざなぎのみこと)
伊邪那美命(いざなみのみこと)

◆所在地
横浜市青葉区しらとり台
東急田園都市線・田奈駅より徒歩7分

神鳥前川神社

★雑記
神鳥前川神社の御朱印です。
元々は御祭神にちなんで「白鳥前川神社」と言ったそうです。白鳥が転じて神鳥と書くようになった時期は不明ですが、これをシトドやシトトリと読ませて今に至るそうです。確かに・・・初見じゃ神鳥をシトドとは読めないです。神社の創建は文治3(1187)年、その後の明治43年に神明社を合祀して今の神社となったそうです。駅から徒歩で向かうと、こんもりした小さな山と言うか丘と言うかが見えてきます。木々がいっぱいあふれているので、聖域としては良い環境ですね。境内は時期的に、七五三の祈祷依頼者だらけ。そこまで大きな神社じゃないし大丈夫だろう、と思っていた計算が甘かったです。
御朱印は、授与所にていただきました。なんでも、失敗したり汚したりするを防ぐために、すべて書き置きでの対応となるそうです。ただ他の神社と違うのは、ペラ1で渡されるのではなく、貼り付けまで神職が行ってくれることでした。

◎神鳥前川神社、社頭。
神鳥前川神社60

◎神鳥前川神社、参道。
神鳥前川神社1

◎神鳥前川神社、社殿。
神鳥前川神社5

宇都宮二荒山神社@栃木

◆名称
宇都宮二荒山神社(うつのみやふたあらやまじんじゃ)

◆御祭神
豊城入彦命(とよきいりひこのみこと)

◆所在地
宇都宮市馬場通り1丁目
東武宇都宮線・宇都宮駅より徒歩8分

二荒山神社・宇都宮

★雑記
下野国一之宮、宇都宮二荒山神社の御朱印です。
宇都宮駅から歩いてサックリお参り出来る場所に鎮座しているので、結構な人が境内に出入りしていました。写真の通り、パルコが目の前に建っているくらいの場所ですから。やや小雨が混じる天気でしたので、湿気てモワッとした暑さがあったのはつらいところでした。そう言えば、鳩が多かった記憶があります。
御朱印は、社務所にていただきました。

◎宇都宮二荒山神社、境内。
二荒山神社5

◎宇都宮二荒山神社、鳥居。
二荒山神社3

◎宇都宮二荒山神社、社殿。
二荒山神社7

勝音寺@埼玉

◆山・院・寺号
栗原山 勝音寺(しょうおんじ)

◆宗派
臨済宗 建長寺派

◆御本尊
阿弥陀如来

◆御詠歌
しし岩を 渡るすなわち 栗林 法の教えを 聞くぞ嬉しき

◆所在地
日高市栗坪

◎「武蔵野三十三観音霊場・第27番札所」の御朱印(霊場開創75周年)
27勝音寺

★雑記
武蔵野観音霊場札所、勝音寺の御朱印です。
武蔵野観音霊場以外に、高麗坂東観音霊場の札所にもなっているそうです。同じく武蔵野観音霊場の札所である聖天院から歩いて10分程度だそうですが、実際はもっと掛かったような気がします。ちなみに、お寺に隣接、あるいは近くに神社が鎮座していることは多々ありますが、勝音寺のお隣には教会がありました。なんとも珍しいケースです。さてこちら、本堂がドンのシンプルな境内を構えていました。HPを見たところ、どうやらこれは仮本堂らしいです。特に本堂を新たに建てているような様子もなかったのですが・・・。
御朱印は、授与窓口にていただきました。

◎勝音寺、本堂(仮本堂?)。
27勝音寺8

前橋東照宮@群馬

◆名称
前橋東照宮(まえばしとうしょうぐう)

◆御祭神
徳川家康公(とくがわいえやすこう)

◆所在地
前橋市大手町3丁目

前橋東照宮

★雑記
前橋の東照宮の御朱印です。
前橋城の跡地であり、今は前橋公園となっているエリアの一角に鎮座しています。交通量の多い十字路に接しているので、結構な喧騒具合でした。鳥居の前は歩道の幅しかないので、写真を撮ることも難しいくらいです。なお、こちらへは、駅前のレンタサイクルを利用して向かいました。迷うほどのルートでもなく、10分もあれば充分でしょう。なんでも元々は、群馬県どころか越前の勝山城内に創祀された神社が始まりとのこと。松平家が移封されるたびにあっちゃこっちゃと移動させられて、明治4年になってようやく今の場所に落ち着くことになった流浪の神社です。ところで、東照宮と言えばキンキラキンという派手なイメージですが、ここはそうでもないですね。地味とも言える外観で、こじんまりといったところ。まぁ、社務所建物が新しく綺麗でしたけれど。社殿向かって右手裏には、大河ドラマ「花燃ゆ」のゆかりの地を紹介する紀行コーナーの中で招魂碑が紹介されたらしい、厩橋護国神社が鎮座していました。
御朱印は、社務所にていただきました。

◎前橋東照宮、社殿。
前橋東照宮9

◎前橋東照宮、境内の厩橋護国神社。
前橋東照宮1

弘聖寺@神奈川

◆山・院・寺号
大悟山 弘聖寺(こうせいじ)

◆宗派
曹洞宗

◆御本尊
釈迦牟尼仏

◆御詠歌
御仏の 名も高台の 弘聖寺 丸い心の いとど尊き

◆所在地
横浜市緑区台村町
JR横浜線、グリーンライン・中山駅より徒歩9分

◎「武相寅歳二十五薬師霊場・第2番札所」の御朱印
2武相寅年薬師・弘聖寺

★雑記
武相薬師霊場の札所、弘聖寺の御朱印です。
駅からお寺までは徒歩圏内なのですが、ここも坂道がキツい場所に鎮座していました。さて境内、都内の学校のように、境内の地面は疑似芝生的な緑色。お寺でこういうケースもあるのですね。本堂は意外にデカく、脇に鐘が吊るされていました。御朱印をいただいたのは平成25(2013)年の10月、ただその日はお葬式終わりで境内に人が多く、写真が撮れませんでした。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎弘聖寺、本堂。(平成29年2月撮影)
弘聖寺6

◎弘聖寺、梵鐘。(平成29年2月撮影)
弘聖寺7

◎弘聖寺、境内。(平成29年2月撮影)
弘聖寺8

平安神宮@京都

京都・平安神宮イラスト

平安神宮@京都の絵馬です。
流石に有名どころだけあって、絵馬の種類も豊富です。願望を書いて奉納していく人も多いことですし、大小バラエティに富んでということでしょうか。パッと見て「あっ、平安神宮だ」ってわからないイラストとも言えますが、そういうのも味があるってなものです。

宝生院@東京

◆山・院・寺号
龍臥山 明王寺 宝生院(ほうしょういん)

◆宗派
真言宗 智山派

◆御本尊
大日如来

◆所在地
港区三田4丁目
都営地下鉄三田線・三田駅より徒歩11分

◎「御府内八十八ヶ所霊場・第69番札所」の御朱印
69

★雑記
弘法大師御府内霊場の札所、宝生院の御朱印です。
複数の札所が近いエリアに点在しているので、サクサクと巡拝可能です。こちら宝生院、一見すると一般的なイメージでのお寺っぽさは薄いです。まさに都会の中のお寺でしょう。境内自体は道路に面しているとは言え格別喧しいわけでもなく、意外なほど周囲からの音が入って来ない境内でのお参りとなりました。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎宝生院、境内。
69_0

妙法寺@山梨

◆山・院・寺号
蓮華山 妙法寺(みょうほうじ)

◆宗派
法華宗 本門流

◆御本尊
大曼荼羅

◆所在地
南都留郡富士河口湖町小立
富士急河口湖線・河口湖駅より徒歩30分

◎「甲斐百八霊場・第32番札所」の御朱印
32妙法寺

★雑記
甲斐百八霊場の札所、妙法寺の御朱印(御首題)です。
河口湖駅から歩いたのですが、お参り後になってお寺の裏にバス停があることに気付き、帰りはバスを利用しました。山門にしろ本堂にしろ、とても味のあるお寺なのですが、一番の魅力は庫裡でしょうか。文化15年(=文政元年・1818年)に建てられた民家をそのままの姿で残し、現在も庫裡として使われています。こちらは河口湖町の指定有形文化財になっています。御首題をいただく際に入りましたが、時代劇で見るような時間の停まり具合を全体的に見せてくれました。もちろん、お寺自体も由緒があり、ここ妙法寺の起源は弘安元年(1278年)で、日蓮聖人が富士山麓で布教をしていた際に、その説法に感銘を受けた農民達が法華堂を建てたことに始まるそう。そのとき御本尊としたのが、日蓮聖人が紙に書いた大曼荼羅。二十八紙大曼荼羅と呼ばれるもので、28はそのとき居合わせた農民の数なのだそうです。伏見宮家の祈願所で、元皇族の崇敬を得ていたとのことで、本堂はデカいです。
御題目は、庫裡にていただきました。

◎妙法寺、山門。
32妙法寺0

◎妙法寺、三猿。
32妙法寺2

◎妙法寺、本堂。
32妙法寺4

◎妙法寺、庫裡。
32妙法寺6

盛岡八幡宮@岩手

盛岡八幡宮・帳面

◆名称
盛岡八幡宮(もりおかはちまんぐう)

◆御祭神
誉田別命(ほんだわけのみこと)

◆所在地
盛岡市八幡町
JR各線・盛岡駅よりバス15分+八幡宮前バス停すぐ

◆サイズ
12×18cm

◆料金
2500円(御朱印込み)(御朱印帳袋付き)

岩国白蛇神社@山口

◆名称
岩国白蛇神社(いわくにしろへびじんじゃ)

◆御祭神
田心姫神(たごりひめのかみ)
湍津姫神(たぎつひめのかみ)
市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)
宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)
宇賀弁財天(うがべんざいてん)

◆所在地
岩国市今津町6丁目
JR山陽本線・岩国駅バス10分+天神町バス停より徒歩2分

白蛇神社

◎岩国白蛇神社、オリジナル御朱印帳
白蛇神社・帳面

★雑記
岩国市今津町、白蛇神社の御朱印とオリジナル御朱印帳です。
住所を入力しても、地図に出てくるのは今津天満宮の名前ばかり。実際に現地に足を運んでも、社号標は今津天満宮となっています。今津町の住所や天神町バス停の名称からもわかる通り、あくまでメインは天満宮、サブというか境内社というかな立ち位置なのが白蛇神社のような印象です。とは言え、今津天満宮の御朱印は作っていないそうです。さて、境内。参道階段を上った先に建つ社殿は白蛇神社、かなり綺麗で新しい印象です。手水舎もこれまで龍や兎や馬などの動物を見てきましたが、ここはやはりと言いますか、蛇になっていました。これこそまさに、「蛇口」から水が出ていると言って良いでしょう。社殿前の灯籠に絡み付いているのも龍ではなく蛇。これでもかって言うほどに蛇推しです。メインである今津天満宮も、拝殿は新しく作られたようで堅苦しさはないですね。
御朱印とオリジナル御朱印帳は、授与所にていただきました。

◎岩国白蛇神社(今津天満宮)、参道。
白蛇神社3

◎今津天満宮、社殿。
白蛇神社6

◎岩国白蛇神社、手水舎。
白蛇神社16

◎岩国白蛇神社、社殿。
白蛇神社9

◎岩国白蛇神社、社殿。
白蛇神社8

◎岩国白蛇神社、灯籠。
白蛇神社2

円能寺@東京

◆山・院・寺号
成田山 円能寺(えんのうじ)
通称:大森不動尊

◆宗派
真言宗 智山派

◆御本尊
不動明王

◆所在地
大田区山王1丁目
JR京浜東北線・大森駅より徒歩4分

◎「玉川八十八ヶ所霊場・第75番札所」の御朱印
75円能寺

★雑記
大森不動尊として知られる円能寺の御朱印です。
玉川八十八ヶ所霊場での参拝でしたが、なにやらこちらの聖観世音菩薩は多摩川南北観音霊場の札所御本尊なのだとか。また知らない霊場が出てきた・・・。さて、境内や本堂が見える参道に達したとき、なにやら嫌な予感がドワッと覆いかぶさって来ました。酷い騒音、そして人の多さ・・・。境内入り口に近付くにつれ、「コリャ、不味い日に来てしまったかも」と、気持ちがドンドン沈んで行く感じ。なにやらお祭りと言いますか音楽フェスと言いますか、とにかくイベントが開かれている日に参拝がぶつかってしまったようでした。お寺での音楽イベントは、まぁよく聞く話なので別に目くじら立てるものでもありませんが、境内に鳴り響く音の楽しめないことと言ったら・・・要するに、酷い下手糞で騒音でしかないのです。本堂内もチャラい感じの連中が、仏様にケツを向けて自分らだけがノリノリな感じ。加えて子供がギャーギャー叫びながら走り回り、阿鼻叫喚一歩手前くらいの様相を呈していました。一応、本堂の外から手は合わせましたよ。ですが、とてもお参りって空気じゃなかったです。・・・まぁ、ここまでにしましょう。こういった騒ぐ系のノリで行う地域交流って、やっぱり自分には理解出来ないし合わないです。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎円能寺、本堂。
75円能寺8

鶴見神社@大阪

◆名称
鶴見神社(つるみじんじゃ)

◆御祭神
大山咋神荒魂(おおやまくいのかみあらみたま)
正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命
(まさかあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)
天之菩卑命(あめのほひのみこと)
天津日子根命(あまつひこねのみこと)
活津日子根命(いきつひこねのみこと)
熊野久須毘命(くまのくすびのみこと)
多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)
市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)
田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)

◆所在地
大阪市鶴見区鶴見3丁目
地下鉄長堀鶴見緑地線・今福鶴見駅より徒歩10分

鶴見神社

★雑記
大阪市鶴見区、鶴見神社の御朱印です。

(平成28年9月記)
マンションが建ち並ぶエリアの中、こじんまりと神社が鎮座しています。名称からしてこのエリアの鎮守神社だと知れますが、御神木である夫婦楠でも知られています。なんでもこの夫婦楠、2本の楠が地中深くにある根っこの部分で結び付いていることから、この名称になっているのだとか。ロマンですな。奥に鎮座する境内社は、住吉神社、九鬼稲荷神社、祖霊社の3社です。
御朱印は、授与所にていただきました。上部の鶴は、エンボスのシールになっています。

(平成29年2月記)
ネットの情報で、今はこの鶴のシールが貼られなくなったと知りました。

◎鶴見神社、社頭。
鶴見神社2

◎鶴見神社、社殿。
鶴見神社90

◎鶴見神社、境内社。
鶴見神社5

薬王寺@東京

◆山・院・寺号
東輝山 薬王寺(やくおうじ)

◆宗派
真言宗 智山派

◆御本尊
薬師如来

◆所在地
大田区西六郷2丁目
京急本線・雑色駅より徒歩7分

◎「玉川八十八ヶ所霊場・第68番札所」の御朱印
68薬王寺

★雑記
弘法大師玉川霊場の札所、薬王寺の御朱印です。
また、東海三十三観音霊場の札所にもなっているようです。写真の通り、参道はえらくモコモコしています。狭いので、車での参拝だと思わず通り過ぎてしまうかもしれません。それにしても、全体的に綺麗に手の入った境内をしており、気持ちの良い参拝となりました。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎薬王寺、参道。
68薬王寺3

◎薬王寺、山門。
68薬王寺4

◎薬王寺、本堂。
68薬王寺5

坂戸御嶽神社@神奈川

◆名称
坂戸御嶽神社(さかどみたけじんじゃ)

◆御祭神
御嶽大神(みたけだいじん)
日本武尊(やまとたけるのみこと)

◆所在地
川崎市高津区坂戸2丁目
東急田園都市線・高津駅より徒歩17分

溝口神社・坂戸御嶽神社

★雑記
坂戸の御嶽神社の御朱印です。
玉川八十八ヶ所霊場の札所がすぐそばにあるので、そのときも視界には入っていたと思いますが記憶はまったくありません。畑や住宅に囲まれた場所、結構大きな樹が立っているので遠くからでも場所がわかります。御嶽神社に向かい合うようにして、小さく弁財天の祠があります。普通なら境内に移しそうなものですが、あえてここ?ってな具合に対面です。さて、御嶽神社。手水舎を始め、境内は掃除も行き届いており、地域で守られていることを窺い知れます。本殿を囲むように、八幡神社と稲荷大明神、そして面足神社の3社が鎮座しています。境内には自販機も置いてあるので、地域交流の場といったところでしょうね。
御朱印は、管理している溝口神社にていただきました。

◎坂戸御嶽神社、社頭。
坂戸御嶽神社1

◎坂戸御嶽神社、社殿。
坂戸御嶽神社0

◎坂戸御嶽神社、弁財天社。
坂戸御嶽神社2
カテゴリ別アーカイブ
タカツキ
23区を中心に
休日にのみフラフラと
病人なんでノンビリと
御朱印を集印中。
御朱印帳は、派手系好き
時々、絵馬。
ヘッダー写真は、
気分次第でチェンジ。

携帯電話からだと
strikeのタグが
反映されないのか。
う~ん。。。

●今年の状況●
武相二十八不動
(結願/28)
都筑橘樹二十五地蔵
(結願/25)
三浦二十一薬師
(結願/21)
関東三十六不動
(35/36)
関東九十一薬師
(76/91)
関東八十八ヶ所
(31/95)
豊島八十八ヶ所
(87/88)
阿波西国三十三観音・東部
(24/33)
阿波西国三十三観音・西部
(15/33)
四国三十六不動
(17/36)
下総三十三観音
(14/34)
名古屋二十一大師
(7/21)
和歌山西国三十三観音
(13/36)
安房国四十八薬師
(12/48)
知多四国八十八ヶ所
(3/98)
桶狭間十三仏
(7/13)


こっそり御朱印帳メモ

記事検索
メッセージ

こちらからの返信や回答を希望される場合は、返信先も記載してください。

名前
メール
本文
Pilgrimage
平成26年御開帳情報メモ
都道府県別リンク
【千葉県】の掲載一覧
【埼玉県】の掲載一覧
【東京都】の掲載一覧
【神奈川県】の掲載一覧
【愛知県】の掲載一覧
【大阪府】の掲載一覧
【徳島県】の掲載一覧
【香川県】の掲載一覧
【愛媛県】の掲載一覧
【高知県】の掲載一覧
  • ライブドアブログ