マッハ墨朱&絵馬による布陣(仮)~御朱印ブログ~

御朱印と御朱印帳、時々絵馬。メモ代わり兼ひとりでニヤニヤと悦に浸るためだけの場

2016年05月

円能院@神奈川

◆山・院・寺号
金沢山 福泉寺 円能院(えんのういん)

◆宗派
真言宗 智山派

◆御本尊
大日如来

◆御詠歌
(玉川八十八ヶ所霊場・大日如来)
御仏の 中に優れし 大日の 光に漏れる 者とてはなし
(東国八十八ヶ所霊場・地蔵菩薩)
六道の 能化の地蔵 大菩薩 導き給へ 此の世後の世

◆所在地
川崎市川崎区小田1丁目
JR南武線・小田栄駅より徒歩5分

◎「玉川八十八ヶ所霊場・第6番札所」の御朱印
6円能院

★雑記
弘法大師玉川霊場の札所、円能院の御朱印です。
東国八十八ヶ所霊場の札所にもなっていることは、まったく調べておらず知りませんでした。東国霊場の場合、延命地蔵菩薩が札所御本尊になり、東海三十三ヶ所観音霊場の場合は、聖観世音菩薩が札所御本尊になるようです。さてこちら円能院、なにやら本堂は新しく出来たようで、歴史のありそうな山門と比べて綺麗な色をしていました。本堂に向かって右手には大師堂もあり、数多くの幟が奉納されていました。平成20年に立てられたらしい結縁柱もあり、流石に風に晒され過ぎな具合でしたが撫でてきました。お寺の前の道路を挟んだ向かい側には、日枝大神社が鎮座しています。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎円能院、山門。
6円能院0

◎円能院、本堂・大師堂。
6円能院1

朝光寺@神奈川

◆山・院・寺号
白玉山 土峯院 朝光寺(ちょうこうじ)

◆宗派
曹洞宗

◆御本尊
薬師如来

◆所在地
横浜市青葉区市ヶ尾町
東急田園都市線・市が尾駅より徒歩5分

◎「武相寅歳二十五薬師霊場・第12番札所」の御朱印
12武相薬師・朝光寺

★雑記
武相薬師霊場の札所、朝光寺の御朱印です。
境内にある由緒書きによると、かつては七堂伽藍を構えた大寺院だったそうです。しかし、明治32年の火災でことごとく焼けてしまい、昭和41年になってようやく再建された歴史を持っています。参道石段を上って見えた境内は、確かにこじんまりとしたスケールでした。ですが本堂前の砂利にもキチッと手入れが施され、広さ狭さを問わず空間を活かす禅寺っぽさが感じられました。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎朝光寺、参道。
12武相薬師・朝光寺8

◎朝光寺、本堂。
12武相薬師・朝光寺1

泉岳寺@東京

◆山・院・寺号
萬松山 泉岳寺(せんがくじ)

◆宗派
曹洞宗

◆御本尊
釈迦如来

◆所在地
港区高輪2丁目
都営浅草線・泉岳寺駅より徒歩1分

泉岳寺

泉岳寺01

★雑記
忠臣蔵でお馴染み、赤穂義士の墓所でもある泉岳寺の御朱印です。
創立はあの徳川家康で、曹洞宗江戸三ヶ寺のひとつとしての高い格式も持っています。高校?が近くにあるので、学生の姿も多いお寺です。もっとも、やはり赤穂義士絡みの歴史ファンの姿も多く感じます。同時に、ベンチもあるのんびりとした境内なので、単に足を休めている人、散歩している老人、電話商談中らしきサラリーマンなど色々な人の姿を見ることができます。
御朱印は、朱印所窓口にていただきました。こちらは、御朱印帳持参が必須となっており、別紙での授与は一切行わないと案内が出ていました。

◎泉岳寺、山門。
泉岳寺1

◎泉岳寺、本堂。
泉岳寺

◎泉岳寺、山門(裏から)。
泉岳寺6

寿福寺@神奈川

◆山・院・寺号
亀谷山 寿福寺(じゅふくじ)

◆宗派
臨済宗 建長寺派

◆御本尊
釈迦如来

◆所在地
鎌倉市扇ヶ谷1丁目
JR横須賀線・鎌倉駅より徒歩13分

◎「弘法大師 相模二十一ヶ所霊場・第7番札所」の御朱印
7・寿福寺

◎「鎌倉三十三観音霊場・第24番札所」の御朱印
24寿福寺

◎「鎌倉二十四地蔵霊場・第18番札所」の御朱印
18寿福寺

◎「鎌倉十三仏巡り・第4番札所」の御朱印
4

★雑記
鎌倉五山第3位、寿福寺の御朱印です。
正式には、寿福金剛禅寺と言うそうです。山門から境内まで続く参道は、雑然と敷かれた石道と相俟って、とても雰囲気があり静かなものです。夏場でも日陰が広く、少しばかりヒンヤリ感じられます。境内は非公開の部分が多いですが、裏に回ると源実朝・北条政子親子や俳人の高浜虚子のお墓があります。御朱印に記載のある日付けを含め、何度か参拝に足を運んでいますが、そこまで人で賑わっているということもない、静かな禅寺といった具合です。
御朱印は、朱印所窓口にていただきました。本堂前を右手に進むと、”一般参拝者立ち入り禁止”の札が掛けられていますのでそこを抜けて、そのまま内玄関まで素通りすると朱印所があります。法要などのときには、書き置きでの対応となるようです。

◎寿福寺、山門。
亀谷山 寿福寺2

◎寿福寺、参道。
亀谷山 寿福寺

国吉神社@千葉

◆名称
国吉神社(くによしじんじゃ)

◆御祭神
健御名方命(たけみなかたのみこと)

◆所在地
いすみ市苅谷
いすみ鉄道・国吉駅より徒歩13分

国吉神社

★雑記
いすみ市の国吉神社の御朱印です。
そもそも、目的地として訪れたのは別の場所でした。国吉駅で電車待ちをしているとき、たまたま売店で上総出雲大社のTシャツを見付け、店員に聞くとすぐ近くで歩いて行ける距離だと言うので向かった次第。出雲大社までの地図も用意されていたので、結構尋ねる人が多いのかもしれません。自前の地図には載っていなかったので、そこまで大きな神社ではなかろうと思ったら、本当に無人の小さな神社でした。Tシャツ作ってまでPRするかね?と思ったり。現地に着いて知ったのですが、出雲大社はあくまで隣接する国吉神社の境内社という立ち位置とのことでした。国吉神社は、参道から社殿前まで、高い木々になんだか見下ろされる感じ。ふと幟に目をやると、ワインレッドとでも言いますか、なにかしら大人な色合い。幟と言えば、金赤とか白とかの色が一般的な気がしますが。
御朱印は、社務所にていただきました。実は始め、社務所では多くの氏子がなにやらお祭りの準備(?)らしきをしており、御朱印を尋ねたところ、「宮司は夕方まで帰って来ない」との返事でした。さてはてどうしたものか、と迷っていたものの5分後に宮司登場。上手い具合でいただけました。なお、上総出雲大社の御朱印はないとのこと。御朱印がないのなら、と帰りに駅の売店でTシャツを購入して帰りました。

(平成29年3月記)
ネットを見ていたら、上総出雲大社の御朱印がアップされていました。新たに作られたようです。

◎国吉神社、参道。
国吉神社9

◎国吉神社、境内。
国吉神社3

◎国吉神社、社殿。
国吉神社1

◎国吉神社、境内社の上総出雲大社。
国吉神社6

拝島日吉神社@東京

◆名称
拝島日吉神社(はいじまひよしじんじゃ)

◆御祭神
大山咋命(おおやまくいのみこと)
香山戸命(かがやまどのみこと)
羽山戸命(はやまどのみこと)

◆所在地
昭島市拝島町1丁目
JR、西武線・拝島駅よりバス15分+拝島大師前バス停より徒歩1分

日吉神社・拝島

★雑記
拝島山王社とも呼ばれる、日吉神社の御朱印です。
案内板では、”拝島山守護総鎮守”となっていました。なお、社殿や境内が都の史跡に指定されているようです。チラホラと参拝者の姿も見えました。近所の人でしょう、犬の散歩がてらみたいなラフな感じで、すぐ隣の大日堂とセットで参拝している姿もありました。そこそこ長めの参道を入った奥まった場所に社殿があるんで、静かにお参り出来る環境は良いですね。
御朱印は、授与所にていただきました。

◎拝島日吉神社、参道入り口。
日吉神社6

◎拝島日吉神社、社頭。
日吉神社7

◎拝島日吉神社、社殿。
日吉神社3

◎拝島日吉神社、社殿。
日吉神社0

大山祇神社@愛媛

大山祇神社・帳

◆名称
大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)

◆御祭神
大山積神(おおやまづみのかみ)

◆所在地
今治市大三島町宮浦
JR予讃線・今治駅よりバス60分+大山祇神社前バス停より徒歩1分

◆サイズ
11×18cm

◆料金
1000円

名古屋晴明神社@愛知

◆名称
名古屋晴明神社(なごやせいめいじんじゃ)

◆御祭神
安倍晴明(あべのせいめい)

◆所在地
名古屋市千種区清明山1丁目
地下鉄名城線・砂田橋駅よりバス8分・清明山下バス停より徒歩3分

名古屋晴明神社

★雑記
全国にある晴明神社のひとつ、名古屋晴明神社の御朱印です。
地下鉄砂田橋駅から徒歩でも充分参拝可能なのですが、いかんせん暑くて暑くて。バス停からの僅か3分でさえグタッとするほどでしたから、駅から歩く案をさっさと止めてバスにしたのは正解でした。ただバス停から神社までの道、住宅街なのに車がスピードをあまり落とすことなくバンバン走り込んでくるのは流石名古屋だな、と。しかもこの日は、晴明神社からもほど近いナゴヤドームでプロ野球の試合があったらしく、交通量が多かったのも危ないと感じる回数が多かった理由になるでしょうか。さてこちらの晴明神社、御祭神である陰陽師、安倍晴明がおよそ1000年前に、天文学研究のためこの地に住んだことが切っ掛けで出来た神社とのこと。この地に滞在中、住民の悩みである蛇やマムシを加持祈祷で鎮めた逸話が残っており、さらに江戸時代に入って再び蛇やマムシに住民が悩まされたとき、安倍晴明を祀ってそれらを鎮めたのが、この神社の起源になっています。なおこちらに宮司はおらず、ボランティアで運営されています。ですので社務所が開いているのは、私が参拝した平成28年5月時点では、火・木・土・日曜日の13~16時と案内が貼り出されていました。また、同じく貼り出されていた案内に、名古屋晴明神社の七不思議なるものがありました。”ネットでも七不思議を広めて欲しい”と案内されていたので記載しておきますと、

1.名古屋市内で雨が降っていても、晴明神社周辺は雨が降っていない事がある。
2.旧日本軍が塚と祠を移設しようとすると、兵士が高熱になった。
3.県営住宅の建設の際に、塚と祠を撤去しようとすると、二度も事故が起こった。
4.平成13年に神事を行なった際、焚いた炎が狐型に変化した。
5.手桶の水道は名古屋市営の上水道を使っているが、カルキの臭いがしない。
6.神社職員が健康を祈りながら毎日狛犬を撫でていると、心臓病が発見された。精密検査を行ったところ、心筋梗塞一歩手前であることが判明。手術をして彼は助かった。
7.神社職員が事故で頭に重症を負い、病院で応急処置後、手術が必要と言われた。しかし、毎日狛犬の頭を撫でていると、頭部の怪我は自然に治った。

で、その神社職員ってのが社務所にいたボランティアの人らしく、自分のことだと紹介しては参拝者に狛犬や神社のことをアレコレ説明していました。えらく話し好きで声のデカイ、フレンドリーな人でした。
御朱印は、社務所にていただきました。

◎名古屋晴明神社、境内全体。
名古屋晴明神社8

◎名古屋晴明神社、本殿。
名古屋晴明神社9

鎌倉宮@神奈川

◆名称
鎌倉宮(かまくらぐう)
通称:大塔宮(だいとうのみや)

◆御祭神
護良親王(もりながしんのう)

◆所在地
鎌倉市二階堂
JR横須賀線・鎌倉駅よりバス10分+大塔宮バス停すぐ

鎌倉宮・h2712

鎌倉宮・h27

鎌倉宮02

鎌倉宮01

◎鎌倉宮、オリジナル御朱印帳
鎌倉宮・帳面

★雑記
建武中興十五社巡りの一社、鎌倉宮の御朱印とオリジナル御朱印帳です。
バスのアナウンスでも「だいとうのみや」でしたが、実際は「おおとうのみや」と呼ばれることもあるそうです。旧官幣中社に指定されており、御祭神は後醍醐天皇の皇子である護良親王になります。足利尊氏に破れて、鎌倉宮社殿の後ろにある土牢で最期を迎えたとされる、所縁の神社です。意外に何度も足を運んでいる神社なのですが、毎度々々グループでの参拝者たちとかち合ってしまい、なかなかじっくりとお参り出来ていませんでして。それにしても、赤と白の鳥居、なんとも見慣れない配色をしています。白い鳥居自体あまり記憶になくて、数社しかパッと出て来ないのですが。鳥居をくぐって右奥、鎌倉宮の身代わり様こと村上義光公を入魂している像があります。お寺で言うところの”おびんずる様”で、厄除けや病気平癒を祈願しながら自分の気になる箇所と同じ箇所を撫でることで、主君の身代わりとなった村上義光公に悪いところを身代わりになってもらおうというものです。
御朱印とオリジナル御朱印帳は、社務所窓口にていただきました。

(平成27年3月記)
ところで、御朱印の”宮”の文字、呂の部分の”ノ”を書かなくなっていました。これは明治神宮と同じで、明治天皇の御宸筆に倣っているからとのことです。方針転換の理由なんかはわかりませんが、印そのものや帳面の筆記は普通の”宮”なんですよね。これもいずれは変わるのかな?

(平成27年12月記)
境内にある食堂と言うかレストランと言うかが、閉店になっていました。食事をしたり涼ませてもらったりしていた場所なので、なんとも残念です。

◎鎌倉宮、境内。
鎌倉宮3

◎鎌倉宮、身代わり様(村上義光像)。
鎌倉宮1

真城院@新潟

◆山・院・寺号
金潮山 宝蔵寺 真城院(しんじょういん)

◆宗派
真言宗 智山派

◆御本尊
大日如来

◆御詠歌
(越後三十三観音霊場)
まえりつつ 悟りの花も 開くれば ここも真の 都なるらん

◆所在地
新潟市中央区西堀通八番町

◎「越後新四国八十八ヶ所霊場・第35番札所」の御朱印
35越後88

★雑記
越後霊場の札所、真城院の御朱印です。
案内によると、寺院御本尊でもある大日如来が札所御本尊になっている越後新四国八十八ヶ所霊場、千手観世音菩薩が札所御本尊になっている越後三十三ヶ所観音霊場、さらには、弘法大師越後二十一ヶ所霊場にも入っているようです。こちらへは、レンタサイクルを利用して向かいました。両脇に住居の建物が並ぶ参道は結構細くて、観音霊場の看板が出ていなければ、思わず素通りするかと思われるほどでした。本堂内には入れませんでしたが、御本尊の脇には摩利支天や歓喜天なども祀られているそうです。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎真城院、参道。
35越後887

◎真城院、本堂。
35越後882

◎真城院、境内。
35越後881

歌舞伎稲荷神社@東京

◆名称
歌舞伎稲荷神社(かぶきいなりじんじゃ)

◆御祭神
[宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)]

◆所在地
中央区銀座4丁目
都営浅草線、東京メトロ日比谷線・東銀座駅より徒歩1分

歌舞伎稲荷神社

★雑記
歌舞伎座に併設された、歌舞伎稲荷神社の御朱印です。
歌舞伎座の1階、屋外に設けられています。白い壁の建物に、そこだけポワッと朱色が映えていました。元々は、大入り祈願や公演の安全祈願のために、歌舞伎座の劇場内に祀られていたそうです。歌舞伎座の改築に伴って運営会社内に移された後、平成27年2月に今の場所への遷座祭が執り行われました。御朱印の授与も、その際に始めたようですね。鳥居横に、わざわざ御朱印があるとの看板が出ていました。物珍しさもあるのでしょう、引っ切り無しに人が手を合わせていきました。ところでこちらの歌舞伎稲荷神社、現在のところ公式サイトや由緒書きがないので、本当に御祭神の表記が正しいのかどうか不詳です。お稲荷様だから、一応上記のように書いてはおきますが・・・。
御朱印は、歌舞伎座5階にあるお土産処 楽座にていただきました。

◎歌舞伎稲荷神社、全体。
歌舞伎稲荷

鶴見神社@神奈川

◆名称
鶴見神社(つるみじんじゃ)

◆御祭神
五十猛命(いそたけるのみこと)
素戔嗚尊(すさのおのみこと)

◆所在地
横浜市鶴見区鶴見中央1丁目
JR京浜東北線・鶴見駅より徒歩6分

鶴見神社

★雑記
鶴見駅からもすぐの鶴見神社の御朱印です。
五十猛命を祀る杉山大明神と、素盞嗚尊を祀る牛頭天王宮が、2社相殿の本殿となっています。鶴見神社に改称されたのは、大正時代に入ってからとのことです。さて、ポツリポツリと小雨が降り、雲行きがもっと悪くなりそうな中での参拝となりました。境内では、なにやらお片付け中。お祭りかなにかあったのでしょうか。夕刻やや前の時間帯だったので、参拝者は他に誰もいませんでした。鶴見七福神めぐりでは、寿老人を祀る神社として名を連ねているようですので、年始は混むでしょうね。
御朱印は、社務所窓口にていただきました。

◎鶴見神社、参道。
鶴見神社0

芳林寺@埼玉

◆山・院・寺号
太平山 芳林寺(ほうりんじ)
通称:やまぶきの寺

◆宗派
曹洞宗

◆御本尊
釈迦如来

◆所在地
さいたま市岩槻区本町1丁目
東武野田線・岩槻駅より徒歩5分

◎平成28年2月参拝
芳林寺h28

◎平成22年2月参拝
芳林寺

★雑記
太田道灌公御霊廟、芳林寺の御朱印です。

(平成22年2月記)
私以外、参拝者の姿も見えませんでした。駅からだと、ちょうどお寺には横から入ることになります。それにしても、山門横にはえらくスペースが確保されています。だだっ広いだけで、特に駐車場と言うわけでもなさそうですが・・・。境内には、勇ましい大田道灌の騎馬像が立っています。関東で太田道灌と言えば、江戸城やら川越城やらの築城の名人として有名です。由緒書きを読んで初めて知ったのですが、和歌や漢詩にも通じた文武両道の武将だったのですね。
御朱印は、庫裡にていただきました。忙しいから、とのことで、書き置き御朱印でした。

(平成28年2月記)
丸6年振りに参拝をしてきました。この日は、境内の河津桜がピークは過ぎたと言ってもまだ見頃だったので、参拝者もそこそこ多く見受けられました。山門前は相変わらず、だだっ広いだけのスペースになっていましたが、境内は大掛かりな工事中でした。特に本堂は、骨組みだけのことして風通しの良い状態になっており、お参りは庫裡の横に造られた仮本堂にてとなりました。
御朱印は、庫裡にていただきました。御住職が不在、とのことで、書き置き御朱印でした・・・また6年後、か。

◎芳林寺、山門。(平成22年2月撮影)
芳林寺9

◎芳林寺、本堂。(平成22年2月撮影)
芳林寺7

◎芳林寺、太田道灌像。
太田道灌

◎芳林寺、地蔵堂と河津桜。(平成28年2月撮影)
芳林寺2

氣比神宮@福井

気比神宮・帳面

◆名称
氣比神宮(けひじんぐう)

◆御祭神
伊奢沙別命(いざさわけのみこと)
仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)
神功皇后(じんぐうこうごう)
応神天皇(おうじんてんのう)
日本武尊(やまとたけるのみこと)
玉姫命(たまひめのみこと)
武内宿禰命(たけのうちのすくねのみこと)

◆所在地
敦賀市曙町
JR北陸本線・敦賀駅より徒歩13分

◆サイズ
11×16cm

◆料金
1300円(御朱印込み)

八雲神社@栃木

八雲神社・栃木

八雲神社@栃木の絵馬です。
昔のそこそこヒットした森高千里の「渡良瀬橋」という曲の歌詞に、この神社が登場したことでも知られています。んが、こちらの八雲神社、平成24年の12月に出火して社殿が全焼してしまいました。平成28年5月現在、未だに再建のニュースは聞こえてきませんが、あらためてお参りしたいリストに入っている神社です。

無量寺@東京

◆山・院・寺号
崇鎮山 観音院 無量寺(むりょうじ)

◆宗派
浄土宗

◆御本尊
阿弥陀如来

◆所在地
世田谷区用賀4丁目
東急田園都市線・用賀駅より徒歩2分

◎「世田谷三十三ヶ所霊場・第22番札所」の御朱印
22無量寺

★雑記
用賀観音こと、無量寺の御朱印です。
今となっては忘れ去られた霊場、世田谷三十三ヶ所霊場の札所になっています。少し小洒落た感じの用賀駅前の喧騒を抜けると、交差点の角っこに山門を構えたお寺がすぐに見えてきます。案内によると、用賀観音と呼ばれる観音様は、品川の沖で漁師の網に上げられた十一面観世音菩薩像のこととか。結構よく聞くパターンですが、戦前までは縁日になるとかなりの賑わいを見せたそうです。12年に一度、午歳に観音様が御開帳されているとのことですが、今もやってるのかな?参拝した日は特になにかがある日でもなく、こんもりした境内を静かに独占してお参りしてきました。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎無量寺、山門。
22無量寺3

◎無量寺、本堂。
22無量寺6

羽田神社@東京

◆名称
羽田神社(はねだじんじゃ)

◆御祭神
須佐之男命(すさのおのみこと)
稲田姫命(いなだひめのみこと)

◆所在地
大田区本羽田3丁目
京浜急行空港線・大鳥居駅より徒歩7分

羽田神社・h28

羽田神社・富士塚

羽田神社_20130921

羽田神社02

名称未設定-16

◎羽田神社のオリジナル御朱印帳
羽田神社・帳

★雑記
羽田の氏神様、羽田神社の御朱印とオリジナル御朱印帳です。
場所柄でしょう、ご利益は航空安全です。航空関係者の参拝も多いそうです。また、絵馬にも御朱印にも、オリジナルの御朱印帳にも飛行機のイラストがあります。なぜか、、、由緒書きのイラストがアニメ絵です。流石にこれはちょいと違和感がありますかな。小振りな社殿ですが、近付くとなんだかドンと構えた強さを感じます。社殿向かって左手には、羽田富士と呼ばれる富士塚もあります。石鳥居の変額は、羽田富士山になっています。明治初年に築造された、大田区内では唯一の富士塚で、大田区文化財にも指定されています。山頂にある祠は浅間神社、二合目にあるのが水神宮と弁才天になっています。
羽田神社と富士塚の御朱印・オリジナル御朱印帳は、授与所にていただきました。平成28年から(?)、なにやら印がちょっとデザイン変更されて、サイズアップしているようです。

◎羽田神社、社頭。
羽田神社4

◎羽田神社、社殿。
羽田神社・社殿

◎羽田神社、社殿。
羽田神社8

◎羽田神社、羽田富士(富士塚)。
羽田神社・富士塚9

◎羽田神社、羽田富士(富士塚)。
羽田神社・富士塚4

妙善院@埼玉

◆山・院・寺号
光輪山 三ヶ島寺 妙善院(みょうぜんいん)

◆宗派
曹洞宗

◆御本尊
白衣観世音菩薩

◆御詠歌
あのくたら 二世安楽を 誓いおく 妙なる法の 光る御山に

◆所在地
所沢市三ヶ島3丁目
西武池袋線・狭山ヶ丘駅より徒歩25分

◎「武蔵野三十三観音霊場・第14番札所」の御朱印(霊場開創75周年)
14妙善院

★雑記
武蔵野観音霊場の札所、妙善院の御朱印です。
また、こちらは、狭山三十三観音霊場の第33番札所でもあります。さて、狭山ヶ丘駅からはバスで~、なんて気楽に考えていたら、バス停の時刻表は空欄だらけ。結局、歩いて向かうことに。それにしても、まだ5月とは言え暑かったです。道中は、なにかしらの絶景があるでもない、普通の町を通る国道といった具合なので、結構退屈な足取りになってしまいました。お寺は意外にも、広い境内を構えていました。駅方面から来ると横から境内に入れるため、帰りにこの立派な山門をくぐることになりました。今回の霊場開創記念のために建てられた結縁柱ではありませんが、こちらに触れてのお参りとなりました。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎妙善院、参道。
14妙善院3

◎妙善院、山門。
14妙善院2

◎妙善院、本堂。
14妙善院0

◎妙善院、境内。
14妙善院1

兵庫県神戸護国神社@兵庫

◆名称
兵庫県神戸護国神社(ひょうごけんこうべごこくじんじゃ)

◆御祭神
英霊 五万余柱

◆所在地
神戸市灘区篠原北町4丁目
阪急神戸線・六甲駅より徒歩12分

兵庫県護国神社

★雑記
神戸市に鎮座する、兵庫県神戸護国神社の御朱印です。
各地の護国神社ほどではないにしても、広めの境内を持つ神社でした。公園も併設されていたので、地域の人の交流スポット的な役割も持っているのかもしれません。ただ、私が参拝した日は強烈な暑さで、おまけに日陰もないことから公園にも神社の境内にも、人っ子一人いませんでした。確かにこんな強烈な日差しの日に、歩きで寺社参拝している方がどうかしてますわな。社殿の白さが、ほんの少しだけ涼しさを演出してくれていた、と前向きに捉えるくらいでした。
御朱印は、社務所にていただきました。

◎兵庫県神戸護国神社、参道。
兵庫県護国2

◎兵庫県神戸護国神社、社殿。
兵庫県護国7

若宮八幡宮(住吉大社)@大阪

◆名称
若宮八幡宮(わかみやはちまんぐう)

◆御祭神
誉田別尊(ほんだわけのみこと)

◆所在地
大阪市住吉区住吉2丁目
阪堺線・住吉鳥居前駅より徒歩0分

若宮八幡宮・住吉大社

★雑記
摂津国一之宮である住吉大社の摂社、若宮八幡宮の御朱印です。
社殿の周囲に結構多くの人がいたので、他の摂末社と比べてなぜこんなに人気なんだ、と思ったら、みなさんのお目当てはすぐ隣の五所御前でした。こちら五所御前、別名を高天原とも言い、その昔、神功皇后が住吉大神をお祀りするための土地を探していたとき、第一本宮の玉垣内にある杉の木に白鷺が止まったのを見て、ここへお祀りすることを決めたとされる聖地です。そして玉垣内にある砂利の中に、「五・大・力」と書かれた小石が紛れていて、これを集めてお守りとすることで願望が成就するとされているわけです。だから若宮八幡宮へのお参りそっちのけで、みなさん小石探しに勤しんでいる、と。それにしても、これだけの人が集まるとは、意外に有名なスポットなんですね。
御朱印は、住吉大社の授与所にていただきました。

◎若宮八幡宮、社殿。
若宮八幡宮8

観蔵院@東京

◆山・院・寺号
慈雲山 曼荼羅寺 観蔵院(かんぞういん)

◆宗派
真言宗 智山派

◆御本尊
不動明王

◆所在地
練馬区南田中4丁目
西武池袋線・練馬高野台駅より徒歩11分

◎「豊島八十八ヶ所霊場・第81番札所」の御朱印
81観蔵院

★雑記
弘法大師豊島霊場の札所、観蔵院の御朱印です。
寺院としての御本尊は不動明王ですが、本堂脇に建つ薬師堂の方に祀られている薬師如来、日出薬師で広く知られているそう。十二神将も一緒に祀られているそうで、合わせて深く信仰されているとのことです。時期が時期だけに、境内には緑が少なく寂しい絵面での参拝となりましたが、夏は逆に結構な生い茂り方をしそうな印象を受けました。花があれば尚良し、といったところでしょうか。他にもチラホラと参拝者や檀家さんの姿も見られました。
御朱印は、庫裡にていただきました。梵字の御朱印授与が珍しい、と御朱印本にも掲載されたとのことで、訪れる人がかなり増えたとのお話しを聞きました。確かに梵字御朱印とか刷毛納経印とか、都内じゃ聞きませんね。

◎観蔵院、参道。
81観蔵院1

◎観蔵院、本堂。
81観蔵院3

光前寺@長野

◆山・院・寺号
宝積山 無動院 光前寺(こうぜんじ)

◆宗派
天台宗

◆御本尊
不動明王

◆所在地
駒ヶ根市赤穂

◎「薬師如来」の御朱印
光前寺・薬師如来

◎「伊那七福神めぐり:弁財天」の御朱印
光前寺・弁財天・伊那七福神

◎「霊犬早太郎」の御朱印
光前寺・早太郎

◎「御本尊:不動明王」の御朱印
光前寺

◎光前寺オリジナル御朱印帳
光前寺・帳01

★雑記
天台宗の別格本山、光前寺の御朱印とオリジナル御朱印帳です。
御朱印帳のデザインにも描かれているような、緑に囲まれてヒンヤリする境内でした。特に杉並木の参道で見られる光苔の渋い緑は、名勝と呼ばれる雰囲気がこれでもかというくらい出ていました。この日は快晴でしたが、むしろ雨天のときにも訪れてみたいと思えるほどでした。1848年に再建されたという三門も巨大であり、なにより本堂の彫刻の芸の細かさや格好の良さが見ていて飽きません。
御朱印と御朱印帳は、杉並木参道前の授与所にていただきました。ただし、薬師如来の御朱印だけは、本坊受付でいただきました。光前寺オリジナルの御朱印帳には、すでに3種類の御朱印が揮毫済みで、さらに御住職のひと言も書き込まれていました。また、オリジナル御朱印帳は2種類あり、こちらで掲載したのは杉バージョンです。元々はこの杉バージョンだけだったのが、「うち(光前寺)は桜も見所だから」ということで、もう1種類の桜バージョンも作成したとのことでした。

◎光前寺、本堂。
光前寺01

◎光前寺、三重塔と霊犬早太郎の像。
三重塔・霊犬早太郎

◎光前寺、本堂。
光前寺02

御朱印とは@長谷寺

長谷寺・御朱印とは

奈良県桜井市の、長谷寺にて。

晴明神社(木田神社)@福井

◆名称
晴明神社(せいめいじんじゃ)

◆御祭神
安倍晴明(あべのせいめい)

◆所在地
福井市西木田2丁目

木田神社・晴明神社

★雑記
木田神社の境内社、晴明神社の御朱印です。
木田神社の社殿に向かって右手、鳥居を構えつつもこじんまりと鎮座しています。こちらへとお参りする人は見ている限り皆無でして、秋季例大祭で賑わう境内において、やや異質と言うか寂しい感じではありました。由緒としては、御祭神でもある安倍晴明が北陸巡遊の際に、木田東町に立ち寄って火伏せの法を行ったそうで、それ以来、この町には火事がなくなったっことから、晴明社を建てて祀ったのが始まりとのこと。五芒星は各地の晴明神社でもお馴染みですが、赤い提灯は初めて目にした気がします。魔除けということでしょうか?
御朱印は、木田神社の授与所にていただきました。

◎晴明神社、全体。
木田神社2

羽田神社@東京

羽田神社・帳

◆名称
羽田神社(はねだじんじゃ)

◆御祭神
須佐之男命(すさのおのみこと)
稲田姫命(いなだひめのみこと)

◆所在地
大田区本羽田3丁目
京浜急行空港線・大鳥居駅より徒歩7分

◆サイズ
11×16cm

◆料金
1000円

昌住寺@徳島

◆山・院・寺号
常福山 昌住寺(しょうじゅうじ)

◆宗派
西山浄土宗

◆御本尊
阿弥陀如来

◆所在地
鳴門市鳴門町高島

◎「阿波西国三十三観音霊場・第18番札所」の御朱印
18昌住寺

★雑記
阿波西国観音霊場の札所、昌住寺の御朱印です。
大雑把な縮図の地図だけで向かったので、かなり迷わされました。徳島県人とは言え、鳴門はなかなか来ない街なので。札所御本尊である観音様は、本堂ではなく大悲閣の方へ祀られていました。聖観世音菩薩じゃないからでしょうかね?それにしても、なんとも風格のある観音堂です。新しい印象を受ける本堂とは違って、こちらは昔ながらと言ったところでしょうか。一年を通してみると、この阿波西国観音霊場で巡拝する人は、片手で足りるくらいとのお話しでした。ですがたまたま、一昨日にも巡拝者が来たとのことで、珍しいこともあるものだと聞かされました。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎昌住寺、本堂。
18昌住寺9

◎昌住寺、大悲閣。
18昌住寺7

木田神社@福井

◆名称
木田神社(きだじんじゃ)

◆御祭神
建速須佐之男尊(たけはやすさのおのみこと)
稲田姫命(いなだひめのみこと)

◆所在地
福井市西木田2丁目

木田神社

★雑記
福井市内鎮座、木田神社の御朱印です。
レンタサイクルを利用して、こちらの神社へは参拝をしてきました。福井駅前から足羽川を越えて、ちょいと行った頃合からなにやら賑やかな様子が風に乗って聞こえてきました。どうやらこの日は神社の秋季例大祭の日だったようで、参道に限らず周辺全体に露店が出ていました。どこのお祭りでもそうですが、ソースの香りって良いものです。もっとも、人が多いのは苦手なので、入れ替わり立ち替わり、多くの参拝者でごった返していた境内で早々にお参りを済まして、御朱印をいただいて退散としました。
御朱印は、授与所にていただきました。こちらでは、境内社の晴明神社の御朱印もいただけます。

◎木田神社、境内。
木田神社6

笠森寺@千葉

◆山・院・寺号
大悲山 楠光院 笠森寺(かさもりじ)
通称:笠森観音

◆宗派
天台宗

◆御本尊
十一面観世音菩薩

◆御詠歌
日は暮るる 雨はふる野の 道すがら かかる旅路を たのむかさもり

◆所在地
長生郡長南町笠森
JR外房線・茂原駅よりバス45分+笠森バス停より徒歩2分

◎「坂東三十三観音霊場・第31番札所」の御朱印
31笠森寺

★雑記
笠森観音こと、笠森寺の御朱印です。
こちらは、坂東三十三観音霊場の札所として広く知られています。こんもりとした森の中に、境内を構えているお寺です。行きは茂原駅方面からバスで、帰りは上総牛久駅方面へバスで、それぞれ移動となりました。距離で言うなら上総牛久駅の方が近いのですが、そこへ行くまでの電車の本数が少ないのでケースバイケースでしょうか。さて、意外に人の多い境内でした。ちょっとばかしコミカルな表情をした風神像・雷神像の立つ山門を抜けて、お目当てはやはり日本唯一の四方懸造の観音堂でしょう。坂東の観音霊場を回っている人間にとっても、そこが目的地になります。時期が違えば、もっと青々とした眺望が楽しめたでしょうか。
御朱印は、観音堂内にていただきました。

◎笠森寺、山門。
31笠森寺8

◎笠森寺、風神像。
31笠森寺0

◎笠森寺、雷神像。
31笠森寺9

◎笠森寺、観音堂。
31笠森寺4

◎笠森寺、境内。
31笠森寺1

湊川神社@兵庫

◆名称
湊川神社(みなとがわじんじゃ)
通称:楠公さん

◆御祭神
楠木正成公(くすのきまさしげこう)=大楠公

◆所在地
神戸市中央区多聞通
JR東海道線・神戸駅より徒歩7分
神戸高速鉄道・高速神戸駅よりすぐ

◎「神戸七福神めぐり:毘沙門天」の御朱印
湊川神社・神戸七福神

湊川神社02

◎「楠木正成公墓所」の御朱印
湊川神社01

★雑記
神戸市の湊川神社の御朱印です。
高速神戸駅の出口からは、神門の目の前に出てこられます。もっとも、神戸駅からでも徒歩7分程度なので容易に参拝は可能です。神門くぐってすぐ右手に、史跡になっている楠木正成公墓碑があります。御朱印の墨書きにもある”嗚呼忠臣楠子之墓”の文字は、墓碑石にも彫られており、その文字の元は黄門様こと徳川光圀の手によるものだそうです。境内は、流石に有名どころとあって、祈祷待ちの参拝者や観光客が入れ替わり立ち替わり訪れていました。
御朱印は、授与所にていただきました。嗚呼忠臣楠子之墓の御朱印も、授与所横の朱印所でいただけます。ただし、湊川神社や七福神の御朱印とは異なり、墓守の方のみが授与できるものと聞きました。つまり墓守の方がいらっしゃれば、日付入りの手書き御朱印としていただけますが、不在の場合は書き置きとなるそうです。

(平成27年9月記)
墓守の方が引退されたとかで、嗚呼忠臣楠子之墓の御朱印も湊川神社の授与所で常時いただけるようになっていました。

◎湊川神社、社頭。
湊川神社

◎湊川神社、神門。
湊川神社4

◎湊川神社、社殿。
湊川神社0

◎湊川神社、楠木正成公墓碑。
湊川神社6

北海道護国神社@北海道

北海道護国・帳面

◆名称
北海道護国神社(ほっかいどうごこくじんじゃ)

◆御祭神
英霊 六万三千有余柱

◆所在地
旭川市花咲町1丁目
JR旭川駅よりバス10分+護国神社前バス停すぐ

◆サイズ
11×16cm

◆料金
1500円(2社込み)

綾瀬稲荷神社@東京

◆名称
綾瀬稲荷神社(あやせいなりじんじゃ)

◆御祭神
宇迦之御魂命(うかのみたまのかみ)

◆所在地
足立区綾瀬4丁目
JR常磐線、東京メトロ千代田線・綾瀬駅より徒歩3分

綾瀬稲荷

★雑記
綾瀬駅からすぐ、綾瀬稲荷神社の御朱印です。
写真を見ての通り、後ろに建っている高層マンションから見降ろされている感じがするのはちょっと・・・な景観です。ですがまぁこれも、都会の社寺の宿命でしょうか。決して広い境内を構えているわけではありませんが、鳥居くぐってすぐのところには富士塚もあります。その高さは2メートル。登ることは不可ですが、下からでも頂上の祠が見える作りになっています。
御朱印は、授与窓口にていただきました。見ての通り、ちょいと変わったデザインの御朱印がいただけます。

◎綾瀬稲荷神社、社頭。
綾瀬稲荷0

◎綾瀬稲荷神社、社殿。
綾瀬稲荷2

◎綾瀬稲荷神社、富士塚。
綾瀬稲荷6

野坂寺@埼玉

◆山・院・寺号
仏道山 野坂寺(のさかじ)

◆宗派
臨済宗 南禅寺派

◆御本尊
聖観世音菩薩

◆御詠歌
老いの身に 苦しき者は 野坂寺 今思い知れ 後の世の道

◆所在地
秩父市野坂2丁目
西武秩父線・西武秩父駅より自転車4分

◎「秩父三十四ヶ所観音霊場・第12番札所」の御朱印
12秩父

★雑記
秩父観音霊場の札所、野坂寺の御朱印です。
こちらへも、西武秩父駅前のレンタサイクルを利用して参拝してきました。案内によれば、開創当時は野坂堂という名前の単なる観音堂だったそうです。しかも、現在の境内の後ろにある山の中腹にそのお堂は建てられていたとか。古めかしい山門や広い境内からは、なかなか想像もつかないものです。まさしく、歴史あり、と言ったところでしょうか。本堂前の結縁柱に触れ、ゴロゴロと雷が鳴る中お参り。庫裡玄関が授与所にもなっており、そこで御朱印をいただいていると、待ってましたと言わんばかりの大雨。そのまま30分ほど雨宿りをする羽目になり、この日は予定を切り上げることになりました。
御朱印は、授与所にていただきました。

◎野坂寺、参道。
12秩父4

◎野坂寺、山門。
12秩父7

◎野坂寺、本堂。
12秩父0

◎野坂寺、本堂の彫刻。
12秩父5
カテゴリ別アーカイブ
タカツキ
23区を中心に
休日にのみフラフラと
病人なんでノンビリと
御朱印を集印中。
御朱印帳は、派手系好き
時々、絵馬。
ヘッダー写真は、
気分次第でチェンジ。

携帯電話からだと
strikeのタグが
反映されないのか。
う~ん。。。

●今年の状況●
武相二十八不動
(結願/28)
都筑橘樹二十五地蔵
(結願/25)
三浦二十一薬師
(結願/21)
関東三十六不動
(35/36)
関東九十一薬師
(76/91)
関東八十八ヶ所
(23/95)
豊島八十八ヶ所
(87/88)
阿波西国三十三観音・東部
(24/33)
阿波西国三十三観音・西部
(15/33)
四国三十六不動
(17/36)
下総三十三観音
(14/34)
名古屋二十一大師
(7/21)
和歌山西国三十三観音
(13/36)
安房国四十八薬師
(12/48)
知多四国八十八ヶ所
(3/98)
桶狭間十三仏
(7/13)


こっそり御朱印帳メモ

記事検索
メッセージ

こちらからの返信や回答を希望される場合は、返信先も記載してください。

名前
メール
本文
Pilgrimage
平成26年御開帳情報メモ
都道府県別リンク
【千葉県】の掲載一覧
【埼玉県】の掲載一覧
【東京都】の掲載一覧
【神奈川県】の掲載一覧
【愛知県】の掲載一覧
【大阪府】の掲載一覧
【徳島県】の掲載一覧
【香川県】の掲載一覧
【愛媛県】の掲載一覧
【高知県】の掲載一覧
  • ライブドアブログ