マッハ墨朱&絵馬による布陣(仮)~御朱印ブログ~

御朱印と御朱印帳、時々絵馬。メモ代わり兼ひとりでニヤニヤと悦に浸るためだけの場

2013年01月

鹿島神社@栃木

◆名称
鹿島神社(かしまじんじゃ)

◆御祭神
武甕槌命(たけみかづちのみこと)
熯速日命(ひやはひのみこと)
甕速日命(みかはひのみこと)

◆所在地
芳賀郡益子町大字益子
真岡鉄道・益子駅より徒歩10分

鹿島神社・益子

★雑記
陶芸で有名な益子の守護神、鹿島神社の御朱印です。
参道は特に無く、交通量のある道路からいきなり境内でした。ちょっと危ない感じもチラホラと。参拝者も数人入れ替わりであって、地元密着の神社として親しまれているのを感じました。益子焼きの陶祖も、神様として境内に祀られています。
特徴ある達筆の御朱印は、授与所にていただきました。

◎鹿島神社、社殿。
鹿島神社

西光寺@東京

◆山・院・寺号
長谷山 聖天院 西光寺(さいこうじ)

◆宗派
天台宗

◆御本尊
阿弥陀如来三尊

◆所在地
調布市上石原1丁目
京王線・西調布駅より徒歩5分

◆御詠歌
(多摩川三十四ヶ所観音霊場)
迷い無き 道を標の 西光寺 我れ人共に 行いて頼まん

◎「多摩川三十四ヶ所観音霊場・第3番札所」の御朱印
3西光寺

★雑記
多摩川観音霊場、西光寺の御朱印です。
雪の残る境内の観音堂には大黒天も祀られており、元日から7日までは、調布七福神巡りの御開帳が行なわれているようです。その期間以外は、完全に拝観不可のようです。なにしろわざわざ、”七福神は終了しました”との張り紙がしてあるくらいですから。その他の見所としては、市内唯一の仁王門でしょうか。また、ここ上石原が新撰組の局長としてお馴染みの近藤勇の生誕地ともあり、像が作られ幟がはためいていました。
元々、順番通りに札所を巡っていなかったので、第3番札所のこちらが私の多摩川三十四ヶ所観音霊場の結願寺となりました。ま、会話を持つ隙すら与えてもらえず、「はい、御朱印ね」と手渡されてピシャリとドアを閉められて・・・なんとも味気無く結願した霊場になりましたがね。

◎西光寺観音堂。
西光寺・観音堂

◎新撰組の局長、近藤勇の像。
西光寺・近藤勇

赤穂八幡宮@兵庫

◆名称
赤穂八幡宮(あこうはちまんぐう)

◆御祭神
応神天皇(おうじんてんのう)
神功皇后(じんぐうこうごう)
仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)

◆所在地
赤穂市尾崎

赤穂八幡宮

★雑記
赤穂義士関連の物が残されている、赤穂八幡宮の御朱印です。
駅からレンタサイクルでピヤ~ッと向かいました。大石神社に比べて、こちらは参拝者もチラホラで、逆にそれが落ち着けます。享保3年に建てられたとされる社殿からは、物凄く古い印象を受けます。そういう味では、大石神社より見所はあるんですがね。
御朱印は、宮司宅にていただきました。

赤穂八幡

宇部護国神社@山口

◆名称
宇部護国神社(うべごこくじんじゃ)

◆御祭神
福原越後元僴(ふくはらえちごもとたけ)
御英霊(合祀)
御霊(合祀)

◆所在地
宇部市大字中宇部

宇部護国神社

★雑記
宇部市の護国神社の御朱印です。
主神の福原元僴は福原越後の名でも知られ、蛤御門の変(禁門の変)に参加し後に、毛利藩を救うために責任を取って自刃した人物です。銅像の案内板に書かれている辞世の句が、なんとも格好の良いものでした。神社の境内はあいにくと、時期が時期だけにまったく風情はありませんでした。しかしネットを見たところ、桜の名所として見事な写真がいくつもヒットしました。
社務所には人懐っこい仔猫がおり、御朱印を待つ間も退屈することなく戯れていられました。また、御朱印と一緒に御神酒もいただきました。

◎本殿と福原越後元僴像。
宇部護国01

宇部護国02

薬師寺@千葉

◆山・院・寺号
習雲山 瑠璃光院 薬師寺(やくしじ)

◆宗派
真言宗 豊山派

◆御本尊
福寿薬師如来

◆所在地
習志野市大久保1丁目
京成本線・大久保駅より徒歩3分

◆御詠歌
南無薬師 諸病無かれと 願いつつ 参来る人は あふくぶの寺

◎「関東九十一薬師霊場・第80番札所」の御朱印
80薬師寺

★雑記
関東九十一薬師霊場、薬師寺の御朱印です。
四国八十八ヶ所霊場の結願札所・大窪寺の写し霊場らしく、門には新四国八十八ヶ所霊場・第88番札所と出ていました。ただ、”新四国”とあるだけですから、一般的に何と呼ばれている霊場なのか、ちょっとわかないですね。聞こうにも法要直後とのことで、お話は無理そうでした。また、御朱印も印刷されたものでした。こちらにも、霊場名の印はありませんでした。

◎薬師寺、参道。
習雲山 瑠璃光院 薬師寺

長円寺@京都

◆山・院・寺号
延命山 無量寿院 長円寺(ちょうえんじ)

◆宗派
浄土宗

◆御本尊
阿弥陀三尊

◆所在地
京都市下京区中堂寺西寺町

◆御詠歌
(洛陽三十三観音霊場)
幾千代も 尽きぬ縁の 長円寺 大悲の御手に つながるる身は

◎「洛陽三十三観音霊場・第24番札所」の御朱印
24・長円寺・洛陽33

★雑記
洛陽観音霊場、長円寺の御朱印です。
この長円寺の名称は、寺院を建立した京都所司代の板倉伊賀守勝重の法諱である”長円院”にちなんだ寺名とのこと。境内は本堂と観音堂が並び、きっちり整理されている印象です。本堂は入り口がガラス張りになっていて、入ることはできませんが中は覗けます。逆に観音堂は、堂内での参拝が適いました。
御朱印は、庫裡の受付にていただきました。

三崎稲荷神社@東京

◆名称
三崎稲荷神社(みさきいなりじんしゃ)

◆御祭神
宇迦之御魂神(うがのみたまのかみ)
須佐之男神(すさのおのかみ)
大市姫神(おおいちひめのかみ)
大物主神(おおものぬしのかみ)

◆所在地
千代田区三崎町2丁目
JR中央線・総武線・都営三田線・水道橋駅より徒歩1分

三崎稲荷・水道橋

★雑記
水道橋駅からすぐ、三崎稲荷神社の御朱印です。
駅へ向かう、あるいは駅から流れてくる人が、入れ代わり立ち代わり参拝に訪れる神社のようです。道路からすぐが境内なので、参拝も気軽に出来るのでしょうね。通院先からすぐなので、長い病院の待ち時間を利用して参拝してきました。
御朱印は、授与所にていただきました。

三崎稲荷神社・水道橋

住吉大社@大阪

住吉大社・帳・太鼓橋と兎

◆名称
住吉大社(すみよしたいしゃ)

◆御祭神
住吉大神
 ・底筒男命(そこつつのをのみこと)
 ・中筒男命(なかつつのをのみこと)
 ・表筒男命(うわつつのをのみこと)
息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)=神功皇后

◆所在地
大阪市住吉区住吉2丁目
阪堺線・住吉鳥居前駅より徒歩0分

◆サイズ
11×16cm

◆料金
1000円

霊場メモ@八大祖師巡り

関東の日蓮宗寺院8ヶ寺を巡ります。
江戸十祖師巡りと同様に、こちらもPRはまったくされていないようです。江戸十祖師巡りよりも数は少ないですが、範囲は大きく拡がっており、簡単にはいかないようです。いずれも風格ただよう堂宇を持っています。

【八大祖師巡り】
1.威光山 法明寺 東京都豊島区南池袋
2.日圓山 妙法寺 東京都杉並区堀之内
3.長栄山 本門寺 東京都大田区池上
4.真間山 弘法寺 千葉県市川市真間
5.長谷山 本土寺 千葉県松戸市平賀
6.妙印山 妙光寺 千葉県香取郡多古町多古
7.長興山 妙本寺 神奈川県鎌倉市大町
8.寂光山 龍口寺 神奈川県藤沢市片瀬

千手院@神奈川

◆山・院・寺号
天照山 千手院(せんじゅいん)

◆宗派
浄土宗

◆御本尊
千手観世音菩薩

◆所在地
鎌倉市材木座6丁目

◎「鎌倉三十三観音霊場・第20番札所」の御朱印
20

★雑記
光明寺の塔頭のひとつ、千手院の御朱印です。
元々は、各地から光明寺に集まる寺僧の寮だったとか。光明寺の参道を挟んで、蓮乗院と反対側に寺院は位置しています。こじんまりとした、庭園みたいな静かな印象を受けます。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎千手院、山門。
天照山 千手院

常光寺@東京

◆山・院・寺号
西帰山 常光寺(じょうこうじ)

◆宗派
曹洞宗

◆御本尊
阿弥陀如来

◆所在地
江東区亀戸4丁目
東武鉄道・亀戸線・亀戸水神駅より徒歩5分

◎「寿老人:亀戸七福神」の御朱印
常光寺・七福神

◎「江戸六阿弥陀巡り・第6番札所」の御朱印
常光寺・江戸六阿弥陀

★雑記
亀戸の常光寺の御朱印です。
江戸六阿弥陀巡りと亀戸七福神の札所となっています。特に年始は、七福神巡りの参拝客で境内も御朱印処も混雑していました。寿老人は、本堂横の小さいお堂に祀られていました。
御朱印は、庫裡にていただきました。

常光寺

霊場メモ@亀戸七福神:東京

江東区亀戸の七福神巡りです。
御朱印等の受け入れは、一部を除き基本的に年始7日までです。地元の人でしょうか、ママチャリ連中の率が結構高めでした。とは言え、距離的には他の七福神巡りに比べて短い方ですから、徒歩での参拝者が多い印象でした。

【亀戸七福神巡り】
寿老人:常光寺 亀戸4丁目
弁才天:東覚寺 亀戸4丁目
大国神:香取神社 亀戸3丁目
恵比寿神:香取神社 亀戸3丁目
毘沙門天:普門院 亀戸3丁目
福禄寿:天祖神社 亀戸3丁目
布袋尊:龍眼寺 亀戸3丁目

羽田神社@東京

東京・羽田神社

羽田神社@東京の絵馬です。
”羽田”の場所柄からくるイメージを落とし込んだデザインの絵馬になっています。実際は羽田空港まで距離があるので、境内から飛行機は小さくしか見えないんですがね。当然、富士山は見えません。こういったデザインのオリジナル御朱印帳を、穴守稲荷神社の代わりに出してくれないものでしょうか。

本土寺@千葉

◆山・院・寺号
長谷山 本土寺(ほんどじ)
通称:あじさい寺

◆宗派
日蓮宗

◆御本尊
一尊四士

◆所在地
松戸市平賀
JR常磐線・北小金駅より徒歩10分

本土寺

★雑記
日蓮宗八大祖師の寺院、本土寺の御首題です。
池上の長栄山本門寺、鎌倉の長興山妙本寺とともに「朗門の三長三本の本山」と称される名刹です。紫陽花が有名なことから”あじさい寺”と呼ばれ、東国花の寺百ヶ寺の札所にもなっていました。過去形なのは、昨年退会してしまったからです。ま、私は巡ってない霊場ですから良いですし、なによりかなり混雑すると言われているその時期に参拝する気は起きませんし。流石に11月のこの日は、なにやらアニメのコスプレ撮影をやっている人がいるくらい、人の少ない境内でした。
御首題は、寺務所でいただきました。

本土寺・門

出釈迦寺@香川

◆山・院・寺号
我拝師山 求聞持院 出釈迦寺(しゅっしゃかじ)

◆宗派
真言宗 御室派

◆御本尊
釈迦如来

◆所在地
善通寺市吉原町

◆御詠歌
迷いぬる 六道衆生 救わんと 尊き山に 出ずる釈迦寺

◎「四国八十八ヶ所霊場・第73番札所」の御朱印(1998年頃参拝)
73

★雑記
四国八十八ヶ所、第73番札所・出釈迦寺の御朱印です。
御朱印は、1998年頃にいただきました。

志度寺@香川

志度寺・帳

◆山・院・寺号
補陀洛山 清浄光院 志度寺(しどじ)

◆宗派
真言宗 善通寺派

◆御本尊
十一面観世音菩薩

◆所在地
さぬき市志度
JR高徳線・志度駅より徒歩7分

◆サイズ
11×16cm

◆料金
1200円

石川護国神社@石川

◆名称
石川護国神社(いしかわごこくじんじゃ)

◆御祭神
英霊 四万四千八百八十九柱

◆所在地
金沢市石引4丁目

石川護国

★雑記
石川県の護国神社の御朱印です。
かつては招魂社と呼ばれる鎮魂の社だったようですが、参拝した時期は「女性力を磨き、幸せと健康を願う松・竹・梅巡り」なるパワースポットとしてのイベントをしているくらい、幅広く開かれた神社になっていました。キャッチコピーが、”家族愛で結ばれる社”ですからそれも納得です。
御朱印は、社務所にていただきました。

石川県護国神社

鬼骨寺@徳島

◆山・院・寺号
東海山 宝持院 鬼骨寺(きこつじ)

◆宗派
高野山 真言宗

◆御本尊
薬師如来

◆所在地
鳴門市北灘町折野

◎「阿波北嶺二十四薬師霊場・第24番」の御朱印
24・阿波北嶺24薬師・鬼骨寺

★雑記
阿波北嶺薬師霊場・第24番結願札所、鬼骨寺の御朱印です。
鮮やかな朱色の山門が出迎えてくれます。本堂も、昭和61年に改築されたようで、まだまだ新しさを感じさせられる佇まいでした。阿波北嶺二十四薬師霊場の結願寺とは言え、特に結願証を出したりはしておらず、一札所の立ち位置のようです。元々は東海山薬師寺として開基されたようで、ここにクドクドと書きませんが、法然上人が讃岐に配流されてきた際の鬼絡みの件を経て、今の寺院名称になったそうです。このことは昔話として、メディアにも何度か取り上げられているとの御住職のお話で、わざわざ関西からも度々取材に来ることもあるのだとか。
御朱印は、庫裡にていただきました。

鬼骨寺

亀戸天神社@東京

亀戸天神・帳

◆名称
亀戸天神社(かめいどてんじんしゃ)

◆御祭神
菅原道真(すがわらみちざね)

◆所在地
江東区亀戸3丁目
JR総武線・亀戸駅より徒歩15分

◆サイズ
11×16cm

◆料金
1000円

亀戸天神社@東京

◆名称
亀戸天神社(かめいどてんじんしゃ)

◆御祭神
菅原道真(すがわらみちざね)

◆所在地
江東区亀戸3丁目
JR総武線・亀戸駅より徒歩15分

亀戸天神社03

1

◎「藤祭り期間中」の御朱印
6

◎亀戸天神社オリジナル御朱印帳
亀戸天神・帳

★雑記
東京十社のひとつ、亀戸天神社の御朱印・オリジナル御朱印帳です。

(平成22年5月4日記)
特に藤祭り開催中は、むせ返るほどの境内です。ポワ~ンと漂ってくる香りは好きですけどね。その藤祭りのときは”藤まつり”なる藤色の印が、この御朱印に加えられます。オリジナルの御朱印帳があり、表紙には藤・梅・太鼓橋と神社の見所が描かれています。

(平成23年1月記)
安定の達筆です。この日は亀戸七福神で寺社巡りをしており、七福神に関係の無い亀戸天神に寄る予定はありませんでした。しかし、ついついってやつですね。参拝+御朱印のために足を向けました。そのせいで、人混みに酔ってしまったのですが・・・。今までにいただいた御朱印、いずれも書き手が違いますが皆達筆です。

◎亀戸天神社、境内。(2007年4月撮影)
亀2

◎亀戸天神社、境内の藤。(2007年4月撮影)
亀1

◎亀戸天神社、境内。(2008年4月撮影)
200804亀戸天神

◎亀戸天神社、境内の藤。(2008年4月撮影)
200804亀戸天神3

◎亀戸天神社、境内の藤。(2008年4月撮影)
200804亀戸天神2

養源院@京都

◆山・院・寺号
南叡山 養源院(ようげんいん)

◆宗派
浄土真宗 遣迎院派

◆御本尊
阿弥陀如来

◆所在地
京都市東山区三十三間堂廻り町

養源院

★雑記
観光客があふれる三十三間堂の脇、養源院の御朱印です。
浅井長政の法号である養源院が、そのままお寺の名前になっています。山号が南叡山と言うそうで、開山したのが浅井長政の従弟で比叡山の僧侶だったことから、元々は天台宗の寺院だったとか。だからでしょうね、今は浄土真宗の寺院といっても、御朱印を授与されているのは。有料拝観ですが、解説付きで寺院本堂内を巡れます。俵屋宗達の白像、麒麟、獅子なんかは本で見た記憶があり楽しめました。ただ、もうひとつの血天井ですが、解説を聞きながらでもいまいちそれらしいようにパッと見えなくて・・・。
御朱印は、拝観受付にていただきました。書き置きのみになるとのことですが、絵葉書も一緒にいただけました。

◎養源院、参道。
ようげんいん3

◎養源院、本堂。
ようげんいん

向島百花園@東京

◆山・院・寺号
向島百花園(むこうじまひゃっかえん)

◆所在地
墨田区東向島3丁目
東武スカイツリーライン・東向島駅より徒歩5分

◎「福禄寿:隅田川七福神」の御朱印
向島百花園

★雑記
隅田川七福神の1ヶ所、向島百花園の御朱印です。
寺院でも神社でもなく、いわゆる名勝・史跡になります。元々は、梅を多く植えていたことから新梅屋敷と呼ばれていたとか。看板にもありますが、梅に限らず今では通年で花が楽しめるようです。福禄寿はそんな庭園の一角、福禄寿尊堂に祀られています。当然ですが・・・小っちゃいです。
御朱印は、この時期のみ書家の方に、その福禄寿尊堂の脇の売店で書いていただけます。
カテゴリ別アーカイブ
タカツキ
23区を中心に
休日にのみフラフラと
病人なんでノンビリと
御朱印を集印中。
御朱印帳は、派手系好き
時々、絵馬。
ヘッダー写真は、
気分次第でチェンジ。

携帯電話からだと
strikeのタグが
反映されないのか。
う~ん。。。

●今年の状況●
武相二十八不動
(結願/28)
都筑橘樹二十五地蔵
(結願/25)
三浦二十一薬師
(結願/21)
関東三十六不動
(35/36)
関東九十一薬師
(76/91)
関東八十八ヶ所
(22/95)
豊島八十八ヶ所
(85/88)
阿波西国三十三観音・東部
(24/33)
阿波西国三十三観音・西部
(15/33)
四国三十六不動
(17/36)
下総三十三観音
(14/34)
名古屋二十一大師
(7/21)
和歌山西国三十三観音
(13/36)
安房国四十八薬師
(12/48)
知多四国八十八ヶ所
(3/98)
桶狭間十三仏
(7/13)


こっそり御朱印帳メモ

記事検索
メッセージ

こちらからの返信や回答を希望される場合は、返信先も記載してください。

名前
メール
本文
Pilgrimage
平成26年御開帳情報メモ
都道府県別リンク
【千葉県】の掲載一覧
【埼玉県】の掲載一覧
【東京都】の掲載一覧
【神奈川県】の掲載一覧
【愛知県】の掲載一覧
【大阪府】の掲載一覧
【徳島県】の掲載一覧
【香川県】の掲載一覧
【愛媛県】の掲載一覧
【高知県】の掲載一覧
  • ライブドアブログ