マッハ墨朱&絵馬による布陣(仮)~御朱印ブログ~

御朱印と御朱印帳、時々絵馬。メモ代わり兼ひとりでニヤニヤと悦に浸るためだけの場

西宮神社@長野

◆名称
西宮神社(にしのみやじんじゃ)

◆御祭神
八重事代主神(やえことしろぬしのかみ)
蛭子神(ひるこのかみ)
倉稲魂神(うがのみたまのかみ)

◆所在地
長野市長野岩石町

西宮神社

★雑記
善光寺からもほど近い、西宮神社の御朱印です。
善光寺七福神めぐりでは、恵比寿神を祀っている神社になります。こちらは、寛文3(1663)年に勧請され、文化11(1814)年になって倉稲魂神が合祀されたそうです。ちょうど住宅街との境といった場所に鎮座しており、決して広い境内ではありませんが、入れ替わり立ち替わり参拝者が訪れていました。七福神めぐりの色紙らしきを持っている人も見掛けました。社殿前の恵比寿石像はえらく新しい感じで、足が物の見事に90度を描いていました。
御朱印は、授与所にていただきました。

◎西宮神社、社殿。
西宮神社2

◎西宮神社、恵比寿像。
西宮神社1

神鳥前川神社@神奈川

◆名称
神鳥前川神社(しとどまえかわじんじゃ)

◆御祭神
倭建命(やまとたけるのみこと)
弟橘比売命(おとたちばなひめのみこと)
伊邪那岐命(いざなぎのみこと)
伊邪那美命(いざなみのみこと)

◆所在地
横浜市青葉区しらとり台
東急田園都市線・田奈駅より徒歩7分

神鳥前川神社

★雑記
神鳥前川神社の御朱印です。
元々は御祭神にちなんで「白鳥前川神社」と言ったそうです。白鳥が転じて神鳥と書くようになった時期は不明ですが、これをシトドやシトトリと読ませて今に至るそうです。確かに・・・初見じゃ神鳥をシトドとは読めないです。神社の創建は文治3(1187)年、その後の明治43年に神明社を合祀して今の神社となったそうです。駅から徒歩で向かうと、こんもりした小さな山と言うか丘と言うかが見えてきます。木々がいっぱいあふれているので、聖域としては良い環境ですね。境内は時期的に、七五三の祈祷依頼者だらけ。そこまで大きな神社じゃないし大丈夫だろう、と思っていた計算が甘かったです。
御朱印は、授与所にていただきました。なんでも、失敗したり汚したりするを防ぐために、すべて書き置きでの対応となるそうです。ただ他の神社と違うのは、ペラ1で渡されるのではなく、貼り付けまで神職が行ってくれることでした。

◎神鳥前川神社、社頭。
神鳥前川神社60

◎神鳥前川神社、参道。
神鳥前川神社1

◎神鳥前川神社、社殿。
神鳥前川神社5

宇都宮二荒山神社@栃木

◆名称
宇都宮二荒山神社(うつのみやふたあらやまじんじゃ)

◆御祭神
豊城入彦命(とよきいりひこのみこと)

◆所在地
宇都宮市馬場通り1丁目
東武宇都宮線・宇都宮駅より徒歩8分

二荒山神社・宇都宮

★雑記
下野国一之宮、宇都宮二荒山神社の御朱印です。
宇都宮駅から歩いてサックリお参り出来る場所に鎮座しているので、結構な人が境内に出入りしていました。写真の通り、パルコが目の前に建っているくらいの場所ですから。やや小雨が混じる天気でしたので、湿気てモワッとした暑さがあったのはつらいところでした。そう言えば、鳩が多かった記憶があります。
御朱印は、社務所にていただきました。

◎宇都宮二荒山神社、境内。
二荒山神社5

◎宇都宮二荒山神社、鳥居。
二荒山神社3

◎宇都宮二荒山神社、社殿。
二荒山神社7

勝音寺@埼玉

◆山・院・寺号
栗原山 勝音寺(しょうおんじ)

◆宗派
臨済宗 建長寺派

◆御本尊
阿弥陀如来

◆御詠歌
しし岩を 渡るすなわち 栗林 法の教えを 聞くぞ嬉しき

◆所在地
日高市栗坪

◎「武蔵野三十三観音霊場・第27番札所」の御朱印(霊場開創75周年)
27勝音寺

★雑記
武蔵野観音霊場札所、勝音寺の御朱印です。
武蔵野観音霊場以外に、高麗坂東観音霊場の札所にもなっているそうです。同じく武蔵野観音霊場の札所である聖天院から歩いて10分程度だそうですが、実際はもっと掛かったような気がします。ちなみに、お寺に隣接、あるいは近くに神社が鎮座していることは多々ありますが、勝音寺のお隣には教会がありました。なんとも珍しいケースです。さてこちら、本堂がドンのシンプルな境内を構えていました。HPを見たところ、どうやらこれは仮本堂らしいです。特に本堂を新たに建てているような様子もなかったのですが・・・。
御朱印は、授与窓口にていただきました。

◎勝音寺、本堂(仮本堂?)。
27勝音寺8

霊場メモ@全国一之宮

全国にある一之宮(一宮)と称される神社を巡ります。
wikipedia情報を列記しているだけなんで、御朱印の有無については不詳です。なお、新一の宮と呼ばれる神社も含めています。全国津々浦々なので、ある意味四国のお遍路より大変な巡礼とも言えるでしょうか。

【全国一之宮巡り】
●畿内
(山城国)
賀茂別雷神社 京都市北区
賀茂御祖神社 京都市左京区
(摂津国)
住吉大社 大阪市住吉区住吉
坐摩神社 大阪市中央区久太郎町
(大和国)
大神神社 奈良県桜井市
(和泉国)
大鳥大社 大阪府堺市西区鳳北町
(河内国)
枚岡神社 大阪府東大阪市
片埜神社 大阪府枚方市牧野阪

●東海道
(伊賀国)
敢国神社 三重県伊賀市
(伊勢国)
椿大神社 三重県鈴鹿市
都波岐神社 三重県鈴鹿市
(志摩国)
伊雑宮 三重県志摩市
伊射波神社 三重県鳥羽市
(尾張国)
真清田神社 愛知県一宮市
大神神社 愛知県一宮市
(三河国)
砥鹿神社 愛知県豊川市一宮町西垣内
(遠江国)
小国神社 静岡県周智郡森町
事任八幡宮 静岡県掛川市
(駿河国)
富士山本宮浅間大社 静岡県富士宮市
(伊豆国)
三嶋大社 静岡県三島市大宮町
(甲斐国)
浅間神社 山梨県笛吹市一宮町
(相模国)
寒川神社 神奈川県高座郡寒川町
鶴岡八幡宮 神奈川県鎌倉市雪ノ下
(武蔵国)
氷川神社 さいたま市大宮区
氷川女体神社 さいたま市緑区
小野神社 東京都多摩市
(安房国)
安房神社 千葉県館山市
洲崎神社 千葉県館山市
(上総国)
玉前神社 千葉県長生郡一宮町
(下総国)
香取神宮 千葉県香取市香取
(常陸国)
鹿島神宮 茨城県鹿嶋市宮中
(知知夫国)
秩父神社 埼玉県秩父市番場町

●東山道
(近江国)
建部大社 滋賀県大津市
(美濃国)
南宮大社 岐阜県不破郡垂井町
(飛騨国)
水無神社 岐阜県高山市
(信濃国)
諏訪大社 上社本宮 長野県諏訪市中洲宮山
諏訪大社 上社前宮 長野県茅野市宮川
諏訪大社 下社秋宮 長野県諏訪郡下諏訪町
諏訪大社 下社春宮 長野県諏訪郡下諏訪町
(上野国)
貫前神社 群馬県富岡市
(下野国)
宇都宮二荒山神社 栃木県宇都宮市
日光二荒山神社 栃木県日光市
(陸奥国)
鹽竈神社 宮城県塩竈市
都都古和気神社 福島県東白川郡棚倉町馬場
都都古別神社 福島県東白川郡棚倉町八槻大宮
石都々古和気神社 福島県石川郡石川町
(出羽国)
鳥海山大物忌神社 山形県飽海郡遊佐町
(岩代国)
伊佐須美神社 福島県大沼郡会津美里町
(蝦夷国)
北海道神宮 北海道札幌市
(津軽国)
岩木山神社 青森県弘前市
(陸中国)
駒形神社 岩手県奥州市

●北陸道
(若狭国)
若狭彦神社 福井県小浜市
(越前国)
氣比神宮 福井県敦賀市
(加賀国)
白山比咩神社 石川県白山市
(能登国)
気多大社 石川県羽咋市
(越中国)
射水神社 富山県高岡市古城
気多神社 富山県高岡市
高瀬神社 富山県南砺市
雄山神社 富山県中新川郡立山町
(越後国)
弥彦神社 新潟県西蒲原郡弥彦村
弥彦神社 御神廟 新潟県西蒲原郡弥彦山山頂
居多神社 新潟県上越市
天津神社 新潟県糸魚川市
(佐渡国)
度津神社 新潟県佐渡市

●山陰道
(丹波国)
出雲大神宮 京都府亀岡市
(丹後国)
籠神社 京都府宮津市
(但馬国)
出石神社 兵庫県豊岡市
粟鹿神社 兵庫県朝来市
(因幡国)
宇倍神社 鳥取県鳥取市
(伯耆国)
倭文神社 鳥取県東伯郡湯梨浜町
(出雲国)
出雲大社 島根県出雲市
熊野大社 島根県松江市
(石見国)
物部神社 島根県大田市
(隠岐国)
水若酢神社 島根県隠岐郡隠岐の島町
由良比女神社 島根県隠岐郡西ノ島町

●山陽道
(播磨国)
伊和神社 兵庫県宍粟市一宮町
(美作国)
中山神社 岡山県津山市一宮
(備前国)
吉備津彦神社 岡山県岡山市
石上布都魂神社 岡山県赤磐市
安仁神社 岡山県岡山市
(備中国)
吉備津神社 岡山県岡山市
(備後国)
吉備津神社 広島県福山市新市町
素盞嗚神社 広島県福山市新市町
(安芸国)
厳島神社 広島県廿日市市
(周防国)
玉祖神社 山口県防府市
(長門国)
住吉神社 山口県下関市

●南海道
(紀伊国)
日前神宮・國懸神宮 和歌山県和歌山市
丹生都比売神社 和歌山県伊都郡かつらぎ町
伊太祁曽神社 和歌山県和歌山市
(淡路国)
伊弉諾神宮 兵庫県淡路市
(阿波国)
大麻比古神社 徳島県鳴門市大麻町
八倉比売神社 徳島県徳島市国府町
上一宮大粟神社 徳島県名西郡神山町
一宮神社 徳島県徳島市一宮町
(讃岐国)
田村神社 香川県高松市一宮町
(伊予国)
大山祇神社 愛媛県今治市
(土佐国)
土佐神社 高知県高知市一宮しなね

●西海道
(筑前国)
筥崎宮 福岡市東区
住吉神社 福岡市博多区
(筑後国)
高良大社 福岡県久留米市
(豊前国)
宇佐神宮 大分県宇佐市
(豊後国)
西寒多神社 大分県大分市
柞原八幡宮 大分県大分市
(肥前国)
與止日女神社 佐賀県佐賀市
千栗八幡宮 佐賀県三養基郡みやき町
(肥後国)
阿蘇神社 熊本県阿蘇市一の宮町
(日向国)
都農神社 宮崎県児湯郡都農町
(大隅国)
鹿児島神宮 鹿児島県霧島市
(薩摩国)
新田神社 鹿児島県薩摩川内市社
枚聞神社 鹿児島県指宿市
(多禰国)
益救神社 鹿児島県熊毛郡屋久島町
(壱岐国)
天手長男神社 長崎県壱岐市
興神社 長崎県壱岐市
(対馬国)
海神神社 長崎県対馬市
厳原八幡宮 長崎県対馬市
(琉球国)
波上宮 沖縄県那覇市

前橋東照宮@群馬

◆名称
前橋東照宮(まえばしとうしょうぐう)

◆御祭神
徳川家康公(とくがわいえやすこう)

◆所在地
前橋市大手町3丁目

前橋東照宮

★雑記
前橋の東照宮の御朱印です。
前橋城の跡地であり、今は前橋公園となっているエリアの一角に鎮座しています。交通量の多い十字路に接しているので、結構な喧騒具合でした。鳥居の前は歩道の幅しかないので、写真を撮ることも難しいくらいです。なお、こちらへは、駅前のレンタサイクルを利用して向かいました。迷うほどのルートでもなく、10分もあれば充分でしょう。なんでも元々は、群馬県どころか越前の勝山城内に創祀された神社が始まりとのこと。松平家が移封されるたびにあっちゃこっちゃと移動させられて、明治4年になってようやく今の場所に落ち着くことになった流浪の神社です。ところで、東照宮と言えばキンキラキンという派手なイメージですが、ここはそうでもないですね。地味とも言える外観で、こじんまりといったところ。まぁ、社務所建物が新しく綺麗でしたけれど。社殿向かって右手裏には、大河ドラマ「花燃ゆ」のゆかりの地を紹介する紀行コーナーの中で招魂碑が紹介されたらしい、厩橋護国神社が鎮座していました。
御朱印は、社務所にていただきました。

◎前橋東照宮、社殿。
前橋東照宮9

◎前橋東照宮、境内の厩橋護国神社。
前橋東照宮1

霊場メモ@武蔵野三十三観音霊場

1940年(昭和15年)に開創された、観音霊場になります。
名称からもわかる通り、東京都と埼玉県がその範囲になっています。また、西武沿線上に札所が点在しているので、総開帳などの際には西武鉄道が大々的にPRをしているようです。番号の付いた札所が33ヶ寺、番外の1ヶ寺を加えた全34ヶ寺から霊場は成っています。

【武蔵野三十三観音霊場】
第1番 東高野山 妙楽院 長命寺 十一面観世音菩薩 東京都練馬区高野台
第2番 豊嶋山 無量院 道場寺 聖観世音菩薩 東京都練馬区石神井台
第3番 亀頂山 密乗院 三宝寺 如意輪観世音菩薩 東京都練馬区石神井台
第4番 光明山 福生院 如意輪寺 如意輪観世音菩薩 東京都西東京市泉町
第5番 宝塔山 多聞寺 十一面観世音菩薩 東京東久留米市本町
第6番 安松山 全龍寺 一葉観世音菩薩 東京都清瀬市中清戸
第7番 福寿山 徳蔵寺 白衣観世音菩薩 東京都東村山市諏訪町
第8番 愛宕山 医王寺 円乗院 如意輪観世音菩薩 東京都東大和市狭山
第9番 野老山 正福寺 実蔵院 聖観世音菩薩 埼玉県所沢市元町
第10番 遊石山 観音院 新光寺 聖観世音菩薩 埼玉県所沢市宮本町
第11番 上洗山 無量寺 普門院 千手観世音菩薩 埼玉県所沢市上新井
第12番 梅林山 全徳寺 普悲観世音菩薩 埼玉県所沢市北野
第13番 吾庵山 放光寺 金乗院 千手観世音菩薩 埼玉県所沢市上山口
第14番 光輪山 三ヶ島寺 妙善院 白衣観世音菩薩 埼玉県所沢市三ヶ島
第15番 吟龍山 松林寺 千手観世音菩薩 埼玉県所沢市林
第16番 妙智山 慈眼寺 聖観世音菩薩 埼玉県狭山市入間川
第17番 福聚山 徳林寺 聖観世音菩薩 埼玉県狭山市入間川
第18番 世音山 妙智寺 蓮花院 千手観世音菩薩 埼玉県入間市春日町
第19番 法栄山 遍照院 東光寺 聖観世音菩薩 埼玉県入間市小谷田
第20番 龍岳山 歓喜院 龍円寺 千手観世音菩薩 埼玉県入間市新久
第21番 諏訪山 高正寺 聖観世音菩薩 埼玉県入間市仏子
第22番 光明山 正覚院 円照寺 如意輪観世音菩薩 埼玉県入間市野田
第23番 寂光山 浄心寺 十一面観世音菩薩 埼玉県飯能市大字矢颪
第24番 般若山 長寿院 観音寺 如意輪観世音菩薩 埼玉県飯能市山手町
第25番 梅松山 円光院 円泉寺 十一面観世音菩薩 埼玉県飯能市平松
第26番 高麗山 勝楽寺 聖天院 聖観世音菩薩 埼玉県日高市新堀
第27番 栗原山 勝音寺 千手観世音菩薩 埼玉県日高市栗坪
第28番 宝雲山 瀧泉寺 千手観世音菩薩 埼玉県日高市大字横手
第29番 清流山 長念寺 聖観世音菩薩 埼玉県飯能市白子
第30番 楊秀山 福徳寺 聖観世音菩薩 埼玉県飯能市虎秀
第31番 補陀山 法光寺 十一面観世音菩薩 埼玉県飯能市坂石町分
第32番 大鱗山 雲洞院 天龍寺 十一面観世音菩薩 埼玉県飯能市大字南
第33番 医王山 薬寿院 八王寺 聖観世音菩薩 埼玉県飯能市大字南
番外 箕輪山 満行院 霊巌寺 聖観世音菩薩 埼玉県日高市新堀

◆結願後、メモ◆
平成27年(2015年)の霊場開創75周年に合わせて巡拝しました。単なる記念の年というだけで、特に総開帳といった形でのイベントはなく、直接拝観できたのもごく一部の札所のみでした。もちろん、西武鉄道も大きなPRはしていませんでした。札所は寺庭も含めて完全に無人のケースもあったので、集印も目的にするのなら差し替えタイプの専用御朱印帳を準備しておくべきでしょう。早い札番の寺院は、割と街なかにあってスイスイ巡拝も進みましたが、最後の方、特にラスト2ヶ寺は山奥過ぎて、あまり寒い時期には行きたくないほどでした。

弘聖寺@神奈川

◆山・院・寺号
大悟山 弘聖寺(こうせいじ)

◆宗派
曹洞宗

◆御本尊
釈迦牟尼仏

◆御詠歌
御仏の 名も高台の 弘聖寺 丸い心の いとど尊き

◆所在地
横浜市緑区台村町
JR横浜線、グリーンライン・中山駅より徒歩9分

◎「武相寅歳二十五薬師霊場・第2番札所」の御朱印
2武相寅年薬師・弘聖寺

★雑記
武相薬師霊場の札所、弘聖寺の御朱印です。
駅からお寺までは徒歩圏内なのですが、ここも坂道がキツい場所に鎮座していました。さて境内、都内の学校のように、境内の地面は疑似芝生的な緑色。お寺でこういうケースもあるのですね。本堂は意外にデカく、脇に鐘が吊るされていました。御朱印をいただいたのは平成25(2013)年の10月、ただその日はお葬式終わりで境内に人が多く、写真が撮れませんでした。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎弘聖寺、本堂。(平成29年2月撮影)
弘聖寺6

◎弘聖寺、梵鐘。(平成29年2月撮影)
弘聖寺7

◎弘聖寺、境内。(平成29年2月撮影)
弘聖寺8

平安神宮@京都

京都・平安神宮イラスト

平安神宮@京都の絵馬です。
流石に有名どころだけあって、絵馬の種類も豊富です。願望を書いて奉納していく人も多いことですし、大小バラエティに富んでということでしょうか。パッと見て「あっ、平安神宮だ」ってわからないイラストとも言えますが、そういうのも味があるってなものです。

霊場メモ@武相寅歳二十五薬師霊場

武蔵国と相模国に跨る寺院で構成された薬師霊場です。
12年に一度、寅歳に御開帳される霊場なので、それ以外の年は滅多にこの霊場で回ってくる人はいないそうです。意外と固まっているように見えて、実は公共交通機関ではわかりづらく、なかなか順番通りには回りにくい場所に寺院は点在しています。本腰を入れて・・・と言うよりは、ちょこちょこといった感覚で回っています。今の所は大丈夫なのですが、おそらく御開帳時以外は無住の寺院もありそうですね。第9番札所とか、名称からしてそんな気がしています。とある寺院で、御開帳時に配布された資料をいただきました。

武相寅歳薬師如来霊場

【武相寅歳二十五薬師霊場】
第01番 舊城寺 横浜市緑区三保町
第02番 弘聖寺 横浜市緑区台村町
第03番 観護寺 横浜市緑区小山町
第04番 萬蔵寺 横浜市緑区上山
第05番 大蔵寺 横浜市緑区中山町
第06番 宝塔院 横浜市緑区白山2丁目
第07番 林光寺 横浜市緑区鴨居
第08番 東漸寺 横浜市都築区佐江戸町
第09番 川和薬師堂 横浜市都築区川和町
第10番 瑞雲寺 横浜市都築区川和町
第11番 宗泉寺 横浜市緑区北八朔町
第12番 朝光寺 横浜市青葉区市ヶ尾町
第13番 萬福寺 横浜市青葉区田奈町
第14番 福昌寺 横浜市青葉区恩田町
第15番 医王寺 横浜市青葉区恩田町
第16番 東光寺 町田市小野路町
第17番 安全寺 町田市大蔵町
第18番 福王寺(野津田薬師堂) 町田市野津田町
第19番 祥雲寺 町田市高ヶ坂
第20番 常楽寺 町田市鶴間
第21番 観音寺 大和市下鶴間
第22番 福寿院 町田市つくし野
第23番 福泉寺 横浜市緑区長津田町
第24番 東観寺 横浜市緑区東本郷
第25番 宝袋寺 横浜市緑区十日市場町

宝生院@東京

◆山・院・寺号
龍臥山 明王寺 宝生院(ほうしょういん)

◆宗派
真言宗 智山派

◆御本尊
大日如来

◆所在地
港区三田4丁目
都営地下鉄三田線・三田駅より徒歩11分

◎「御府内八十八ヶ所霊場・第69番札所」の御朱印
69

★雑記
弘法大師御府内霊場の札所、宝生院の御朱印です。
複数の札所が近いエリアに点在しているので、サクサクと巡拝可能です。こちら宝生院、一見すると一般的なイメージでのお寺っぽさは薄いです。まさに都会の中のお寺でしょう。境内自体は道路に面しているとは言え格別喧しいわけでもなく、意外なほど周囲からの音が入って来ない境内でのお参りとなりました。
御朱印は、庫裡にていただきました。

◎宝生院、境内。
69_0

妙法寺@山梨

◆山・院・寺号
蓮華山 妙法寺(みょうほうじ)

◆宗派
法華宗 本門流

◆御本尊
大曼荼羅

◆所在地
南都留郡富士河口湖町小立
富士急河口湖線・河口湖駅より徒歩30分

◎「甲斐百八霊場・第32番札所」の御朱印
32妙法寺

★雑記
甲斐百八霊場の札所、妙法寺の御朱印(御首題)です。
河口湖駅から歩いたのですが、お参り後になってお寺の裏にバス停があることに気付き、帰りはバスを利用しました。山門にしろ本堂にしろ、とても味のあるお寺なのですが、一番の魅力は庫裡でしょうか。文化15年(=文政元年・1818年)に建てられた民家をそのままの姿で残し、現在も庫裡として使われています。こちらは河口湖町の指定有形文化財になっています。御首題をいただく際に入りましたが、時代劇で見るような時間の停まり具合を全体的に見せてくれました。もちろん、お寺自体も由緒があり、ここ妙法寺の起源は弘安元年(1278年)で、日蓮聖人が富士山麓で布教をしていた際に、その説法に感銘を受けた農民達が法華堂を建てたことに始まるそう。そのとき御本尊としたのが、日蓮聖人が紙に書いた大曼荼羅。二十八紙大曼荼羅と呼ばれるもので、28はそのとき居合わせた農民の数なのだそうです。伏見宮家の祈願所で、元皇族の崇敬を得ていたとのことで、本堂はデカいです。
御題目は、庫裡にていただきました。

◎妙法寺、山門。
32妙法寺0

◎妙法寺、三猿。
32妙法寺2

◎妙法寺、本堂。
32妙法寺4

◎妙法寺、庫裡。
32妙法寺6

霊場メモ@御府内八十八ヶ所霊場

都内+神奈川1ヶ寺の、計88ヶ寺から成る弘法大師霊場です。
結願寺で聞いたところによると、元々は発願・結願の両札所は隣り合っており、都内に点在した札所寺院を四国霊場のようにグルっと回って参拝する霊場だったとか。しかし多くの寺院が戦災やら火事やらで移転を経て、とても順打ちがスムーズにいかない今の配置になってしまったそうです。確かに、順打ちでこの御府内霊場を巡っている人の話なんぞは、とんと聞きません。”これぞまさに都会のお寺!”、という様相を実感させられる札所もいくつかありました。

【御府内八十八ヶ所霊場】
第01番 東京別院 東京都港区高輪
第02番 東福寺 東京都中野区江古田
第03番 多聞院 東京都世田谷区北烏山
第04番 高福院 東京都品川区上大崎
第05番 延命院 東京都港区南麻布
第06番 不動院 東京都港区六本木
第07番 室泉寺 東京都渋谷区東
第08番 長遠寺 東京都大田区南馬込
第09番 龍巌寺 東京都渋谷区神宮前
第10番 聖輪寺 東京都渋谷区千駄ヶ谷
第11番 荘厳寺 東京都渋谷区本町
第12番 宝仙寺 東京都中野区中央
第13番 龍生院 東京都港区三田
第14番 福蔵院 東京都中野区白鷺
第15番 南蔵院 東京都練馬区中村
第16番 三宝寺 東京都練馬区石神井台
第17番 長命寺 東京都練馬区高野台
第18番 愛染院 東京都新宿区若葉
第19番 青蓮寺 東京都板橋区成増
第20番 鏡照院 東京都港区西新橋
第21番 東福院 東京都新宿区若葉
第22番 南蔵院 東京都新宿区箪笥町
第23番 薬研堀不動院 東京都中央区東日本橋
第24番 最勝寺 東京都新宿区上落合
第25番 長楽寺 東京都日野市程久保
第26番 来福寺 東京都品川区東大井
第27番 正光院 東京都港区元麻布
第28番 霊雲寺 東京都文京区湯島
第29番 南蔵院 東京都豊島区高田
第30番 放生寺 東京都新宿区西早稲田
第31番 多聞院 東京都新宿区弁天町
第32番 圓満寺 東京都文京区湯島
第33番 真性寺 東京都豊島区巣鴨
第34番 三念寺 東京都文京区本郷
第35番 根生院 東京都豊島区高田
第36番 薬王寺 東京都新宿区下落合
第37番 萬徳院 東京都江東区永代
第38番 金乗院 東京都豊島区高田
第39番 真成院 東京都新宿区若葉
第40番 普門院 東京都江東区亀戸
第41番 密蔵院 東京都中野区沼袋
第42番 観音寺 東京都台東区谷中
第43番 成就院 東京都台東区浅草
第44番 顕性寺 東京都新宿区須賀町
第45番 観蔵院 東京都台東区元浅草
第46番 弥勒寺 東京都墨田区立川
第47番 城官寺 東京都北区上中里
第48番 禅定院 東京都中野区沼袋
第49番 多宝院 東京都台東区谷中
第50番 大徳院 東京都墨田区両国
第51番 延命院 東京都台東区元浅草
第52番 観音寺 東京都新宿区西早稲田
第53番 自性院 東京都台東区谷中
第54番 新長谷寺 東京都豊島区高田
第55番 長久院 東京都台東区谷中
第56番 与楽寺 東京都北区田端
第57番 明王院 東京都台東区谷中
第58番 光徳院 東京都中野区上高田
第59番 無量寺 東京都北区西ヶ原
第60番 吉祥院 東京都台東区元浅草
第61番 正福院 東京都台東区元浅草
第62番 威光院 東京都台東区寿
第63番 観智院 東京都台東区谷中
第64番 加納院 東京都台東区谷中
第65番 大聖院 東京都港区三田
第66番 東覚寺 東京都北区田端
第67番 真福寺 東京都港区愛宕
第68番 永代寺 東京都江東区富岡
第69番 宝生院 東京都港区三田
第70番 禅定院 東京都練馬区石神井町
第71番 梅照院 東京都中野区新井
第72番 不動院 東京都台東区寿
第73番 東覚寺 東京都江東区亀戸
第74番 法乗院 東京都江東区深川
第75番 威徳寺 東京都港区赤坂
第76番 金剛院 東京都豊島区長崎
第77番 仏乗院 神奈川県秦野市蓑毛
第78番 成就院 東京都台東区東上野
第79番 専教院 東京都文京区小日向
第80番 長延寺 東京都港区三田
第81番 光蔵院 東京都港区赤坂
第82番 龍福院 東京都台東区元浅草
第83番 蓮乗院 東京都新宿区若葉
第84番 明王院 東京都港区三田
第85番 観音寺 東京都新宿区高田馬場
第86番 常泉院 東京都文京区春日
第87番 護国寺 東京都文京区大塚
第88番 文殊院 東京都杉並区和泉

◆結願後、メモ◆
予想に反して、一年掛けずに結願まで至れました。
御府内と言いつつ、1ヶ寺が神奈川県秦野市の山奥に移転してしまって、そこが大変というか面倒だったと言うか。そのせいで、この霊場自体を敬遠している人もいるようです。ただ全体的には、鉄道駅やバス停から近い寺院がほとんどですので、御朱印は置いといて参拝メインなら割りとスンナリと回れる霊場でしょう。
あと感じたのは、住職不在率が結構高めであること。さらに書き置きどころか、留守番の人さえいない場合も多々ありました。さらに言えば、ほぼ檀家寺ですから、法要に重なることもしょっちゅうでした。流石に88もの寺院が集まるわけですから色々と他にもあって、わかりやすい居留守を使われたり、面倒臭いタイプの住職がいたりといったことも・・・。
私は順打ちをせず、汎用の御朱印帳で途中の札所から始めました。そのため結願後に知ったことですが、霊場専用の御朱印帳が第1番札所にあるようです。ネット情報によると、その専用御朱印帳じゃないと、御朱印を拒否する寺院も最近ではあるのだとか。私が回っているとき(平成22年当時)はまだそんなことがなかったのか、あるいはたまたま気難しい住職が不在で、役僧や奥さん辺りが書いてくれたのか、詳細は不明です。また、揮毫御朱印が欲しければ、1ヶ寺は納経必須です。スタンプで良ければ問題はないのですが・・・。

盛岡八幡宮@岩手

盛岡八幡宮・帳面

◆名称
盛岡八幡宮(もりおかはちまんぐう)

◆御祭神
誉田別命(ほんだわけのみこと)

◆所在地
盛岡市八幡町
JR各線・盛岡駅よりバス15分+八幡宮前バス停すぐ

◆サイズ
12×18cm

◆料金
2500円(御朱印込み)(御朱印帳袋付き)

霊場メモ@甲斐百八霊場

山梨県に点在する、109の寺院からなる霊場です。
寺院主体とか、なんらかの共通点(宗派や御本尊など)があっての霊場ではなく、テレビ山梨が昭和55年の開局10周年記念事業として作った霊場とのことです。関西の新西国霊場と似てなくもないですかね。第50番札所が2ヶ寺あります。また、ネットの情報では、御朱印不授与の寺院があるので、すべて揃えるのは無理のようです。(なら札所を返上すれば良いんじゃないのかな?)

【甲斐百八霊場】
第01番 定額山 善光寺 甲府市善光寺3丁目
第02番 岩泉山 光福寺 甲府市
第03番 松本山 大蔵経寺 笛吹市
第04番 龍石山 永昌院 山梨市
第05番 金峰山 洞雲寺 山梨市
第06番 妙高山 普門寺 山梨市
第07番 徳和山 吉祥寺 山梨市
第08番 高橋山 放光寺 甲州市
第09番 乾徳山 恵林寺 甲州市塩山小屋敷
第10番 天竜山 慈雲寺 甲州市
第11番 裂石山 雲峰寺 甲州市
第12番 塩山 向嶽寺 甲州市
第13番 神竜山 雲光寺 山梨市
第14番 海涌山 清白寺 山梨市
第15番 休息山 立正寺 甲州市
第16番 等々力山 万福寺 甲州市
第17番 菱溪山 三光寺 甲州市
第18番 柏尾山 大善寺 甲州市
第19番 天童山 景徳院 甲州市
第20番 天目山 栖雲寺 甲州市
第21番 安寧山 保福寺 上野原市
第22番 水上山 花井寺 大月市
第23番 徳厳山 福泉寺 大月市
第24番 岩殿山 真蔵院 大月市
第25番 大儀山 長生寺 都留市
第26番 大幡山 広教寺 都留市
第27番 金鼇山 宝鏡寺 都留市
第28番 引接山 西方寺 富士吉田市
第29番 水上山 月江寺 富士吉田市下吉田
第30番 吉積山 西念寺 富士吉田市上吉田7丁目
第31番 医王山 承天寺 忍野村
第32番 蓮華山 妙法寺 南都留郡富士河口湖町小立
第33番 霊鷲山 常在寺 富士河口湖町
第34番 竜玉山 称願寺 笛吹市
第35番 妙亀山 広厳院 笛吹市
第36番 塩田山 超願寺 笛吹市
第37番 護国山 国分寺 笛吹市
第38番 金剛山 慈眼寺 笛吹市
第39番 鵜飼山 遠妙寺 笛吹市
第40番 大野山 福光園寺 笛吹市
第41番 宝樹山 広済寺 笛吹市
第42番 慧光山 定林寺 笛吹市
第43番 無碍山 瑜伽寺 笛吹市
第44番 長国山 聖応寺 笛吹市
第45番 万亀山 向昌院 笛吹市
第46番 吉国山 龍華院 甲府市
第47番 悟道山 安国寺 甲府市
第48番 七覚山 円楽寺 甲府市
第49番 飯室山 大福寺 中央市
第50番 豊田山 永源寺 中央市
第50番 富田山 歓盛院 中央市
第51番 宝塔山 遠光寺 甲府市
第52番 住吉山 千松院 甲府市
第53番 稲久山 一蓮寺 甲府市
第54番 広教山 信立寺 甲府市
第55番 功徳山 尊躰寺 甲府市
第56番 法蓋山 東光寺 甲府市
第57番 定林山 能成寺 甲府市
第58番 瑞雲山 長禅寺 甲府市
第59番 万年山 大泉寺 甲府市古府中町
第60番 瑞巌山 円光院 甲府市
第61番 万松山 積翠寺 甲府市上積翠寺町
第62番 金剛福聚山 法泉寺 甲府市
第63番 福田山 塩澤寺 甲府市
第64番 天台山 羅漢寺 甲斐市
第65番 巨鼇山 天澤寺 甲斐市
第66番 有富山 慈照寺 甲斐市
第67番 朝輝山 光照寺 甲斐市
第68番 大竜山 満福寺 韮崎市
第69番 湯沢山 長泉寺 北杜市
第70番 陽谷山 正覚寺 北杜市
第71番 津金山 海岸寺 北杜市
第72番 朝陽山 清光寺 北杜市
第73番 霊長山 清泰寺 北杜市
第74番 鳳凰山 高竜寺 北杜市
第75番 大津山 実相寺 北杜市
第76番 武隆山 常光寺 韮崎市
第77番 鳳凰山 願成寺 韮崎市
第78番 蕃竹山 大公寺 韮崎市
第79番 法永山 本照寺 韮崎市
第80番 八田山 長谷寺 南アルプス市
第81番 大神山 伝嗣院 南アルプス市
第82番 高峰山 妙了寺 南アルプス市
第83番 金剛山 明王寺 富士川町
第84番 補陀山 南明寺 富士川町
第85番 天澤山 深向院 南アルプス市
第86番 瑞雲山 古長禅寺 南アルプス市
第87番 恵光山 長遠寺 南アルプス市
第88番 加賀美山 法善寺 南アルプス市
第89番 寿命山 昌福寺 富士川町
第90番 最勝山 最勝寺 富士川町
第91番 徳栄山 妙法寺 富士川町
第92番 恵命山 蓮華寺 富士川町
第93番 霊亀山 永泰寺 甲府市
第94番 市瀬山 光勝寺 市川三郷町
第95番 河浦山 薬王寺 市川三郷町
第96番 金剛山 宝寿院 市川三郷町
第97番 巌龍山 慈観寺 身延町
第98番 竜湖山 方外院 身延町
第99番 見命山 永寿庵 身延町
第100番 三守皇山 大聖寺 身延町
第101番 法喜山 上沢寺 身延町
第102番 正福寿山 南松院 身延町
第103番 華嶽山 龍雲寺 身延町
第104番 大野山 本遠寺 身延町
第105番 南部山 円蔵院 南部町
第106番 正住山 内船寺 南部町
第107番 福士山 最恩寺 南部町
第108番 身延山 久遠寺 身延町

◆参拝中、メモ◆
始めたのは良いけれど、そこまで本腰を入れる予定も気力も無いわけです。そもそも、山梨に行く機会がそれほどなくて・・・。始めたからには結願を、と思いつつも、まったく先が見えない状態です。いずれは、と言ったところでしょうか。いや、それもどうかな・・・とにかく、難しい。
カテゴリ別アーカイブ
タカツキ
23区を中心に
休日にのみフラフラと
病人なんでノンビリと
御朱印を集印中。
御朱印帳は、派手系好き
時々、絵馬。
ヘッダー写真は、
気分次第でチェンジ。

携帯電話からだと
strikeのタグが
反映されないのか。
う~ん。。。

●今年の状況●
武相二十八不動
(結願/28)
関東三十六不動
(35/36)
関東九十一薬師
(75/91)
関東八十八ヶ所
(17/95)
豊島八十八ヶ所
(85/88)
阿波西国三十三観音・東部
(24/33)
阿波西国三十三観音・西部
(15/33)
四国三十六不動
(17/36)
下総三十三観音
(14/34)
名古屋二十一大師
(7/21)
和歌山西国三十三観音
(13/36)
安房国四十八薬師
(12/48)
知多四国八十八ヶ所
(3/98)
桶狭間十三仏
(3/13)


こっそり御朱印帳メモ

記事検索
メッセージ

こちらからの返信や回答を希望される場合は、返信先も記載してください。

名前
メール
本文
Pilgrimage
平成26年御開帳情報メモ
都道府県別リンク
【千葉県】の掲載一覧
【埼玉県】の掲載一覧
【東京都】の掲載一覧
【神奈川県】の掲載一覧
【愛知県】の掲載一覧
【大阪府】の掲載一覧
【徳島県】の掲載一覧
【香川県】の掲載一覧
【愛媛県】の掲載一覧
【高知県】の掲載一覧
  • ライブドアブログ